AXIORYの出金方法・出金手数料まとめ

この記事ではAXIORYの出金方法・出金手数料を解説していきます。

出金方法の詳細は、AXIORY「入出金方法」で確認できます。

目次

AXIORYの出金ルール

まずはAXIORYの出金ルールから見ていきます。

ライトステージ・フルステージで使える出金方法が異なる

AXIORYではライトステージ・フルステージで対応している出金方法が異なります。

出金方法ライトステージフルステージ
国内銀行送金使える使える
国内銀行送金(Curfex)使えない使える
海外銀行送金(現在は入金不可)使えない使える
クレジットカード・Apple Pay使える使える
デビットカード by Curfex使えない使える
STICPAY(利用不可)使える使える
PayRedeem(旧VLoad)使えない使える
NETELLER(日本在住者は利用不可)使える使える
Skrill(日本在住者は利用不可)使える使える

ライトステージだとCurfex経由の国内銀行送金やデビットカード出金、あるいはPayRedeem出金が使えません。

ライトステージでは国内銀行送金が使えますが、トータルの入金額が12万円に限定されるため使い勝手は良くないです。大きな金額で運用するなら、AXIORYの会員ページでフルステージにアップグレードしましょう。

ライトステージ・フルステージの詳細は、AXIORY「口座→口座開設→開設方法」で確認できます。

2万円未満の出金だと1,000円の手数料がかかる

AXIORYでは出金額が2万円未満だと、AXIORY側で1,000円の出金手数料が発生します。手数料を節約したいなら、なるべく2万円以上で出金しましょう。

出金手数料の詳細は、AXIORY「入出金方法」で確認できます。

入金・出金の経路は同じにすること

AXIORYで口座入金・口座出金するときは、入金・出金の経路を揃えておきましょう。

例えば普通の国内銀行送金で入金した場合、出金方法は国内銀行送金になります。海外銀行送金や他のオンラインウォレットサービスでは出金できません。

そしてクレジットカード入金した場合も、入金額まではクレジットカードで払い戻し出金になり、利益分は国内銀行送金での出金となります。

入金・出金の経路を同じにするのは、マネーロンダリング対策のためですね。そうしないと「不正に取得したクレジットカードで入金→マネロン口座に出金」というスキームが成り立ってしまい、反社の資金源になる恐れがあるからです。

出金ルールの詳細は、AXIORY「入出金方法」で確認できます。

利益出金できるのは銀行送金のみ

AXIORYで利益出金に対応している経路は、基本的に国内銀行送金のみです。

例えばクレジットカードで10万円入金して口座残高を20万円に増やした場合、入金額の10万円分はクレジットカードで払い戻し出金になりますが、利益分の10万円は銀行送金で出金することになります。

出金ルールの詳細は、AXIORY「入出金方法」で確認できます。

ライトステージだと一部の出金方法は使えない

AXIORYの会員ステータスがライトステージだと、以下の出金方法は使えません。

  • 国内銀行送金 by Curfex
  • 国際銀行送金(海外銀行送金)
  • デビットカード by Curfex
  • PayRedeem(旧VLoad)

ライトステージでもCurfexではない普通の国内銀行送金は使えるため、資金12万円で軽く運用するだけなら気にしなくてもいいでしょう。(ライトステージの入金額上限は12万円まで)

逆にCurfexを利用したり、資金12万円以上で運用したりするなら、AXIORYの会員ページでフルステージにアップグレードした方がいいです。

ライトステージ・フルステージの詳細は、AXIORY「口座→口座開設→開設方法」で確認できます。

AXIORYの出金方法一覧

まずはAXIORYの出金方法を見ていきます。

国内銀行送金

AXIORYの国内銀行送金の詳細はこちら。

対応通貨JPY
出金手数料無料(2万円未満なら1,000円)
利益出金できる
最低出金額1,100円
出金上限額なし
出金の反映時間1-3 営業日
利用対象ライトステージ・フルステージ

国内銀行送金による出金では、AXIORYのFX口座から収納代行業者を通してお手持ちの銀行口座に出金します。Curfexを経由しない普通の銀行送金です。

AXIORYの国内銀行送金の特徴は、ライトステージでも利用できること。ただし入金額は最大12万円までに限られるため、より大きな金額で運用する場合はフルステージにアップグレードする必要があります。

注意点としてAXIORYの国内銀行送金は円口座にしか対応していません。ドル口座・ユーロ口座で入出金する場合は、他の入出金方法を使いましょう。

国内銀行送金の詳細は、AXIORY「入出金方法」で確認できます。

国内銀行送金 by Curfex

AXIORYの国内銀行送金 by Curfexの詳細はこちら。

対応通貨JPY
出金手数料無料(2万円未満なら1,000円)
利益出金できる
最低出金額1,100円
出金上限額なし(高額の場合は分割になる)
出金の反映時間1-2 営業日
利用対象フルステージ

国内銀行送金 by Curfexでは、決済業者のCurfexを経由してFX口座からお手持ちの銀行口座に送金します。

Curfexはオンラインの送金サービスの1つです。bitwalletSTICPAYのようなウォレット機能はなく、送金専用のサービスです。対応している海外FXブローカーもAXIORYだけで、実質的にAXIORY専用の送金サービスと言えましょう。

国内銀行送金 by Curfexを利用するには、事前にCurfexで登録しておく必要もあります。そしてこの出金方法は、フルステージ会員かつ円口座でしか利用できません。

Curfexのメリットは入金額に上限がないことですが、2023年10月現在において普通の国内銀行送金でも1回200万円(月上限600万円)入金できます。よほど大きな金額で入出金しない限り、Curfexを使うメリットは少ないでしょう。

国内銀行送金(Curfex)の詳細は、AXIORY「入出金方法」で確認できます。

国際銀行送金(海外銀行送金):現在は入金不可

AXIORYの海外銀行送金の詳細はこちら。

対応通貨JPY, USD, EUR
出金手数料無料(2万円未満なら1,500円)
利益出金できる
最低出金額1万円
出金上限額なし
出金の反映時間3-20 営業日
利用対象フルステージ

海外銀行送金では、 AXIORYの海外口座からお手持ちの国内口座に出金します。

ただ2023年10月現在、AXIORYでは海外銀行送金による入金ができず、同じ経路で出金することもできません。

仮に使えたとしても受け取り側の銀行で多額の受取手数料やリフティングチャージがかかってしまい、トータルの出金手数料は高額になってしまいます。国内銀行送金が使えるなら、そちらを使いましょう。

海外銀行送金の詳細は、AXIORY「入出金方法」で確認できます。

クレジット/デビットカード(VISA・Mastercard・JCB・UnionPay/銀聯)/Apple Pay(VISA)

AXIORYのクレジットカード・Apple Pay出金の詳細はこちら。

対応通貨JPY, USD, EUR
出金手数料無料(2万円未満なら1,000円)
利益出金できない
最低出金額1,100円
出金上限額カード入金額
出金の反映時間3-20 営業日
利用対象ライトステージ・ フルステージ

クレジットカード出金では、クレジットカードの払い戻し(ショッピング枠のキャンセル)という形で出金手続きを行います。

クレジットカード出金の注意点は、利益出金に対応していないこと。出金できる金額は入金額までで、利益分は国内銀行送金で出金することになります。

クレジットカード入出金はドル口座・ユーロ口座にも対応していますが、日本のカードで外貨建て決済すると、 数%の為替手数料を取られてしまいます。カード入出金でもなるべく円口座を使いましょう。

クレジットカード・Apple Pay出金の詳細は、AXIORY「入出金方法」で確認できます。

デビットカード by Curfex(VISA・Mastercard)

AXIORYのデビットカード出金(Curfex)の詳細はこちら。

対応通貨JPY
出金手数料無料(2万円未満なら1,000円)
利益出金できない
最低出金額なし
出金上限額なし
出金の反映時間なし
利用対象フルステージ

デビットカード出金も、クレジットカード出金とほぼ同じです。デビッドカードで入金した後は、出金額は入金額までに制限され、利益分は国内銀行送金での出金となります。

ただしデビットカードで入出金するには、AXIORYでフルステージ会員なり、さらにCurfexにも登録しておく必要もあります。デビットカードは属性の弱い方でも作れるため、マネーロンダリング防止のために利用ハードルを高めにしているのかもしれません。

デビットカード by Curfex出金の詳細は、AXIORY「入出金方法」で確認できます。

STICPAY(スティックペイ):現在は入金不可

AXIORYのSTICPAY出金の詳細はこちら。

対応通貨JPY, USD, EUR
出金手数料無料(2万円未満なら1,000円)
利益出金できない
最低出金額2,000円
出金上限額なし
出金の反映時間営業日24時間
利用対象ライトステージ・ フルステージ

STICPAYはかつて海外FXブローカーやオンラインギャンブルでの送金手段として使われていた決済サービスです。現在は送金手数料が高いことから、利用している日本人は少なめです。

2023年10月現在、AXIORYではSTICPAY入金ができないため、新規の入金では出金することもできません。ただAXIORYは手数料の低い国内銀行送金が使えるため、送金手数料の高い決済サービスを使う必要はないでしょう。

STICPAY出金の詳細は、AXIORY「入出金方法」で確認できます。

PayRedeem

AXIORYのPayRedeem出金の詳細はこちら。

対応通貨JPY, USD, EUR
出金手数料無料(2万円未満なら1,000円)
利益出金できない
最低出金額2,000円
出金上限額なし
出金の反映時間営業日24時間
利用対象フルステージ

PayRedeemは独自のEカードというトークンを購入し、他のサービスの支払いに充てることができます。かつては「VLoad」という名称でした。

ただPayRedeemは日本人利用者が少なく、日本語の情報も少ない上、送金手数料も詳しく記載されていないため、信頼性に欠ける印象です。そしてAXIORYでは国内銀行送金が使える以上、こうしたマイナーな送金手段を使うメリットは少ないです。

PayRedeem(旧VLoad)出金の詳細は、AXIORY「入出金方法」で確認できます。

NETELLER(ネッテラー):日本在住者は利用不可

AXIORYのNETELLER出金の詳細はこちら。

対応通貨JPY, USD, EUR
出金手数料無料(2万円未満なら1,000円)
利益出金できない
最低出金額1,100円
出金上限額なし
出金の反映時間営業日24時間
利用対象ライトステージ・ フルステージ

NETELLERはかつて海外FXブローカーやオンラインギャンブルでの送金手段として使われていた決済サービスです。

ただ2023年10月現在、AXIORYではNETELLERによる入金ができず、新規の入金では出金もできません。この手のマイナー決済サービスは送金手数料が高いため、仮に復活したとしても使う必要はないでしょう。

NETELLER出金の詳細は、AXIORY「入出金方法」で確認できます。

Skrill(スクリル):日本在住者は利用不可

AXIORYのSkrill出金の詳細はこちら。

対応通貨JPY, USD, EUR
出金手数料無料(2万円未満なら1,000円)
利益出金できない
最低出金額1,100円
出金上限額なし
出金の反映時間営業日24時間
利用対象ライトステージ・フルステージ

Skrillもかつて海外FXブローカやオンラインギャンブルで使われていた送金手段です。

2023年10月現在、AXIORYではSkrillによる入出金ができません。AXIORYでは送金手数料の低い国内銀行送金が使えるため、Skrillが復活したとしても使う必要はないでしょう。

Skrill出金の詳細は、AXIORY「入出金方法」で確認できます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

海外FXの稼ぎ方

  1. 裁量のスイングトレード(ピラミッディング・ナンピン)を体得する
  2. XMの3種ボーナスで練習する
  3. 取引コストの低いAXIORYTradeviewに乗り換える

海外FXの稼ぎ方は、裁量のスイングトレードがおすすめ。トレンド相場ではピラミッディング、レンジ相場ではナンピンと使い分けることで、常に期待値の高いトレードができます。

裁量トレードの練習台には、XMの3種ボーナスがおすすめ。10万円の入金額を17万円ほどに増やせます。XMは最大レバレッジが1000倍なので、ロットを増やしすぎてもロスカットされにくいです。

裁量トレードに慣れてきたら、MT4/MT5からcTraderに乗り換えましょう。リミット注文をドラッグ操作で置けるため、ピラミッディング・ナンピントレードがしやすくなります。

cTraderの運用ブローカーは、AXIORYTradeviewがおすすめ。使いやすさを重視するならAXIORY、取引コストを抑えたいならTradeviewを選びましょう。

簡易サイトマップ

カテゴリー内部記事リンク
おすすめ記事裁量トレードの始め方
EA自動売買の始め方
おすすめ海外FX口座
おすすめEA
EAクラックサイトの使い方
XM
XM公式サイト
XM レビュー
XM 入金方法
XM 出金方法
AXIORY
AXIORY公式サイト
AXIORY レビュー
AXIORY 入金方法
AXIORY 出金方法
Tradeview
Tradeview公式サイト
Tradeview レビュー
Tradeview 最大/最小ロット
Tradeview CFD
Tradeview cTrader
Tradeview CURRENEX
Tradeview EA自動売買
Tradeview ILC口座
Tradeview MT4
Tradeview MT5
Tradeview Xレバレッジ口座
Tradeview サポートデスク
Tradeview ストップレベル
Tradeview スプレッド
Tradeview スワップポイント
Tradeview ゼロカット
Tradeview デモ口座
Tradeview レバレッジ
Tradeview ロスカット
Tradeview 会員ページ
Tradeview 入金方法
Tradeview 出金方法
Tradeview 取引時間
Tradeview 口座タイプ
Tradeview 口座休眠/凍結
Tradeview 口座解約
Tradeview 新規口座開設
Tradeview 資金移動
Tradeview 追加口座

この記事を書いた人

海外FXの情報を備忘録としてまとめています。
運用は自己責任でお願いします。
Twitterで「海外FXの有益情報bot」も運用してます。

目次