おすすめの海外FX業者はこちら
海外FX初心者は「LAND-FX」がおすすめ!

最大50万円の100%入金ボーナスで大盤振る舞い!
スプレッドもUSD/JPY 0.8pipsと低く、デイトレードに最適
取引ツールはMT4・MT5対応
詳細はこちら↓

LAND-FX口座開設はこちら

XMでは無料VPS(仮想専用サーバー)サービスまとめ。無料利用の条件は?

XM

MT4のEA自動売買でFXトレードするときは、VPS(仮想専用サーバー)の契約が必須になります。

VPSは基本有料ですが、XMではある一定の条件を満たすことで、提携VPSを無料で使えるようになります。

ただ条件は複雑ですし、VPSについては詳しく知らない人も多いですよね?

そこでこの記事では、XMの提携VPSの使い方や、無料利用の条件などを解説することにしました。

後半からはおすすめの有料VPSも紹介するので、ぜひ最後まで読んでくださいね!

口座開設で3,000円ボーナスがもらえる
無料で今すぐ登録できます

 

VPS(仮想専用サーバー)は、EA自動売買に必須のアイテム

VPS(仮想専用サーバー)とは、共用サーバーにおいて専用サーバーのような環境が実装されているサーバーのこと。

VPSを契約することで、手元にWindows OSのパソコンがなくても、擬似的にパソコンを使えるようになります。

EA自動売買は基本的に24時間運用するため、パソコンも同じようにおなじように24時間起動し続ける必要があります。

ただ普段使っているパソコンでEAを使い続けると、パソコンに大きな負荷がかかります。

だからVPSを契約して、仮想のパソコンを入手し、EAを24時間運用するわけです。EA自動売買をするなら、VPSは絶対に必須!

 

XMで無料でVPSを利用するには?

XMではそんなVPSが無料で使えるわけですね。

ただVPSの無料利用には条件があり、資金の少ない人にはハードルが高いです。

ここからは無料利用の条件などを見ていきます。

 

無料利用の条件は2つ(残高5,000ドル以上、毎月5ロット取引)

XMでは以下の2つの条件を満たすと、無料でVPSを利用できるようになります。

  1. 毎月5ロット(50万通貨)以上の取引を行っていること
  2. 口座入金額が5,000ドル以上であること(日本円で55万円)

これらの条件は、2つとも満たす必要があります。

ただどちらの条件も厳しいと感じるのは私だけでしょうか?

 

条件を満たさないと有料になる(料金は月額28ドル)

2つの条件を満たさないと、XM口座から月額料金28ドルが引き落とされます。日本円で月額3,000円相当ですね。

VPSの月額料金の相場は2,000円から3,000円なので、この価格設定は妥当でしょう。

ただ同じ価格帯で優秀なVPSは他にもあるので、やはりXMのVPSは無料で使わないと割に合いません。

 

口座のお金がなくなれば、自動で解約

XMの口座残高がゼロになれば、VPSは自動で解約されます。

VPSを使い続けるなら、口座残高が足りているか定期的に確認しましょう。

ちなみにXMの口座残高をゼロにしたまま90日間放置すると、口座は凍結させられます。口座凍結になると、ボーナスが消滅するので注意しましょう。

 

資金が少ない人には厳しい条件かも…

XMのVPS無料利用は、資金の少ない初心者にはハードルが高いです。

もう一度2つの条件を確認しましょう。

  1. 毎月5ロット(50万通貨)以上の取引を行っていること
  2. 口座入金額が5,000ドル以上であること(日本人で55万円)

まず1つ目の条件ですが、XMの5ロットは50万通貨に相当します。50万通貨はかなり大きな通貨量です。20 pips損すれば、10万円くらい失います。

50万通貨は初心者が簡単に手を出せる通貨量ではないのです。

次に2つ目の条件ですが、5,000ドルは日本円で55万円に相当します。

XMの魅力は最大888倍のレバレッジ。これのおかげで10万円程度の資金でも、まともな取引ができるようになるわけです。

だからこそ資金の少ない人にはXMを勧めているのですが、55万円入金はかなりハードルが高いです。

資金が少ない人は、XMの無料VPSを利用する必要はないです。後半で紹介するおすすめVPSを契約しましょう!

 

XMの無料VPS「BeeksFX」は使い勝手がよくない

XMの無料VPSは「Beeks Financial Cloud」が提供する「BeeksFX」というもの。国内FXだとOANDA Japanが提携しています。

ただこちらの体験記事によると、BeeksFXの使い勝手はそんなに良くないようです。

有料版の料金も高く、日本語のサポートが充実していないのが致命的です。

厳しい条件をクリアしてまで、無料で使う価値があるかと言われると、微妙でしょう。

10万円くらいの資金で手軽にEA自動売買を試してみたいなら、次で紹介する有料VPSを使ってみましょう。

 

MT4自動売買向けの有料VPSを紹介!

FX向けのVPSサービスがいろいろありますが、中でも代表的なのは以下の2つ。

  1. お名前.com デスクトップクラウド for FX
  2. ABLENET VPS

どれも料金がお手頃で、ネット上での評判も高め。

それぞれのVPSの特徴を見ていきましょう。

 

お名前.com デスクトップクラウド for FX(月額2,400円から)

VPSがよくわからないなら「お名前.comのデスクトップクラウド」がおすすめ。

大手企業のGMOグループが運営しており、わからないことがあれば電話で手厚くサポートしてもらえます。

さらにWindows OSとMT4がすでにインストールされているため、契約すればすぐにEA自動売買を始められます。

EA自動売買のデメリットは、セットアップがめんどうなこと。お名前.comのVPSなら、そうした雑務から解放されるわけですね。

EA自動売買が初めての人は「お名前.comのVPS」を選ぶのが無難です。

 

ABLENET VPS(月額1,800円から)

VPSの月額料金も安くしたいなら「ABLENET VPS」を選びましょう。

料金は月額1,800円からで、お名前.com デスクトップサーバーよりも安上がりです。

ABLENET VPSには、2種類のプランがあります。

  • VPSプラン:Windowsなし
  • 仮想デスクトッププラン:Windowsあり(おすすめ!)

MT4自動売買をするなら、Windowsをインストールできる「仮想デスクトッププラン」を選びましょう。

デメリットは、お名前.comほどサポートが親切でないこと。EA自動売買を前提に作られたサービスではないので、WindowsもMT4も自分でインストールする必要があります。

ABLENET VPS」はパソコンに詳しいFX中級者以上向けのサービスとなります。

 

EA自動売買をするなら、有料VPSの方がおすすめ!

XMの無料VPSを利用するには、以下の2つの条件を満たす必要があります。

  1. 毎月5ロット(50万通貨)以上の取引を行っている
  2. 口座入金額が5,000ドル以上(日本円で55万円)

資金の少ない人が、2つの条件を満たすのは難しいです。仮に満たしたとしても、翌月に未達成なら月額28ドルの料金が発生します。

本格的にVPSでEA自動売買をするなら、日本の有料VPSサービスを利用しましょう。

特に「お名前デスクトップクラウド for FX」ならWindowsとMT4がインストールされているため、セットアップが簡単です。

無料VPSサービスの詳細は、公式サイトの「プロモーション」でも確認できます。

口座開設で3,000円ボーナスがもらえる
無料で今すぐ登録できます

 

海外FX初心者はXMがおすすめ!

海外FXが初めての方は、XM(公式)がおすすめ。

理由は、入金ボーナスが豊富だから。入金したお金をすべて失っても、ボーナスで再挑戦でき、FXトレードの経験をたくさん積めます。

新規口座開設なら、10万円入金するだけで、6万3,000円分のボーナスが獲得可能。

さらに入金手数料や出金手数料も無料になりやすく、10万円以下の少額トレードと相性がいいです(銀行側の手数料は発生する)。

メールサポートも優秀で、わからないことがあれば気軽に日本語で質問でき、早ければ1日で返信してくれます。

欠点はスプレッドが若干広いこと、ECN手数料が1ロット10ドルと高いこと。スキャルピングトレードとは相性が悪く、デイトレード向けです。

海外FXのことがよくわからない方は、XMを選ぶのが1番無難です。

詳しくはXM公式サイトをご覧ください。

口座開設で3,000円ボーナスがもらえる
無料で今すぐ登録できます
おすすめ海外FXランキング
LAND-FX(初心者向け)

トレード資金が少ない人には、LAND-FXがおすすめ。
最大50万円の100%入金ボーナスがもらえます。
スプレッドも狭く(USD/JPY 0.8 pips)、デイトレードと好相性。

AXIORY(中級者向け)

少額でスキャルをするなら、AXIORYがおすすめ。
最低入金額が2万円と低く、レバレッジは400倍と高め。
スキャル向け取引ツール「cTrader」に対応。

Tradeview(上級者向け)

取引コストを極限まで抑えたいなら、Tradeviewがおすすめ。
ECN手数料が1ロット往復5ドルと、最安値クラス。
取引ツールはMT4/MT5/cTrader/CURRENEXの4種類。

この記事を書いた人
むれ

海外FXの情報を発信しているトレーダーです。
サイト運営やSEO、サイトデザインも大好きです。

むれをフォローする
XM
むれをフォローする
海外FX大全
タイトルとURLをコピーしました