新規口座開設で20,000円。GemForexのキャンペーンをチェック
海外FXはどれがおすすめ?

自分にぴったりな海外FX業者を選ぶと、利益を出しやすくなります。
詳細はこちら↓

おすすめ海外FX業者をチェック!

XM Zero(ゼロ)口座の特徴は? スプレッドが狭く、スキャル向け

XM

XM Zero口座は3つの口座タイプのうちの1つで、スプレッドが非常に狭いのが特徴です。

スキャルピングトレードなど取引回数の多いトレード手法と相性がいいです。

ではXM Zero口座のそれ以外のスペックなどはどうなのでしょうか。ほかにもデメリットや他のECN口座との比較もしておきたいですよね?

この記事では、XM Zero口座の概要をわかりやすく解説することにしました。

口座開設で3,000円ボーナスがもらえる
無料で今すぐ登録できます

 

XM Zero口座の基本スペック

XM Zero口座の基本スペックは以下の通り。

  • 最大レバレッジ:500倍
  • 1ロット単位:10万通貨
  • 最小取引単位:1,000通貨
  • 最大取引単位:500万通貨
  • スプレッド目安:USD/JPY 0.1 pips
  • 最低入金額:10,000円
  • ボーナス:3,000円口座開設ボーナスのみ(入金ボーナスなし)
  • ロイヤリティプログラム:なし
  • CFD取引:なし

最大の特徴はスプレッドが非常に狭いこと。アメリカドル円で0.1 pipsと驚異的な狭さです。(取引手数料を入れると実質1.1 pips)

ただ得られるボーナスは口座開設ボーナスのみで、入金ボーナスは得られません。

ほかにもロイヤリティプログラムやCFD取引など、XMの基本的なサービスが使えなくなっています。

 

XM Zero口座のメリット:スプレッドが極端に狭い(USD/JPY 0.1 pips)

XM Zero口座のメリットは、スプレッドが極端に狭いこと。この1点につきます。

スプレッドが狭いということは、それだけ取引コストも安くなるということ。

特に取引回数の多いスキャルピングトレードだと、取引コストをかなり節約できるはずです。

スプレッドを比較しましょう。

  • XM Zero口座:1.1 pips(0.1 pips + 1ロット10ドル)
  • スタンダード口座:1.8 pips

その差は0.7 pips。取引回数の多いスキャルピングトレードだと、0.7 pipsの違いは大きいです。

スキャルピングトレードで利益を出すなら、スプレッドは極限まで狭くすることが鉄則。XM Zero口座はスキャルピングトレードと相性が良いのです。

 

XM Zero口座のデメリット

スプレッドが非常に狭いXM Zero口座ですが、当然デメリットもあります。

 

デメリット1、取引手数料が他より高い(1ロット10ドル)

XM Zero口座の取引手数料は1ロット10ドル、これは他の海外FX業者と比べて高め。

中でもECN口座の取引手数料が安いのは以下の3社。手数料は1ロット10万通貨あたりです。

特にTradeviewの取引手数料が1ロット5ドルと、XM Zero口座の半分です。(ただしレバレッジは200倍と低め)

本格的にスキャルピングトレードをするなら、XM Zero口座よりも先ほど挙げた3つの海外FX業者を使ったほうがよいのです。

スキャルピングトレードでは、スプレッドの狭さが利益に直結しますからね。

 

デメリット2、最大レバレッジは500倍なので、必要証拠金が増えてしまう

XM Zero口座の最大レバレッジは500倍。スタンダード口座・マイクロ口座の888倍と比べると低めです。

レバレッジが低くなるということは、必要証拠金が増えるということ。実際XM Zero口座では、スタンダード口座の1.8倍の証拠金が必要となります。

必要証拠金を比べてみましょう。

アメリカドル円1万通貨を注文するのに必要な証拠金は、XM Zero口座とスタンダード口座で以下のようになります。

  • スタンダード口座:1,200円
  • XM Zero口座:2,200円

必要証拠金が1.8倍ほど高くなっていますよね。

レバレッジが高ければ高いほど、必要証拠金は少なくなります。資金の少ない人は、レバレッジがより高いスタンダード口座を利用しましょう。

XMで必要証拠金を計算するなら、XMの「計算ツール」を使うと便利です。

 

デメリット3、入金ボーナスがもらえない

XM Zero口座では、2種類の入金ボーナスがもらえません。(3,000円の口座開設ボーナスはもらえる)

  • 100%入金ボーナス:最大5万円
  • 20%入金ボーナス:最大45万円

入金ボーナスがもらえないと、少ない証拠金でFXトレードを強いられることになります。ロット数の多い強気なトレードもためらいがちになるでしょう。

入金ボーナスは資金が少ないトレーダーへの救済策です。

資金が少ない人にはXM Zero口座をおすすめできません。入金ボーナスがもらえるスタンダード口座かマイクロ口座を使いましょう。

 

デメリット4、ロイヤリティプログラムが適用されない(XMポイントがもらえない)

XM Zero口座では、ロイヤリティプログラムが適用されません。

ロイヤリティプログラムは、トレードをするごとにXMポイントが貯められるサービス。貯めたポイントはボーナスに交換して、FXトレードの証拠金に使えます。

キャッシュバックサービスは資金の少ない海外初心者にとってありがたい存在ですが、XM Zero口座では使えないわけです。

ロイヤリティプログラムでXMポイントを効率よく貯めたいなら、スタンダード口座を利用しましょう。

通貨量が多いため、取引を繰り返せばどんどんポイントが貯まります。

 

デメリット5、CFD取引は利用できない

XM Zero口座ではCFD取引もできません。

CFD取引は、農作物や株価指数、レアメタルやエネルギーなどにレバレッジをかけて行う取引のこと。FXとは異なる値動きをするため、リスクヘッジに便利です。

しかしXM Zero口座ではこのCFD取引も使えません。利用したいならスタンダード口座かマイクロ口座を選びましょう。

ただCFD取引はFX中級者向けです。スプレッドやロット数、取引時間などが銘柄ごとに異なるからです。

海外FXに慣れていない人が無理に手を出す必要はありません。

 

デメリット6、最低入金額は1万円と高め(スタンダード・マイクロは500円)

XM Zero口座の最低入金額は1万円と高めです。

スタンダード口座・マイクロ口座の最低入金額は500円。わずかな資金でFXトレードに挑戦するなら、これら2つの口座を使いましょう。

とはいえ海外FXで本格的に稼ぐなら、最低でも10万円は入金したいところ。最低入金額1万円は、大したデメリットでもないでしょう。

 

XM Zero口座と他の口座タイプを比較

ここまでXM Zero口座のメリット・デメリットを解説してきました。

ただXMには3つの口座タイプがありますし、他の2つとの比較はしておきたいですよね?

ここからXM Zero口座と、スタンダード口座・マイクロ口座をそれぞれ比較します。

 

まずは比較表でざっと比較

違いを比較するなら、比較表を見比べるのが手っ取り早いです。

スタンダードマイクロXM Zero
レバレッジ888倍888倍500倍
1ロット通貨量10万通貨1,000通貨10万通貨
最小取引単位1,000通貨10通貨1,000通貨
最大取引単位500万通貨10万通貨500万通貨
最低入金額500円500円10,000円
発注方式STPSTPECN
取引手数料無料無料1ロット10ドル
入金ボーナスありありなし
XMポイントありありなし
CFD取引ありありなし

次の項目からは、比較表でフォローできなかった部分を解説します。

 

XM Zero口座 vs スタンダード口座

XM Zero口座とスタンダード口座の違いは以下の通り。

XM Zeroスタンダード
スプレッド(USD/JPY)0.1 pips1.8 pips
最大レバレッジ500倍888倍
取引手数料1ロット10ドルなし
入金ボーナスなしあり
ロイヤリティ・プログラムなしあり
CFD取引なしあり

XM Zero口座はスプレッドが極端に狭いですが、入金ボーナスやロイヤリティプログラムなどのサービスは利用できません。

スタンダード口座はスプレッドこそ広めですが、XMの様々なサービスを利用できます。最大レバレッジが888倍で、必要証拠金がXM Zero口座よりも少なくなります。

スキャルピングトレードをするならXM Zero口座、デイトレードをするならスタンダード口座を選ぶといいでしょう。

 

XM Zero口座 vs マイクロ口座

XM Zero口座とマイクロ口座の違いは以下の通りです。

どちらも方向性が大きく違うため、違いも多いです。

XM Zeroマイクロ
スプレッド(USD/JPY)0.1 pips1.8 pips
最大レバレッジ500倍888倍
取引手数料1ロット10ドルなし
入金ボーナスなしあり
ロイヤリティ・プログラムなしあり
CFD取引なしあり
1ロット単位10万通貨1,000通貨
最低取引単位1,000通貨10通貨
最大取引単位500万通貨10万通貨

XM Zero口座はスプレッドが極端に狭い代わりに、入金ボーナスやロイヤリティプログラムを利用できません。

マイクロ口座は、1ロット単価が1,000通貨と少ないのが特徴。(スタンダード口座の100分の1)小額の資金でFXトレードの練習をするのにおすすめです。

スキャルピングトレードをするならXM Zero口座、少額トレードをするならマイクロ口座を選びましょう。

 

XM Zero口座と他の業者を比較

XM Zero口座のようなスプレッドが極端に狭い口座は、他の海外FX業者にも存在します。(ECN口座と呼ばれる)

ここからはXM Zero口座と他のECN口座のスペックを比較してみます。

 

XM Zero口座 vs Tradeview ILC口座(ECN口座)

XM Zero口座とTradeview ILC口座の違いは以下の通り。

XM Zero口座
Tradeview
スプレッド0.1 pips0.1 pips
手数料10ドル/lot5ドル/lot
レバレッジ500倍200倍
最低入金額1万円10万円
最小取引単位1,000通貨1万通貨
最大取引単位500万通貨なし

Tradeviewの取引手数料は1ロット5ドル。他の海外FX業者と比べて一番安いことが特徴です。

ただ最大レバレッジは200倍と低いため、取引には多額の資金が必要となります。

また最低入金額は10万円、最小取引単位が1万通貨であるため、資金が少ない人が使うにはハードルが高め。

Tradeview ILC口座は非常に優秀な口座ですが、資金に余裕がある人でないと使いこなせないでしょう。

 

XM Zero口座 vs AXIORY ナノスプレッド口座(ECN口座)

XM Zero口座とAXIORY ナノスプレッド口座の違いは以下の通り。

XM Zero口座AXIORY
スプレッド0.1 pips0.1 pips
手数料10ドル/lot6ドル/lot
レバレッジ500倍400倍
最低入金額1万円2万円
最小取引単位1,000通貨1,000通貨
最大取引単位500万通貨1,000万通貨

AXIORYの取引手数料は1ロット6ドル。Tradeviewより1ドル高いですが、それでもXM Zero口座よりは4ドル安いです。

スプレッドも400倍と高く、Tradeviewよりも必要な資金を少なく抑えられます。

最低入金額も2万円、最小取引単位は1,000通貨で、資金が少ない人でも参入しやすいです。

さらにスキャルピングトレードと相性の良い取引ツール「cTrader」が使えるのも大きなメリット。

ここで紹介している3口座の中で最もバランスの良いECN口座です。

 

XM Zero口座 vs LAND-FX ECN口座

XM Zero口座とLAND-FX ECN口座の比較は以下の通り。

XM Zero口座LAND-FX
スプレッド0.1 pips0.1 pips
手数料10ドル/lot7ドル/lot
レバレッジ500倍200倍
最低入金額1万円20万円
最小取引単位1,000通貨10,000通貨
最大取引単位500万通貨1,000万通貨

LAND-FXは取引手数料が7ドルと他より高いですが、入金ボーナスが最大50万円もらえるのが特徴です。AXIORYやTradeviewでは、入金ボーナスはないですからね。

ただ最低入金額が20万円と高く、資金の少ない人にはハードルが高いです。資金の少ない人は最低入金額2万円のAXIORYがおすすめ。

そして取引ツールはMT4・MT5の2種類で、スキャルピングトレードと相性のいいcTraderは使えません。

LAND-FXは入金ボーナスをもらうためにSTP口座を使うのがいいでしょう。

 

XM Zero口座の評価は微妙。スタンダード口座の方がいいかも

XM Zero口座は3つの口座タイプの中で1番スプレッドが狭く、スキャルピングトレードと相性が良いです。

ただ入金ボーナスがもらえず、ロイヤリティプログラムやCFD取引は利用できません。

10万円以下の資金で始める人は、入金ボーナスがもらえるスタンダード口座を選びましょう。

ただ最低入金額が1万円と低いので、少額の資金でスキャルピングトレードをしたい人にはおすすめできます。

XM Zero口座の詳細スペックなどは、XM公式「XM Zero口座について」で確認しましょう。

口座開設で3,000円ボーナスがもらえる
無料で今すぐ登録できます

 

海外FX初心者はXMがおすすめ!

海外FXが初めての方は、XM(公式)がおすすめ。

理由は、入金ボーナスが豊富だから。入金したお金をすべて失っても、ボーナスで再挑戦でき、FXトレードの経験をたくさん積めます。

新規口座開設なら、10万円入金するだけで、6万3,000円分のボーナスが獲得可能。

さらに入金手数料や出金手数料も無料になりやすく、10万円以下の少額トレードと相性がいいです(銀行側の手数料は発生する)。

メールサポートも優秀で、わからないことがあれば気軽に日本語で質問でき、早ければ1日で返信してくれます。

欠点はスプレッドが若干広いこと、ECN手数料が1ロット10ドルと高いこと。スキャルピングトレードとは相性が悪く、デイトレード向けです。

海外FXのことがよくわからない方は、XMを選ぶのが1番無難です。

詳しくはXM公式サイトをご覧ください。

口座開設で3,000円ボーナスがもらえる
無料で今すぐ登録できます
おすすめ海外FXランキング
GemForex(初心者向け)

お金を使わずに海外FXを体験したいなら、GemForexがおすすめ。
口座開設だけで、1〜2万円のボーナスがもらえます。
ボーナスを使い切ったら、XM・LAND-FXに乗り換えるのもアリ。

XM(初心者向け)

FXの資金が10万円以下なら、XMがおすすめ。
口座開設ボーナスで3,000円、100%入金ボーナスで5万円、20%入金ボーナスで45万円もらえます。

LAND-FX(中級者向け)

トレード資金が少ない人には、LAND-FXがおすすめ。
最大50万円の100%入金ボーナスがもらえます。
スプレッドも狭く(USD/JPY 0.8 pips)、デイトレードと好相性。

AXIORY(中級者向け)

少額でスキャルをするなら、AXIORYがおすすめ。
最低入金額が2万円と低く、レバレッジは400倍と高め。
ECN口座の取引手数料が1ロット往復6ドル。
取引ツール「cTrader」はスキャルピングトレードと好相性。

Tradeview(上級者向け)

取引コストを極限まで抑えたいなら、Tradeviewがおすすめ。
ECN手数料が1ロット往復5ドルと、最安値クラス。
取引ツールは「MT5・cTrader」も使えます。
海外FXベテラン勢からも大人気!

この記事を書いた人
むれ

海外FXの情報を発信しているトレーダーです。
サイト運営やSEO、サイトデザインも大好きです。

むれをフォローする
XM
むれをフォローする
海外FX大全
タイトルとURLをコピーしました