おすすめの海外FX業者をチェックする
海外FXでなかなか勝てない人へ

海外FXでのトレード勝率を上げたいなら、こちらの記事をどうぞ。
海外FXの基本戦術をまとめています。

おすすめトレード手法をチェックする ▷

XM Zero(エックスエム ゼロ)口座の特徴は? スプレッドが狭く、スキャル向け

XM Zero口座は3つの口座タイプのうちの1つで、スプレッドが非常に狭いのが特徴です。

スキャルピングトレードなど取引回数の多いトレード手法と相性がいいです。

ではXM Zero口座のそれ以外のスペックなどはどうなのでしょうか。ほかにもデメリットや他のECN口座との比較もしておきたいですよね?

この記事では、XM Zero口座の概要をわかりやすく解説することにしました。

公式の最新情報が知りたい人は、XMの「口座タイプ」か「XM Zero口座」をご覧ください。

 

XM Zero口座の基本スペック

XM Zero口座の基本スペックは以下の通り。

  • 最大レバレッジ:500倍
  • 1ロット単位:10万通貨
  • 最小取引単位:1,000通貨
  • 最大取引単位:500万通貨
  • スプレッド目安:USD/JPY 0.1 pips
  • 最低入金額:10,000円
  • ボーナス:3,000円口座開設ボーナスのみ(入金ボーナスなし)
  • ロイヤリティプログラム:なし
  • CFD取引:なし

最大の特徴はスプレッドが非常に狭いこと。アメリカドル円で0.1 pipsと驚異的な狭さです。(取引手数料を入れると実質1.1 pips)

ただ得られるボーナスは口座開設ボーナスのみで、入金ボーナスは得られません。

ほかにもロイヤリティプログラムやCFD取引など、XMの基本的なサービスが使えなくなっています。

もっと詳しく知りたいなら、XMの「XM Zero口座」をご覧ください。

 

XM Zero口座のメリット:スプレッドが極端に狭い(USD/JPY 0.1 pips)

XM Zero口座のメリットは、スプレッドが極端に狭いこと。この1点につきます。

スプレッドが狭いということは、それだけ取引コストも安くなるということ。

特に取引回数の多いスキャルピングトレードだと、取引コストをかなり節約できるはずです。

スプレッドを比較しましょう。

  • XM Zero口座:1.1 pips(0.1 pips + 1ロット10ドル)
  • スタンダード口座:1.8 pips

その差は0.7 pips。取引回数の多いスキャルピングトレードだと、0.7 pipsの違いは大きいです。

スキャルピングトレードで利益を出すなら、スプレッドは極限まで狭くすることが鉄則。XM Zero口座はスキャルピングトレードと相性が良いのです。

XMのスプレッドは、XM公式サイトの「取引商品→FX取引」でもチェックできます。

 

XM Zero口座のデメリット

スプレッドが非常に狭いXM Zero口座ですが、当然デメリットもあります。

 

デメリット1、取引手数料が他より高い(1ロット10ドル)

XM Zero口座の取引手数料は1ロット10ドル、これは他の海外FX業者と比べて高め。

中でもECN口座の取引手数料が安いのは以下の2社。手数料は1ロット10万通貨あたりです。

特にTradeviewの取引手数料が1ロット5ドルと、XM Zero口座の半分です。(ただしレバレッジは200倍と低め)

本格的にスキャルピングトレードをするなら、XM Zero口座よりも先ほど挙げた3つの海外FX業者を使ったほうがよいのです。スキャルピングトレードでは、スプレッドの狭さが利益に直結しますからね。

実際Tradeviewは取引手数料が安い上に、cTraderも使えるため、ベテランのFXトレーダーに人気があります。

詳しくはTradeview公式サイトをご覧ください。

 

 

デメリット2、最大レバレッジは500倍なので、必要証拠金が増えてしまう

XM Zero口座の最大レバレッジは500倍。スタンダード口座・マイクロ口座の888倍と比べると低めです。

レバレッジが低くなるということは、必要証拠金が増えるということ。実際XM Zero口座では、スタンダード口座の1.8倍の証拠金が必要となります。

必要証拠金を比べてみましょう。

アメリカドル円1万通貨を注文するのに必要な証拠金は、XM Zero口座とスタンダード口座で以下のようになります。

  • スタンダード口座:1,200円
  • XM Zero口座:2,200円

必要証拠金が1.8倍ほど高くなっていますよね。

レバレッジが高ければ高いほど、必要証拠金は少なくなります。資金の少ない人は、レバレッジがより高いスタンダード口座を利用しましょう。

XMで必要証拠金を計算するなら、XMの「計算ツール」を使うと便利です。

 

デメリット3、入金ボーナスがもらえない

XM Zero口座では、2種類の入金ボーナスがもらえません。(3,000円の口座開設ボーナスはもらえる)

  • 100%入金ボーナス:最大5万円
  • 20%入金ボーナス:最大45万円

入金ボーナスがもらえないと、少ない証拠金でFXトレードを強いられることになります。ロット数の多い強気なトレードもためらいがちになるでしょう。

入金ボーナスは資金が少ないトレーダーへの救済策です。

資金が少ない人にはXM Zero口座をおすすめできません。入金ボーナスがもらえるスタンダード口座かマイクロ口座を使いましょう。

ボーナスの詳細は、XMの「プロモーション」をご覧ください。

 

デメリット4、ロイヤリティプログラムが適用されない(XMポイントがもらえない)

XM Zero口座では、ロイヤリティプログラムが適用されません。

ロイヤリティプログラムは、トレードをするごとにXMポイントが貯められるサービス。貯めたポイントはボーナスに交換して、FXトレードの証拠金に使えます。

キャッシュバックサービスは資金の少ない海外初心者にとってありがたい存在ですが、XM Zero口座では使えないわけです。

ロイヤリティプログラムでXMポイントを効率よく貯めたいなら、スタンダード口座を利用しましょう。

通貨量が多いため、取引を繰り返せばどんどんポイントが貯まります。

ロイヤリティプログラムの詳細は、XMの「プロモーション」をご覧ください。

 

デメリット5、CFD取引は利用できない

XM Zero口座ではCFD取引もできません。

CFD取引は、農作物や株価指数、レアメタルやエネルギーなどにレバレッジをかけて行う取引のこと。FXとは異なる値動きをするため、リスクヘッジに便利です。

しかしXM Zero口座ではこのCFD取引も使えません。利用したいならスタンダード口座かマイクロ口座を選びましょう。

ただCFD取引はFX中級者向けです。スプレッドやロット数、取引時間などが銘柄ごとに異なるからです。

海外FXに慣れていない人が無理に手を出す必要はありません。

XMのCFD銘柄は、XM公式サイトの「取引商品」でもチェックできます。

 

デメリット6、最低入金額は1万円と高め(スタンダード・マイクロは500円)

XM Zero口座の最低入金額は1万円と高めです。

スタンダード口座・マイクロ口座の最低入金額は500円。わずかな資金でFXトレードに挑戦するなら、これら2つの口座を使いましょう。

とはいえ海外FXで本格的に稼ぐなら、最低でも10万円は入金したいところ。最低入金額1万円は、大したデメリットでもないでしょう。

XMの入金手続きは、口座開設後の「会員ページ」から行えます。

 

XM Zero口座と他の口座タイプを比較

ここまでXM Zero口座のメリット・デメリットを解説してきました。

ただXMには3つの口座タイプがありますし、他の2つとの比較はしておきたいですよね?

ここからXM Zero口座と、スタンダード口座・マイクロ口座をそれぞれ比較します。

 

まずは比較表でざっと比較

違いを比較するなら、比較表を見比べるのが手っ取り早いです。

スタンダードマイクロXM Zero
レバレッジ888倍888倍500倍
1ロット通貨量10万通貨1,000通貨10万通貨
最小取引単位1,000通貨10通貨1,000通貨
最大取引単位500万通貨10万通貨500万通貨
最低入金額500円500円10,000円
発注方式STPSTPECN
取引手数料無料無料1ロット10ドル
入金ボーナスありありなし
XMポイントありありなし
CFD取引ありありなし

口座タイプの比較は、XMの「口座タイプ」でも行えます。

次の項目からは、比較表でフォローできなかった部分を解説します。

 

XM Zero口座 vs スタンダード口座

XM Zero口座とスタンダード口座の違いは以下の通り。

XM Zeroスタンダード
スプレッド(USD/JPY)0.1 pips1.8 pips
最大レバレッジ500倍888倍
取引手数料1ロット10ドルなし
入金ボーナスなしあり
ロイヤリティ・プログラムなしあり
CFD取引なしあり

XM Zero口座はスプレッドが極端に狭いですが、入金ボーナスやロイヤリティプログラムなどのサービスは利用できません。

スタンダード口座はスプレッドこそ広めですが、XMの様々なサービスを利用できます。最大レバレッジが888倍で、必要証拠金がXM Zero口座よりも少なくなります。

スキャルピングトレードをするならXM Zero口座、デイトレードをするならスタンダード口座を選ぶといいでしょう。

それぞれの口座タイプの比較は、XMの「口座タイプ」でも行えます。

 

XM Zero口座 vs マイクロ口座

XM Zero口座とマイクロ口座の違いは以下の通りです。

どちらも方向性が大きく違うため、違いも多いです。

XM Zeroマイクロ
スプレッド(USD/JPY)0.1 pips1.8 pips
最大レバレッジ500倍888倍
取引手数料1ロット10ドルなし
入金ボーナスなしあり
ロイヤリティ・プログラムなしあり
CFD取引なしあり
1ロット単位10万通貨1,000通貨
最低取引単位1,000通貨10通貨
最大取引単位500万通貨10万通貨

XM Zero口座はスプレッドが極端に狭い代わりに、入金ボーナスやロイヤリティプログラムを利用できません。

マイクロ口座は、1ロット単価が1,000通貨と少ないのが特徴。(スタンダード口座の100分の1)小額の資金でFXトレードの練習をするのにおすすめです。

スキャルピングトレードをするならXM Zero口座、少額トレードをするならマイクロ口座を選びましょう。

それぞれの口座タイプの比較は、XMの「口座タイプ」でも行えます。

 

XM Zero口座と他の業者を比較

XM Zero口座のようなスプレッドが極端に狭い口座は、他の海外FX業者にも存在します(ECN口座と呼ばれる)。

ここからはXM Zero口座と他のECN口座のスペックを比較してみます。

 

XM Zero口座 vs Tradeview ILC口座(ECN口座)

XM Zero口座とTradeview ILC口座の違いは以下の通り。

XM Zero口座
Tradeview
スプレッド0.1 pips0.1 pips
手数料10ドル/lot5ドル/lot
レバレッジ500倍200倍
最低入金額1万円10万円
最小取引単位1,000通貨1万通貨
最大取引単位500万通貨なし

Tradeviewの取引手数料は1ロット5ドル。他の海外FX業者と比べて一番安いことが特徴です。

ただ最大レバレッジは200倍と低いため、取引には多額の資金が必要となります。

また最低入金額は10万円、最小取引単位が1万通貨であるため、資金が少ない人が使うにはハードルが高め。

Tradeview ILC口座は非常に優秀な口座ですが、資金に余裕がある人でないと使いこなせないでしょう。

詳しくはTradeview公式サイトをご覧ください。

 

XM Zero口座 vs AXIORY ナノスプレッド口座(ECN口座)

XM Zero口座とAXIORY ナノスプレッド口座の違いは以下の通り。

XM Zero口座AXIORY
スプレッド0.1 pips0.1 pips
手数料10ドル/lot6ドル/lot
レバレッジ500倍400倍
最低入金額1万円2万円
最小取引単位1,000通貨1,000通貨
最大取引単位500万通貨1,000万通貨

AXIORYの取引手数料は1ロット6ドル。Tradeviewより1ドル高いですが、それでもXM Zero口座よりは4ドル安いです。

スプレッドも400倍と高く、Tradeviewよりも必要な資金を少なく抑えられます。

最低入金額も2万円、最小取引単位は1,000通貨で、資金が少ない人でも参入しやすいです。

さらにスキャルピングトレードと相性の良い取引ツール「cTrader」が使えるのも大きなメリット。

ここで紹介している3口座の中で最もバランスの良いECN口座です。

詳しくはAXIORY公式サイトをご覧ください。

 

XM Zero口座の評価は微妙。スタンダード口座の方がいいかも

XM Zero口座は3つの口座タイプの中で1番スプレッドが狭く、スキャルピングトレードと相性が良いです。

ただ入金ボーナスがもらえず、ロイヤリティプログラムやCFD取引は利用できません。

10万円以下の資金で始める人は、入金ボーナスがもらえるスタンダード口座を選びましょう。

ただ最低入金額が1万円と低いので、少額の資金でスキャルピングトレードをしたい人にはおすすめできます。

XM Zero口座の詳細は、公式の「XM Zero口座」をご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました