おすすめの海外FX業者は?
初めての海外FXは、LAND-FXがおすすめ

最大50万円の100%入金ボーナスがもらえます。
スプレッドもUSD/JPY 0.8 pipsと狭く、デイトレードにも最適。
詳しくは公式サイトへ↓

LAND-FXで口座開設

XMの最低入金額は500円〜2万円。入金方法ごとに解説します!

XM

XMは最大レバレッジが888倍と非常に高いのが特徴です。そのため1万円程度の少ない資金でも、気軽にFXトレード楽しめます。

しかしもっと少ない金額でFXを楽しみたい人もいるでしょう。

そこでこの記事ではXMの最低入金額について、入金方法ごとに解説していきます。

結論から先に言うと、クレジットカード、デビットカード、bitwallet、SticPayなら500円から入金ができます。(ビットコイン入金は利用不可)

それぞれの最低入金額について順に見ていきましょう。

 

XMの最低入金額を入金方法ごとに紹介

XMの最低入金額は入金方法によって異なります。

一目でわかるように、表でまとめておきました。

入金方法最低入金額
国内銀行送金10,000円
クレジットカード・デビットカード500円
bitwallet500円
SticPay500円
ビットコイン500円
海外銀行送金20,000円

最低入金額が分かったところで、次はそれぞれの入金方法の評価を述べていきます。

 

国内銀行送金:1万円(おすすめ!)

国内銀行送金は最低入金額1万円と、他の入金方法よりも高め。

それでも国内銀行送金はいちばんおすすめな入金方法です。

理由は4つ。

  • 利益出金できる(入金額以上を出金すること)
  • 入金先、出金先として安定している
  • 手続きが簡単
  • サービスが停止になるリスクが低い

海外FXは規制が厳しく不安定な業界です。そのため便利だったサービスが突然利用停止・改悪になることもあります。

それに対し、国内銀行送金は入金先としても出金先としても安定しているのが大きな強み。

ただし銀行入金にもデメリットはあります。

  • 着金手数料とリフティングチャージが高額(3,000〜5,000円)
  • 最初に銀行情報を入力するのが面倒
  • 最低入金額が1万円と高め

安全性を重視するなら、入金方法は銀行入金を選ぶべきです。

 

クレジットカード・デビットカード:500円

クレジットカードやデビットカードの最低入金額は500円。わずかな資金で気軽に海外FXを楽しめます。

ただしクレジットカード・デビットカードは利益出金に対応していません。入金額以上を出金する場合、利益分を銀行送金やSticPayで出金することになり不便です。

またアメックス、ダイナース、マスターカードのクレジットカードでは、基本的に入金できません。海外FXがギャンブル扱いされているからですね。

本格的にFXトレードをするなら、クレジットカード入金はおすすめできません。出金するときに不便です。

 

bitwallet:500円

bitwalletの最低入金額は500円。クレジットカード同様、気軽に海外FXをするのにちょうどいい金額です。

bitwalletは海外FXトレーダーに人気のオンラインウォレットサービス。

最大の特徴は、出金手数料が824円と安いこと。銀行出金よりも手数料を2,000円ほど安くできます。

利益出金にも対応しており、出金手数料も安く、海外FXトレーダーの間で人気のあるサービスでした。

しかし残念なことに、2019年4月からXMではbitwalletで利益出金できなくなっています。利益出金をするなら、セキュリティの盤石な銀行送金を選びましょう。

 

SticPay:500円

SticPayの最低入金額は500円です。

SticPayもbitwalletと同じオンラインウォレットサービスです。ただし銀行への出金手数料はbitwalletよりも高め。(800円+入金額の1.5%)

その代わりbitwalletと違って、SticPayでは利益出金ができます。銀行送金よりも手数料を安く抑えたいなら、検討の余地はあるでしょう。

2019年6月あたりから、SticPayでも利益出金できなくなりました。

 

ビットコイン:500円

ビットコインの最低入金額は500円。

ただXMのビットコイン入金はおすすめできません。入金の手間が膨大で、労力的には割りに合わないからです。

ビットコインは決済手段として不安定で、突然使えなくなるリスクもあります。

やはり入金手段は銀行送金がいちばん安全ですね。

2019年現在、XMではビットコイン入金ができません。

 

海外銀行送金:2万円

海外銀行送金の最低入金額は2万円。

ただXMの海外銀行送金はおすすめできません。着金まで1週間以上かかることもある上、手数料が4,000円〜10,000円と高額だから。

海外銀行送金よりも国内銀行送金の方がおすすめです。

 

この中なら国内銀行送金がおすすめ! そのメリットは?

ここまでXMの入金方法とそれぞれの最低入金額を解説してきました。

中でもおすすめなのは銀行入金。メリットは3つ。

  1. 利益出金(入金額以上の出金)ができる
  2. 規制で利用停止になるリスクが低い
  3. 手続きが簡単

それぞれのメリットを順に解説します。

 

メリット1、利益出金(入金額以上の出金)ができる

国内銀行送金(銀行入金)は利益出金に対応しており、入金額以上を出金できます。

例えばXMに10万円入金して、資金を20万円に増やしたとしましょう。利益出金に対応していれば20万円を丸ごと出金可能です。

本格的にFXトレードをするなら、入金方法は利益出金に対応のものを選びましょう。

せっかくFXで利益を出しても、利益出金に対応していなければ、出金額が制限されて不便です。

 

メリット2、規制で利用停止になるリスクが低い

銀行送金は利用停止のリスクが低いです。セキュリティー対策が万全で、マネーロンダリングなどの不正利用を防いでくれるからですね。

それに対しオンラインウォレットサービスはセキュリティが不十分で、悪用されるリスクもあります。

XMではbitwalletで利益出金できなくなり、AXIORYはbitwalletのサービス提供を停止しています。

ウォレットサービスは手数料が安くて便利ですが、サービスが急に改悪されることもあります。

入金方法に安全性を求めるなら、銀行入金がおすすめです。

 

メリット3、手続きが簡単

国内銀行送金は他のサービスを経由しないため、手続きも簡単です。

それに対しウォレットサービスを使うと、銀行口座を2つ持つような感じになり、手続きと管理が煩雑になります。

確かにウォレットサービスは手数料が安くなるメリットがあります。ただネットサービスが苦手な方は、銀行送金一本だけに絞ったほうが、入金手続きがシンプルになります。

海外FXはマネーロンダリング防止のために、クレジットカード・ウォレットサービスの出金に厳格なルールを設けています。

煩雑なルールに悩まされたくないなら、銀行入金銀行出金を使いましょう。

 

国内銀行送金のデメリット

国内銀行送金にもデメリットはあります。

  • 最初の情報入力がめんどくさい
  • 出金時に手数料が3,000〜5,000円かかる

それぞれのデメリットを順に解説しますね。

 

デメリット1、最初の情報入力がめんどくさい

銀行入金を初めて利用するときは、銀行の情報をたくさん入力するので、少しめんどくさいです。

特に銀行の名前や住所はローマ字入力なので、日本人にはしんどいでしょう。

とはいえ海外FX業者はこうした情報をクッキー(Cookie)として保存しているため、2回目以降の入金・出金は楽になるはずです。

1回目の入力作業はめんどくさいですが、頑張ってください。「Judress」や「君に届け!」などの変換サービスを使うと楽になりますよ!

 

デメリット2、出金時に手数料が3,000〜5,000円かかる

国内銀行送金の最大のデメリットは、手数料が高いこと。

海外FX口座から日本の銀行口座に送金をすると、受け取り銀行側で着金手数料とリフティングチャージが発生します。目安は3,000円から5,000円。

通常の銀行振込だと手数料は108円や216円なので、それらと比べると非常に高額です。

海外送金の手数料を安く抑えたいなら、「住信SBIネット銀行」や「楽天銀行」などで口座開設しましょう。どちらも手数料が安いことで定評があります。

 

注意点:XMでは一部の銀行で出金できない

XMでは一部の銀行を出金先として選べません。

  • ゆうちょ銀行
  • じぶん銀行
  • みずほ銀行(インターネット支店のみ)
  • ジャパンネット銀行
  • 新生銀行
  • セブン銀行(SWIFTコードがない)

理由は、銀行側が海外送金の受け取りに対応していないため。

海外FXの口座は、手数料の安い「住信SBIネット銀行」か「楽天銀行」を選びましょう。

 

まずは国内銀行送金で10万円入金してみよう!

ここまでXMの最低入金額を話してきました。

クレジットカードやウォレットサービスなら500円、国内銀行送金なら1万円です。

海外FXは少ない金額からでも挑戦できますが、個人的には10万円くらいの金額から始めるのがおすすめ。入金額が1万円だけだと、すぐ資金不足になるからです。

1,000通貨取引なら取引回数を増やせますが、1トレードの利益が200〜1,000円と小さく、時間の無駄です。

海外FXを始めるなら、入金額は10万円が目安でしょう。

 

海外FXが初めてなら、XMはおすすめ

海外FXが初めての人なら、XMはおすすめ。(XMの評判は?

ボーナスが豊富で、少ない資金でも収益性の高いトレードが楽しめるからです。

  • 3,000円の口座開設ボーナス
  • 5万円の100%入金ボーナス
  • 45万円の20%入金ボーナス

さらに取引ツールは「MT4・MT5」に対応しており、EA自動売買にも挑戦できます。

欠点はスプレッド・取引手数料が少し高いことですが、デイトレード・スイングトレードなら気にならないレベルです。

詳しくはXM公式サイトをご覧ください。

XM公式サイトはこちら

この記事を書いた人
むれ

海外FXの情報を発信しているトレーダーです。
サイト運営やSEO、サイトデザインも大好きです。

むれをフォローする
おすすめ海外FXランキング
LAND-FX

トレード資金が少ない人には、LAND-FXがおすすめ。
最大50万円の100%入金ボーナスがもらえます。
スプレッドも狭く(USD/JPY 0.8 pips)、デイトレードと好相性。

AXIORY

少額でスキャルをするなら、AXIORYがおすすめ。
最低入金額が2万円と低く、レバレッジは400倍と高め。
スキャル向け取引ツール「cTrader」に対応。

Tradeview

取引コストを極限まで抑えたいなら、Tradeviewがおすすめ。
ECN手数料が1ロット往復5ドルと、最安値クラス。
取引ツールはMT4/MT5/cTrader/CURRENEXの4種類。

XM
むれをフォローする
海外FX大全
タイトルとURLをコピーしました