新規口座開設で20,000円。GemForexのキャンペーンをチェック
海外FXはどれがおすすめ?

自分にぴったりな海外FX業者を選ぶと、利益を出しやすくなります。
詳細はこちら↓

おすすめ海外FX業者をチェック!

MT4とMT5の違いは? メリット・デメリットを踏まえて、比較してみた

MT4とMT5は、どちらも世界的に有名なFX取引ツールです。

では具体的な違いはなんなのでしょうか?

この記事ではMT4とMT5の違いを、メリット・デメリットの観点から解説していきます。

今すぐ5分登録

 

MT4のメリット:EA自動売買やインディケーターが豊富

取引ツール「MT4」のメリットは以下の通り。

  • 分析ツールやインディケータの種類が多い
  • 自動売買プログラム(EA)の種類が多い
  • Mac OSでも利用できる
  • スマホやタブレットでもアプリを使えば利用できる
  • チャートのカスタマイズ性が高い

それぞれのメリットを順に見ていきます。

 

分析ツールやインディケータの種類が多い

MT4の最大の特徴は、分析ツールやインジケータの種類が多いこと。

既にインストールされている30種類のインディケータだけでなく、他の人が開発したインジケータを使うこともできます。

インディケータの例としては、移動平均線・一目均衡表・ボリンジャーバンドなどのトレンド系や、MACD・RSIなどのオシレーター系などがあります。

ほかにも自動発注ツールや、任意のタイミングでアラームを出すツールなども利用可能。

これらのツールはネット上で無料配布されているほか、MQL5のフォーラムページからもダウンロードできます。

 

自動売買プログラム(EA)の種類が多い

MT4の2つ目に大きなメリットは、自動売買プログラム(EA)の種類が多いこと。

MT4は取引ツールとしての歴史が長く、利用者が非常に多いです。

そのため自動売買プログラムのマーケットも大きく、MT4向けの自動売買プログラムを作っている人も多いのです。

それに対し最近出始めたMT5だと、まだ利用者が少ないため、自動売買プログラムの市場もそこまで多くありません。MT5ではMT4のEAが使えないのも辛いところ。

したがって海外FXで自動売買トレードをするなら、MT4が1番おすすめです。

MT4の自動売買プログラムを使ってみたいなら、 MQL5のMT4エキスパートにアクセスしましょう。

 

Mac OSでも利用できる

MT4はMac OSでも利用できます。以前はWindowsでしか使えませんでしたが、最近はMac OSでも使えるようになっています。

マイナーなFXツールだとWindowsしか対応しておらず、Macユーザーは不便を強いられることが多いですが、MT4ならその心配はありません。

これもひとえにMT4の利用者が多く、マーケットが広いからですね。

MT4のプラットフォームは、MetaQuotes社のMetaTrader4、もしくはXMの取引プラットフォームでダウンロードできます。

無料で利用できるので、FXに興味のある方は気軽に試してみましょう。

 

スマホやタブレットでもアプリを使えば利用できる

MT4はスマホやタブレットでもトレードできます。

App StoreやGoogle playでアプリをダウンロードすることで、簡単にトレードを始められるのです。

対応デバイスはiPhoneやAndroidだけでなく、iPadやAndroidタブレットなどでもOK。

MT4のアプリはApp StoreやGoogleストアでも入手できますが、探すのが面倒ならXMの「取引プラットフォーム」にアクセスしましょう。

対応デバイスごとに全てのアプリがそろっていて、目当てのアプリを見つけやすいです。

 

チャートのカスタマイズ性が高い

MT4はカスタマイズ性に優れていることでも有名です。

例えばロウソク足の色を変更したり、独自のインジケーターを複数表示したり、効果音を変更したりすることもできます。

MT4のローソク足の色は緑と白がメインですが、赤と青に切り替えたりすることもできますよ。

このようにチャートを自分好みにカスタマイズできるのもMT4の強みです。

 

MT4のデメリット

カスタマイズ性が高く、世界的に利用者も多いMT4ですが、デメリットもあります。主なデメリットは以下の通り。

  • FX初心者には扱いが難しい
  • Mac OSだと機能が制限される
  • パソコンを閉じると自動売買が停止する(VPSが必要)

それぞれのデメリットを順に見ていきましょう。

 

FX初心者には扱いが難しい

MT4の最大の欠点は、FX初心者には扱うのが難しいこと。

チュートリアルやナビゲーションが表示されないため、FX初心者は何をすればよいのか分からず当惑するでしょう。

またMT4を利用するには、ソフトウェアやアプリのダウンロードが必要で、さらにログイン用の口座IDとパスワードを入力する必要もあります。

FXに慣れていない方だと、MT4は扱いにくいかもしれません。そんな場合は国内FX業者のデモ口座などで慣れてから、MT4に挑戦しましょう。

 

Mac OSだと機能が制限される

MT4はもともとMacOS向けに作られたものではありません。そのためMacOSではMT4一部の機能が正しく機能しないことがあります。

例えば動作が不安定になったり、インジケーターが正しく機能しなくなったり、文字化けしたりなどですね。

パソコンはMacを使いつつ、Windows環境でトレードしたいのなら、VPSを利用しましょう。

VPSを契約することで、Mac OS内でもWinowsが使えるようになり、MT4の不具合も起きにくくなります。

 

パソコンを閉じると自動売買が停止する(VPSが必要)

MT4の自動売買を運用している間は、パソコンを起動し続ける必要があります。パソコンの電源を切ると、MT4と同時に自動売買プログラムも停止するからです。

仮にパソコンの電源を切らなかったとしても、MT4自動売買をしている間はパソコンの動作が重くなるため、パソコン作業に支障がでます。

MT4の自動売買は、国内FX業者のように、FX業者のサーバーがやってくれるわけではないのです。

そのためMT4で自動売買をするなら、VPS(仮想専用サーバー)が必須となります。

VPSの料金相場は月額2,000円ほど。

XMでも無料VPSは使えますが、条件が厳しくおすすめできません。

 

ここまでがMT4のメリット・デメリットです。

ここからはXMで利用できるもう一つの取引ツール「MT5」についてお話しします。

 

MT5のメリット:動作が速く、使いやすい

MT5はMT4の改良版で、MT4より動作が速いことで有名です。主なメリットは以下の通り。

  • MT4より動作が早い
  • 時間足が21種類と多い(MT4は9種類)
  • MT4よりアップデート回数が多い
  • 気配値ウインドウで、プライスボードを見られる

ここからはそれぞれのメリットを順に見ていきます。

 

MT4より動作が早い

MT5の最大のメリットは、MT4より動作が速いこと。注文・決済のスピードも速いため、スキャルピングトレードと相性が良いです。

ただMT5は動作が速い分、MT4よりメモリを多く消費します。そのため古いパソコンで複数のMT5を同時利用すると、動作が重くなるリスクもあります。

スキャルピングトレードで注文スピードにこだわるなら、古いパソコンは使わない方がいいでしょう。

それでも動画や画像編集ソフトほどメモリは消費しないので、平均レベルのノートパソコンなら十分に機能するはずです。

 

時間足が21種類と多い(MT4は9種類)

MT5のもう一つのMT4より優れた点は、時間増の種類が多いこと。

MT4では9種類しかなかった時間足が、MT5では21種類に増えています。

追加された時間足は12種類。

  • 2分足、3分足、4分足、6分足、10分足、12分足、20分足
  • 2時間足、3時間足、6時間足、8時間足、12時間足

デフォルトでは時間足は9種類しか利用できないので、時間足のカスタマイズから時間足を追加しましょう。

 

MT4よりアップデート回数が多い

MT5はMT4と比べてアップデート回数が多いのも大きな特徴。MT4の開発元である「MetaQuotes社」が、MT5の開発にそれだけ力を入れているということです。

アップデート回数が多ければ、不具合になるリスクも少なくなり、トレードも安定します。

だから自動売買をせず、裁量トレードがメインなら、MT4よりもMT5がおすすめです。

 

気配値ウインドウで、プライスボードを見られる

MT5では気配ウインドウでプライスボードを見られます。

プライスボードでは、買値・売値だけでなく、直近での価格や安値・高値も確認できます。

安値は「今日の取引時間内で、もっとも値が下がった時の為替レート」で、高値は「今日の取引時間内で、もっとも値が上がった時の為替レート」のこと。

つまりMT5では気配値ウインドウの情報量が増えたということです。

 

MT5のデメリット

MT4より動作が速いMT5ですが、デメリットもあります。主なデメリットは以下の通り。

  • 利用できる海外FX業者はまだ少ない
  • 対応している自動売買プログラム(EA)が少ない
  • 対応しているインディケーターの種類が少ない

ここからはそれぞれのデメリットを順に見ていきます。

 

利用できる海外FX業者はまだ少ない

MT5は最近作られたばかりの取引ツールなので、利用できる業者がまだ少ないです。

MT5が使える有名な海外FX業者は、XM、LAND-FX、FBS、Tradeviewなど。

逆にGemForexやTitanFX、AXIORYでは、MT5は利用できません。

取引ツール「MT5」を使うことにこだわると、利用できる海外FX業者の種類が限られてしまうのです。

 

対応している自動売買プログラム(EA)が少ない

MT5の大きなデメリットには、対応している自動売買プログラムが少ないことも挙げられます。これも取引プラットフォームとしての歴史が浅いことが原因です。

自動売買プログラムはMT4がまだ主流なので、MT5向けの自動売買プログラムを開発する人は少ないのです。

それでもMT5向けの自動売買プログラムは徐々に増えています。気になる方はMQL5のMT5自動売買プログラムをご覧ください。

 

対応しているインディケーターの種類が少ない

MT5はインジケーターの種類もMT4よりも少ないです。

MT4では利用できる便利ツールが、MT5では利用できないということもありえるでしょう。

チャートやプラットフォームのカスタマイズ性にこだわるなら、MT5よりもMT4を選びましょう。

 

MT4とMT5の違いは?

MT4とMT5の違いは以下の通り。違いが分かりやすいよう比較表でまとめました。

比較項目MT4MT5
動作普通速い
時間足9種類21種類
対応業者多い少ない
EA自動売買多い少ない
カスタムインディケーター多い普通
仮想通貨非対応対応
描画ツール31種類44種類

MT4の特徴は、対応している自動売買プログラム・インジケータが多いこと、そして利用できる海外FX業者が多いことです。

自動売買トレードがメインだったり、ボーナス目当てでマイナーな海外FX業者を使ったりするなら、MT4がおすすめ。

それに対しMT5の特徴は、動作が速く、スマホアプリでの使い勝手がよく、仮想通貨に対応していること。

スマホでのトレードがメインで、自動売買をしないなら、動作の速いMT5がおすすめです。

 

まとめ:自動売買メインならMT4、裁量トレードメインならMT5がおすすめ

この記事ではXMの取引ツール「MT4・MT5」について解説してきました。

MT4は自動売買プログラムやインジケータの種類が多く、利用できる海外FX業者が多いことが特徴。

それに対しMT5は、MT4より動作が速く、時間足の種類が多く、仮想通貨取引ができることが特徴です。

自動売買トレードがメインで、チャートのカスタマイズにこだわるなら、取引ツールはMT4を選びましょう。

逆に自動売買トレードをせずに、スマホトレードや裁量トレードがメインなら、MT5を選ぶべきです。

MT4もMT5も優れた取引プラットフォームです。

おすすめ海外FXランキング
GemForex(初心者向け)

お金を使わずに海外FXを体験したいなら、GemForexがおすすめ。
口座開設だけで、1〜2万円のボーナスがもらえます。
ボーナスを使い切ったら、XM・LAND-FXに乗り換えるのもアリ。

XM(初心者向け)

FXの資金が10万円以下なら、XMがおすすめ。
口座開設ボーナスで3,000円、100%入金ボーナスで5万円、20%入金ボーナスで45万円もらえます。

LAND-FX(中級者向け)

トレード資金が少ない人には、LAND-FXがおすすめ。
最大50万円の100%入金ボーナスがもらえます。
スプレッドも狭く(USD/JPY 0.8 pips)、デイトレードと好相性。

AXIORY(中級者向け)

少額でスキャルをするなら、AXIORYがおすすめ。
最低入金額が2万円と低く、レバレッジは400倍と高め。
ECN口座の取引手数料が1ロット往復6ドル。
取引ツール「cTrader」はスキャルピングトレードと好相性。

Tradeview(上級者向け)

取引コストを極限まで抑えたいなら、Tradeviewがおすすめ。
ECN手数料が1ロット往復5ドルと、最安値クラス。
取引ツールは「MT5・cTrader」も使えます。
海外FXベテラン勢からも大人気!

この記事を書いた人
むれ

海外FXの情報を発信しているトレーダーです。
サイト運営やSEO、サイトデザインも大好きです。

むれをフォローする
XM
むれをフォローする
海外FX大全
タイトルとURLをコピーしました