おすすめの海外FX業者はこちら!
海外FXでなかなか勝てない人へ

海外FXでのトレード勝率を上げたいなら、こちらの記事をどうぞ。
海外FXの基本戦術をまとめています。

おすすめトレード手法を見る ▷

AXIORY(アキシオリー)の評判・メリット・デメリットまとめ

AXIORYは約定力と取引手数料の安さで定評のある海外FX業者です。

特にECN口座の取引手数料は1ロット往復6ドルと安く、スキャルピングトレードやEA自動売買を行うベテラン海外FXトレーダーに人気があります。

さらにAXIORYは高性能取引ツール「cTrader」にも対応しており、MT4・MT5の時以上に快適な裁量トレードが可能となります。

ただしその一方で、入金ボーナス・口座開設ボーナスをもらえない、bitwalletが使えないなどのデメリットもあります。

ではどういったトレーダーがAXIORYを使うべきなのでしょうか?

この記事ではAXIORYのメリット・デメリットをわかりやすく解説していきます。

AXIORYの詳細スペックは、AXIORY公式サイトで確認できます。

 

AXIORYのメリット

ここからはAXIORYを使うメリットを解説していきます。

 

メリット1、ECN口座の取引手数料が安い(1ロット往復6ドル)

AXIORYの最大の特徴は、ECN口座の取引手数料が安いこと。

具体的な手数料は1ロット往復6ドル。これは他の海外FX業者と比べても安い方です。

参考までに、他のECN口座の取引手数料と比較してみましょう。

海外FX業者
ECN手数料(1ロット往復)
TradersTrust VIP口座3ドル
Tradeview5ドル
TradersTrust プロ口座6ドル
AXIORY6ドル
LAND-FX7ドル
XM10ドル
FBS12ドル

有名どころの海外FX業者と比較しても、AXIORYの往復6ドルで3番目に低いことがわかりますね。

スキャルピングトレードやEA自動売買など、取引回数の多いトレードするなら、取引コストを安くすることにこだわりましょう。

わずか0.1 pipsの損失でも、何百回とトレードを繰り返すと、数万円単位の大きな損失につながるからです。

その点でAXIORYはスキャルピングトレードなどと相性がいいですね。

取引手数料は、AXIORYの「取引条件→スプレッド、手数料」で確認できます。

 

メリット2、取引ツール「cTrader」を利用できる

AXIORYの2つ目に大きなメリットは、取引ツール「cTrader」が使えること。

cTraderは高性能なFX取引ツールで、特にECN口座でのスキャルピングトレードと相性が良いです。

cTraderで使える機能は以下のとおり。

  • ワンタップ注文ができる
  • 自動で損切り・利食いの設定ができる
  • ツール内で板情報を確認できる
  • ツール内で経済指標を確認できる
  • チャート内で日本時間の表示ができる(UTC+9)
  • チャート予測機能「オートチャーティスト」が使える

これらはcTraderのアプリ版に内蔵されている機能で、デスクトップ版ならもっと便利な機能が使えます。既存のFX取引ツール「MT4・MT5」と比べても、性能が高いことがわかりますね。

本格的に裁量トレードの利益率を上げたいなら、MT4・MT5よりもcTraderを使いましょう。

cTraderは、AXIORYの「cTrader」で確認できます。

 

メリット3、国内銀行送金の出金手数料が安い(海外送金扱いにならないため)

AXIORYの国内銀行送金では、Curfexを使うことで出金手数料を安くできます。

Curfexは金融庁の認可を受けている金融サービスで、このサービスを経由することで、国内銀行送金扱いとなります。

海外銀行送金だと3000円から5000円の手数料がかかるところが、国内銀行送金だと数百円程度で収まります。

出金手数料を安くしたいなら、国内銀行送金の使えるAXIORYはおすすめ。

出金方法は、AXIORYの「入出金方法」で確認できます。

 

メリット4、保有口座数が最大10口座と多め(平均5口座)

AXIORYでは最大10口座を保有できます。他の海外FX業者だと保有口座数は5つが平均なので、それと比べても多いです。

追加口座を開設し、複数口座を同時運用することで、様々な口座タイプや取引ツール、レバレッジを試せるようになります。

さらにはAXIORYでは口座を放置することによるペナルティがなく、口座休眠、口座凍結、口座維持手数料なども発生しません。

複数の口座を保有をしていてEA自動売買などを試したい人には、AXIORYは相性がいいです。

追加口座開設は、AXIORYの「トップページ→MyAxiory」から行えます。

 

メリット5、約定力が高く、スリッページ・リクオートが発生しにくい

AXIORYは約定率が高いため、スリッページやリクオートが発生しにくいです。

それぞれの意味は以下の通り。

  • スリッページ:注文価格と約定価格に差が生じること
  • リクオート:約定が拒否され、不利なレートで再提示されること

スキャルピングトレードやEA自動売買だと、わずかなpipsでも、積み重なることで大きな損失につながります。

しかしAXIORYは約定力が高いため、狙ったレートできちんと約定ができ、スリッページやリクオートが発生しにくいです。

実際海外FXのベテラントレーダーは、トレードの利益率を上げるために、スプレッドだけでなく、約定力や注文スピードなども下調べしています。

取引回数の多いトレードをするなら、AXIORYはおすすめの候補の1つです。

約定力は、AXIORYの「取引条件→約定率」で確認できます。

 

メリット6、保有ライセンスの「ベリーズ国際金融サービス委員会(IFSC)」は信頼性が高い

AXIORYの保有している金融ライセンスは、ベリーズ国際金融サービス委員会(IFSC)のものです。

ライセンスの信頼性としてはややマイナーで、取得難易度は低めですが、それでも金融ライセンスを保有しているだけで、FX業者としての信頼性を担保できます。

海外FX業者を使うなら、なるべく金融ライセンスを保有しているところを選びましょう。いい加減なサービスをしていたり、詐欺行為を行ったりしている海外FX業者は、金融ライセンスを保有できないからです。

ただその一方で金融ライセンスもピンキリで、お金を払うだけで取得できるものもあります。金融ライセンスの有無だけで海外FX業者を選ぶのも危険でしょう。

AXIORYは金融ライセンスを保有しているだけでなく、他の海外FXトレーダーからの評判も良好なので、個人的にも信頼できるものと判断しています。

金融ライセンスは、AXIORYの「取引条件→安全性」で確認できます。

 

メリット7、ゼロカットシステムを採用しており、追証による借金の心配がない

AXIORYはゼロカットシステムを採用しています。

ゼロカットとは、口座残高がマイナスになった時に、自動的にゼロにリセットされる仕組みのこと。目的はトレーダーの資金保護です。

仮にFXトレードで大きな損害を抱え、残高がマイナス数百万円になったとしても、しばらくするとゼロにリセットされるわけです。

ゼロカットのおかげで、海外FXトレーダーは追証による借金のリスクに怯えることなく、ハイリスクのトレードができるのです。

ゼロカットの仕様は、AXIORYの「取引条件→ゼロカットとロスカット」で確認できます。

 

AXIORYのデメリット

ここからはAXIORYのデメリットについて詳しく見ていきます。

 

デメリット1、最大レバレッジは400倍と低め

AXIORYの最大レバレッジはSTP口座でも400倍。これはSTP口座の中では低い方です。

参考までに他の海外FX業者のSTP口座のレバレッジと比較してみましょう。

海外FX業者
レバレッジ(STP口座)
FBS3000倍
HotForex1000倍
GemForex1000倍
XM888倍
LAND-FX500倍
TradersTrust500倍
Tradeview500倍
iFOREX400倍
AXIORY400倍

AXIORYのレバレッジ400倍は1番低いですね。それに対しXMのレバレッジは888倍、GemForexのレバレッジも1,000倍とかなり高めです。

レバレッジが高ければ高いほど、必要証拠金が少なくなり、少ない資金でFXトレードしやすくなります。10万円前後の資金でFXトレードするなら、XMやGemForexを使った方が良いでしょう。

レバレッジルールは、AXIORYの「取引条件→レバレッジ」で確認できます。

 

デメリット2、入金・出金でbitwalletが利用できない

AXIORYでは入金・出金方法にbitwalletが利用できません。

bitwalletは海外FXトレーダーに人気のあるオンラインウォレットサービス。特に出金手数料が824円と非常に安いことで定評があります。

しかし2019年の2月から、AXIORYはbitwalletのサービス対応を停止しました。

確かにAXIORYでbitwalletを使えなくなったのは痛いです。

そのかわりAXIORYではCurfexという決済サービスで国内銀行送金が利用できるようになっています。うまく利用すれば、入出金の手数料を安く抑えられるはずです。

Curfex入金・出金は、AXIORYの「入出金方法」で確認できます。

 

デメリット3、出金額が大きいと、出金手数料も高くなる

AXIORYは国内銀行送金による出金に対応しており、出金手数料を出金額の1%に抑えられます。

出金手数料1%は、SticPayなど他のオンライン決済サービスと比べると低いです。ただ出金額が82,400円を超えると、bitwalletの出金手数料824円より高くなってしまいます。

例えば出金額が10万円なら出金手数料は1%の1,000円ですが、出金額が100万円だと出金手数料は1万円に跳ね上がってしまうわけです。

数百万円単位の高額出金をするなら、bitwalletの使えるTradeviewTradersTrustを使った方が、出金手数料を安く抑えられます。

出金手数料は、AXIORYの「出金方法」で確認できます。

 

デメリット4、入金ボーナス・口座開設ボーナスはもらえない

AXIORYでは入金ボーナスや口座開設ボーナスがもらえません。

海外FXでもらえるボーナスは、FXトレードの証拠金として使えるため、資金の少ない人にはありがたい存在です。

ただAXIORYはスプレッドや約定力などに力を入れているため、ボーナスにコストを使う余裕がないのです。

ボーナスが欲しいなら、以下の海外FX業者がおすすめ。

どのボーナスもFXトレードの証拠金に使えます。

 

デメリット6、異なるベース通貨口座間で資金移動すると、1%の為替手数料が発生する

AXIORYでは異なる通貨の口座間で資金移動すると、1%の為替手数料が発生します。GemForexが0.5%くらいなので、それと比べても割高ですね。

為替手数料について、AXIORY公式サイトから引用しておきます。

10,000USD(1,000,000JPY相当)未満の資金移動の場合、現在のFXレートで1%分の手数料が差し引かれます。

【1USD=100JPYの場合】
例1:JPY建てアカウント内の10,000JPYを、USD建てアカウントに資金移動をする場合
10,000JPY→100USD − 1% (1USD) = 99USD がUSD建てアカウントに資金移動されます。

【1USD=100JPYの場合】
例2:USD建てアカウント内の100USDを、JPY建てアカウントに資金移動をする場合
100USD→10,000JPY − 1% (100JPY) = 9900JPY がJPY建てアカウントに資金移動されます。

引用元:AXIORY「FAQ」

10万円資金移動しただけでも、1,000円の為替手数料がとられてしまいます。50万円だと5,000円になるため、かなり高額ですね。

為替手数料を取られないようにするには、資金移動する口座のベース通貨を同じにすること。例えば、円口座なら円口座同士、ドル口座ならドル口座同士で、資金移動します。

AXIORYで口座を作るなら、個人的には円口座がおすすめ。出金手数料の安い国内銀行送金が使えます。訳ありで出金先がドル口座なら、ドル口座を作っても良いでしょう。

また資金移動する金額が10,000ドル(100万円)以上だった場合は、為替手数料が安くなります。

具体的な割引率について、AXIORY公式サイトから引用しておきます。

10,000USD以上の場合、手数料は以下の通りです。

50,000 USD (5,000,000JPY相当) まで 0.75%
100,000 USD (10,000,000JPY相当)まで 0.50%
500,000 USD (50,000,000JPY相当) まで 0.20%
1,000,000 USD (100,000,000JPY相当)まで 0.10%
1,000,000 USD 以上の場合、0.05%

引用元:AXIORY「FAQ」

為替手数料を節約したいなら、基本的にはベース通貨ペアが同じ口座を使うこと。

為替手数料は、AXIORYの「お客様サポート→FAQ→口座間資金移動」でも確認できます。

 

AXIORYに関するよくある質問

ここからはAXIORYに関してよくある質問にお答えしていきます。

 

AXIORYの入金方法のおすすめは?

AXIORYの入金方法で1番おすすめなのは、Curfexによる国内銀行送金。

理由としては、

  • 利益出金に対応しているから
  • 入金手数料が432円と安いから
  • 金融庁の認可を出ており、サービスが突然停止するリスクが低いから

などが挙げられます。

ただし国内銀行送金が使えるのは日本円口座のみ。アメリカドル口座・ユーロ口座では利用できません。

入金方法は、AXIORYの「入出金方法」で確認できます。

 

AXIORYの出金方法のおすすめは?

AXIORYの出金方法のおすすめも、Curfexによる国内銀行出金です。

理由としては、

  • 利益出金に対応している
  • 国内送金扱いとなり、3,000円〜5,000円の海外送金手数料を節約できる
  • Curfexの出金手数料が1%と安い

などが挙げられます。

ただしCurfexの出金を利用できるのも、円口座のみ。ドル口座やユーロ口座で出金する場合は、その次に手数料の安いSticPayを使いましょう。

出金方法は、AXIORYの「入出金方法」で確認できます。

 

AXIORYの口座タイプのおすすめは?

AXIORYの口座タイプは、スタンダード口座とナノスプレッド口座の2種類。

具体的な特徴は以下の通りです。

  • スタンダード口座:スプレッドが平均的なSTP口座
  • ナノスプレッド口座:スプレッドが非常にECN口座

おすすめの口座タイプは、ナノスプレッド口座。

理由としては、

  • スプレッドが非常に狭いから
  • スプレッドが広がりにくいECN口座だから
  • レバレッジ400倍はECN口座にしては高いから

などが挙げられます。

逆にAXIORYのスタンダード口座は、レバレッジが低くボーナスももらえないため、利用するメリットは薄いです。

口座タイプをどちらにするかで迷ったら、ナノスプレッド口座を選びましょう。後から追加口座として、スタンダード口座を作り直すことも可能です。

口座タイプは、AXIORYの「取引条件→口座タイプ」で確認できます。

 

AXIORYの取引ツールのおすすめは?

AXIORYの取引ツールは、MT4・cTraderの2種類。

具体的な特徴は以下の通り。

  • MT4:EA自動売買プログラムやインジケーターの種類が多い
  • cTrader:FXトレード向けの便利な機能が多い

EA自動売買がメインならMT4、裁量トレードがメインならcTraderがおすすめです。

ただMT4を使ってEA自動売買をするには、VPSを契約したり、EA自動売買プログラムのインストールをしたりと大変です。

海外FXが初めての方は裁量トレードがメインとなるはずなので、まずはcTraderを使ってみることをおすすめします。

取引プラットフォームは、AXIORYの「MT4cTrader」で確認できます。

 

AXIORYでデモ口座は開設できる?

AXIORYでもデモ口座を開設可能です。開設できるデモ口座の数に制限もありません。

FXトレードでいきなりお金を失うのが怖い方は、デモ口座を開設して、デモトレードから始めてみましょう。

デモ口座開設は、AXIORYの「口座開設ページ」から行えます。

 

まとめ:裁量トレードでcTraderを使うなら、AXIORYはおすすめ!

ここまでAXIORYのメリットとデメリットについて解説してきました。

AXIORYの主なメリットは

  • ECN口座の取引手数料が安いこと
  • 取引ツール「cTrader」に対応していること
  • 国内銀行送金に対応しており、入金・出金の手数料安くできること

などが挙げられます。

特にcTraderは便利なFX取引ツールで、裁量トレードをする人なら、MT4の時以上のパフォーマンスが出せるはずです。

一方でAXIORYのデメリットとしては、

  • XMGemForexと比べると、レバレッジが低め
  • 入金ボーナス・口座開設ボーナスがもらえない

などが挙げられます。

したがって資金が少なくボーナスがたくさん必要な人には、AXIORYは相性が悪いでしょう。

ただそれでもAXIORYは海外FX業者の中でも優秀です。EA自動売買やスキャルピングトレードなどの利益率を上げたいなら、AXIORYを使ってみてはいかがでしょうか?

詳しくはAXIORY公式サイトをご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました