新規口座開設で20,000円。GemForexのキャンペーンをチェック
海外FXはどれがおすすめ?

自分にぴったりな海外FX業者を選ぶと、利益を出しやすくなります。
詳細はこちら↓

おすすめ海外FX業者をチェック!

XMの取引方法・始め方をスマホ・タブレット・パソコンごとに解説!

XM

XMは海外FX業者の中でも最大手です。最初に海外FXをするなら、まずはXMを選べば間違いないでしょう。

ただそれでも国内FXと海外FXはまったくの別物。

初めて海外FXをする人にとっては、分からないことだらけです。

この記事では、XMで取引を始める方法についてわかりやすく解説していきます。

今すぐ5分登録

 

スマホ・タブレットでの取引方法

まずはスマホ・タブレットでXMを始める方法から。

基本的にはMT4/MT5/XMアプリでトレードを行います。

 

XMで口座開設する

まずはXMの「口座開設ページ」にアクセスします。

自分の名前や住所、利用する銀行等をローマ字で入力するため、ちょっとめんどくさいです。所用時間は5分〜10分ほど。

XMでリアルトレードをするには口座有効化も必要です。

2種類の確認書類をアップロードしましょう。

  • 身分証明書(運転免許証、マイナンバーカードなど)
  • 住所証明書(健康保険証、公共料金の利用明細など)

口座有効化の手順は、こちらの記事をご覧ください。

口座開設が終わると、ログインIDとパスワードが記載されたメールが送られます。

ID・パスワードは取引ツールや会員ページへのログインで必要になるので、メールは削除しないでください。

 

アプリをインストールする(MT4/MT5がおすすめ。公式アプリは微妙)

口座開設が終わったら、XM公式「取引プラットフォーム」からMT4・MT5をダウンロードします。

スマホ・タブレットの場合は、MT4/MT5のアプリをダウンロードしてください。

MT4とMT5の主な違いは以下の通り。

  • MT4:自動売買とインディケーターの種類が多い
  • MT5:動作が速く、時間足の種類が多い

アプリでは自動売買が使えないため、動作の早いMT5がおすすめ!

XMは自前の公式アプリも用意していますが使い勝手は微妙です。特にこだわりがなければ、取引ツールはMT5を選びましょう。

 

アプリにログインID・パスワードを入力する

MT4/MT5アプリを起動すると、XMのログインIDとパスワードの入力が求められます。

ログインIDとパスワードは、口座開設完了後のメールに記載されています。

ログインが完了すれば、あとはFX口座にお金を入金するだけです。

 

FX口座に入金する

入金は口座開設後の「会員ページ」から行います。

主な入金方法は以下の通り。

  • 国内銀行送金(おすすめ)
  • 海外銀行送金
  • クレジットカード・デビットカード
  • bitwallet
  • SticPay
  • ビットコイン(現在は利用不可)

この中でいちばんおすすめなのは国内銀行送金。利益出金に対応しており、セキュリティも万全で、使い勝手もいいからです。

逆にクレジットカードやbitwalletは利益出金に対応していないため、出金するときに不便です。

国内銀行送金のデメリットは、出金手数料が3,000〜5,000円と高額なこと。

しかし手数料の安い「住信SBIネット銀行」や「楽天銀行」を使えば、手数料を節約できます。

XMの銀行入金については、こちらの記事をご覧ください。

 

パソコンでの取引方法

パソコンでの取引の始め方も、スマホ・タブレットと同じ。

プラットフォームがアプリではなくソフトウェアになります。

 

XMで口座開設する

まずはXMの「口座開設ページ」から口座開設を行います。

ただ名前や住所、銀行情報をローマ字で入力するのは面倒ですよね。

そんな時は「JuDress」や「君に届け!」などのローマ字変換サービスを使えば、入力作業が捗ります。

口座開設が終われば、ログインIDとパスワードが記載されたメールが送られます。

 

口座有効化を行う

口座開設が終わったら、次は口座有効化です。これをしないとXMで本番トレードができません。

口座有効化はXMの会員ページから行います。口座IDとパスワードを入力してログインしましょう。

パソコンで口座有効化するときも、本人確認書類のアップロードが必要です。

一番手っ取り早いのは、スマホで確認書類を撮影し「Googleフォト」や「iCloud」で転送する方法でしょうか。

口座有効化については、こちらの記事をご覧ください。

 

 

取引ツール「MT4・MT5」をダウンロードする(Mac OSも対応)

次はMT4/MT5のダウンロードです。

取引ツールのダウンロードは、XMの「取引プラットフォーム」から行います。

MT4とMT5の違いは以下の通り。

  • MT4:対応しているインディケーターと自動売買の種類が多い
  • MT5:時間足の種類が多く、動作が早い

自動売買がメインならMT4、裁量トレードメインで動作の快適さを求めるならMT5を選びましょう。

 

ログインID・パスワードを入力する

MT4/MT5を起動したら、ログインIDとパスワードを入力します。

どちらもXM口座開設時に送られたメールに記載されているはずです。

FX口座に入金するだけで、いつでもFXトレードができます。

 

FX口座に入金する

FX口座への入金は、XMの会員ページから行います。

XMの入金方法は国内銀行送金(銀行入金)がおすすめ。理由は4つ。

  • 利益出金に対応(入金額以上を出金できる)
  • セキュリティが万全
  • 突然サービスが制限されるリスクが低い
  • ネットサービスの管理が煩雑にならずに済む

デメリットは出金手数料が3,000〜5,000円と高いことですが、手数料の安い銀行口座を使えば緩和できます。

銀行入金については、こちらの記事をご覧ください。

 

取引の注意点

海外FXと国内FXはまったくの別物。

国内FXと同じ感覚で海外FXを使うと、痛い目を見るでしょう。

ここからは海外FXを始めるにあたって注意すべき点をまとめておきます。

 

最初の入金額は10万円から

XMでトレードを始めるなら、最初の入金額は10万円で十分です。

最大レバレッジが888倍と非常に高いため、わずかな資金でも大きな利益を狙えるからです。逆にいきなり100万円も入れる方が危険!

レバレッジが高ければ高いほど、必要証拠金は少なくなります。

例えば、アメリカドル円1万通貨を注文する時、レバレッジごとに必要な証拠金は以下の通り。

  • レバレッジ888倍のXM:1,200円
  • レバレッジ25倍の国内FX:45,000円

レバレッジ888倍のXMなら、資金10万円の状態で3万通貨注文しても、証拠金維持率は2,700%。かなり余裕がありますね。

このようにレバレッジが高いと、必要証拠金が少なくなり、わずかな資金でも十分戦えるのです。

必要証拠金を計算する時は、XMの「計算ツール」を使うと便利ですよ。

 

注文ロット数は0.1ロット(1万通貨)から

XMの最大レバレッジは888倍。資金10万円なら、理論上は80万通貨ほど保有することも可能です。

ただし80万通貨保有すると、20 pips損するだけで、16万円も失うことになります。

レバレッジの高さは諸刃の剣。通貨量が多ければ多いほど、利益も損失も大きくなるのです。

確かにレバレッジが高ければ、通貨量を増やして大きな利益を狙えます。ただFXトレードに慣れていない人が通貨量を増やしても、資金の大半を失うだけ終わります。

最初の取引通貨量は0.1ロットが無難です。そして資金が増えて余裕が出てから、ロット数を増やせばいいのです。

ロットあたりの損失額を知っておきたいなら、XMの「損益計算ツール」を使うと便利です。

 

ストップロス(逆指値)は必ず設定しよう

FXトレードをするときは、必ず逆指値(損切り)設定をしましょう。

逆指値を設定することで、損失が一定以上になった時に、自動で決済してくれます。損切りの判断は苦痛を伴うので、なるべく自動化した方がいいですよ!

特に経済指標の前後は、チャートが大きく動きます。運が悪ければ、1,000 pipsも損をすることもあるでしょう。

ストップロスを設定し忘れて、損失が無制限に広がってしまい、口座の資金がすべて溶けてしまう。FXの世界ではよくある話です。

FXで資金を一瞬で失いたくないなら、ストップロス(逆指値)設定をする癖をつけましょう。

経済指標は、XMの「経済指標カレンダー」でも確認できます。(アドブロックを起動していると表示されません)

 

アプリはEA自動売買に対応していない

XMの取引プラットフォーム「MT4」は、EA自動売買に対応しています。(EAは自動売買プログラムの一種)

EA自動売買を上手く活用すれば、あなたが寝ている時でも仕事をしている時でも、ツールが自動でFXトレードをしています。

スマホやタブレットのMT4アプリは、EA自動売買に対応していません。パソコンのダウンロード版のMT4を使いましょう。

ただMT4のEA自動売買はFX上級者向けです。収益性の高いEAの目利き、EAの損切り、VPSの契約などの高度なスキルが要求されます。

FXを始めたての人は手を出さないほうがいいでしょう。

XMでEA自動売買を始めるなら、こちらの記事をご覧ください。

 

まとめ:海外FXは始めるまでが大変

ここまでXMの取引の始め方をわかりやすく説明しました。

口座開設するときは名前・住所・銀行のローマ字入力が面倒ですが、自動変換ツールを使えば労力を節約できます。(JuDress君に届け!など)

プラットフォームについては、スマホならMT5アプリ、パソコンで自動売買をするならMT4がおすすめ。

取引ツールのダウンロードは、XM公式「取引プラットフォーム」から行えます。

取引ツールは口座開設していないと使えないので注意しましょう。

今すぐ5分登録

 

海外FX初心者はXMがおすすめ!

海外FXが初めての方は、XM(公式)がおすすめ。

理由は、入金ボーナスが豊富だから。入金したお金をすべて失っても、ボーナスで再挑戦でき、FXトレードの経験をたくさん積めます。

新規口座開設なら、10万円入金するだけで、6万3,000円分のボーナスが獲得可能。

さらに入金手数料や出金手数料も無料になりやすく、10万円以下の少額トレードと相性がいいです(銀行側の手数料は発生する)。

メールサポートも優秀で、わからないことがあれば気軽に日本語で質問でき、早ければ1日で返信してくれます。

欠点はスプレッドが若干広いこと、ECN手数料が1ロット10ドルと高いこと。スキャルピングトレードとは相性が悪く、デイトレード向けです。

海外FXのことがよくわからない方は、XMを選ぶのが1番無難です。

詳しくはXM公式サイトをご覧ください。

今すぐ5分登録
おすすめ海外FXランキング
GemForex(初心者向け)

お金を使わずに海外FXを体験したいなら、GemForexがおすすめ。
口座開設だけで、1〜2万円のボーナスがもらえます。
ボーナスを使い切ったら、XM・LAND-FXに乗り換えるのもアリ。

XM(初心者向け)

FXの資金が10万円以下なら、XMがおすすめ。
口座開設ボーナスで3,000円、100%入金ボーナスで5万円、20%入金ボーナスで45万円もらえます。

LAND-FX(中級者向け)

トレード資金が少ない人には、LAND-FXがおすすめ。
最大50万円の100%入金ボーナスがもらえます。
スプレッドも狭く(USD/JPY 0.8 pips)、デイトレードと好相性。

AXIORY(中級者向け)

少額でスキャルをするなら、AXIORYがおすすめ。
最低入金額が2万円と低く、レバレッジは400倍と高め。
ECN口座の取引手数料が1ロット往復6ドル。
取引ツール「cTrader」はスキャルピングトレードと好相性。

Tradeview(上級者向け)

取引コストを極限まで抑えたいなら、Tradeviewがおすすめ。
ECN手数料が1ロット往復5ドルと、最安値クラス。
取引ツールは「MT5・cTrader」も使えます。
海外FXベテラン勢からも大人気!

この記事を書いた人
むれ

海外FXの情報を発信しているトレーダーです。
サイト運営やSEO、サイトデザインも大好きです。

むれをフォローする
XM
むれをフォローする
海外FX大全
タイトルとURLをコピーしました