おすすめの海外FX業者は?
初めての海外FXは、LAND-FXがおすすめ

最大50万円の100%入金ボーナスがもらえます。
スプレッドもUSD/JPY 0.8 pipsと狭く、デイトレードにも最適。
詳しくは公式サイトへ↓

LAND-FXで口座開設

XMで出金拒否はあり得ない! それでも出金できない時の対処法は?

XM

海外FXでいちばん怖いのが出金拒否。

せっかくFXトレードで資金を増やしても、出金拒否されればトレードの時間と入金したお金をまるまる失います。

「悪質な業者を選んでしまい、預けた資金が戻ってこない…」海外FXだとよく聞く話です。

ではXMでは出金拒否はあるのでしょうか? 結論から言うと、XMで出金拒否が起こるリスクはとても低いです。

この記事では、XM出金拒否の可能性や、出金できないときの解決策などを解説します。

 

XMは信頼性の高い業者。出金拒否のリスクは低い

XMで出金拒否になる可能性はかなり低いです。

XMは海外FX業者の中でも最大手で、利用者も多いですが、出金拒否のケースはネットでも上がってきません。それだけ信頼性があるのでしょう。

XMは日本人利用者も多く、普通に運営していればかなりの収益が得られます。出金拒否して、信用を失う理由がないのです。

出金拒否の可能性をゼロに抑えたいなら、海外FX最大手のXMを使うのがいちばん安全です。

 

XMで出金拒否される理由

XMはマネーロンダリングの防止のために、資金管理を厳格にしています。

正しい方法で出金しないと、預けたお金を全額出金できないことも…

ここからはXMで出金できない理由を紹介します。

 

ボーナスを出金しようとしている

XMのボーナスは出金できません。

ここで言うボーナスとは、XMのトレードでのみ使える証拠金のこと。口座を開設したり、口座に入金したりすることで、ボーナスがもらえます。

XMのボーナスはトレードの証拠金としては使えますが、現金出金はできません。

 

XMの取引ルールに違反している

XMは両建てなどのアービトラージ取引を禁止しています。

取引ルールに違反すると、口座凍結させられたり、最悪出金拒否されることもあるのです。

XMが禁止している行為は以下の通り。

  • 複数口座を使った両建て取引
  • 他のFX業者を使った両建て取引
  • グループ内での両建て、裁量取引
  • インターネットの接続遅延を狙った取引
  • ボーナスやXMポイントの悪用
  • 経済指標前後の窓埋めトレード(禁止ではないか程度による)

基本的にはXMの利益を大きく損なう行為は禁止です。

普通にFXトレードしていれば、ペナルティを受ける心配はありません。もちろんEA自動売買も大丈夫です。

XMを安全に利用し続けたいなら、違法行為は避けましょう。

 

クレジットカード・デビットカード・bitwalletで利益出金しようとしている

XMでクレジットカード・デビットカード入金をしていると、入金額以上の出金はできません。カード出金は払い戻し処理になるからです。

また2019年4月から、XMではbitwalletによる利益出金ができなくなりました。

クレジットカード、デビットカード、bitwalletを利益出金しようとしても、出金を受け付けてくれなくなるわけです。

さらに2019年6月ごろからは、SticPayでも利益出金ができなくなっています。

入金額以上を出金するなら、出金方法は銀行出金を選びましょう。

 

出金先の銀行口座の情報を間違えている

出金先の銀行口座の情報が間違っていれば、銀行出金は正しく行われません。出金先の情報は正しく入力しましょう。

ただ出金先の銀行口座を指定するとき、銀行情報をローマ字入力するためめんどくさいですよね?

そんなときは「JuDress」や「君に届け!」などの変換サービスを利用しましょう。日本語の住所を英語に変換してくれます。

 

出金できない銀行を利用している

XMでは以下の銀行を出金先に選べません。

  • ゆうちょ銀行
  • じぶん銀行
  • みずほ銀行(インターネット支店のみ)
  • ジャパンネット銀行
  • 新生銀行
  • セブン銀行(SWIFTコードがない)

これらの銀行を使っているなら、XMの出金先には別の銀行口座を開設しましょう。

おすすめは手数料の安い「住信SBIネット銀行」か「楽天銀行」の2つです。

 

XMの出金拒否リスクを減らすためにやるべきこと

XMは海外FX最大手ですが、それでも油断は禁物です!

万が一出金拒否にあっても、被害を最小限に抑えられるよう、日頃から備えておきましょう。

ここからはXMの出金拒否リスクを減らし、拒否されたときの損失を最小限に抑えるためにやるべきことを紹介します。

 

アービトラージ取引をしない

XMでは基本的にアービトラージ取引(裁量取引)が禁止されています。

アービトラージ取引とは、価格や価値の違いを利用した取引のこと。FXの世界では「両建て」や「鞘取り」を指します。

FX業者はポジションを売買した時のスプレッドで利益を出しています。そのためポジションの売買が少ないアービトラージ取引は、FX業者に嫌われているのです。

XMもその一つで、両建てを使ったアービトラージ取引は禁止しています。

口座凍結出金拒否などのペナルティを受けたくないなら、XMではアービトラージ取引をしないようにしましょう。

 

FX口座に資金を残しすぎない(目安は100万円以下)

FX口座には余分なお金は残さないようにしましょう。ある程度の収益を出したら、入金額だけでも回収すべきです。

理由は海外FX業者に日本の法律が適用されないため。出金拒否口座凍結されると、入金したお金が返金されず、泣き寝入りするしかありません。

XMは海外FXの中でも信用のできる方ですが、油断は禁物。日本の金融庁の規制強化で、海外FXが使えなくなることもありえます。

海外FXの口座には、あまりお金を残さないようにしましょう。XMはレバレッジが888倍と高いので、10万円でも収益性の高いトレードができます。

 

入金する資金は少なめに(目安は10万円)

XMで最初に入金する金額は10万円で十分です。

最大レバレッジが888倍と非常に高く、少ない資金でも収益性の高いトレードができますからね。

逆にXMにいきなり100万円以上突っ込むのはやめましょう。急な変動で損失が際限なく膨らみ、資金を全て失うリスクがあります。

XMはゼロカットを採用しています。資金10万円の状態で数百万円の損失を出しても、損失は入金額の10万円までに抑えられます。

ゼロカットを最大限活用するなら、XMに入れるお金は最小限にしましょう。大損害を出しても、資金以上の損失はXMが肩代わりしてくれます。

 

マイナーな海外FX業者は使わないこと!

XMは十分に信頼できる業者なので出金拒否のリスクは低いです。

逆にマイナーな海外FX業者だと、素性がはっきりしておらず、出金拒否のリスクは高くなります。

こうしたブローカーは日本語の情報が少なく、信頼のできる情報を集めるのが難しいのです。

マイナーなFX業者を使う前は「Forex Peace Army」で評価を確認しましょう。その業者の信頼度がわかります。

たとえば「FXDD」で検索をかけるとこんな感じの画像になります。

FXDDは過去にゼロカットを反故にした悪質な業者なので、「非常に危険(EXTREME CAUTION)」と判断しています。

ボーナス目当てでマイナーな海外FX業者を使うときも「Forex Peace Army」で安全性を下調べしましょう。

 

XMなら出金拒否のリスクは低い!

ここまでXMの出金拒否リスクが非常に低いことを解説しました。

XMで出金拒否されるのは、アービトラージ取引のペナルティを受けたときか、正しい方法で出金していないときくらいです。

XMは海外FXの中でも最大手です。せっかく培った信用をゼロにする理由がありません。

出金拒否のリスクが怖く、信頼できる海外FX業者を見つけられないなら、まずはXMで口座開設しましょう。

XMを利用している日本人は多いため、XMが何か不祥事をすれば、すぐに騒ぎになるからです。XMに動きがあれば、ツイッター検索ですぐに情報を集められます。

 

海外FXが初めてなら、XMはおすすめ

海外FXが初めての人なら、XMはおすすめ。(XMの評判は?

ボーナスが豊富で、少ない資金でも収益性の高いトレードが楽しめるからです。

  • 3,000円の口座開設ボーナス
  • 5万円の100%入金ボーナス
  • 45万円の20%入金ボーナス

さらに取引ツールは「MT4・MT5」に対応しており、EA自動売買にも挑戦できます。

欠点はスプレッド・取引手数料が少し高いことですが、デイトレード・スイングトレードなら気にならないレベルです。

詳しくはXM公式サイトをご覧ください。

XM公式サイトはこちら

この記事を書いた人
むれ

海外FXの情報を発信しているトレーダーです。
サイト運営やSEO、サイトデザインも大好きです。

むれをフォローする
おすすめ海外FXランキング
LAND-FX

トレード資金が少ない人には、LAND-FXがおすすめ。
最大50万円の100%入金ボーナスがもらえます。
スプレッドも狭く(USD/JPY 0.8 pips)、デイトレードと好相性。

AXIORY

少額でスキャルをするなら、AXIORYがおすすめ。
最低入金額が2万円と低く、レバレッジは400倍と高め。
スキャル向け取引ツール「cTrader」に対応。

Tradeview

取引コストを極限まで抑えたいなら、Tradeviewがおすすめ。
ECN手数料が1ロット往復5ドルと、最安値クラス。
取引ツールはMT4/MT5/cTrader/CURRENEXの4種類。

XM
むれをフォローする
海外FX大全
タイトルとURLをコピーしました