おすすめの海外FX業者は?
初めての海外FXは、LAND-FXがおすすめ

最大50万円の100%入金ボーナスがもらえます。
スプレッドもUSD/JPY 0.8 pipsと狭く、デイトレードにも最適。
詳しくは公式サイトへ↓

LAND-FXで口座開設

XMでスキャルピングトレードはできるの? おすすめできない理由とは?

XM

スキャルピングトレードはFXの短期売買の手法のひとつです。

手軽に短期間で利益を出せることから、デイトレードと並んで人気のある手法とされています。

ところでXMではスキャルピングトレードはできるのでしょうか?

結論から言うと可能です。手動によるスキャルピングトレードはもちろん、EA自動売買によるスキャルもできますよ。

では実際のところ、XMでスキャルピングトレードをすると儲かるのでしょうか?

この記事ではXMのスキャルピングトレードについて詳しくお話ししていきます。

 

XMでスキャルピングトレードは可能

XMでもスキャルピングトレードが可能です。別に禁止もされていません。

最大レバレッジが888倍と非常に高いため、トレードのセンスがあれば、大きな利益も狙えることでしょう。

XMがスキャルを認めていることは、XMの「よくある質問」でも確認できます。

 

スキャルピングトレードならXM Zero口座がいい

XMでスキャルピングトレードするなら、口座タイプはXM Zero口座を選ぶのが無難。

理由はスプレッドが1番狭いから(USD/JPY 0.1 pips)。

XM Zero口座のスプレッドは、取引手数料を入れてもアメリカドル円で1.1 pips。スタンダード口座の1.8 pipsよりもさらに狭いです。

スキャルピングトレードをするときは、少しでもスプレッドを狭くしましょう。取引回数が多いため、スプレッドが狭いほど、収益が大きくなるからです。

 

EA自動売買もOK

XMではEA自動売買によるスキャルピングトレードも認められています。

スキャルピングトレードは取引回数が多いため、専業トレーダー向けです。会社員などの兼業トレーダーだと、チャートに1日中張り付くわけにはいかないでしょう。

しかしEA自動売買を使えば、兼業トレーダーでもチャートに張り付く必要なく、スキャルピングトレードができるようになります。

ただ収益率の高いスキャル向けEAを見つけるのは、非常に難しいです。

自動売買で安定した利益を出すなら、やはりスイングトレードやデイトレードのほうが好ましいです。

 

XM Zero口座でスキャルピングトレードはおすすめできない。その理由は?

ただXM Zero口座でのスキャルピングトレードは、あまりおすすめできません。

今からその理由をお話しします。

 

理由1、XM Zero口座の手数料が高い(1ロット10ドル)

XM Zero口座の取引手数料は1ロット10ドル。これは他の海外FX業者と比べても高いほうです。

スキャルピングトレードの取引コストを低く抑えたいなら、以下の3つの海外FX業者を利用しましょう。

往復1ロットあたりの手数料は以下の通り。

特にTradeviewの取引手数料は、1ロット5ドルとXM Zero口座の半分です(レバレッジは200倍と低め)。

スキャルピングトレードでは、取引コストが低いほど、利益が大きくなります。まずは手数料の1番安いTradeviewから試してみましょう。

 

理由2、XM Zero口座でCFD取引ができない

XM Zero口座では、CFD取引ができません。

CFD取引でスキャルピングトレードをするなら、先ほど紹介したTradeview、AXIORY、LAND-FXのいずれかを使うことになります。

CFDはFXと異なるチャートの動きをするので、リスクヘッジには最適です。

ただ銘柄ごとにスプレッド取引時間が異なるため、初心者はいきなり手を出さないほうがいいでしょう。

 

スキャルピングトレードでは、スプレッドの狭さがめちゃ大事!

スキャルピングトレードで1番重要なことは、少しでもスプレッドを狭くすること。

スキャルピングトレードでは取引回数が多いため、スプレッドが少し広くなるだけでも、取引コストが大幅にあがります。

スキャルピングトレードでは、ECN口座を使いましょう。XM Zero口座もECN口座の1つです。

発注方式ECNとは、スプレッドが極端に狭い代わりに、取引1ロットごとに手数料が発生する方式のこと(Electronic Communications Networkの略語)。

わずかなpipsのズレが致命的となるスキャルピングトレードでは、ECN口座を使うのが鉄則です。

 

スキャルピングトレードにおすすめの海外FX業者(ECN口座)

ここからはスキャルピングトレードにおすすめの海外FX業者を3つ紹介します。

どれもスプレッドが狭く、取引手数料も低いECN口座です。

 

Tradeview:手数料5ドル

Tradeviewの取引手数料は1ロットあたり5ドル。紹介した3つのなかでいちばん安いです。

ただしECN口座のレバレッジは200倍と低め。資金が少ないなら、レバレッジ500倍のXMやTitanFXを選びましょう。

またTradeviewでは取引ツールにMT4だけでなく、MT5やcTraderも使えます。特にcTraderはスキャルピングトレードと相性のいいプラットフォームです。

入金・出金でbitwalletに対応しているのもうれしいですね。

詳しくはTradeview公式サイトをご覧ください。

 

AXIORY:手数料6ドル

AXIORYの取引手数料は1ロットあたり6ドル。

取引手数料はTradeviewより1ドル高いですが、代わりにレバレッジ400倍で取引ができます。(Tradeviewは200倍)

あとスキャルピングトレードと相性の良い「cTrader」が使えるのも良いですね。

ただしAXIORYでは入金・出金にbitwalletが使えません。

詳しくはAXIORY公式サイトをご覧ください。

 

LAND-FX:手数料7ドル

LAND-FXの取引手数料は1ロットあたり7ドル。

ECN口座のレバレッジは200倍と、AXIORYよりも低めです。(STP口座はレバレッジ500倍)

その代わりLPボーナス口座を開設することで、最大50万円の100%入金ボーナスがゲットできます。

詳しくはLAND-FX公式サイトをご覧ください。

 

スキャルピングトレードをするなら、手数料の安さにこだわろう!

ここまでXMのスキャルピングトレードについて詳しくお話ししてきました。

XMではスキャルピングトレードは可能で、口座はXM Zero口座が1番いいですが、全面的にはおすすめできません。取引手数料が1ロット10ドルと高いからです。

取引手数料の安い海外FX業者なら、以下の3つがおすすめ。

スキャルピングトレードでは、スプレッドを極限まで低く抑えることで、利益を最大化できます。

資金に余裕があるから、取引手数料の1番安いTradeviewで口座開設することを強くおすすめします。

逆に資金に余裕がないなら、XMスタンダード口座で口座開設しましょう。最大50万円の入金ボーナスがもらえるので、海外FX初心者には心強いはずです。

 

海外FXが初めてなら、XMはおすすめ

海外FXが初めての人なら、XMはおすすめ。(XMの評判は?

ボーナスが豊富で、少ない資金でも収益性の高いトレードが楽しめるからです。

  • 3,000円の口座開設ボーナス
  • 5万円の100%入金ボーナス
  • 45万円の20%入金ボーナス

さらに取引ツールは「MT4・MT5」に対応しており、EA自動売買にも挑戦できます。

欠点はスプレッド・取引手数料が少し高いことですが、デイトレード・スイングトレードなら気にならないレベルです。

詳しくはXM公式サイトをご覧ください。

XM公式サイトはこちら

この記事を書いた人
むれ

海外FXの情報を発信しているトレーダーです。
サイト運営やSEO、サイトデザインも大好きです。

むれをフォローする
おすすめ海外FXランキング
LAND-FX

トレード資金が少ない人には、LAND-FXがおすすめ。
最大50万円の100%入金ボーナスがもらえます。
スプレッドも狭く(USD/JPY 0.8 pips)、デイトレードと好相性。

AXIORY

少額でスキャルをするなら、AXIORYがおすすめ。
最低入金額が2万円と低く、レバレッジは400倍と高め。
スキャル向け取引ツール「cTrader」に対応。

Tradeview

取引コストを極限まで抑えたいなら、Tradeviewがおすすめ。
ECN手数料が1ロット往復5ドルと、最安値クラス。
取引ツールはMT4/MT5/cTrader/CURRENEXの4種類。

XM
むれをフォローする
海外FX大全
タイトルとURLをコピーしました