XMのレビュー・メリット・デメリットまとめ

この記事ではXMのメリット・デメリットを解説していきます。

XMの詳細スペックは、XM公式サイトで確認できます。

目次

XMの一言レビュー

XMの最大の魅力は、低スプレッド+スワップフリーなKIWAMI口座を提供していること。特にポジション保有期間の長いスイングトレードやグリッド・マーチンゲールEAと相性が良いです。

XMはレバレッジも1000倍と非常に高く、ストップアウトも20%と低めなため、グリッド・マーチンゲールEAで6段から10段以上のポジションを抱えてもロスカットされにくいです。

ただしXMはB-bookブローカーなので単発の高ロットトレード(指標トレード)、アービトラージ取引、スキャルピングトレードなどで勝ちすぎると不正取引の難癖をつけられて追い出されることがあります。

XMのトレード手法は獲得ピップスの多いデイトレードやスイングトレード、あるいは1段目・2段目の勝率が低めなグリッド・マーチンゲールEAがおすすめです。

XMの詳細スペックは、XM公式サイトで確認できます。

XMのメリット

ここからはXMのメリットを見ていきます。

日本人利用者が多く、資金枯渇・出金拒否のリスクが低い

XMの最大のメリットは、日本人利用者が多く、財務基盤が安定していること。

B-bookブローカーでクッション機能付きボーナス1000倍レバレッジなどを提供していますが、資金枯渇の原因となるアービトラージトレーダーをこまめに追い出しているため出金拒否のリスクは低いです。

FX口座から資金を出金できるのは、FXブローカーに十分なお金があるときだけです。アービトラージ取引などで大量の資金を抜かれてしまうと、資金が枯渇して顧客は口座出金できなくなります。

XMは前身の会社が過去に何回も出金拒否を引き起こしているため、経営陣にアービトラージトレーダーを追い出すノウハウが身に付いており、少なくとも現時点では出金拒否になるリスクは低いと判断できます。

大規模な出金拒否を起こすたびにTradingPoint→XEMarkets→XEM→XMと名前を変えてうまくいった例もあり、出金拒否業者が名前を変えるのはよくある手口です。

マネーチャージャーはFX Fairが運営している件

ただ最近はXMポイントの仕様改悪や出金手数料の無料条件悪化、指標トレーダーの追い出しなどが相次いでいるため、あまり高額な資金は入れないほうがいいです。入金額は裁量トレードなら10万円、EA自動売買でも100万円を目安にしましょう。

XMの詳細スペックは、XM公式サイトで確認できます。

スワップフリー口座(KIWAMI口座)を提供している

XMはスワップフリー口座であるKIWAMI口座を提供しています。スワップフリー口座は文字通りスワップポイントが発生しない口座タイプのことです。

FXにおけるスワップポイントとは、ポジションを翌日に持ち越すコストのこと。グリッド・マーチンゲールEAでよく使われるオセアニア系通貨ペアだと、1日3.0pipsから6.0pipsになります。

海外FXのスワップポイントはプラスよりマイナスの方が大きいため、スイングトレードを行う、あるいはグリッド・マーチンゲールEAを運用するなら、スワップフリー口座を使ったほうが期待値が高くなります。

特にグリッド・マーチンゲルEAでポジションが1週間近く捕まってしまうと、100ドル以上のスワップポイントを取られてしまうこともあります。(資金10,000ドル/0.1ロットでGrid Freeを運用した場合)

グリッド・マーチンゲールEAは加重平均10pipsから15pipsで利確することが多く、1日3.0pipsのスワップポイントを取られると収益性が大きく低下してしまいます。

グリッド・マーチンゲールEAの収益性を高めたいなら、スワップフリーのKIWAMI口座を優先して使いましょう。

KIWAMI口座の詳細は、XM「取引口座タイプ」で確認できます。

最大レバレッジが1000倍と非常に高い

XMの最大レバレッジは1000倍と非常に高いです。レバレッジが高ければ高いほど、運用ロットあたりの必要証拠金が少なくなり、少ない資金で高ロットのトレードがしやすくなります。

運用ロット・レバレッジあたりの必要証拠金はこちら。(USDJPYの場合)

運用ロットレバレッジ200倍レバレッジ400倍レバレッジ1000倍
1.0ロット500ドル250ドル100ドル
2.0ロット1,000ドル500ドル200ドル
5.0ロット2,500ドル1,250ドル500ドル
10.0ロット5,000ドル2,500ドル1,000ドル

例えばUSDJPYで10ロットで運用する時、レバレッジ400倍のAXIORYTradeviewだと必要証拠金は2,500ドルになりますが、レバレッジ1000倍のXMならその半分以下の1,000ドルになります。レバレッジと必要証拠金は反比例の関係にあるわけです。

必要証拠金が少なければ少ないほど、余剰証拠金が多くなり、含み損をたくさん抱えられるようになります。あるいはトータルの運用ロットが指数関数的に増えていくマーチンゲールEAなどで10段以上のポジションを抱えてもロスカットされにくくなります。

海外FXは国内FX業者のように完全信託保全が義務付けられていないため、資金10,000ドル/10.0ロットなどでハイリスクトレードをして一気に稼ぎ切るのが基本です。

レバレッジ1000倍のXMは少ない資金で高ロット運用しやすいですし、マーチンゲールEAを運用しても証拠金維持率が圧迫されにくくロスカットのリスクを軽減できます。海外FXでハイリスクトレードをするなら、レバレッジの高いXMは有力候補になるでしょう。

XMのレバレッジルールは、XM「取引→取引条件→証拠金とレバレッジ」で確認できます。

3種類のクッション機能付きボーナスを提供している

XMは3種類のクッション機能付きボーナスを提供しています。

ボーナスのクッション機能とは、現金がゼロになっても含み損を抱えられる機能のこと。この機能がないボーナスはトレードの証拠金には使えず、キャッシュバックになるケースが多いです。

XMで提供されているボーナスはこちら。

  • 13,000円の新規口座開設(未入金)ボーナス
  • 最大500ドルの100%入金ボーナス
  • 最大10,000ドルの20%入金ボーナス

1つ目の13,000円の未入金ボーナスは、XMで初めてリアル口座を開設するときにもらえます。ただし未入金ボーナスを獲得するには30日以内に会員ページで本人確認書類をアップロードして、口座有効化を済ませる必要があります。

2つ目の500ドルの100%入金ボーナスは、入金額の100%分のボーナスがもらえます。ボーナス金額は口座の通貨に準拠し、例えば日本円口座なら500ドル相当で68,000円ほどのボーナスがもらえます。

ただしこちらの入金ボーナスはXMのZero口座とKIWAMI口座に対応していません。そしてボーナス口座から資金移動させたときはボーナスは全て消滅します。

3つ目の10,000ドルの20%入金ボーナスも、入金額の20%に相当するボーナスがもらえます。それ以外は100%入金ボーナスの時と同じでXM Zero口座・KIWAMI口座では使えません。

またXMはボーナスアービトラージに厳格な対応をとっており、ボーナス口座で利益率の高すぎる手法を使うと、ボーナス悪用の不正取引として利益を没収されることがあります。運用ロットは資金1,000ドルあたり0.5ロット前後を目安にしましょう。

3種ボーナスの詳細は、XM「プロモーション」で確認できます。

ロイヤルティプログラムで追加ボーナス(XMポイント)を獲得できる

XMのロイヤルティプログラムでは取引をするごとにXMポイントが獲得できます。得られたXMポイントはボーナスクレジットと交換でき、入金ボーナスと同じようにトレードの証拠金として使えます。

ロイヤルティプログラムの概要はこちら。

  • 取引1ロットごとに10ポイントから20ポイントもらえる
  • ポイントの交換率は3ポイント=1ドルクレジット
  • ロイヤルティステータスが上がるにつれて、得られるポイントは増えていく
  • スタンダード口座とマイクロ口座のみ使える(Zero口座・KIWAMI口座は使えない)
  • ポジション保有期間が10分以下だとXMポイントは獲得できない

ランクごとに得られるポイント・昇格条件はこちら。

ランク1ロットで得られるポイント昇格条件
EXECTIVE10XMP口座入金後
GOLD13XMP30日以上トレード
DIAMOND16XMP60日以上トレード
ELITE20XMP100日以上トレード

ただしXMの口座を長期間放置していたり長い間トレードしていないと、XMポイントが失効したりランクがリセットされたりします。

放置ペナルティの注意点はこちら。

  • 一定期間トレードしていないとステータスリセット(ステータスに応じて30日間から100日間)
  • エグゼクティブレベル(初期ランク)にリセットされると、XMポイントもゼロになる
  • エグゼクティブレベルでも42日間トレードをしていないと、XMポイントはゼロになる
  • 12カ月間XMポイントを交換していないと、過去のXMポイントが全て消滅する

最後の「1年間XMポイントを交換していないと全て消滅する」という項目は、2023年6月にこっそりと利用規約に付け加えられています。XMはこの手の改悪をメールで通知してくれないため、XMポイントを活用するならこまめに利用規約を確認しておく必要があります。

ロイヤルティプログラムはお得に見えますが、XMポイントを有効活用しようとしたり、有効期限を切らさないよう不要なトレードを強いられることもあるため、個人的にはおすすめしかねます。

ロイヤルティプログラムの詳細は、XM「プロモーション→ロイヤルティプログラム」で確認できます。

国内銀行送金に対応している

XMは国内銀行送金で入金・出金ができます。(詳細はXMで会員ログイン後に確認可能)

国内銀行送金は入金・出金の手数料が非常に安く、bitwalletSTICPAYなどのオンライン決済サービスより手数料を安く抑えられます。

XMの入金・出金に関するルールはこちら。

  • 入金手数料は無料(国内銀行送金は1万円未満なら980円)
  • 出金手数料も無料(国内銀行送金は40万円未満なら2,500円)
  • ゆうちょ銀行・PayPay銀行・セブン銀行は出金先として使えない
  • 出金反映時間は3時間から3営業日ほど(収納代行業者によって異なる)

海外FXの入金方法・出金方法はなるべく国内銀行送金を選びましょう。手数料が無料あるいは数百円と安価ですし、利益出金にも対応しており、入金額・出金額の上限もないからです。

クレジットカード入金・出金はマネーロンダリングの疑いをかけられてクレジットカードの利用を停止させられるリスクがあります。(国際ブランドによっては海外FX=ギャンブルの認識があるため)

bitwallet・STICPAYなどのオンライン決済サービスは出金額に条件がある上に手数料が高いですし、仮想通貨による出金は送金先を間違えると資金が消えてしまうリスクもあります。

海外FXで安全かつ安価に送金するなら、国内銀行送金はおすすめです。

国内銀行送金の詳細は、XM「会員ページログイン→入金・出金」で確認できます。

無料VPS(仮想専用サーバー)サービスを提供している

XMは無料VPSサービスを提供しており、無料条件を満たせば月額3,000円ほどのVPS料金を節約できます。

VPS(仮想専用サーバー)とはオンラインでレンタルできるパソコン環境(WindowsOS)のことで、EA自動売買をするなら必須のサービスです。

VPSの無料利用条件はこちら。

  • 口座残高が1,000ドル以上であること
  • 毎月5.0ロット以上の取引をしていること(エントリー・クローズの往復で)

1つ目の条件は口座残高が1,000ドル以上であること。数年前までは口座残高5,000ドル以上とかなり厳しかったのですが、最近は1,000ドルと大幅に緩和されており条件を満たしやすくなっています。

2つ目の条件は毎月5.0ロット以上の取引をしていること。当サイトのトレード手法を実践すれば、期待値の高いトレードをしつつ運用ロットの条件を満たすことができます。

なお無料条件を満たせなかった月は、利用料金28ドルが口座から引き落とされます。

注意点としてXMが無料提供しているBeeks VPSはメモリ(RAM)が2GBと低めで、デスクトップ版MT4を開きすぎるとクラッシュ・フリーズしやすくなります。

本格的にEA運用するならメモリは最低4GB欲しいので、XMの無料VPSはあくまでお試し用に使いましょう。

EAにおすすめのVPSはこちら。

無料VPSサービスの詳細は、XM「プロモーション→無料VPSサービス」で確認できます。

モーリシャス・セーシェルの金融ライセンスを保有している

XMはモーリシャスとセーシェルの金融ライセンスを保有しています。

  • FSA(セーシェルの金融サービス庁)
  • FSC(モーリシャスの金融サービス委員会)

金融ライセンスとは、その国で金融事業を行うときに必要な許可証のこと。金融ライセンスを保有しているブローカーは資金繰りに余裕があり信頼性が高く、出金拒否・利益没収のリスクが低いと判断します。

セーシェルもモーリシャスも島国の金融ライセンスなので、日本やイギリスの金融ライセンスと比べると信用度は低めです。それでも金融ライセンスのない海外FXブローカーを使うよりはマシです。

海外FXブローカーは日本の法律の規制下になく、完全信託保全も義務付けられていないため、出金拒否・利益没収・資金持ち逃げのリスクが高いです。金融ライセンスのないブローカーは信用度が低いため使わないようにしましょう。

金融ライセンスの詳細は、XM「当社について→規制」で確認できます。

ストップアウトが20%と低く、ロスカットされにくい

XMはストップアウトが20%と低いため、ハイリスクトレードと相性がいいです。

ストップアウトとは、ロスカットが発動するときの証拠金維持率のこと。例えばXMのストップアウトは20%なので、証拠金維持率が20%になった段階でポジションの強制決済が始まります。

ストップアウトが低ければ低いほど、含み損をたくさん抱えられるようになり、ロスカットされにくくなります。特にナンピン・マーチン・グリッドEAなど証拠金維持率が圧迫されやすい運用方法と相性がいいです。

それに対してTradeviewや他の国内FXブローカーだとストップアウトが100%と高めなため、ハイリスクなマーチンゲールをするとロスカットされやすくなります。

裁量トレード・EA自動売買でハイリスクなナンピン・マーチン・グリッドを採用するなら、ストップアウトが20%と低めなXMは相性がいいです。

ロスカットの詳細は、XM「取引→証拠金とレバレッジ」で確認できます。

XMのデメリット

ここからはXMのデメリットを見ていきます。

稼ぎすぎると追い出されやすくなる

XMでは目立った稼ぎ方をすると追い出されやすくなります。

XMは1000倍レバレッジクッション機能付きボーナスを提供しているB-bookブローカーなので、顧客の勝ち過ぎによる資金枯渇のリスクが高いです。そのため利益率の高すぎる手法を採用すると、不正取引などを理由に追い出されてしまいます。

XMで不正取引扱いされやすいトレード手法はこちら。

  • 高ロットの指標トレード(ギャンブルトレード)
  • EAによる超高速売買
  • アービトラージ取引(ボーナス・レイテンシー・キャッシュバックを含む)
  • 裁量のスキャルピングトレード

FX初心者の方が気をつけたいのは高ロットの単発トレードですね。例えば資金1,000ドル/10.0ロットなどの超ハイリスクトレードをして運良くボロ儲けすると、XMから不正取引扱いされやすくなります。(特に経済指標の直前・直後)

それ以外の例としては、EAによる超高速売買、ボーナス・レイテンシー・キャッシュバックを利用したアービトラージ取引、利幅1.0pips前後のスキャルピングトレードなどが当てはまります。XMも営利企業なので、資金枯渇リスクがあるトレード手法には厳正に対処しています。

XMで不正取引をしたときのペナルティはこちら。

  • メールでの簡単な警告
  • レバレッジが100倍に制限
  • 口座削除
  • アカウント単位での永久追放

運用ロットが小さかったり利益率が控えめだったりするとメールで警告されるだけですが、そのまま不正取引を続けているとレバレッジ100倍に制限されたり、取引口座を凍結されたり、アカウント単位で永久追放されたりします。

XMでの不正取引による冤罪を避けたいなら、運用ロットは資金1,000ドルあたり0.5ロットを目安にし、獲得pipsの多いトレード手法を採用したほうがいいでしょう。

銀行出金手数料の無料条件がやや厳しめ(出金額40万円以上)

XMでは銀行出金手数料が無料になる条件がやや厳しめです。(無料条件はXM会員ログインで確認可能)

銀行出金の手数料を無料にするには、出金額が40万円以上である必要があります。出金額が40万円未満だと2,500円の出金手数料が別途発生します。

数年前までは出金手数料の無料条件は出金額2万円だったのですが、最近は40万円と大幅に増額されています。

海外FXブローカーは財務状況が危うくなると、豪華な入金ボーナスやプロモーションで顧客を呼び込む一方、出金手数料やキャッシュバック、スリッページなどををこっそり改悪する傾向があります。

日本人利用者の多いXMがすぐに破綻することは考えにくいですが、それでも万が一に備えて10,000ドル以上の資金は口座内に残さない方がいいでしょう。

銀行出金手数料の無料条件は、XM「会員ページログイン→入金・出金」で確認できます。

XMポイントが徐々に改悪されている

XMはロイヤルティプログラムやXMポイントも徐々に改悪されつつあります。

直近の例だと2023年6月あたりに「1年間使っていないXMポイントは自動で消滅する」という項目が追加されたあたりですね。こういった改悪はメールで通知してこないため、こまめにロイヤルティプログラムの利用規約を確認する必要があります。

また数年前まではポジションの保有時間が5分間以上だとXMポイントが付与されていたのですが、現在は10分以上保有する必要があります。これも小さな改悪です。

海外FXトレーダーの中にはXMポイントやキャッシュバックだけを目的とした超高速売買をする人もおり、そういった人が増えるとキャッシュバックは改悪されます。

ポイント・キャッシュバックのある海外FXブローカーはシステムの穴をついて荒稼ぎされやすく、そのコストはスプレッド・出金手数料・マイナススリッページなどの形で一般トレーダーが支払うことになります。

良質な環境でトレードしたいなら、TradeviewなどのA-bookブローカーを使いましょう。

ロイヤルティプログラムの仕様・ルールは、XM「プロモーション→ロイヤルティプログラム」で確認できます。

cTraderに対応していない

XMはcTraderに対応していません。cTraderは高性能FXプラットフォームで、メタトレーダーよりも便利な機能がたくさん備わっています。(AXIORYのcTraderTradeviewのcTrader

cTraderがメタトレーダーより優れている点はこちら。

  • MacOS・Chromeブラウザでも動作しやすい
  • ホットキー(ショートカット)で通貨ペア・時間足を切り替えられる
  • ドラッグ操作でリミット注文・ストップ注文を置きやすい
  • 必要証拠金・SL/TPでの損益を簡単に計算できる
  • チャートの横に経済指標カレンダーを表示できる(日本時間に対応)
  • メタトレーダー(MT4・MT5)よりVDPによる嫌がらせリスクが低い

cTraderはウェブブラウザ版ならMacOS・Chromeブラウザでも利用できます。デスクトップ版のMT4・MT5はWindowsOSにしか対応していないため、MacユーザーならcTraderを使ったほうがいいです。

それ以外にもホットキー(ショートカット機能)で通貨ペアチャートや時間足を切り替えたり、ドラッグ操作で予約注文・損切り・利確などを簡単に設定できます。

またcTraderはFXブローカー側でトレーダーの取引を監視・介入しにくいため、単発高ロットの指標トレードやスキャルピングトレードをしてもブローカー側からVDPで嫌がらせされにくいです。

cTraderで快適な裁量トレードをしたいならAXIORYTradeviewを使った方がいいでしょう。

cTraderの使い方・ダウンロード方法はこちら。

KIWAMI口座のスプレッドが悪化している(USDJPYで0.6pips→1.2pips)

2023年7月あたりからXM KIWAMI口座のスプレッドが悪化しています。以前はUSDJPYのスプレッドが0.6pips前後だったのですが、最近は1.0pipsから1.2pipsほどに広がっています。(情報ソース

KIWAMI口座は1000倍レバレッジ+スワップフリーでグリッド・マーチンゲールEAと相性がいいのですが、マイナススワップのコストを負担しきれなくなり、スプレッド・マイナススリッページに転嫁されたと推測されます。(情報ソース1ソース2

またXMのスタンダード口座や他のブローカーのスプレッドは広がっておらず、KIWAMI口座のスプレッドだけ広がっていることから、KIWAMI口座だけが改悪されている可能性が高いです。(情報ソース

同じくスワップフリー口座を提供しているExnessもスワップポイント関連の改悪が急激に進んでおり、スワップフリーが維持できない可能性も生じています。(情報ソース

XM・ExnessのようなB-bookブローカーは「顧客の負け=ブローカーの利益」となるため、顧客(特に収益力の低いトレーダー)が少なくなると財務状況が悪化しやすくなります。10,000ドル以上の高額資金を運用するならTradeviewなどのA-bookブローカーを使った方がいいでしょう。

KIWAMI口座の詳細は、XM「取引口座タイプ」で確認できます。

XMの基本情報

ここからはXMの基本情報をまとめておきます。

XMの入金方法・入金手数料

XMの入金方法と入金手数料はこちら。

入金方法入金手数料
国内銀行送金無料(1万円未満だと980円)
クレジットカード・デビットカード(JCBは新規受付停止)無料
bitwallet無料
STICPAY(新規受付停止)無料
BXONE無料

入金方法は国内銀行送金がおすすめ。入金手数料・出金手数料が無料になりやすく、利益出金にも対応しているからです。

また収納代行業者を通じて送金するためマネーロンダリングの疑いで銀行口座が凍結されるリスクも低いです。(信用度の低いブローカーだと外国人の個人口座で送金することがあり、マネーロンダリングの冤罪を受けやすい)

他の入金方法は利益出金ができなかったり、出金手数料が高かったりするためおすすめしません。

XMの入金方法はこちら。

XMの出金方法・出金手数料

XMの出金方法と出金手数料はこちら。

出金方法出金手数料利益出金
国内銀行送金無料(40万円未満だと2,500円)できる
クレジットカード・デビットカード
(JCBは新規受付停止)
無料できない
bitwallet無料できない
STICPAY(新規受付停止)無料できない
BXONE無料できない

出金方法は国内銀行送金がおすすめ。利益出金に対応していますし、出金手数料も無料になりやすいからです。ただし出金額が40万円未満だと2,500円の出金手数料がかかります。

他の出金方法だと利益出金できない上に、入金額と相殺する手続きのために余計な手間が必要になります。海外FXトレーダーに人気のあるbitwalletで利益出金できないのは不便ですね。

XMの出金方法はこちら。

XMのレバレッジ制限・ルール

XMでは有効証拠金が多くなると、最大レバレッジが制限されます。具体的な制限内容はこちら。

最大レバレッジ有効証拠金
1000倍40,000ドルまで
500倍40,001ドル以上80,000ドル以下
200倍80,001ドル以上200,000ドル以下
100倍200,001ドル以上

資金40,000ドルまでならXMの1000倍レバレッジを利用できます。ただ海外FX口座(B-book)の入金額は大体1,000ドル以上から10,000ドル以下のケースが多いため、40,000ドル制限はそこまで気にしなくてもいいでしょう。

海外FXブローカーは日本の法律の規制下になく完全信託保全も義務付けられていないため、出金拒否や利益没収のリスクが高いです。特にXMのようなB-bookブローカーでは20,000ドルや30,000ドルを口座内に入れっぱなしにするのではなく、常に10,000ドル前後になるようこまめに利益出金した方がいいです。

なお1000倍レバレッジが使えるのはメジャー通貨ペアのみで、マイナー通貨ペアだとレバレッジは1000倍以下になります。

レバレッジ1000倍にならないFX通貨ペアはこちら。

最大レバレッジ
メジャー通貨ペア1000倍
CHFを含む通貨ペア400倍
TRYを含む通貨ペア100倍
DKK・HKD・CNHを含む通貨ペア50倍

上記の通貨ペアで高ロットトレードするときは必要証拠金・証拠金維持率などに注意しましょう。

マイナー通貨ペアのレバレッジ制限は、XM「取引→FX取引」で確認できます。

XMの口座タイプ

XMには以下の4種類の口座タイプがあります。

口座タイプ2種入金ボーナス最大レバレッジ1ロット外付け手数料
スタンダード口座あり1000倍100,000通貨なし
マイクロ口座あり1000倍1,000通貨なし
Zero口座なし500倍100,000通貨10ドル/ロット
KIWAMI口座なし1000倍100,000通貨なし

スタンダード口座は2種類の入金ボーナス・ロイヤルティプログラムが使える口座タイプです。その代わりスプレッドはやや広めで、超ハイリスクなトレードをするとボーナス悪用の冤罪を受けやすくなります。

マイクロ口座は1ロット通貨量が1,000通貨に少ない口座タイプです。10通貨・100通貨などでトレードできるため、極小ロットでEAのリアルフォワードを検証するのに向いています。

Zero口座はスプレッドが非常に狭い口座タイプです。外付け手数料は1ロット往復10ドルで、最大レバレッジは500倍です。ただ現在は上位互換のKIWAMI口座があるためZero口座を使うメリットは薄いです。

KIWAMI口座は低スプレッド+スワップフリーな口座タイプです。マイナスのスワップポイントが発生しないため、ポジションの保有期間が長いスイングトレード・グリッドEAと相性が良いです。

XMの口座タイプは、XM「取引口座タイプ」で確認できます。

XMのスプレッド目安

XMの主要通貨スプレッドはこちら。通貨ペアをすべて記載すると情報量が多すぎるため、裁量トレードで人気のある3通貨ペアだけを紹介しています。

スタンダード口座とスプレッドが同じなマイクロ口座と利用者の少ないZero口座は省略しています。

XM スタンダード口座XM KIWAMI口座(外付け手数料なし)
XAUUSD3.5pips1.5pips
USDJPY1.6pips0.7pips
GBPJPY3.6pips1.4pips

KIWAMI口座のスプレッドはスタンダード口座の半分以下であることがわかります。

入金ボーナスやロイヤルティプログラム目当てならスタンダード口座を使うべきですが、取引コストを節約したいならKIWAMI口座を使った方がいいでしょう。

続いてグリッド・マーチンゲールEAでよく使われるオセアニア系通貨ペア3種のスプレッドはこちら。

XM スタンダード口座XM KIWAMI口座(外付け手数料なし)
AUDCAD3.0pips1.6pips
AUDNZD4.0pips1.8pips
NZDCAD4.1pips1.7pips

こちらもKIWAMI口座のスプレッドはスタンダード口座の半分以下です。またKIWAMI口座はスワップフリーなので1日あたり-3.0pipsから-6.0pipsのスワップポイントを取られることもありません。

ポジション保有期間の長いスイングトレードやグリッド・マーチンゲールEAを採用するなら、KIWAMI口座を選びましょう。

XMのスプレッドは、XM「取引→取引商品→FX取引」で確認できます。

XMの口座休眠・口座凍結・口座維持手数料

XMではリアル口座を長期間放置すると休眠・凍結状態になります。この状態では口座維持手数料が取られたり、入出金・取引・ログインなどができなくなります。

XMの口座休眠・凍結ルールはこちら。

口座休眠口座凍結
発生条件残高あり+90日間放置残高なし+90日間放置
入出金できるできない
取引できるできない
会員ページのログインできるできない
ボーナス消滅する消滅する
XMポイント消滅する消滅する
口座の復活できるできない
口座維持手数料月5ドル徴収できない

口座残高ありで90日間トレードをせずに放置していると休眠口座になります。休眠口座では入出金・取引・会員ページログインなどはできますが、ボーナスやXMポイントは消滅してしまいます。

また休眠口座では毎月5ドルの口座維持手数料が発生します。手数料を節約したいなら使わない口座から資金を抜いておきましょう。

口座残高なしで口座を90日以上放置すると凍結口座になります。凍結口座では入出金・取引・口座ログイン・会員ページログインができなくなります。もちろんボーナスやXMポイントも消滅します。

XMでは凍結口座を復活できません。FX取引を再開したり、会員ページを再確認したいなら、新規口座開設ページで新しく口座を作り直しましょう。

XMの口座休眠・凍結ルールは、XM「ヘルプセンター→取引口座」で確認できます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

海外FXの稼ぎ方

海外FXの効率的な稼ぎ方はこちら。

  1. XMの3種ボーナスを獲得する
  2. スイングトレード(ピラミッディング・ナンピン)を習得する
  3. AXIORYTradeviewのcTrader口座に乗り換える

まずはXMの3種ボーナスを獲得しましょう。入金額が10万円なら、それを17万円ほどに増やせます。(XMのボーナス詳細へ

ボーナスの練習台は、裁量のスイングトレードがおすすめ。トレンド相場ではピラミッディング、レンジ相場ではナンピンと使い分けることで常に期待値の高いトレードができます。(裁量トレードの始め方

裁量トレードに慣れてきたら、AXIORYTradeviewのcTrader口座に乗り換えましょう。cTraderではリミット注文をドラッグ操作で置けるため、ピラミッディング・ナンピンが快適になります。(AXIORYのcTraderTradeviewのcTrader

海外FX裁量トレードの始め方はこちら。

この記事を書いた人

海外FXの情報を備忘録としてまとめています。
運用は自己責任でお願いします。
Twitterで「海外FXの有益情報bot」も運用してます。

目次