Tradeviewサポートデスクの使い方・連絡方法・連絡先

この記事ではTradeviewサポートデスクの使い方、連絡方法、連絡先などを解説していきます。

Tradeviewのサポートデスクは、Tradeview「お問い合わせ」で確認できます。

目次

Tradeviewサポートデスクへの連絡方法・連絡先

まずはTradeviewサポートデスクへの連絡方法を見ていきます。

その1:Tradeviewコンタクトフォームから連絡を取る

1番手っ取り早いのはTradeviewコンタクトフォームから連絡を取ること。

Tradeviewのお問い合わせページにアクセスし、以下のフォームを入力しましょう。

  • お名前(ローマ字)
  • Eメールアドレス
  • Why do you want to contact us?
  • お問い合わせ内容

3つ目の項目では以下のカテゴリーの中から質問内容を選びます。

  • General Inquiry(一般問い合わせ)
  • Trading(取引)
  • Back Office(バックオフィス)
  • Technical Support(テクニカルサポート)
  • Compliance(コンプライアンス)
  • Introducing Brokers(IB/アフィリエイト)
  • Withdrawals(出金)

質問のカテゴリー分類がわからなければ「General Inquiry(一般お問い合わせ)」を選びましょう。専門性の高い質問なら他の部署に回してくれるはずです。

必要事項を入力して「送信する」ボタンをクリックすれば、Tradeviewでのお問い合わせ手続きは完了です。あとは24時間から3営業日以内にTradeviewサポートデスクから連絡が来るはずです。

3営業日が過ぎても連絡が来なかった場合は、迷惑メールフォルダに振り分けていないか確認する、もう一度問い合わせ手続きをする、あるいはTradeviewサポートデスクの連絡先に直接メールしましょう。

コンタクトフォームの詳細は、Tradeview「お問い合わせ」で確認できます。

その2:Tradeviewサポートデスクのメールアドレスに送信する

できるだけ早くTradeviewからの連絡が欲しいなら、サポートデスクに直接メールで連絡しましょう。

Tradeviewサポートデスクのメールアドレスはこちら。

  • japanesesupport@tvmarkets.com(古いメールアドレス)
  • nihongohelp@tvmarkets.com(新しいメールアドレス)

古い方でも新しい方でもサポートデスクにも連絡が届くはずですが、新しいメールアドレスの方が対応が早いかもしれません。

またTradeviewのようなA-bookブローカーは取引コストが低い分サポートに余裕がないケースが多く、メールの連絡・返信が遅いことがあります。

メール返信は早ければ24時間以内、遅ければ3営業日以内でしょうか。3営業日が過ぎても返信が来ない場合は、またメールを送って返信を促しましょう。

サポートデスクの詳細は、Tradeview「お問い合わせ」で確認できます。

Tradeviewサポートデスクの利用タイミング

ここからはTradeviewサポートデスクの利用タイミングを見ていきます。

その1:Tradeviewの仕様に関する質問

Tradeview公式サイトは日本語の情報が少ないため、ウェブサイトに書かれていない問題に直面した場合は、サポートデスクに問い合わせる必要があります。

例えば公式サイトには口座休眠・凍結の仕様などは記載されていないため、会員ページにログインできない場合は、Tradeviewサポートデスクに原因を調査してもらいます。

Tradeviewに限らずA-bookの海外FXブローカーは、日本語の情報は必要最小限、あるいは日本語対応していないことが多いです。「日本語の情報提供=日本人への勧誘行為」と解釈され、規制に引っかかってしまうことがあるからです。

Tradeviewの仕様に関してわからないことがあれば、すぐにサポートデスクに質問しましょう。こうしたメールのやり取りがめんどくさいなら、ウェブサイトの情報量が多いXMAXIORYを使った方がいいです。

XMのレビューはこちら。

AXIORYのレビューはこちら。

その2:口座休眠の解除

Tradeviewで休眠口座を解除する時も、サポートデスクに連絡する必要があります。

Tradeviewでは取引口座を残高ゼロのまま6ヶ月以上放置すると、口座休眠状態になり会員ページにログインできなくなります。サポートデスクに住所確認書類のスクショをメール送付して解除してもらいましょう。

Tradeviewの口座休眠ルールはこちら。

その3:国内銀行送金の手続き

Tradeviewでは国内銀行送金で入出金できますが、会員ページでは利用できません。

Tradeviewで円口座を開設した後に、サポートデスクから国内銀行送金の案内が届くので、それに従って手続きをします。

メールに書かれてある銀行口座に口座振込して、そのスクショをTradeviewサポートデスクにメール送付しましょう。

Tradeviewの国内銀行送金はこちら。

その4:取引口座の解約

Tradeviewで取引口座を解約する時にも、サポートデスクに連絡します。

取引口座を解約する前には、保有ポジションの決済、取引履歴のダウンロード、口座の全額出金・資金移動を済ませておきましょう。

使わない取引口座を解約しておくことで、万が一口座番号やログインパスワードが流出したとしても、口座を悪用されたり、資金を奪われたりするリスクを軽減できます。

Tradeviewの口座解約方法はこちら。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

海外FXの稼ぎ方

海外FXの効率的な稼ぎ方はこちら。

  1. XMの3種ボーナスを獲得する
  2. スイングトレード(ピラミッディング・ナンピン)を習得する
  3. AXIORYTradeviewのcTrader口座に乗り換える

まずはXMの3種ボーナスを獲得しましょう。入金額が10万円なら、それを17万円ほどに増やせます。(XMのボーナス詳細へ

ボーナスの練習台は、裁量のスイングトレードがおすすめ。トレンド相場ではピラミッディング、レンジ相場ではナンピンと使い分けることで常に期待値の高いトレードができます。(裁量トレードの始め方

裁量トレードに慣れてきたら、AXIORYTradeviewのcTrader口座に乗り換えましょう。cTraderではリミット注文をドラッグ操作で置けるため、ピラミッディング・ナンピンが快適になります。(AXIORYのcTraderTradeviewのcTrader

海外FX裁量トレードの始め方はこちら。

この記事を書いた人

海外FXの情報を備忘録としてまとめています。
運用は自己責任でお願いします。
Twitterで「海外FXの有益情報bot」も運用してます。

目次