おすすめの海外FX業者はこちら!
海外FXでなかなか勝てない人へ

海外FXでのトレード勝率を上げたいなら、こちらの記事をどうぞ。
海外FXの基本戦術をまとめています。

おすすめトレード手法を見る ▷

Tradeview(トレードビュー)サポートデスクへのお問い合わせ方法・連絡先まとめ。チャット・メール・電話は利用できる?

Tradeviewは公式サイトでも日本語の情報が少ないため、わからないことがあっても、自己解決するのが難しいです。

そんな時はTradeviewのサポートデスクに聞くのが手っ取り早いです。メールを送れば、1日で返信しますし、メールのやりとりも日本語に対応しているからです。

ではTradeviewのサポートデスクに問い合わせるには、具体的にどうすればいいのでしょうか?

この記事ではTradeviewのサポートデスクへの連絡方法などを解説していきます。

サポートデスクの連絡先は、Tradeviewの「お問い合わせ」で確認できます。

 

Tradeviewサポートデスクへのお問い合わせ方法

Tradeviewのサポートデスクへの連絡方法は大きく分けて3つあります。

  1. お問い合わせフォームから送信
  2. サポートデスクにメール
  3. 国際電話をかける

ここからはそれぞれの連絡方法を詳しく見ていきます。

 

方法1、Tradeview公式サイトのお問い合わせフォームから連絡する

1番シンプルな問い合わせ方法は、Tradeviewのお問い合わせページにアクセスすること。

手続きの方法を紹介しておきましょう。

まずは4つの入力フォームに必要事項を入力します。

  • お名前(ローマ字)
  • Eメールアドレス
  • Why do you want to contact us?(連絡内容のカテゴリ)
  • お問い合わせ内容

3つ目の質問は英語で書かれており、どういった用件で連絡をするのかを選択します。

3つ目で選択する内容は以下の通り。

  • General Inquiry(一般受付)
  • Trading(トレード)
  • Bank Office(銀行事務)
  • Technical Support(テクニカルサポート)
  • Compliance(法令遵守)
  • Introducing Brokers(IBプログラム・アフィリエイト)
  • Withdrawals(出金)

どれを選べばいいかよくわからないなら、とりあえず「General Ingiry(一般受付)」を選んでおきましょう。

入力フォームに4つの内容を記入したら、赤色の「送信する」というボタンを押すだけです。返信されるまでの期間は、早ければ24時間以内、長くても2, 3営業日くらいでしょうか。

サポートへの問い合わせは、Tradeviewの「お問い合わせ」から行えます。

 

方法2、Tradeviewのサポートデスクに直接メールする(おすすめ)

Tradeviewの2つ目の連絡方法は、サポートデスクに直接メールで連絡すること。

サポートデスクの営業時間とメールアドレスは以下の通り。

メールアドレスのリンクをクリックすると、メーラーが開いて、サポートデスクにメールを送信できます。

個人的に海外FXへの連絡方法は、メールがおすすめ。連絡内容をメーラーで確認できますし、相手に送れたかどうかのチェックもできるからです。

またお問い合わせフォームを使うよりも、メールで直接連絡をした方が、日本語で確実にメールを返信してくれる傾向があります。

Tradeviewのサポートデスクと確実に連絡を取りたいなら、メールがおすすめです。

メールアドレスは、Tradeviewの「お問い合わせ」で確認できます。

 

方法3、Tradeviewのサポートデスクに国際電話をかける

Tradeviewのサポートデスクへは電話でやりとりもできます。

サポートデスクの電話番号は以下の通り。イギリス領ケイマン諸島への国際電話となります。

  • 電話番号:+1-345-945-6271

ただ国際電話の通話料金は高く、30秒で50円〜100円はかかります。国内の料金相場が30秒で20円なので、それと比べても非常に高いです。

さらに電話で海外FXについてあれこれ質問すると、どうしても説明に時間がかかるため、通話時間も長くなってしまいます。1回の通話で数千円の料金を取られるかもしれません。

連絡コストが非常に高いことから、サポートデスクに国際電話をかけるのはおすすめできません。

サポートデスクの連絡先は、Tradeviewの「お問い合わせ」で確認できます。

 

Tradeviewサポートデスクに連絡する前に知っておきたいこと

Tradeviewは公式サイトに日本語の情報が非常に少なく、公式サイトを読んで自己解決するのが難しいです。

そこでTradeviewの手続きがうまくいかない人のために、読んでおきたい記事を3つ紹介することにしました。

サポートデスクに連絡する前にこれらの記事を読んでおくと、連絡回数を少なくできます。

 

Tradeview口座開設とそのあとの流れ

こちらの記事では、

  • Tradeviewの口座開設に必要な書類
  • 口座開設までのした流れ
  • 口座開設した後にやること

などをまとめています。

Tradeviewは口座開設時の入力項目が多いです。情報が多すぎて混乱してしまった方は、この記事を読みましょう。

 

Tradeview会員ページの使い方

こちらの記事では、

  • Tradeviewの会員ページの使い方
  • 会員ページのログイン方法
  • ログインできないときの対処法

などをまとめています。

Tradeviewの会員ページにログインできないと、リアル口座でのFXトレードが始められません。

会員ページの使い方がよくわからない方は、この記事を読みましょう。

 

Tradeviewの口座休眠・凍結に関するルール

こちらの記事では、

  • Tradeviewの口座休眠・凍結のルール
  • 休眠口座の解除方法
  • 口座維持手数料について

などをまとめています。

Tradeviewでは一定期間口座を放置すると、口座が休眠したり凍結したりします。口座休眠のルールを知りたいなら、この記事を読みましょう。

 

まとめ:Tradeviewのサポートは連絡が早く、十分に信頼できる

ここまでTradeviewのサポートデスクの使い方などを解説してきました。

Tradeviewのサポートデスクへの連絡方法は以下の通り。

おすすめは、メールによる連絡。

メーラーに質問内容を残しておくと、サポートスタッフとのメールのやりとりがスムーズになります。

Tradeviewは公式サイトでさえ日本語の情報が少ないため、サポートデスクを利用する機会は多くなるはずです。

実際にサポートデスクを利用したところ、メールの返信は早かったです。日本語でメールを送っても、こちらの意図を理解した上で丁寧に返信してくれます。

Tradeviewの手続きでわからないことがあれば、気軽にサポートデスクに連絡しましょう。

サポートデスクの連絡先は、Tradeviewの「お問い合わせ」で確認できます。

タイトルとURLをコピーしました