おすすめの海外FX業者はこちら!
海外FXでなかなか勝てない人へ

海外FXでのトレード勝率を上げたいなら、こちらの記事をどうぞ。
海外FXの基本戦術をまとめています。

おすすめトレード手法を見る ▷

AXIORY(アキシオリー)のCFD銘柄一覧。CFD銘柄のスプレッド・レバレッジ・取引時間は?

AXIORYではCFD取引も可能です。

CFD取引とは、エネルギーや農作物、貴金属や株価指数などにレバレッジをかけるトレードのこと。FXトレードと似たようなものです。

ではAXIORYでCFD取引はすべきなのでしょうか? またCFD取引とFXトレードでは何がどう違うのでしょうか?

この記事ではAXIORYのCFD取引とCFD銘柄についてわかりやすく解説します。

CFD銘柄は、AXIORYの「トップページ→取扱商品」で銘柄ごとに確認できます。

 

AXIORYでのCFD取引の始め方

まずはAXIORYでCFD取引を始める方法を解説しておきます。

 

パソコンでのCFD取引の始め方

パソコンでのCFD取引の始め方は以下の通り。

  1. AXIORYの「口座開設ページ」で口座開設する
  2. MT4cTraderをダウンロード・インストールする
  3. 取引ツールを起動して、ログインする(口座アカウント・パスワードが必要)
  4. 「シンボルの追加」を行う

AXIORYでCFD取引をするには、当然AXIORYの口座アカウントが必要です。まだ口座を作っていない方は、AXIORYの口座開設ページから作っておきましょう。

口座開設をすると、取引プラットフォームにログインできるようになります。ログインした後は、シンボル追加の項目から、取引したいCFD銘柄を追加しましょう。

取引ツールの「cTrader」はAXIORYでのCFD取引に対応していますが、日本語の情報がまだ少ないです。取引に慣れていない方は、MT4から始めましょう。

対応プラットフォームは、AXIORYの「MT4cTrader」でダウンロードできます。

 

スマホ・タブレットでのCFD取引の始め方

スマホ・タブレットでCFD取引を始める方法は以下の通り。

  1. AXIORYの「口座開設ページ」で口座開設する
  2. MT4アプリcTraderアプリをダウンロードする
  3. 取引ツールを起動して、ログインする(口座アカウント・パスワードが必要)
  4. 「シンボルの追加」を行う

基本的な流れはパソコンの時と同じです。

トレードアプリの使い方は、MT4・cTraderも大きな違いはありませんが、それでもcTraderアプリの日本語の情報は少ないです。トレードに不慣れな方は、MT4アプリから始めましょう。

対応アプリは、AXIORYの「MT4cTrader」でダウンロードできます。

 

AXIORYのCFD銘柄一覧

ここからはAXIORYで利用できるCFD銘柄の詳細を見ていきます。

 

AXIORYの金銀・レアメタル銘柄一覧

金銀・レアメタル銘柄の詳細は以下の通り。スプレッドはスタンダード口座のものです。

銘柄スプレッドレバレッジ最低必要証拠金最小ロット
XAU/USD4.1100倍購入額の1.0%0.01ロット
XAG/USD5.1100倍1.0%0.01ロット
XPD/USD290.220倍5.0%0.1ロット
XPT/USD27.620倍5.0%0.1ロット

貴金属銘柄のレバレッジは20倍から100倍ほど。FX通貨ペアの最大レバレッジ400倍と比べると低めですね。

さらにスプレッドも4.0 pipsを超えています。AXIORYの主要通貨スプレッドが、1.0 pips前後であることと比べると、どの銘柄もスプレッドは広めです。

CFD銘柄は基本的にスプレッドが広いため、デイトレードやスキャルピングトレードには向きません。短期売買ならFX通貨ペアがおすすめ。

レアメタル銘柄は、AXIORYの「取扱商品→貴金属CFD」で確認できます。

 

AXIORYのエネルギー銘柄一覧

エネルギー銘柄の詳細は以下の通り。

銘柄スプレッドレバレッジ最低必要証拠金最小ロット
CL0.420倍購入額の50%0.01ロット
NGAS1.420倍5.0%0.1ロット

シンボルの「CL」は「Crude Oil(原油)」の略語で、NGASは「Natural Gas(天然ガス)」の略語です。

どちらの銘柄もレバレッジが20倍と低く、大きな収益を上げるには多額の資金が必要となります。単純計算でレバレッジ400倍のFX通貨ペアと比べて、必要な資金量は20倍です。

資金の少ない人がハイリスクトレードをするなら、エネルギー銘柄よりもFX通貨ペアの方がおすすめ。レバレッジ400倍だと、収益効率が良くなります。

エネルギー銘柄は、AXIORYの「取扱商品→エネルギーCFD」で確認できます。

 

AXIORYの株価指数CFD銘柄一覧

株価指数CFD銘柄の詳細は以下の通り。

銘柄スプレッドレバレッジ最低必要証拠金最小ロット
Nikkei 2250.9100倍購入額の0.1%0.01ロット
HK506.450倍0.2%0.01ロット
FTSE 1001.8100倍0.1%0.01ロット
EURO STOXX 502.4100倍0.1%0.01ロット
CAC 402100倍0.1%0.01ロット
DAX 301.450倍0.2%0.01ロット
S&P/ASX 2005.6100倍0.1%0.01ロット
Dow Jones7100倍0.2%0.01ロット
NASDAQ2.1100倍0.5%0.01ロット
S&P 5000.8100倍0.5%0.01ロット

株価指数とは簡単に言うと、株価は平均化した数値のこと。日本だと東証株価指数のTOPIXや日経平均株価(日経225)などが有名ですね。

株価指数銘柄のレバレッジも50倍から100倍で、FX通貨ペアの最大400倍と比べると低めです。

株価指数銘柄を買いポジションで保有し続けると、配当金がもらえます。逆に売りポジションを保有し続けると、配当金を支払うので注意しましょう。

インデックス銘柄は、AXIORYの「株価指数CFD」で確認できます。

 

AXIORY CFD銘柄の必要証拠金の計算方法は?

ではAXIORYでCFD取引をするには、どれぐらいのお金が必要なのでしょうか?

CFD銘柄での必要証拠金の計算方法は以下の通りです。

  • 必要証拠金=オープン価格 × コントラクトサイズ × ロット数 × 証拠金率

これだけだとわかりにくいので、実例を用いて計算してみましょう。

日経225を1ロット買いポジションで保有する場合、必要証拠金は以下のようになります。

  • 必要証拠金=オープン価格(22,721円)×コントラクトサイズ(10.00)×ロット数(1.0)×証拠金率(0.1%)=227円

AXIORYの日経225はコントラクトサイズと証拠金率が低いためか、必要証拠金がかなり少なめになりました。

CFD銘柄でトレードをする前には、ざっくりとでもいいので、必要証拠金の計算をしておきましょう。うっかり大量のロットを保有してしまうと、ロスカットのリスクが跳ね上がるからです。

コントラクトサイズは、AXIORYの「株価指数CFD」で確認できます。

 

CFD取引とFX取引の違いは?

ここからはAXIORYでのCFD取引とFX取引の違いをまとめておきます。

 

レバレッジの違い

CFDとFXのレバレッジの違いは以下の通り。

  • CFD取引:20〜100倍
  • FX取引:最大400倍

CFD銘柄のレバレッジが20倍から100倍と低めなのに対して、FX通貨ペアは最大400倍とかなり高めです。

レバレッジが高ければ高いほど、必要証拠金が少なくなり、わずかな資金でも大きな利益を出しやすくなります。トレードの資金が少ない人は、レバレッジの高いFX取引の方がおすすめ。

レバレッジ400倍でも低いと感じたら、レバレッジ888倍のXMやレバレッジ1,000倍のGemForexを検討しましょう。

CFD銘柄のレバレッジは、AXIORYの「トップページ→取引商品」で銘柄ごとに確認できます。

 

スプレッドの違い

CFDとFXのスプレッドの違いは以下の通り。

  • CFD取引:0.4〜290.2 pips
  • FX取引:0.2〜1105.3 pips

どちらの銘柄もスプレッドの幅は広いですが、特にFX通貨ペアの方が顕著です。ちなみにこの1,100ピップスは、ユーロ/ロシアルーブルの通貨ペアです。

CFDもFXも、スプレッドが低いものだと1.0 pips未満のものはいくらかあります。ただしCFDはレバレッジが低いため、短期的なトレードをするにしても、FXトレードよりも多額の資金が必要となります。

スプレッドの狭い銘柄で短期売買をするにしても、レバレッジの高いFX通貨ペアの方がおすすめです。

スプレッドは、AXIORYの「スプレッド一覧」で確認できます。

 

取引時間の違い

CFDとFXの取引時間の違いは以下の通り。

  • CFD取引:銘柄によって異なる
  • FX取引:月曜07:04〜土曜06:58(夏時間は1時間早くなる)

FX通貨ペアは基本的に取引時間が決まっていますが、CFD銘柄は取引時間が銘柄によってバラバラです。

CFD銘柄で取引をするなら、銘柄の取引時間をチェックしておく必要もあります。

CFD銘柄の取引時間は、AXIORYの「トップページ→取扱商品」で銘柄ごとに確認できます。

 

まとめ:CFD取引よりFX取引の方がおすすめ

ここまでAXIORYのCFD銘柄について説明してきました。

CFD銘柄はFXと比べて、スプレッドが広く、レバレッジが低いため、資金の少ない人や短期売買をする人には不向きです。

10万円から50万円位の資金でハイリスクなトレードをするなら、CFD取引よりも、FXトレードの方が利益が出しやすいでしょう。

それにCFDは銘柄ごとにレバレッジや取引時間、コントラクトサイズなどが異なり、FXと比べて複雑です。海外FXを始めたばかりの人は、FXトレードがおすすめ。

CFD銘柄は、AXIORYの「トップページ→取扱商品」で銘柄ごとに確認できます。

タイトルとURLをコピーしました