おすすめの海外FX業者はこちら
海外FX初心者は「LAND-FX」がおすすめ!

最大50万円の100%入金ボーナスで大盤振る舞い!
スプレッドもUSD/JPY 0.8pipsと低く、デイトレードに最適
取引ツールはMT4・MT5対応
詳細はこちら↓

LAND-FX口座開設はこちら

XMの出金方法は銀行出金がおすすめ!その理由は? 出金手数料・最低出金額・出金手順も解説します

XM

XMの出金方法には、銀行出金、クレジットカード、bitwallet、SticPayがあります。

中でも一番おすすめなのは、銀行出金。利益出金ができ、セキュリティも万全だからです。

ただ海外FXを利用するなら、出金に関する理解は深めておいた方がいいです。

この記事ではXMの出金方法・出金手数料・出金時の注意点などを詳しく述べていきます。

口座開設で3,000円ボーナスがもらえる
無料で今すぐ登録できます

 

XMの出金方法は4種類

XMでは現在4種類の出金方法が利用できます。

それぞれの特徴が理解しやすいよう、比較表にしてまとめました。

出金方法利益出金出金手数料最低出金額着金時間
国内銀行送金できる無料(注1)(注2)10,000円2〜5営業日
クレジットカードできない無料500円最大2ヶ月
bitwalletできない無料(注3)500円即時
SticPayできない無料(注4)500円即時
  • (注1):出金額2万円以下だと、XM側で手数料が3,000円かかる
  • (注2):銀行側で送金手数料とリフティングチャージが3,000円ほどかかる
  • (注3):銀行出金の手数料は824円
  • (注4):銀行出金の手数料は600円+2.5%

ここからはそれぞれの出金方法の特徴を見ていきます。

 

銀行送金による出金(おすすめ)

銀行出金は、XMの出金方法の中で1番おすすめ。

利益出金ができる上に、セキュリティも盤石で、サービスが突然停止するリスクもないからです。

デメリットは手数料が高いこと。銀行側で送金手数料とリフティングチャージで合わせて3,000〜5,000円かかります。

注意点として出金額が2万円以下だと、XM側の出金手数料3,000円も発生します。

 

クレジットカード出金

XMではクレジットカードで出金もできますが、利益出金には対応していません。

例えばクレジットカードで10万円入金して、資金を15万円まで増やしたとします。

クレジットカードで出金できるの10万円までで、残りの5万円は銀行出金になります。

利益出金するときに2つの出金手段を使うため、クレジットカード出金は使いにくいです。快適に出金するなら、銀行出金がおすすめ。

 

bitwallet出金(利益出金できない)

bitwalletは、海外FXトレーダーの間で人気なオンラインウォレットサービスです。

出金手数料が824円と非常に安く、銀行出金よりも手数料を安く抑えます。

ただ2019年4月からbitwalletでは利益出金できなくなっています。おそらくマネーロンダリング対策でしょう。

FXで得た利益を出金するなら、利益出金できる銀行出金がおすすめ。

 

STICPAY出金(利益出金できない)

SticPayはbitwalletと同じくオンラインウォレットサービスです。

ただbitwalletよりも知名度が低く、手数料も高め。

以前はSticPayでは利益出金できたのですが、2019年6月あたりからできなくなりました。オンラインウォレットサービスは不正に使われやすいからでしょう。

オンラインウォレットサービスは手数料が安く便利ですが、規制でサービスが改悪されるリスクがあります。

出金手続きをスムーズに行うなら、出金方法は銀行出金がおすすめ。

 

XMでは現在使えない出金方法(2019年)

XMでは現在bitcoin出金とiAccount出金が使えません。

ここからはそれぞれの出金方法を詳しく見ておきます。

 

ビットコイン出金(利用できない)

以前のXMではビットコイン出金に対応していました。

ただビットコイン出金するには、事前にビットコインで入金している必要があり、さらにウォレットアプリも用意しておく必要があります。

ビットコインで入出金するのは、手間がかかるためおすすめできません。

XMで入金・出金の手続きをするなら、国内銀行送金が無難でおすすめです。

 

iAccount出金(利用できない)

iAccountは、海外FX向けのオンライン決済サービスです。

ただbitwalletよりも手数料が高く、利用者はそこまで多くありません。

2019年5月あたりから、XMではiAccountのサービスを停止しています。

オンラインウォレットサービスを使うなら、bitwalletが無難です。利益出金もするなら、出金方法は銀行出金を選びましょう。

 

XMの出金に関する基礎知識

ここからはXMの出金手数料・最低入金額・反映時間をまとめておきます。

 

XMの出金手数料

XMの出金手数料は少しややこしいです。XMでの手数料は無料ですが、出金先の銀行で手数料が発生するからです。

XMでの実質的な出金手数料は以下の通り。

出金方法実質的な手数料
国内銀行送金3,000〜5,000円
クレジットカード無料
bitwallet824円
SticPay600円+2.5%

やはり銀行出金は手数料が高いです。

SticPayの出金手数料も、出金額10万円以上だと銀行出金と同じくらい高くなります。

それに対しbitwalletは出金手数料824円。海外FXトレーダーの間でbitwalletが人気なのもうなずけます。

 

XMの最低出金額

XMの最低出金額は以下の通り。

出金方法最低出金額
国内銀行送金10,000円
クレジットカード500円
bitwallet500円
SticPay500円

国内銀行送金の最低出金額は1万円ですが、出金額2万円以下だと手数料が発生します。

それ以外の出金方法だと最低出金額500円からで、手軽に出金手続きができます。

 

出金の反映時間

出金処理が反映されるまでの時間は以下の通り。

出金方法着金時間
国内銀行送金2〜5営業日
クレジットカード最大2ヶ月
bitwallet即時
SticPay即時

オンラインウォレットサービスは、出金がすぐに反映されるのが魅力です。

銀行出金だと2営業日ほどかかることがありますが、インターネットバンキングだと30分ほどで済ませられるケースもあります。

クレジットカードの出金手続きは払い戻し処理となるため、時間がかかることが多いです。基本的には数週間、長ければ2ヶ月待たされることもあります。

 

おすすめは銀行送金。メリット・デメリットは?

ここまでXMの出金方法をいくつか紹介してきました。中でも1番おすすめなのは銀行送金による出金です。

 

メリット1、利益出金ができる

XMの銀行出金は利益出金に対応しています。

利益出金とは、入金額以上の出金を行うこと。

例えばXMで10万円を入金し、資金の20万円まで増やしたとしましょう。この時に20万円出金すると、利益出金を10万円行ったことになります。

しかしクレジットカードやデビットカード、bitwallet、SticPayは利益出金ができません。

以前はbitwalletで利益出金が可能でしたが、2019年の4月からできなくなりました。SticPayも同様にXMでは利益出金できなくなっています。

XMで利益出金するなら、銀行出金が1番安全です。

 

メリット2、出金先として安定しており、利用停止のリスクが低い

海外FXは規制の厳しい業界です。便利だったウォレットサービスが突然使えなくなることもあります。

例えばXMではbitwalletに利益出金ができなくなり、AXIORYでもbitwalletが使えなくなりました。

この手のサービスは手数料が安く、使い勝手がいいのですが、規制で突然使えなくなるリスクもあるのです。

それに対し銀行ならセキュリティも盤石で、突然使えなくなるリスクも低いです。着金手数料やリフティングチャージは高額ですが、安全面のメリットは銀行のほうが上です。

海外FXトレードを安全に楽しみたいなら、出金先は銀行を選びましょう。

 

メリット3、資金管理が楽

bitwallet・SticPayなどのオンラインウォレットサービスは確かに便利です。手数料が安いですし、アメックスやダイナースカードの入金にも対応しています。

しかしウォレットサービスを使うことは、銀行口座を1つ余分に持つようなものです。

ネットサービスに疎く、パスワード管理が苦手な人には、ウォレットサービスの管理はめんどくさく感じるはずです。

出金手数料を安くしたいなら、ウォレットサービスを使ってもいいでしょう。

ただ資金管理をシンプルにしたいなら、多少手数料が高くなっても、銀行出金を選びましょう。

 

デメリット1、出金額2万円未満だと手数料3,000円

XMで銀行出金するとき、出金額が2万円未満だと、XM側で3,000円の手数料が発生します。(銀行側の着金手数料は別に発生する)

XMでの出金手数料を無料にしたいなら、出金額が2万円以上になるよう調整しましょう。

こまめに出金しすぎないことが大切です。出金するなら、50万〜100万をまとめて出金するのが理想です。

 

デメリット2、リフティングチャージ・着金手数料が高い(3,000〜5,000円)

XMから銀行に出金すると、銀行側でリフティングチャージと着金手数料が発生します。

リフティングチャージは、通貨両替せずに海外送金するときに発生する手数料のこと。

手数料の目安は、2つ合わせて3,000円〜5,000円。国内の振込手数料108円〜216円と比べるとかなり高いですね。

銀行出金するときは、出金額をできるだけ高くして、出金回数を減らしましょう。

もしくは住信SBIネット銀行楽天銀行などの外貨送金の手数料が安い銀行を使うのもアリです。

リフティングチャージ・着金手数料の詳細は、それぞれの銀行のホームページで調べましょう。

 

デメリット3、出金が反映されるまでに2〜5日かかる

XMの銀行出金は、オンラインウォレットサービスよりも反映が遅いです。

ウォレットサービスだと1時間で反映されるのに対し、銀行出金だと2〜5日ほどかかることがあります。さらに年末年始だと1〜2週間かかることもザラです。

だからXMで銀行出金するときは、時間に余裕を持たせるようにしましょう。

 

出金におすすめな銀行口座

銀行出金のデメリットは、出金手数料が高いことです。何も知らずにメガバンクで出金すると、5,000円以上の手数料を取られてしまいます。

銀行出金するにしても、手数料は安いほうがいいに決まってます。

そこでここからは、海外送金の出金手数料が安い銀行口座を2つ紹介することにしました。

 

住信SBIネット銀行

海外FXと日常生活で口座を兼用するなら、住信SBIネット銀行がおすすめ。

理由は、ATM出金手数料が無料になりやすいからです。普通に使っていれば、毎月2〜5回は出金手数料が無料になります。

また外貨の受け取り手数料は2,500円、リフティングチャージを入れても3,500円程度くらいで、メガバンクよりも手数料を安く抑えられます。

海外FXの銀行口座で迷ったら、とりあえず住信SBIネット銀行を選びましょう。

 

楽天銀行

楽天市場や楽天カードを使っているなら、楽天銀行もおすすめ。

楽天カードの会員ステージによってATM出金手数料が無料になり、さらに楽天ポイントも付与されるからです。

また外貨の受け取り手数料も2,450円と、他のメガバンクよりも安いです。ただしリフティングチャージは明記されていないのでご注意ください。

楽天ポイントを稼ぎたいなら、楽天銀行はおすすめです。

 

XMで出金先に利用できない銀行

XMでは以下の銀行を出金先として指定できません。

  • ゆうちょ銀行
  • じぶん銀行
  • みずほ銀行(インターネット支店のみ)
  • ジャパンネット銀行
  • 新生銀行
  • セブン銀行(SWIFTコードがない)

銀行側が海外送金の受け取りに対応していないからです。

ゆうちょ銀行は手数料が安いだけに、海外FXで使えないのは残念ですね。

海外FXの出金先口座は、手数料の安い「住信SBIネット銀行」か「楽天銀行」を選びましょう。

 

XMの出金手順

XMの出金手順は以下の通り。

  1. XMの「会員ページ」にアクセスする
  2. 口座IDとパスワードを入力して、ログインする
  3. 会員ページの灰色ボタン「資金の出金」をクリックする
  4. 出金方法を選択する(銀行出金、クレジットカード、bitwallet、SticPay)
  5. アカウント情報・出金額を入力する
  6. 手続き完了のメールが届く

XMはサイトデザインがわかりやすいため、直感的に操作できるはずです。

ただし銀行出金するときは、初回だけ銀行の住所などをローマ字で入力する必要があります。

住所を英語表記にするのが面倒なら「JuDress」「君に届け」などの変換サービスを使うと便利です。

 

XMで出金するときの注意点

ここからはXMで出金するときの注意点について述べておきます。

海外FXで出金できないケースを避けるためにも、しっかりと読んでおきましょう。

 

入金額までの出金は、入金時と同じ経路になる

海外FXでは基本的に入金経路と出金経路を同じにする必要があります。(出金優先手順)マネーロンダリングを防止するためでしょう。

例えばクレジットカードで5万円入金した場合、出金経路も5万円までは同じクレジットカードの払い戻しとなります。

5万円を超えた部分は利益出金となるので、銀行送金で出金します。

そのためクレジットカードで入金して、銀行で出金すると行ったことはできないのです。海外FX業者を悪用して、クレジットカードの現金化はできないということですね。

 

出金すると、出金額と同じ割合だけボーナスが消滅する

XMのボーナスは、出金すると同じ割合だけ消滅してしまいます。

例えば10万円の口座資金と5万円のボーナスがあるとしましょう。この時5万円を出金すると、ボーナスも同じ割合50%の2.5万円分だけ消えてしまいます。

資金を全額出金すれば、ボーナスも全てなくなります。FX口座にボーナスが残っている場合は、なるべく出金は控えましょう。

 

銀行出金は手数料が高い(3,000円〜5,000円)

銀行出金は確かに安全ですが、手数料が高いのが欠点です。受取手数料とリフティングチャージを合わせると、3,000円〜5,000円はかかります。

手数料を節約したいなら、手数料の安い銀行を使う、出金処理はなるべくまとめて行う、などの工夫をしましょう。

メガバンクは手数料が高いのでおすすめしません。手数料の安い銀行なら、住信SBIネット銀行楽天銀行がおすすめです。

 

一部の銀行は出金先に選べない

一部の銀行は、XMの出金先として利用できません。

  • ゆうちょ銀行
  • じぶん銀行
  • みずほ銀行(インターネット支店のみ)
  • ジャパンネット銀行
  • 新生銀行
  • セブン銀行(SWIFTコードがない)

入金には使えますが、出金には対応していないのです。

海外FXの出金先口座は、手数料の安い「住信SBIネット銀行」か「楽天銀行」を選びましょう。

 

証拠金維持率150%以下になる出金はできない

XMではポジションを保有していても出金できますが、証拠金維持率150%以上であることが条件となります。

含み損を抱えていて証拠金維持率が150%以下なら、ポジションを決済してから出金しましょう。

 

XMで出金拒否される原因

XMで出金拒否されることは稀です。

出金できない場合は、以下のケースが考えられます。

  1. ボーナス出金しようとしている
  2. XMの取引ルールに違反している
  3. 銀行出金以外で利益出金しようとしている
  4. 出金先の銀行口座の情報を間違えている
  5. 出金できない銀行を利用している(ゆうちょ銀行、新生銀行など)

出金をスムーズに済ませたいなら、最初のうちは銀行出金が無難です。

 

まとめ:XMは出金手数料が安く、使いやすい

ここまでXMの出金方法や出金手数料について詳しく述べてました。

XMでは多様な出金方法が利用できましたが、最近ではウォレットサービスが利益出金できなくなったりと、使い勝手が悪くなっています。

資金を安全に出金したいなら、出金方法は銀行出金がおすすめです。

XMは出金手数料が無料ですが、受取銀行側の手数料が3,000〜5,000円と高め。出金手数料を節約したいなら、なるべく手数料の安い銀行を利用しましょう。

XMの出金方法は、口座開設後の「会員ページ」で確認できます。

口座開設で3,000円ボーナスがもらえる
無料で今すぐ登録できます

 

海外FX初心者はXMがおすすめ!

海外FXが初めての方は、XM(公式)がおすすめ。

理由は、入金ボーナスが豊富だから。入金したお金をすべて失っても、ボーナスで再挑戦でき、FXトレードの経験をたくさん積めます。

新規口座開設なら、10万円入金するだけで、6万3,000円分のボーナスが獲得可能。

さらに入金手数料や出金手数料も無料になりやすく、10万円以下の少額トレードと相性がいいです(銀行側の手数料は発生する)。

メールサポートも優秀で、わからないことがあれば気軽に日本語で質問でき、早ければ1日で返信してくれます。

欠点はスプレッドが若干広いこと、ECN手数料が1ロット10ドルと高いこと。スキャルピングトレードとは相性が悪く、デイトレード向けです。

海外FXのことがよくわからない方は、XMを選ぶのが1番無難です。

詳しくはXM公式サイトをご覧ください。

口座開設で3,000円ボーナスがもらえる
無料で今すぐ登録できます
おすすめ海外FXランキング
LAND-FX(初心者向け)

トレード資金が少ない人には、LAND-FXがおすすめ。
最大50万円の100%入金ボーナスがもらえます。
スプレッドも狭く(USD/JPY 0.8 pips)、デイトレードと好相性。

AXIORY(中級者向け)

少額でスキャルをするなら、AXIORYがおすすめ。
最低入金額が2万円と低く、レバレッジは400倍と高め。
スキャル向け取引ツール「cTrader」に対応。

Tradeview(上級者向け)

取引コストを極限まで抑えたいなら、Tradeviewがおすすめ。
ECN手数料が1ロット往復5ドルと、最安値クラス。
取引ツールはMT4/MT5/cTrader/CURRENEXの4種類。

この記事を書いた人
むれ

海外FXの情報を発信しているトレーダーです。
サイト運営やSEO、サイトデザインも大好きです。

むれをフォローする
XM
むれをフォローする
海外FX大全
タイトルとURLをコピーしました