Tradeview 出金方法・出金手数料まとめ

この記事ではTradeviewの出金方法・出金手数料を解説していきます。

Tradeviewの出金方法は、Tradeview「会員ログイン→出金ページ」で確認できます。

目次

Tradeviewの出金方法一覧

国内銀行送金

Tradeviewは国内銀行送金による出金にも対応しています。海外銀行送金やマイナー送金サービスよりも送金手数料を安く抑えられるため、なるべく優先して使いたいですね。

ただしTradeviewの国内銀行出金は、会員ページでは行えません。Tradeviewで日本円口座を開設した後に国内銀行送金に関するメール案内が届くため、それに従って行う形になります。

国内銀行送金の出金手数料は2,100円。Tradeviewの収納代行業者が保有している国内銀行口座から口座振り込みをするため、中継手数料・リフティングチャージ・受取手数料などは発生しません。

Tradeviewの新しい国内銀行送金(2023年以降)は日本語の情報も少なく、実際の利用者も少ないです。利用前はサポートデスクとしっかり連絡をとって、情報不足による誤解が生じないようにしましょう。

国内銀行送金はTradeview会員ページ出金フォームで確認できません。Tradeviewのサポートデスクに確認しましょう。

海外銀行送金

Tradeviewは海外銀行送金にも対応しています。こちらはTradeview会員ページでも利用できますが、出金手数料は高めです。

海外銀行送金ではTradeview側で35ドルから50ドルの出金手数料が発生しますし、それとは別で送金時の中継手数料・リフティングチャージ・送金先銀行の受取手数料などがトータルで5000円ほどかかってしまいます。

受取手数料を節約したいなら、楽天銀行・住信SBIネット銀行など新興のネット銀行を使うといいでしょう。

海外銀行送金の手数料を安く抑えたいなら、WISEなどの送金サービスを使う手もあります。

Tradeviewの海外銀行送金は、Tradeview「会員ログイン→出金ページ」で確認できます。

クレジットカード

Tradeviewはクレジットカード出金にも対応しています。ただし出金額上限はカード入金額までで、事前にカード入金していることが前提となります。

例えばクレジットカードで10万円入金して、口座残高を30万円まで増やした場合、カード出金できるのは入金額の10万円までで、残りの20万円は銀行送金などで出金する必要があります。こうした出金額制限があるのは、不正取得したカードでマネーロンダリングされるのを防ぐためです。

カード出金は入金額の払い戻しという形になります。もちろんカード会社のポイントなどは付与されません。

ただ最近は日本でも海外FXの出金トラブルが多く発生しており、カード会社によっては入金不可になるケースが多いです。ダメ元で使ってみて無理なら国内銀行送金やbitwallet送金に切り替えましょう。

Tradeviewのクレジットカード出金は、Tradeview「会員ログイン→出金ページ」で確認できます。

bitwallet

Tradeviewはbitwallet出金にも対応しています。XMと違って利益出金も可能です。

bitwalletは海外FX向けのオンラインウォレットサービスです。対応している海外FXブローカーの数が多く、入出金手数料も安いため、マイナー送金サービスの中ではおすすめな部類です。

bitwalletの各種手数料はこちら。

  • 入金手数料は銀行送金なら無料(カード入金なら8%)
  • 出金手数料は800円前後(アカウント・ステータスによって変動する)
  • 出金上限は1回50万円
  • bitwalletアカウント同士の送金手数料は1ドル
  • 両替時の為替手数料は5円(送金額の2%前後)

実際にTradeviewからbitwalletアカウントに送金するときは1ドルの送金手数料がかかります。そしてbitwalletアカウントから銀行口座に出金するときには800円前後の出金手数料がかかります。

ただし銀行口座への出金額は1回50万円が上限となっています。例えば出金額が100万円だと2回に分けて出金する必要があり、その時の出金手数料は2回分で1600円ほどになります。

出金額が多いほど、出金回数も多くなり、それだけ出金手数料も高くなります。出金額が200万円以上なら国内銀行送金の方が手数料を安く抑えられるでしょう。

Tradeviewのbitwallet出金は、Tradeview「会員ログイン→出金ページ」で確認できます。

その他マイナー決済サービス・ウォレットサービス

Tradeviewでは他にも数多くのマイナー決済サービスに対応しています。

対応している送金サービス一覧はこちら。

対応しているサービスは非常に多いですが、その多くは送金手数料が高かったり、公式サイトが日本語に対応していなかったり、公式サイトが機能していなかったりするので、あまりおすすめしません。

この中で送金コストが低いのは仮想通貨送金ですが、送金先を間違えると資金を失うリスクがあるため、海外FX初心者にはおすすめしにくいです。

Tradeviewでは今のところ国内銀行送金やbitwallet送金に対応しているため、手数料の高いマイナー決済サービスや、送金リスクの高い仮想通貨送金を使う必要はないでしょう。

Tradeviewのマイナー決済サービス・ウォレットサービス出金は、Tradeview「会員ログイン→出金ページ」で確認できます。

Tradeviewの出金手数料

Tradeviewの出金手数料はこちら。

出金方法Tradeview側の出金手数料プラットフォーム側の出金手数料
国内銀行送金2,100円無料
海外銀行送金35ドル5,000円前後(中継手数料・リフティングチャージ・受け取り手数料など)
クレジットカード無料なし
bitwallet1ドル800円前後/1回50万円まで(手数料一覧へ
Skrill送金額の1.5%銀行送金は5.5ユーロ(手数料一覧へ
その他マイナー決済サービス無料各種プラットフォームを参照

この中で出金手数料が1番安いのはbitwalletですね。Tradeview側の出金手数料が1ドルで、bitwallet側の銀行出金手数料が800円前後なので、トータル1000円以下に収まります。

ただしbitwalletの銀行出金は1回50万円が上限となっています。出金額が200万円だと50万円出金を4回行うことになり、出金手数料も4回分の3,200円ほどになります。

出金額が200万円以上なら、国内銀行送金の方がおすすめ。bitwalletと違って出金額上限がなく、出金手数料も1回2,100円となっています。

ただし国内銀行送金での出金は、Tradeviewの会員ページからは行えません。日本円口座を開設して国内銀行送金による入金をした後にサポートデスクから出金に関する案内が来るため、それに従って出金手続きをすることになります。

それ以外の出金方法、海外銀行送金・Skrill・その他マイナー決済サービス・仮想通貨送金は送金手数料が高かったり、サービスが日本語に対応していなかったりするため、あまりおすすめしません。

Tradeviewの出金手数料は、Tradeview「会員ログイン→出金ページ」で確認できます。

Tradeviewの出金ルール

入金・出金の経路を同じにすること

Tradeviewで入出金するときは、入金と出金の経路を同じにしておく必要があります。これはTradeviewに限らず他の海外FXブローカーでも同じことです。

例えばクレジットカードで入金した場合はクレジットカードでの払い戻し出金となりますし、銀行送金で入金した時は銀行送金で出金することになります。

これはマネーロンダリング対策のためですね。不正取得したクレジットカードで入金し、第三者の口座に銀行送金ができてしまうと、マネーロンダリングが可能になり反社・暴力団の資金源になってしまう恐れがあるからです。

例外はクレジットカード・マイナー決済サービスで利益出金するとき。例えばクレジットカードで10万円入金して資金を30万円まで増やした場合、入金額の10万円は払い戻し出金になりますが、残りの20万円は銀行送金での出金となります。

Tradeviewの出金ルールは、Tradeview「会員ログイン→出金ページ」で確認できます。

出金回数は月3回まで

Tradeviewでは毎月の出金回数は3回までに限定されています。4回以上を出金したり、マネーロンダリングが疑われるような方法で出金しようとした場合は、出金が保留になってしまいます。

Tradeviewは信用度の高いA-bookブローカーなので出金拒否・出金遅延は聞いた事はありませんが、それでも不正を疑われるような資金管理をすると審査にかかり、出金に時間がかかってしまうことがあります。

Tradeviewの出金回数は、Tradeview「会員ログイン→出金ページ」で確認できます。

Tradeviewでの出金手順

手順1:Tradeviewの会員ページにログインする

まずはTradeview公式サイトにアクセスしましょう。

次にページ上部の「会員ログイン」をクリックして、会員ページにアクセスします。

会員ページにログインするには、口座アカウント番号とログインパスワードの2つが必要です。

なおTradeviewの会員ページは口座単位でのログインとなっており、保有している口座の数だけアカウント番号とログインパスワードを管理しておく必要があります。

ウェブブラウザによる自動入力機能だと1口座分しか自動入力できません。複数口座のパスワード管理が面倒なら、クリップボードソフト・パスワード管理ツールを使っても良いでしょう。

手順2:入出金タブから「出金ページ」にアクセスする

会員ページにログインしたら「入出金」タブを選択し、出金ページにアクセスします。

入出金ページ下部にある「口座間資金移動やご出金は こちらから 可能です」のテキストリンク「こちらから」をクリックすると出金ページに移動できます。

手順3:出金方法・出金額・その他必要事項を入力して、手続きを済ませる

出金ページでは出金方法・出金額・口座通貨などを選択・入力します。銀行出金の場合は口座名義・口座番号・銀行名・銀行住所・SWIFTコードなどを追加入力します。

必要事項を入力したら、ページ下部の「送信する」ボタンをクリックして、出金手続きを完了させます。そのあとは出金受付完了ページに遷移し、Tradeviewから受付完了メールが届きます。

送金先に着金したら、送金先のプラットフォームからも着金のお知らせメールが届くはずです。1週間経っても着金が反映されないなら、Tradeviewのサポートデスクに進捗を確認しましょう。

これでTradeviewの出金手続きは完了です。余力があればTradeviewの入金方法も確認しておきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

海外FXの稼ぎ方

海外FXのおすすめな稼ぎ方はこちら。

運用額が100万円以下なら、裁量スイングトレードがおすすめ。トレンド相場でピラミッディング、レンジ相場でナンピンと使い分けることで、常に期待値の高いトレードができます。

運用額が100万円から300万円なら、EA自動売買(Grid EA Pro運用)がおすすめ。エントリー・決済を自動化でき、FXの収益化が楽になります。

運用口座はレバレッジ1000倍+スワップフリーのXM KIWAMI口座がおすすめです。

運用額が300万円から1,000万円以上なら、スワップアービトラージもおすすめ。カウンターパーティリスクは高くなりますが、為替リスクなしで1日10万円前後の収益を狙えます。

この記事を書いた人

海外FXの情報を備忘録としてまとめています。
運用は自己責任でお願いします。
Twitterで「海外FXの有益情報bot」も運用してます。

目次