AXIORY アルファ口座の特徴・おすすめ運用方法まとめ

この記事ではAXIORY アルファ口座の特徴・おすすめ運用方法を解説していきます。

アルファ口座の詳細は、AXIORY「口座→口座の種類→口座タイプ」で確認できます。

目次

AXIORY アルファ口座の基本スペック

アルファ口座の詳細はこちら。

  • 最大レバレッジ:1倍
  • 取引手数料:あり
  • FXプラットフォーム:MT5
  • 最小ロット:1ロット
  • 最大ロット:100,000ロット(1ポジションあたり)
  • 対応商品:現物株式、ETF

アルファ口座の最大の特徴は、取引銘柄が現物株式・ETFのみであること。

取引口座の最大レバレッジは1倍で、資本効率の高いトレードはできません。まとまった利益を出すなら、資金1,000万円以上で運用することが前提になります。

また対応FXプラットフォームはMT5だけで、MT4/cTraderは使えません。

アルファ口座の詳細は、AXIORY「口座→口座の種類→口座タイプ」で確認できます。

AXIORY アルファ口座の特徴

取扱銘柄は現物株式・ETFのみ(FX/CFD取引はできない)

アルファ口座の最大の特徴は、取引銘柄が現物株式とETFのみであること。適用レバレッジは1倍で、FX通貨ペアやCFDでのレバレッジ取引はできません。

AXIORYではいろいろな会社の個別株を取引できます。例えば日本株であればオムロンや電通など、アメリカ株であればアップル・アマゾンなどですね。

ETFは投資信託の一種です。投資信託と異なる点は、リアルタイムでデイトレードできること、レバレッジ取引ができること、海外FXブローカーやメタトレーダー(MT4/MT5)にも対応していることなどですね。(AXIORYのETFはレバレッジ1倍)

アルファ口座はFX通貨ペア・CFDの取引ができません。これらの銘柄でレバレッジ取引をするなら、他の口座タイプを開設しましょう。

アルファ口座の対応銘柄は、AXIORY「口座→口座の種類→口座タイプ」で確認できます。

最大レバレッジは1倍

アルファ口座の2つ目の特徴は、最大レバレッジが1倍であること。レバレッジが低ければ低いほど、必要証拠金が多くなり、トレードの資本効率が悪くなります。

そのため資金100万円以下だと運用ロットが大きくできず、まとまった利益を出すことが難しくなります。運用額は500万円から1,000万円以上を目安にしましょう。

少ない資金で大きな利益を狙いたい、つまり資本効率の高いトレードがしたいなら、レバレッジの高い口座を選びましょう。

運用額が50万円以下ならレバレッジ1000倍のマックス口座、50万円以上ならレバレッジ400倍のナノ口座テラ口座がおすすめです。(マックス口座は有効証拠金50万円以上だとレバレッジ400倍になる)

アルファ口座の最大レバレッジは、AXIORY「口座→口座の種類→口座タイプ」で確認できます。

最小ロットは1.0ロット

アルファ口座の最小ロットは1ロットとかなり高めです。FX通貨ペアのように0.01ロットなどの極小ロット取引はできません。

普通の海外FX口座だと最小ロットは0.01ロットなのでマーチンゲールEAを運用できますが、アルファ口座ではそういった運用はできません。

海外FXで0.01/0.1ロット取引がしたいなら、他の口座タイプを使いましょう。

AXIORYのロット仕様は、AXIORY「口座→口座の種類→口座タイプ」で確認できます。

対応FXプラットフォームはMT5のみ

アルファ口座の対応FXプラットフォームはMT5のみです。MT4/cTraderには対応していません。

MT4/cTraderで取引したい場合は、他の口座タイプを選びましょう。具体的にはEA自動売買をするならMT4口座、裁量トレードをするならcTrader口座がおすすめです。

アルファ口座の対応プラットフォームは、AXIORY「口座→口座の種類→口座タイプ」で確認できます。

AXIORY アルファ口座のおすすめ運用方法

アルファ口座のおすすめ運用方法は、現物株式・ETFの長期投資。

長期投資のやり方としては、週足/月足10EMAを基準にピラミディングトレードをします。基本的なやり方はスイングトレードと同じです。

ただアルファ口座はレバレッジが1番低く、少ない資金で大きなロットを持つことができないため、資金100万円以下だと大きな利益を出しにくいです。

また現物株式・ETFは国内証券会社でも購入できますし、レバレッジ1倍取引のために出金リスクの高い海外FXブローカーを使う必要もないでしょう。

海外FXブローカーの強みは、高レバレッジによる資本効率の高いトレードにあります。資金100万円以下でハイリスクトレードをするなら海外FX、資金1,000万円以上でローリスク運用するなら国内FX・国内証券会社と使い分けましょう。

アルファ口座の詳細は、AXIORY「口座→口座の種類→口座タイプ」で確認できます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

海外FXの稼ぎ方

海外FXのおすすめな稼ぎ方はこちら。

運用額が100万円以下なら、裁量スイングトレードがおすすめ。トレンド相場でピラミッディング、レンジ相場でナンピンと使い分けることで、常に期待値の高いトレードができます。

運用額が100万円から300万円なら、EA自動売買(Grid EA Pro運用)がおすすめ。エントリー・決済を自動化でき、FXの収益化が楽になります。

運用口座はレバレッジ1000倍+スワップフリーのXM KIWAMI口座がおすすめです。

運用額が300万円から1,000万円以上なら、スワップアービトラージもおすすめ。カウンターパーティリスクは高くなりますが、為替リスクなしで1日10万円前後の収益を狙えます。

この記事を書いた人

海外FXの情報を備忘録としてまとめています。
運用は自己責任でお願いします。
Twitterで「海外FXの有益情報bot」も運用してます。

目次