おすすめの海外FX業者はこちら!
海外FXでなかなか勝てない人へ

海外FXでのトレード勝率を上げたいなら、こちらの記事をどうぞ。
海外FXの基本戦術をまとめています。

おすすめトレード手法をチェックする ▷

XM(エックスエム)でのMT4・MT5のダウンロード方法・使い方まとめ。

XMで使える取引ツールは、MT4MT5の2種類。

特にMT4は世界的に有名な取引ツールで、他のほとんどの海外FX業者で利用できます。(iFOREXは使えない)

ただMT4は国内FX業者の取引ツールとは勝手が違います。取引ツールをダウンロードし、口座情報を入力して、ログインする手間があるからです。

海外FXが初めての人には、MT4は難しく感じるでしょう。

この記事では、MT4のダウンロード・セットアップ手順をわかりやすく解説することにしました。

今すぐダウンロードしたい方は、XMの「プラットフォーム」にアクセスしましょう。

 

ダウンロード前に口座開設しておこう

MT4MT5をXMで利用するには、XMのアカウント登録が必要です。

まずはXMの「口座開設ページ」で口座開設をしましょう。

XMで口座開設して、送られたメールのログインIDとパスワード入力して、初めてMT4/MT5を使えるようになるからです。

口座開設しないと、ログインができず、いつまでも取引を始められません。5分くらいで終わるので、さくっと済ませておきましょう。

XMの口座開設手順については、こちらの記事をご覧ください。

 

MT4/MT5のダウンロード・インストール方法

MT4MT5が使えるプラットフォームは大きく4つに分けられています。

それぞれのプラットフォームごとのダウンロード手順を解説しますね。

 

Windows版

Windows版のセットアップ手順は以下の通り。

  1. XMの「取引プラットフォーム」へアクセス
  2. Windows版のダウンロードページへ
  3. 赤いボタン「ダウンロード」をクリック
  4. 「xmtrading4(/5)setup.exe」を展開
  5. セットアップ時に出てくる同意書に同意する
  6. ダウンロード・インストール完了

文字にすると複雑そうですが、実際にやってみると簡単です。

XMのサイトはデザインがわかりやすいため、パソコンが苦手な方でも直感的にダウンロードできます。

 

Mac版

Mac版のセットアップ手順は以下の通り。Windows版とほぼ同じです。

  1. XMの「取引プラットフォーム」へアクセス
  2. Mac版のダウンロードページへ
  3. 赤いボタン「ダウンロード」をクリック
  4. 「XMtrading.dmg」からファイル展開
  5. XMアプリをアプリケーションフォルダにドラッグ
  6. 右クリックかcontrolキーを押しながらアプリを開く(開発元が未確認のため)

こちらもMacのソフトウェアダウンロードと要領は同じです。

Macの場合、MT4/MT5はアプリケーション扱いとなります。アプリダウンロード後は、アプリケーションフォルダにドラッグしましょう。

 

XMアプリを開けない場合

XMアプリは普通にクリックしただけでは起動できません。開発元が未確認のため、簡単には起動できないようになっているからです。

XMアプリを開くときは、右クリックかctrlキーを押しながらアプリを開きましょう。開発元未確認のアプリを開くときのお約束です。

Windows版と比べると少し面倒ですが、それでも直感的にダウンロードできるはずです。

ダウンロードがうまくいかない時は、こちらの記事をご覧ください。

 

WebTrader(ウェブトレーダー)

余計なソフトウェア・アプリを増やしたくないなら、XMのウェブトレーダーを使いましょう。

ウェブトレーダーはウェブブラウザ版の取引ツールで、MT4/MT5にも対応しています。

使い方も簡単、3ステップのみ。

  1. XMの「取引プラットフォーム」にアクセス
  2. その中からウェブトレーダー(MT4/MT5)を選択
  3. 口座IDとパスワード入力

ウェブトレーダーの特徴は、パソコンへの負担が軽いこと。

ノートパソコンなどで軽くFXトレードやってみたい人は、ウェブトレーダーがおすすめです。

 

スマホ・タブレット版(iPhone・iPad・Android)

スマホ・タブレットアプリでのセットアップ手順は以下の通り。

  1. XMの「取引プラットフォーム」へアクセス
  2. それぞれのプラットフォームのダウンロードページへ
  3. App StoreかGoogle Playにてアプリをダウンロード

Windows/Mac版と比べると簡単です。アプリをダウンロードするだけですからね。

ただMT4/MT5アプリではEA自動売買はできません。自動売買ができるのは、デスクトップ版だけです。

ダウンロードはアプリストアからも行えますが、公式サイトから行った方が楽です。

 

MT4/MT5の始め方

ここからはXMでのMT4MT5の始め方を解説します。

 

パソコン版(Windows/Mac)

デスクトップ版のMT4MT5を立ち上げると、サーバー選択画面が表示されます。開設した口座に対応するサーバーを選択しましょう。

サーバーを選ぶと、次はログイン画面が表示されます。ログインIDとパスワードを入力してください。

ログインIDとパスワードは、海外FX口座を開設したときにメールで送られてくるはずです。メールボックスを確認しましょう。

 

スマホ・タブレットアプリ(iPhone/iPad/Android)

MT4・MT5アプリを初めて使うなら、ログインする必要があります。

2つ目の「既存のアカウントにログイン」という項目をタップすると、会社名を検索する画面が出てきます。

検索窓に海外FX業者の名前を入力しましょう。例えばXMと入力すると、以下の画像のようにサーバーがたくさん出てきます。

サーバーは利用する口座と同じものを選びましょう。間違っていると、ログインできません。

サーバーを選択すれば、ログイン画面に移行します。ログインIDとパスワードを入力しましょう。

なおログインIDとパスワードは、XMで口座開設した時にメールで送られてきたはずです。

 

ログインできない?ありがちなミスを紹介

ここからはログインできないときにありがちなミスを紹介します。

 

開設口座と取引ツールが違う(MT4口座でMT5は使えない)

XMでは開設口座と取引ツールが同じプラットフォームでないと、FXトレードができません。

例えばMT4口座を作った場合、使えるプラットフォームはMT4のみ。MT5は使えません。

もし別のプラットフォームを使いたいなら、新しく追加口座を開設しましょう。XMでは最大8つの口座を開設できます。

追加口座は「会員ページ」から開設できます。

追加口座については、こちらの記事をご覧ください。

 

口座ID・パスワードが間違っている

ログイン失敗でありがちなのが、口座ID・パスワードの入力ミスです。

最近はパソコンやスマホに自動入力機能があるため、自力でパスワード管理をするのがおろそかになりがちです。

入力ミスのないよう、コピペ入力をしましょう。打ち間違えのリスクを減らせます。

 

口座を有効化していない

XMリアル口座でトレードをするには、口座有効化をする必要があります。

有効化するには、2種類の本人確認書類をアップロードしましょう。

  1. 身分証明書(運転免許証、マイナンバーカードなど)
  2. 住所証明書(健康保険証、住民票の写しなど)

口座有効化は、XM公式の「会員ページ」から行えます。

口座有効化の手順は、こちらの記事をご覧ください。

 

凍結口座になっている(残高ゼロで90日間トレードしていない)

XMでは残高ゼロの口座で90日間FXトレードをしていないと、口座を凍結されてしまいます。

凍結を口座されると、アカウントにログインできなくなり、FXトレードもできなくなります。

凍結口座は復活できません。トレードを再開するなら「新規口座開設ページ」から新しく口座を作り直しましょう。

凍結口座については、こちらの記事をご覧ください。

 

MT4/MT5を使うならXMはおすすめ

XMでは「MT4MT5」という2種類のプラットフォームを利用できます。

さらにMac OSにも対応しているため、MacユーザーでもFXトレードをできるのが嬉しいですね。

MT4もMT5もダウンロードとセットアップの手間がかかりますが、海外FXをするなら避けては通れません。

一度セットアップをしておけば、それ以降は自動でログインしてくれます。

ただしXMでMT4・MT5を使うには、XMのアカウントが必要です。口座開設がまだの方は、XM公式サイトで済ませておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました