GemForexの「2万円無料ボーナス」をゲットしよう ▷
海外FXで勝てない人へ

FXの勝率を上げるなら、逆張りトレードがおすすめ。
勝率の高いトレード手法はこちら↓

勝率の高いトレード手法を見る ▷

Zulutrade(ズールトレード)の評判・メリット・デメリットまとめ

Zulutradeは世界的に有名なコピートレードプラットフォームです。

参加しているストラテジープロバイダーが5,000以上と非常に多く、優秀なストラテジーを探す機能が充実しており、コピートレードで利益を出しやすくなっています。

ただ残念ながら、日本在住者はZulutradeを利用できません。どうしても利用したいなら、税率の低いシンガポールなどに移住しましょう。

日本在住者がコピートレードをするなら、HotForexのコピートレードcTraderのコピートレードの方が現実的です。

この記事ではZulutradeの仕組みについてわかりやすく解説していきます。

 

Zulutradeの基礎知識

ここからはZulutradeの基礎知識をまとめておきます。

 

その1、日本在住者はZulutradeを利用できない

まずZulutradeは日本在住者だと利用できません。日本国外に住んでいる、海外在住者のみ利用できるサービスです。

Zulutradeの口座開設ページで「日本人住民」を選択すると、日本在住者向けのZulutradeのページに移動します。

ただ日本在住者向けのZulutradeページでは、リアル口座を開設できず、コピートレードができない仕様となっています。

日本在住者がコピートレードをするなら、Zulutradeではなく、HotForexのコピートレードcTraderのコピートレードの方がおすすめ。

特にcTraderのコピートレードは、優秀なストラテジーが非常に多く、ストラテジーを無制限にフォローできるため、リスク分散をしやすいです。

 

その2、なぜか数種類のドメインがある

Zulutradeにはなぜか複数のドメインが存在します。

ただ日本在住者向けのドメインで登録手続きをしても、リアル口座の開設はできず、リアルマネーによるコピートレードもできません。

海外在住者がコピートレードをするなら、下3つの海外在住者向けのドメインから登録しましょう。

 

その3、手数料は無料(代わりにスプレッドが上乗せ)

Zulutradeの利用手数料は無料です。

そのかわりZulutrade経由で口座開設をすると、マークアップスプレッドが上乗せされます。

マークアップスプレッドとは、海外ブローカーとは別に上乗せされるスプレッドのことです。

注意してもらいたいのは、ZuluTade経由で契約すると、基本的に通常のスプレッドが拡大されるブローカーが大半です。ZuluTradeに支払う手数料を、スプレッドに上乗せする感じです。0pipsのところもありますけど、0.5pipsから1pipsの会社が多いようです。

引用:ZuluTradeとは

上乗せされるスプレッドは0.5pipsから1pipsほど。このスプレッドがZulutrade側の利益となるわけです。

わずかなピップスを稼ぐスキャ系のストラテジーだと、フォロワー口座は十分な利益を得られない可能性もあります。

コピートレードを利用するなら、プラットフォームの収益構造も理解しておきましょう。

 

Zulutradeのメリット

ここからはZulutradeのメリットを見ていきます。

 

メリット1、対応ブローカーの数が多い(35種類)

Zulutradeの最大のメリットは、対応ブローカーの数が多いこと。およそ35種類の海外ブローカーでコピートレードができます。

対応海外ブローカーはこちら。

この中ならおすすめは、IC Markets

IC Marketsは海外ブローカーの中でもスプレッドがトップクラスに狭く、cTraderのコピートレードにも対応しています。

スプレッドが狭ければ狭いほど、コピートレードの利益率が高くなるため、上級者ほどスプレッドの狭いIC Marketsを利用します。

IC Marketsのデメリットは日本在住者が利用できないことですが、Zulutrade自体が日本在住者が利用できないため、大きなデメリットとは言えません。

またZulutradeの設立したAAAFxなら、マークアップスプレッドが上乗せされないため、コピートレードの利益率も大きく向上します。

ただAAAFxは日本人利用者の評判などが少なく、信頼性が担保されていないため、お金は入れすぎないようにした方が良いでしょう。

 

メリット2、ストラテジーの数が非常に多い(5000以上)

Zulutradeのもう一つの大きなメリットは、ストラテジーの数が非常に多いこと。ざっと確認しただけでも5,000以上のストラテジーはあります。

HotForexのコピートレードの800、cTraderのコピートレードの900と比べても、Zulutradeの5,000はかなり多いです。

ストラテジーの数が多ければ多いほど、優秀なストラテジーの絶対数も多くなるため、利益率の高いストラテジーを見つけやすくなります。結果として、コピートレードの利益率もアップするでしょう。

コピートレードで安定した利益を出したいなら、ストラテジーの数が多いコピートレードプラットフォームを使いましょう。

 

メリット3、ストラテジーの情報量が多い(勝率・最大ドローダウンなど)

Zulutradeは世界最大級のコピートレードプラットフォームだけあって、ストラテジーの情報も詳細に提供しています。

ストラテジーの概要画面はこちら。

この中で重要なものは、ROIグラフ、トレード勝率、最大ドローダウン、フォロワー数あたりでしょうか。特にROIグラフは重要で、これが右肩上がりのストラテジーは、今後も安定して利益を出し続ける可能性が高いです。

コピートレードで安定した利益を出すなら、ストラテジーの情報量が多いプラットフォームを選びたいですね。

 

メリット4、専用サービス「Combos」でストラテジーのリスク分散がしやすい

Zulutradeのサービス「Combos」では、口座残高に合わせたストラテジーのポートフォリオを組むことで、適切なリスク管理を行えます。

Zulutradeでも複数のストラテジーを同時にフォローできます。ただコピートレードが初めての人だと、どういったストラテジーをフォローすれば良いのか戸惑うかもしれません。

しかし専用サービスの「Combos」を使うことで、Zulutradeが自動でフォローすべきストラテジーを提示して、ポートフォリオを組み上げてくれるわけですね。

コピートレードはフォロワーの口座残高が少ないと、ストラテジーの選択肢が限られるため、おすすめのストラテジーを提示してくれるのはありがたいです。

 

メリット4、デモ口座を開設できる

Zulutradeではデモ口座を開設することで、リアルマネーを使わずにコピートレードを体験できます。

コピートレードで利益を出すなら、優秀なストラテジーをフォローすることが何よりも重要です。下手なストラテジーをフォローすると、口座残高がどんどん減っていきます。

優秀なストラテジーを見つけられるようになるまでは、デモ口座で手当たり次第にストラテジーをフォローして、経験値を積みましょう。

 

メリット5、利用手数料は無料(スプレッドが上乗せされる)

Zulutradeの利用手数料は無料で、初期費用や月額料金は発生しません。これは他のコピートレードも同様です。

コピートレードで初期費用や固定費がかからないのはありがたいことです。これがEA自動売買だと、月額2,000円のVPSを契約したり、数万円のEAを購入したりする必要がありますからね。

FXに使えるお金が10万円前後なら、初期費用がかからないコピートレードがおすすめ。

コピートレード初心者は、HotForexのコピートレードから始めましょう。

 

メリット6、スマホアプリ(iPhone・Android)にも対応

Zulutradeはスマホアプリにも対応しています。

パソコンが苦手でスマホしか使わない方にとって、スマホでコピートレードができるのは助かりますね。

スマホでトレードをすると画面の情報量が少なくなるデメリットがありますが、コピートレードならチャートを見ることは少ないため問題ありません。

 

メリット7、VPS(仮想専用サーバー)の契約が不要

Zulutradeでコピートレードをするなら、VPSを契約する必要はありません。

VPS(仮想専用サーバー)は、オンラインでレンタルできるパソコンのようなもので、料金は月額2,000円から3,000円ほどかかります。

コピートレードならVPSの料金を節約でき、トレードのコスト削減につながります。

ちなみにEA自動売買などでVPSを契約するなら、初心者はお名前.comデスクトップクラウド、中級者以上はCONTABOがおすすめ。

 

Zulutradeのデメリット

ここからはZulutradeのデメリットをまとめておきます。

 

デメリット1、日本在住者は利用できない

Zulutradeのコピートレードは、日本在住者は利用できません。

日本の法律がコピートレードを禁止しており、金融庁も厳しく監視しているため、コピートレードプラットフォームは日本でサービス展開できないことが多いのです。

日本人がZulutradeを利用するなら、税率の低いシンガポールなどに移住するのが一般的です。

シンガポールの法人税率は17%で、世界の中でも最も法人税率が低い国の一つです。

また、この低い法人税率に加えて、法人税にかかる優遇税制もいくつか存在するため、最終的には17%よりもさらに低い法人税率に落ち着くことが多く、これが多くの企業をシンガポールに引き付ける魅力の一つとなっています。

引用:シンガポールの法人設立(会社設立)及び、法人税のすべて

実際ヨネダメガネさんまんぼうさんなど、大きな利益を出している海外FXトレーダーは、税率の低い国に移住しています。

日本在住者がコピートレードするなら、HotForexのコピートレードcTraderのコピートレードを使いましょう。これら2つは日本在住者でも利用できます。

 

デメリット2、日本居住者はストラテジープロバイダーとして利益を得られない

日本在住者はZulutradeのストラテジープロバイダーとして手数料収入を稼げません。

ローカルな制約事項により、日本在住者はZuluTradeにトレーダーアカウントを登録することは可能ですが、その取引活動による報酬は発生しません。

引用:シグナルプロバイダーガイド

ストラテジープロバイダーとは、コピートレードにおいてトレード代行を引き受け、手数料を稼ぐ人たちのこと。フォロワー数が1,000人以上いれば、1回の取引で数千、数万ドル稼ぐこともできます。

Zulutradeは日本在住者向けにサービスを提供していない以上、当然ストラテジープロバイダーとして手数料を稼ぐこともできません。

ストラテジープロバイダーとして利益を得たいなら、こちらもHotForexのコピートレードcTraderのコピートレードがおすすめ。どちらも日本在住者でも利用できます。

 

まとめ:日本在住者は、HotForex・cTraderのコピートレードで代用しよう

ここまでZulutradeの仕組みについてわかりやすく解説してきました。

Zulutradeは世界一大きなコピートレードプラットフォームですが、日本在住者は利用できません。利用したいなら、税率の低いシンガポールなどに移住しましょう。

日本在住者がコピートレードをするなら、HotForexのコピートレードcTraderのコピートレードがおすすめ。

それぞれの特徴は以下の通り。

コピートレード初心者は、HotForexのコピートレードを使いましょう。コピートレードの管理画面が使いやすく、直感的な操作でコピートレードを始められます。

ただしHotForexのコピートレードは、ストラテジーを3つまでしかフォローできません。

コピートレードの利益を増やしたいなら、cTraderのコピートレードも併用しましょう。HotForexよりも優秀なストラテジーが多く、ストラテジーを無制限にフォローできます。

タイトルとURLをコピーしました