AXIORY マックス口座の特徴・おすすめ運用方法まとめ

この記事ではAXIORY マックス口座の特徴・おすすめ運用方法を解説していきます。

マックス口座の詳細は、AXIORY「口座→口座の種類→口座タイプ」で確認できます。

目次

AXIORY マックス口座の基本スペック

AXIORY マックス口座の詳細はこちら。

  • 最大レバレッジ:1000倍
  • 取引手数料:なし
  • FXプラットフォーム:MT4/cTrader
  • 最小ロット:0.01ロット
  • 最大ロット:1,000ロット(1ポジションあたり)
  • 対応商品:FX、株式CFD、株価指数CFD、エネルギーCFD、貴金属CFD
  • ストップアウト:0%(他の口座タイプは20%)
  • マージンコール:30%(他の口座タイプは50%)

マックス口座の最大の特徴は、最大レバレッジが1000倍と非常に高いこと。レバレッジが高いと必要証拠金が少なくなり、ハイリスクトレードをしてもロスカットされにくくなります。

またcTrader提供ブローカーの多くは、取引口座レバレッジが400倍と標準的です。cTraderでレバレッジ1000倍取引をしたいならマックス口座は候補に入ります。

マックス口座の2つ目の大きな特徴は、ストップアウトが0%と非常に低いこと。証拠金維持率が20%以下になってもロスカットされず、ハイリスクトレードでもポジションが生き残りやすくなります。

注意点として、マックス口座でレバレッジ1000倍取引ができるのは有効証拠金50万円までです。50万円を超えるとレバレッジ400倍になるので、こまめに利益出金しておきましょう。

マックス口座の詳細は、AXIORY「口座→口座の種類→口座タイプ」で確認できます。

AXIORY マックス口座の特徴

最大レバレッジが1000倍

マックス口座の最大の特徴は、最大レバレッジが1000倍と非常に高いこと。レバレッジが高ければ高いほど必要証拠金が少なくなり、ハイリスクトレードがしやすくなります。

例えば資金10,000ドルで10.0ロット以上の高ロットの指標トレード・デイトレードをしたり、含み損・運用ロットが大きくなりやすいマーチンゲールEAのハイリスク運用をしたりなどですね。

レバレッジ1000倍口座は他にもXM KIWAMI口座がありますが、こちらはcTraderに対応していません。cTraderでレバレッジ1000倍取引をしたいなら、マックス口座は有力候補になります。

マックス口座の最大レバレッジは、AXIORY「口座→口座の種類→口座タイプ」で確認できます。

レバレッジ1000倍には残高制限がある(50万円まで)

マックス口座の最大のデメリットは、有効証拠金によるレバレッジ制限があること。有効証拠金が50万円を超えると、最大レバレッジが1000倍から400倍に自動的に引き下げられます。

有効証拠金ごとのレバレッジ制限はこちら。

マックス口座  ナノ口座・スタンダード口座・テラ口座有効証拠金
1,000倍400倍0 〜 500,000 JPY
400倍400倍500,001 〜 15,000,000 JPY
300倍300倍15,000,001 〜 29,000,000 JPY
200倍200倍29,000,001 〜 43,000,000 JPY
100倍100倍43,000,001 〜 74,000,000 JPY
50倍50倍74,000,001 JPY 〜
引用元

マックス口座では有効証拠金が50万円を超えるとレバレッジ1000倍で取引できなくなるため、運用額は10万円から30万円ほどにして、50万円を超える前に利益出金しておきます。

レバレッジが400倍に引き下げられた場合、会員ページ(MyAxiory)のレバレッジ変更でレバレッジ1000倍に引き上げられます。

資金50万円以上でレバレッジ1000倍取引をしたいなら、マックス口座の追加口座を開設しましょう。マックス口座2つなら100万円、10つなら500万円までレバレッジ1000倍が使えます。

ただ口座数が増えると、パスワード管理などが煩雑になります。1口座だけで済ませたいならXM KIWAMI口座の方がおすすめ。こちらは名義アカウントで合計40,000ドルになるまでレバレッジ1000倍で取引できます。

AXIORYのレバレッジ仕様は、AXIORY「取引→取引条件→レバレッジ」で確認できます。

ストップアウト(ロスカット)が0%

マックス口座の2つ目の大きな特徴は、ストップアウトが0%と非常に低いこと。

ストップアウトとは、ロスカットが発動するときの証拠金維持率のこと。ストップアウトが低ければ低いほど、ハイリスクトレードをしてもロスカットされにくくなります。

マックス口座は最大レバレッジが1000倍と非常に高い上に、ストップアウトも0%と非常に低いため、海外FX特有のハイリスクトレードと相性が良いです。

なお他の口座タイプだとストップアウトは20%となります。証拠金維持率ギリギリのハイリスクトレードをするなら、ストップアウトが低いマックス口座を使いましょう。

AXIORYのロスカット仕様は、AXIORY「取引→取引条件→ゼロカットとロスカット」で確認できます。

FXプラットフォームはMT4/cTrader(MT5は非対応)

マックス口座の対応FXプラットフォームはMT4/cTraderの2つです。

cTraderは高性能FXプラットフォームです。ドラッグ操作でリミット注文を設置できるため、ピラミッディング・ナンピントレードが快適になります。

cTrader対応口座の多くはレバレッジ400倍前後ですが、マックス口座ならレバレッジ1000倍でcTraderを使えます。

2つ目のMT4は老舗のFXプラットフォームです。MT5/cTraderよりEAの種類も多いため、EA自動売買で使われることが多いです。

マックス口座は最大レバレッジが1000倍と非常に高く、ストップアウトも0%と低いため、マーチンゲールEAのハイリスク運用と相性良いです。ただスプレッドが広めなため、利幅の広いトレードロジックを採用しましょう。(目安は10pipsから15pips以上)

マックス口座の対応プラットフォームは、AXIORY「口座→口座の種類→口座タイプ」で確認できます。

スプレッドは広め(ナノ口座+2.0pipsほど)

マックス口座の最大のデメリットは、スプレッドが広めなこと。トータル取引コストはナノ口座より1.5pipsから2.0pipsほど大きくなります。

口座タイプごとの取引コスト目安はこちら。

口座タイプ取引コスト目安
ナノ口座・テラ口座表示スプレッド+0.6pips(取引手数料)
スタンダード口座ナノ口座の表示スプレッド+1.0pips前後
マックス口座ナノ口座の表示スプレッド+2.0pips前後

例えばナノ口座のUSDJPYスプレッドが0.3pipsなら、マックス口座のUSDJPYスプレッドは2.3pips前後になると想定します。(マックス口座のスプレッドはAXIORY「FX通貨ペア一覧」で確認できない)

スプレッドが広ければ広いほど、利幅の狭いトレードロジックで利益を出しにくくなります。そのためマックス口座は利幅の狭いスキャルピングトレード・デイトレードとは相性が悪いです。

逆に利幅の広いスイングトレードなら、スプレッドの広さはさほど気になりません。むしろレバレッジ1000倍で資本効率が高くなるメリットの方が大きいです。

AXIORYのスプレッドは、AXIORY「FX通貨ペア一覧」で確認できます。(マックス口座は除く)

外部からリアルタイムスプレッドを確認しにくい

マックス口座の2つ目の大きなデメリットは、 リアルタイムスプレッドを確認しにくいこと。最近新しくできた口座タイプなためか、AXIORY「FX通貨ペア一覧」でスプレッドを確認できません。

また最近は海外FXアフィリエイトも稼ぎにくくなっているため、新しい口座タイプのスプレッドを検証してくれることも少なくなっています。

マックス口座のスプレッド目安は「ナノ口座の表記スプレッド+2.0pips」と想定しましょう。もっと厳密なスプレッドを知りたいなら、マックス口座のデモ口座を開設した方がいいです。

AXIORYのデモ口座開設は、AXIORY「MyAxiory(会員ページ)」で行えます。

AXIORY マックス口座のおすすめ運用方法

マックス口座のおすすめ運用方法はこちら。FXプラットフォームごとに2つあります。

  • cTrader:裁量トレード(ピラミッディング・ナンピン)
  • MT4:EA自動売買(ナンピン・マーチン・グリッドEA)

FXプラットフォームがcTraderなら、裁量のスイングトレードがおすすめ。cTraderではドラッグ操作でリミット注文を置けるため、ピラミッディング・ナンピントレードが快適になります。

またマックス口座は最大レバレッジが1000倍と非常に高く、ストップアウトも0%と低いため、ポジション数を増やしすぎてもロスカットされにくいです。

ただ有効証拠金が50万円を超えるとレバレッジ400倍に引き下げられてしまうので、運用額は10万円から30万円にして50万円に近づいたら利益出金しましょう。

2つ目のおすすめ運用方法は、マーチンゲールEAによる自動売買

マックス口座はレバレッジ1000倍と非常に高く、ストップアウトも0%と低いため、ポジション段数が増えすぎてもロスカットされにくいです。

マックス口座の詳細は、AXIORY「口座→口座の種類→口座タイプ」で確認できます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

海外FXの稼ぎ方

海外FXのおすすめな稼ぎ方はこちら。

運用額が100万円以下なら、裁量スイングトレードがおすすめ。トレンド相場でピラミッディング、レンジ相場でナンピンと使い分けることで、常に期待値の高いトレードができます。

運用額が100万円から300万円なら、EA自動売買(Grid EA Pro運用)がおすすめ。エントリー・決済を自動化でき、FXの収益化が楽になります。

運用口座はレバレッジ1000倍+スワップフリーのXM KIWAMI口座がおすすめです。

運用額が300万円から1,000万円以上なら、スワップアービトラージもおすすめ。カウンターパーティリスクは高くなりますが、為替リスクなしで1日10万円前後の収益を狙えます。

この記事を書いた人

海外FXの情報を備忘録としてまとめています。
運用は自己責任でお願いします。
Twitterで「海外FXの有益情報bot」も運用してます。

目次