AXIORY 口座休眠/凍結ルール・口座維持手数料まとめ

この記事ではAXIORYの口座休眠/凍結ルール・口座維持手数料を解説していきます。

AXIORYの口座休眠/凍結ルールは、AXIORY「取引→取引条件→休眠口座と凍結口座」で確認できます。

目次

AXIORYの口座休眠:1年以上取引なし

AXIORYでは取引口座(リアル口座)を保有したまま入金出金資金移動・FX取引を1年以上行っていなければ、口座休眠状態になります。

そして口座休眠状態だと、毎月5ドルの口座維持手数料を徴収されます。

AXIORYは数年前までは口座を完全放置しても問題なかったのですが、2023年の6月あたりから口座放置ペナルティが厳しくなりました。おそらくマネーロンダリング対策・サーバー負担軽減のためでしょう。

口座休眠は入金・出金・資金移動・FX取引のいずれかを行えば自動的に解除されます。

口座休眠ルールは、AXIORY「取引→取引条件→休眠口座と凍結口座」で確認できます。

AXIORYの口座凍結:残高ゼロで3ヶ月以上放置

AXIORYでは取引口座を残高ゼロのまま3ヶ月以上放置すると、口座凍結状態になります。

口座凍結(アカウント休眠)になると、取引口座を全て削除された上で、会員ページの一部の機能も使えなくなります。

  • 入金・出金
  • 資金移動
  • 追加口座開設(デモ口座含む)

アカウント休眠の解除方法は、会員ページ(MyAxiory)で現住所確認書類(発行6ヶ月以内)を提出すること。会員情報が古い場合、サポートデスクから追加で資産状況などを聞かれることもあります。

AXIORYでは口座凍結の1ヵ月前には通知メールが届きます。まだAXIORYの口座を使う予定があるなら、入出金・資金移動・FX取引などをして口座のアクティブ状態を維持しましょう。

なおAXIORYでは「口座凍結=口座削除」なので、口座を復活させる方法はありません。取引を開始したいなら、会員ページ(MyAxiory)追加口座を作りましょう。

口座凍結ルールは、AXIORY「取引→取引条件→休眠口座と凍結口座」で確認できます。

AXIORYの口座維持手数料:月5ドル

AXIORYで口座休眠になると、毎月5ドルの口座維持手数料を徴収されます。日本円・ユーロ口座の場合は5ドルに相当する金額で徴収されます。

口座維持手数料5ドル/月は海外FXブローカーの中では標準的な方で、XMと同じ金額です。

口座維持手数料を回避する方法

AXIORYの口座維持手数料を回避する方法はこちら。

  • 年1回、最小ロット(0.01ロット)で取引する
  • 追加口座を開設し、年1回に資金移動する
  • EA自動売買をする

1つ目の方法は、年1回だけ最小ロットの0.01ロットで取引すること。0.01ロット取引してすぐにポジションを決済すれば、損失は100円ほどに抑えられます。

2つ目の方法は、追加口座を開設して、年1回だけ資金移動すること。取引口座を2つ以上保有する必要はありますが、FXプラットフォームにログインすることなく口座のアクティブ状態を維持できます。

3つ目の方法は、EA自動売買をすること。ただEA自動売買をするには月額3,000円ほどのVPS(仮想専用サーバー)を契約する必要があり、口座維持のためだけにEA運用するのは割に合わないです。

口座維持手数料の仕様は、AXIORY「取引→取引条件→休眠口座と凍結口座」で確認できます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

海外FXの稼ぎ方

海外FXのおすすめな稼ぎ方はこちら。

運用額が100万円以下なら、裁量スイングトレードがおすすめ。トレンド相場でピラミッディング、レンジ相場でナンピンと使い分けることで、常に期待値の高いトレードができます。

運用額が100万円から300万円なら、EA自動売買(Grid EA Pro運用)がおすすめ。エントリー・決済を自動化でき、FXの収益化が楽になります。

運用口座はレバレッジ1000倍+スワップフリーのXM KIWAMI口座がおすすめです。

運用額が300万円から1,000万円以上なら、スワップアービトラージもおすすめ。カウンターパーティリスクは高くなりますが、為替リスクなしで1日10万円前後の収益を狙えます。

この記事を書いた人

海外FXの情報を備忘録としてまとめています。
運用は自己責任でお願いします。
Twitterで「海外FXの有益情報bot」も運用してます。

目次