新規口座開設で20,000円。GemForexのキャンペーンをチェック
海外FXはどれがおすすめ?

自分にぴったりな海外FX業者を選ぶと、利益を出しやすくなります。
詳細はこちら↓

おすすめ海外FX業者をチェック!

XMのレバレッジ制限は残高合計200万円から。解除方法まとめ

XM

XMにレバレッジ規制があるのは知ってますか?

XMでは口座残高が合計200万円を超えると、最大レバレッジが888倍から200倍に規制されてしまいます。(口座残高1,000万円以上ならレバレッジ100倍に)

レバレッジ888倍はXMの最大の長所。これが200倍に下がってしまうと、FXトレードの収益性が落ちてしまいます。

できることならレバレッジ規制は避けたいですよね?

この記事ではXMのレバレッジ規制についてわかりやすく解説することにしました。後半からは規制の解除方法や防止策も述べています。

今すぐ5分登録

 

レバレッジ規制の条件は、口座残高200万円以上(2万ドル以上)

XMでは口座残高が一定以上になると、最大レバレッジが制限されます。

制限内容は以下の通り。

  • 口座残高200万円(2万ドル)以上で、最大レバレッジが200倍に
  • 口座残高1,000万円(10万ドル)以上で、最大レバレッジが100倍に

最大レバレッジ888倍のままFXトレードを続けたいなら、口座残高200万円を超えないように調整しましょう。

調整方法は、利益出金のできる銀行出金がおすすめ。他の海外FX口座を持っているなら、オンラインウォレット経由での資金移動も悪くないです。

 

レバレッジ規制の目的は、投資家の保護

なぜXMはレバレッジ規制をするのか?

理由は、利用者の資金を保護するためです。

レバレッジ888倍はハイリスクです。保有する通貨量が多ければ、多額の損失を抱えることもあるでしょう。

たとえ資金が1,000万円あったとしても、無茶なトレードをすれば、すぐに無くなります。損失が莫大になれば、XMが肩代わりする負担もそれだけ大きくなるわけです。

XMではレバレッジ制限を設けることで、巨額の資金にレバレッジをかけられないようにしているのです。

 

規制はアカウント単位、複数の口座に適用される

XMのレバレッジ規制は、ユーザー1人のアカウント単位で行われます。

複数の口座を保有している場合、口座残高の合計が200万円を超えていれば、レバレッジ規制の対象になるわけです。

例えば1つの口座に150万円、もう1つの口座に150万円入金されているとしましょう。

それぞれの口座残高は200万円以下ですが、合算すれば300万円になるため、レバレッジ規制の対象となります。

XMでレバレッジ888倍のトレードを続けるには、口座残高の合計を200万円以下に調整する必要があるのです。

調整方法は、

  • 銀行口座に出金する
  • オンラインウォレットに出金する
  • 他の海外FX業者の口座に振替する

あたりがメジャーでしょうか。

 

規制解除は、サポートへの連絡で

レバレッジ規制の解除方法は、XMの「サポートページ」からスタッフに連絡すること。

XMの合計口座残高が200万円になるまで出金し、サポートデスクに「最大レバレッジを888倍に戻してください」と連絡しましょう。

口座IDを伝えておくと、向こうの確認作業がスムーズになります。

ただ規制が解除されても、自動的には888倍になるわけではありません。

XMの「会員ページ」にログインし、「レバレッジ変更」でレバレッジを888倍に変更しましょう。レバレッジの変更は瞬時に行われます。

 

レバレッジ規制を防ぐためにやるべきこと

レバレッジが規制されれば、FXトレードの予定が大きく狂います。

規制を防ぐために、以下のことを行いましょう。

  • 合計残高が200万円以下になるよう、こまめに出金する
  • 最初からレバレッジ200倍でFXトレードをする
  • 他の海外FX業者も併用する

それぞれの対策を順に見ていきます。

 

対策1、合計残高が200万円以下になるよう、こまめに出金する

XMでは口座残高の合計が200万円以上になると、レバレッジ200倍に規制されます。

現実的な解決法は、残高が200万以上にならないよう出金すること。

XMで出金手続きをするなら、出金方法は銀行出金がおすすめ。入金額以上の出金ができ、セキュリティも盤石だからです。

逆にbitwalletはおすすめできません。最近XMではbitwalletによる利益出金ができなくなったからです。

 

対策2、最初からレバレッジ200倍でFXトレードをする

運用資金が100万円前後なら、あらかじめレバレッジを200倍に設定しておくのもありです。

残高が200万円を超えても、元々のレバレッジが200倍なので規制されません。

レバレッジは少ない資金で大きな資金を動かすための仕組みです。100万円以上の資金があるなら、レバレッジ888倍にこだわる理由はないのです。

逆に運用資金が10万程度しかないなら、レバレッジは888倍一択。

レバレッジが高ければ必要証拠金も少なくなり、序盤から収益性の高いトレードができるようになるからです。

 

対策3、他の海外FX業者も併用する

200万円〜1,000万円の資金を高レバレッジで運用したいなら、他の海外FX業者も併用しましょう。

XM以外にも優秀な海外FX業者は存在します。例えばAXIORYTradeviewiFOREXLAND-FXなどですね。

どのブローカーも金融ライセンスを取得しており、信頼性も抜群です。

ただし他の業者と併用して、両建てなどのアービトラージ取引をするのはやめましょう。

XMではアービトラージ取引が禁止されており、取引停止や口座凍結などのペナルティが課されます。

 

残高が200万円を超えないよう注意しよう!

ここまでXMのレバレッジ規制についてお話してきました。

規制内容は以下の通りです。

  • 口座残高の合計が200万円以上で、レバレッジ200倍に
  • 口座残高の合計が1,000万円以上で、レバレッジ100倍に

レバレッジ規制を未然に防ぐなら、口座残高の合計が200万円以下になるよう調整しましょう。

規制を受けた場合は、残高を200万以下に調整し、XMの「サポートデスク」に連絡してください。1日以内には対応してもらえるはずです。

XMはサポートサービスが手厚いことでも好評ですからね。

今すぐ5分登録

 

海外FX初心者はXMがおすすめ!

海外FXが初めての方は、XM(公式)がおすすめ。

理由は、入金ボーナスが豊富だから。入金したお金をすべて失っても、ボーナスで再挑戦でき、FXトレードの経験をたくさん積めます。

新規口座開設なら、10万円入金するだけで、6万3,000円分のボーナスが獲得可能。

さらに入金手数料や出金手数料も無料になりやすく、10万円以下の少額トレードと相性がいいです(銀行側の手数料は発生する)。

メールサポートも優秀で、わからないことがあれば気軽に日本語で質問でき、早ければ1日で返信してくれます。

欠点はスプレッドが若干広いこと、ECN手数料が1ロット10ドルと高いこと。スキャルピングトレードとは相性が悪く、デイトレード向けです。

海外FXのことがよくわからない方は、XMを選ぶのが1番無難です。

詳しくはXM公式サイトをご覧ください。

今すぐ5分登録
おすすめ海外FXランキング
GemForex(初心者向け)

お金を使わずに海外FXを体験したいなら、GemForexがおすすめ。
口座開設だけで、1〜2万円のボーナスがもらえます。
ボーナスを使い切ったら、XM・LAND-FXに乗り換えるのもアリ。

XM(初心者向け)

FXの資金が10万円以下なら、XMがおすすめ。
口座開設ボーナスで3,000円、100%入金ボーナスで5万円、20%入金ボーナスで45万円もらえます。

LAND-FX(中級者向け)

トレード資金が少ない人には、LAND-FXがおすすめ。
最大50万円の100%入金ボーナスがもらえます。
スプレッドも狭く(USD/JPY 0.8 pips)、デイトレードと好相性。

AXIORY(中級者向け)

少額でスキャルをするなら、AXIORYがおすすめ。
最低入金額が2万円と低く、レバレッジは400倍と高め。
ECN口座の取引手数料が1ロット往復6ドル。
取引ツール「cTrader」はスキャルピングトレードと好相性。

Tradeview(上級者向け)

取引コストを極限まで抑えたいなら、Tradeviewがおすすめ。
ECN手数料が1ロット往復5ドルと、最安値クラス。
取引ツールは「MT5・cTrader」も使えます。
海外FXベテラン勢からも大人気!

この記事を書いた人
むれ

海外FXの情報を発信しているトレーダーです。
サイト運営やSEO、サイトデザインも大好きです。

むれをフォローする
XM
むれをフォローする
海外FX大全
タイトルとURLをコピーしました