AXIORY EA自動売買の始め方・やり方・おすすめEA

この記事ではAXIORYでのEA自動売買の始め方・おすすめEAを解説していきます。

AXIORYでのEA自動売買は、AXIORY「ソフトウェア版MT4」で始められます。

目次

AXIORY EA自動売買の始め方

手順1:AXIORYでMT4口座を開設する

AXIORYでEA自動売買を始めるには取引口座が必要です。

まだAXIORYのアカウントを持っていないなら、AXIORYの新規口座開設ページで口座開設しましょう。

すでにAXIORYのアカウントを持っているなら、会員ページ(MyAxiory)で追加口座開設します。

EAの運用口座については、資金50万円以下でマーチンゲールEAをハイリスク運用するならマックス口座、それ以外なら取引コストの低いナノ口座がおすすめです。

FXプラットフォームはMT4を選びましょう。MT5cTraderはEAの種類が少なく、トレードロジックの選択肢が限られるからです。

手順2:VPS(仮想専用サーバー)にログインする

AXIORYで口座開設したら、次はVPSにログインします。

VPS(仮想専用サーバー)は、オンラインで月額レンタルできるパソコン環境(WindowsOS)のこと。24時間EAを稼働し続けるなら必須のサービスです。またVPSを契約していない方は契約しましょう。

VPSのログイン方法は、デバイス・OSごとに異なります。

お使いのデバイスがWindowsOSの場合は、そのままWindowsメニューから接続します。

スマホ・タブレット・macOSの場合は、App Store・Google playからリモートデスクトップアプリをダウンロードして、アプリ経由でVPSに接続します。

利用するアプリは「Microsoft Remote Desktop」がおすすめ。マイクロソフト純正なので動作が安定しやすいです。

VPSにログインするには以下の3つの情報が必要です。

  • ユーザ名
  • IPアドレス
  • ログインパスワード

これらの情報はVPS契約後に送られてくるメール、あるいはVPS業者の会員ページで確認できます。

手順3:VPS内部からMT4口座にログインする

VPSのログインに成功したら、AXIORYのMT4ページからデスクトップ版MT4をダウンロードします。

MT4口座のログインに必要な情報はこちら。

  • 口座番号
  • ログインパスワード
  • サーバー情報

これらの情報はAXIORYで口座開設後に送られてくるメールに記載されています。

忘れてしまった場合はメールボックスで再確認しましょう。うっかり削除してしまった場合は、AXIORYのサポートデスクに問い合わせて対応してもらいます。

手順4:「ナビゲーター」ウィンドウからEAをチャートに設定する

MT4口座のログインに成功したら、EAをチャートに設定します。

稼働できるEAはデスクトップ版MT4の「ナビゲーター」ウインドウに表示されているので、任意のEAをダブルクリックあるいはチャートにドラッグします。

EAが「ナビゲーター」ウインドウに表示されていない場合は、それぞれ以下の方法でインストールします。

EAをチャートに設定した後、 チャート右上に「ニコちゃんマーク」が表示されていればEAは正常に稼働していることになります。

ニコちゃんマークが困った顔をしている場合はEAが正常に稼働していないため、以下の記事でトラブルシューティングしましょう。

AXIORYのおすすめEA

Grid EA Pro(無料)

無料で優秀なEAが欲しいならGrid EA Proがおすすめ。MQL5の無料EAなので、MQL5アカウントがあれば誰でも無料ダウンロードできます。

Grid EA Proの無料ダウンロードリンクはこちら。

トレードロジックは、グリッドトレード+マーチンゲール(ロット倍率は1.1倍)。オーバーラップやトレーリングストップでの決済も可能で、長期トレンドに逆行してもロスカットされにくいです。

Grid EA Proの使い方・運用方法はこちら。

クラック版Waka Waka EA(無料)

AXIORYのマックス口座でEA運用するなら、クラック版 Waka Waka EAがおすすめ。Waka Waka EAはMQL5マーケットで販売されている高額EAです。(MQL5の製品版はこちら

普通に購入すると2,000ドル以上かかりますが、クラック版なら無料で使えます。

クラック版のダウンロードリンクはこちら。

過去5年以上のフォワード運用で破綻せずに安定した利益を出し続けており、収益性・リスク耐性はトップクラスです。(ただし2024年5月に70%のドローダウンを出している)

トレードロジックは、オセアニア系通貨ペア(AUDCAD・NZDCAD・AUDNAD)によるグリッド・マーチンゲールですね。グリッド間隔は15-30pips、ロット増加率は1.5倍、利確は加重pips平均で10pipsとなります。

MQL5の製品版は2,400ドルと非常に高いですが、クラック版なら無料・口座縛りなしで使うことができます。

クラックEAは市販のダウンロードEAと同じように設定します。WebブラウザからEAファイルをダウンロードして、それをMT4で展開しましょう。

THE AUDCAD タイプB(30,000円)

AXIORYのナノ口座で単一ポジションEAを運用するなら、GogoJungleの有料EA「THE AUDCAD タイプB」がおすすめ。ボラティリティの低いFX通貨ペア「AUDCAD」にてオーバーシュート直後に逆張りエントリーします。

単一ポジションなので証拠金維持率が圧迫されにくく、高ロットで運用しても破綻リスクは低いです。

このEAはGogoJungleというEA販売プラットフォームで購入できます。販売価格が3万円とやや高めなので、数ヶ月で購入費用を回収するためにも資金100万円以上で運用した方がいいです。

GogoJungle「THE AUDCAD タイプB 商品ページ」

AXIORY EA自動売買の注意点

ゴールドマーチンEAと相性が悪い(銘柄レバレッジ100倍)

AXIORYはゴールドのマーチンゲールEAとの相性が悪いです。ゴールド(XAUUSD)の銘柄レバレッジが100倍と低めなため、含み損の大きくなりやすいマーチンゲールEAだとロスカットされやすくなります。

FXのレバレッジには「取引口座レバレッジ」と「銘柄レバレッジ」の2種類があり、低い方が優先されます。AXIORYの取引口座レバレッジが400倍でも、銘柄レバレッジが100倍なら、レバレッジ100倍が適用されます。

ゴールドのマーチンゲールEAを運用するなら、AXIORYよりもXMの方がおすすめ。こちらはゴールドの銘柄レバレッジが1000倍なので、ハイリスクトレードがしやすいです。

XMのレバレッジ仕様は、XM「取引→取引条件→証拠金とレバレッジ」で確認できます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

海外FXの稼ぎ方

海外FXのおすすめな稼ぎ方はこちら。

運用額が100万円以下なら、裁量スイングトレードがおすすめ。トレンド相場でピラミッディング、レンジ相場でナンピンと使い分けることで、常に期待値の高いトレードができます。

運用額が100万円から300万円なら、EA自動売買(Grid EA Pro運用)がおすすめ。エントリー・決済を自動化でき、FXの収益化が楽になります。

運用口座はレバレッジ1000倍+スワップフリーのXM KIWAMI口座がおすすめです。

運用額が300万円から1,000万円以上なら、スワップアービトラージもおすすめ。カウンターパーティリスクは高くなりますが、為替リスクなしで1日10万円前後の収益を狙えます。

この記事を書いた人

海外FXの情報を備忘録としてまとめています。
運用は自己責任でお願いします。
Twitterで「海外FXの有益情報bot」も運用してます。

目次