海外FX裁量トレードの始め方・高収益トレード手法まとめ

この記事では海外FXの裁量トレードの始め方、収益性の高いトレード手法を紹介していきます。

裁量トレードはQOL(生活の質)を損なうリスクがあります。兼業トレーダーはEA自動売買(Grid EA Pro運用)の方がおすすめです。

目次

おすすめチャート設定

まずは裁量トレード向けのおすすめチャート設定をまとめておきます。

FXプラットフォーム:cTrader(XMならMT5)

裁量トレードメインで取引するなら、FXプラットフォームはcTraderがおすすめ。MT4・MT5より便利な機能がたくさん備わっています。(AXIORYのcTraderTradeviewのcTrader

中でも便利な機能は、ドラッグ操作でリミット注文を設置できること。これによりスイング軸でのピラミッディング・ナンピントレードが快適になります。

他にもパソコンの上下ボタンで時間足切り替え、Command+左右キーでチャート切り替え、チャート横に経済指標カレンダー表示(日本時間対応)、などもできます。

XMはcTraderに対応していないため、代わりにMT5を使いましょう。MT4はサポートが終了しているため、EA運用以外では使わないほうがいいです。(XM MT5ダウンロード

取引通貨ペア:XAUUSD・USDJPY

裁量トレードの取引銘柄は、ゴールド/XAUUSD・ドル円/USDJPYがおすすめ。どちらもボラティリティが高く、ピラミッディングトレードで利幅を伸ばしやすいです。

2024年以降、ゴールド・円はテクニカルを無視した極端な値動きをしており、ドローダウンが大きくなりやすい。低リスク運用ならEURUSDでもOK。

よりボラティリティの高いゴールドをメインで取引して、ゴールドで利益を出しにくい時はドル円でトレードしましょう。

注意点としてAXIORYではゴールドの銘柄レバレッジが100倍で、取引口座レバレッジが400倍でも100倍が適用されます。運用ロットを少なめにして、証拠金維持率が圧迫されないようにしましょう。

時間足:4時間足・日足

スイングトレードの時間足は「4時間足・日足」の2つがおすすめ。トレンド相場では日足、レンジ相場では4時間足と使い分けることで、期待値の高いトレードができます。

日足チャートは相場の方向性を見るのには便利ですが、情報の反映が遅いデメリットがあります。相場が乱高下するレンジ相場では、4時間足チャートを使った方がいいです。

またスイングトレードでは4時間足以下のチャートはあまり使いません。細かい値動きに一喜一憂して、ポジションの決済を急ぎがちになるからです。

4時間足・日足が使いにくいなら、6時間足・8時間足・12時間足などを使ってもいいでしょう。これらマイナー時間足はMT5/cTraderで対応しています。

テクニカル指標:EMA(期間10・100)

テクニカル指標はEMA(期間10・100)がおすすめ。10EMAは押し目買い・戻し売りをするときに、100EMAは上位トレンドの押し目・戻し(抵抗帯)を把握するときに使います。

例えば以下の画像だと下降トレンドが始まったように見えますが、実際は上向き100EMAが抵抗帯となって上方向に反発していることがわかります。

スイングトレードでも「上位トレンドには逆らわない」が鉄則です。日足100EMAは週足の短期EMAに相当するため、表示させておくと週足チャートを確認する必要がなくなります。

テクニカル指標はEMAだけで十分ですが、それ以外にもプライスアクションは覚えておきましょう。特にトレンド転換を示唆するピンバースパイクリバーサルは重要です。

運用ロット:資金10,000ドル/1.0ロットを3段から5段

裁量トレードの運用ロットは、資金10,000ドルあたり合計3.0ロットを目安にします。証拠金維持率500%を維持しやすく、海外FXでの理想的な資本効率になります。

ここで「合計」と表現しているのは、1.0ロットのポジションを3段に分けるからです。海外FXではVDPやマイナススリッページを抑えるためにも、1ポジションの運用ロットは1.0ロット以下にした方がいいです。

なお資金10,000ドルあたり3.0ロットはレバレッジ400倍のケースです。AXIORYのゴールド取引のようにレバレッジ100倍の時は、運用ロットをその半分以下に抑えましょう。

逆にXMでレバレッジ1000倍取引をするなら、運用ロットはその1.5倍以上に増やしてもいいでしょう。

海外FXの高収益トレード手法

ここからは海外FXで収益性の高いトレード手法を紹介していきます。

基本的にはトレンド相場ではピラミッディング、レンジ相場では逆張りナンピンがおすすめです。

ピラミッディングトレード(トレンド相場のみ)

トレンド相場ではピラミッドディングトレードがおすすめ。ゴールド/XAUUSDのようなボラティリティの高い銘柄なら、長期トレンドに乗っかることで大きな利益を狙えます。

手順1:日足EMAが傾いているチャートを探す

まずは日足EMAがしっかりと傾いていて、トレンド相場を形成しているチャートを探します。

おすすめはボラティリティの高いゴールド/XAUUSDですが、ボラティリティが控えめな時はドル円/USDJPY・ポンド円/GBPJPYで取引します。

手順2:日足EMA付近にリミット注文をおく

日足チャートでトレンド相場を確認したら、日足10EMA付近にリミット注文を3つ置きます。これで押し目買い・戻し売りによるナンピンエントリーを自動化できます。

ナンピンの間隔はゴールド/XAUUSDなら500pips、ドル円/USDJPY・ポンド円/GBPJPYなら50pipsを目安にします。

またオーバーシュートが発生した時は、リミット注文をややトレンド側に、グリッド間隔も2倍にします。トレンドが強すぎて日足10EMAまで戻さない可能性がある一方、強いリバウンドも生じやすいからです。

リミット注文を多用するならcTraderを使いましょう。ドラッグ操作で簡単に設置でき、ピラミッディング・ナンピンが快適になります。(AXIORYのcTraderTradeviewのcTrader

手順3:トレンド転換の兆しが見えたら一括決済

日足トレンド転換の兆しが見えたら、ポジションを一括決済します。

判断基準は、日足チャートでトレンド転換プライスアクション(ピンバースパイクリバーサル)が2日から3日以上連続しているかどうかですね。

日足トレンド転換は3日以上かかることが多いため、4時間足以下のチャートはあまり参考にしない方がいいです。

逆張りナンピントレード(レンジ相場のみ)

レンジ相場では逆張りナンピントレードがおすすめ。ピラミッディングトレードと比べると収益性・リスクリワードは劣りますが、ボラティリティの高い銘柄なら大きな利益を狙えます。

手順1:日足EMAが横ばい+オーバーシュートのチャートを探す

まずは日足チャートでレンジ相場+オーバーシュートを探しましょう。

レンジ相場オーバーシュート後は、大きなリバウンドが生じやすく利幅を稼ぎやすいからです。

逆に他のタイミングだと値動きを予測しにくいので、下手にエントリーしない方がいいです。

手順2:4時間足トレンド転換で逆張りリミット注文をおく

日足でオーバーシュートを確認したら、4時間足チャートに切り替えます。日足チャートだと情報の更新が遅く、エントリーが間に合わないからです。

4時間足チャートでトレンド転換プライスアクション(ピンバースパイクリバーサル)が3本から5本以上形成されたら、エントリーの準備をします。

ポジションの置き方は、逆張りリミット注文を3段。グリッド間隔は500pipsから1000pipsを目安にします。

ナンピンは含み損が大きくなりやすいです。取引口座のレバレッジが低い(100倍から200倍)場合は、運用ロットを小さくしたり、グリッド間隔を広めにして、証拠金維持率が圧迫されないようにしましょう。

手順3:含み益が出たらリミット注文を追加する

リバウンドが発生して含み益がでているなら、4段目・5段目以降のポジションを増やしていきます。

この時には4時間足10EMAがしっかりと傾いているはずなので、リミット注文を10EMA付近に置いて押し目買い・戻し売りエントリーを自動化します。

手順4:リバウンドが落ち着いたら一括決済

リバウンドの勢いが落ち着いたら、ポジションを一括決済しましょう。

おすすめ決済タイミングは、4時間足チャートのトレンド転換。具体的にはトレンド転換プライスアクション(ピンバースパイクリバーサル)が3本から5本以上形成されているときですね。

オーバーシュート+リバウンドの後は日足チャートの値動きを予測しにくいので、しばらく様子を見ます。

またオーバーシュートが発生したら逆張りナンピン、日足トレンドが形成されたらピラミッディングトレードに切り替えましょう。

裁量トレードにおすすめの海外FX口座

初心者向け:XM MT5 スタンダード口座

海外FXの裁量トレードが初めてなら、まずはXM MT5 スタンダード口座がおすすめ。3種類のボーナスに対応しており、10万円の証拠金を17万円ほどに増やせます。

XMのボーナス詳細はこちら。

またスタンダード口座は最大レバレッジが1000倍と非常に高いです。レバレッジが高ければ高いほど、必要証拠金が少なくなり、ハイリスクトレードをしてもロスカットされにくくなります。

裁量トレードでピラミッディング・ナンピントレードをする場合、資金10万円あたり0.1ロットで3段から5段が望ましいですが、スタンダード口座なら5段から7段に増やしても問題ないでしょう。

ただしスタンダード口座はスプレッドが広めです。資金100万円以上で裁量トレードをするなら、取引コストの低いAXIORYTradeviewに乗り換えた方がいいでしょう。

XM公式サイトはこちら

中級者向け:AXIORY cTrader ナノ口座

お試しでcTraderを使ってみたいなら、AXIORY cTrader ナノ口座がおすすめ。

AXIORYは会員ページ(MyAxiory)が使いやすく、複数の口座を同時管理しやすいです。

またAXIORYでは最大10口座まで開設できるため、cTrader口座・MT4口座・MT5口座をそれぞれ試したり、EA自動売買で10口座を同時運用したりもできます。

ただしAXIORY cTrader口座には以下のデメリットがあります。

  • ゴールド(XAUUSD)のレバレッジが100倍と低め
  • 原油(WTIUSD)のレバレッジは20倍とさらに低め
  • cTraderコピーが使えない(TradeviewのcTraderなら利用可能)

ゴールド・原油で資本効率の高いトレードをしたいなら、TradeviewのcTrader口座を使った方がいいでしょう。Tradeviewはゴールドならレバレッジ400倍、原油ならレバレッジ100倍で取引できます。

AXIORY公式サイトはこちら

上級者向け:Tradeview cTrader口座

cTraderで裁量トレードをするなら、運用口座はTradeviewのcTrader口座がおすすめ。スプレッドと取引手数料が非常に低く、どんなトレード手法でも利益を出しやすくなります。

またゴールドの銘柄レバレッジは400倍、原油のレバレッジも100倍で、XM・AXIORYよりもCFD取引で資本効率を高めやすいです。(cTrader口座の場合)

ただしTradeview cTrader口座には以下のデメリットがあります。

  • ストップアウトが100%と高め
  • 会員ページが使いにくく、複数の口座を同時管理しにくい
  • 会員ページで国内銀行送金が使えない

Tradeviewは全体的に使いにくく、海外FX上級者向けです。初心者の方はXMAXIORYから始めましょう。

Tradeview公式サイトはこちら

裁量トレードの損益目安

スイング軸でナンピン・ピラミッディングをしたときの損益目安はこちら。

トレード手法(損益pipsは1段目から)損益の目安(1.0ロット*段数)
早めのナンピン損切り3段(-1000pips)-1,000ドル
遅めのナンピン損切り3段(-2000pips)-3,000ドル
レンジの半分まで逆張りナンピン5段(+2000pips)+10,000ドル
レンジの天井から底まで逆張りナンピン5段(+4000pips)+20,000ドル
短期トレンドでピラミッディング5段(+4000pips)+20,000ドル
長期トレンドでピラミッディング10段(+10000pips)+100,000ドル

スイングトレードではトレンド転換からナンピン3段で様子を見るため、損切りは1,000ドルから3,000ドルと控えめです。

そしてトレンドが固まってからポジションを増やしていくため(ピラミッディング)、うまくトレンドに乗っかれば10,000ドル以上の利益を狙うこともできます。

あるいはゴールド/XAUUSDで10000pips以上の特大トレンドに乗っかれば、ピラミッディングの段数次第で100,000ドル(1,500万円相当)の利益を狙うこともできます。

以下の画像は筆者がTradeview cTrader デモ口座でトレードした時の有効証拠金グラフです。2023年11月から2024年2月までで、10,000ユーロを100,000ユーロに増やすことに成功しています。

日足EMA・プライスアクションを駆使しても、価格予想を外すことはよくあります。

それでも損失1,000ドルから3,000ドル、収益5,000ドルから10,000ドルとなるようリスクリワードの高いトレード手法を続けていれば、資金は右肩上がりで増えていきます。

逆張りナンピン・ピラミッディングはどちらもリスクリワードの高いトレード手法です。海外FX初心者は優先的に体得しましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

海外FXの稼ぎ方

海外FXの運用額が100万円以下なら、裁量トレードがおすすめ。トレンド相場ではピラミッディング、レンジ相場ではナンピンと使い分けることで、常に期待値の高いトレードができます。

裁量トレードの始め方はこちら。(XMで始める/AXIORYで始める/Tradeviewで始める

運用額が100万円から300万円ほどなら、EA自動売買がおすすめ。エントリー・決済を自動化できるため、FXの収益化が楽になります。

運用EAは無料EA「Grid EA Pro」がおすすめ。MQL5アカウントを持っていれば無料ダウンロードできます。無料グリッドEAの中では収益性・リスクリワードがトップクラスです。

Grid EA Proの使い方はこちら。(XMで始める/AXIORYで始める/Tradeviewで始める

運用額が300万円以上なら、スワップアービトラージがおすすめ。カウンターパーティリスクは高くなりますが、為替リスクなしで1日数万円の利益を出し続けることができます。

スワップアービトラージのやり方はこちら。(XMで始める/AXIORYで始める/Tradeviewで始める

この記事を書いた人

海外FXの情報を備忘録としてまとめています。
運用は自己責任でお願いします。
Twitterで「海外FXの有益情報bot」も運用してます。

目次