おすすめの海外FX業者はこちら!
海外FXでなかなか勝てない人へ

海外FXでのトレード勝率を上げたいなら、こちらの記事をどうぞ。
海外FXの基本戦術をまとめています。

おすすめトレード手法を見る ▷

MT4でのEA自動売買の始め方・設定方法まとめ。初心者向け完全マニュアル

MT4ではEAという自動売買プログラムで自動売買ができます。これによりチャートを見ていなくても、自動で勝手にトレードをしてくれるわけです。

EA自動売買を始めるまでの手順は以下の通り。

  1. MT4対応のFX業者で口座開設する
  2. VPS(仮想専用サーバー)を契約する
  3. VPS内のブラウザで、MT4とEAをダウンロードする(AXIORYがおすすめ)
  4. VPS内のMT4でEAをインストールする

EA自動売買をする上で1番ネックとなるのが、VPSの設定です。特にスマホメインでパソコンが苦手な方だと、VPSの設定は苦戦するでしょう。

この記事ではMT4でのEA自動売買の始め方についてわかりやすく解説していきます。

 

MT4でのEA自動売買の始め方

ここからはMT4でのEA自動売買の始め方を具体的に見ていきます。

 

手順1、MT4対応の海外FX業者で口座開設する

MT4でEA自動売買をするには、まずMT4対応のFX業者で口座開設します。一部の国内FX業者でもMT4は使いますが、ここでは海外FX業者で見ていきます。

MT4でEA自動売買をするなら、AXIORYのMT4・ナノスプレッド口座がおすすめ。

理由としては、

  • 取引手数料が低い(1ロット往復6ドル)
  • 最大10口座開設でき、様々なEAを試せる
  • 口座を放置しても、口座休眠・凍結・口座維持手数料が発生しない

などが挙げられます。

EA自動売買をするときは、約定力が高くて取引手数料の低いECN口座を使うのが一般的。AXIORYの取引手数料1ロット往復6ドルは低い方です。

さらにAXIORYでは最大10のリアル口座を開設できます。

自動売買では基本的に、1口座1EAの運用となります。様々なEAを試したい方は、リアル口座のたくさん作れるAXIORYがおすすめ。

ナノスプレッド口座の開設は、AXIORY口座開設ページから行えます。

 

手順2、VPS(仮想専用サーバー)を契約する

MT4口座の開設が終わったら、次はVPSを契約しましょう。

VPS(仮想専用サーバー)は、簡単に言うとオンラインでレンタルできるパソコンのようなもの。

MT4で自動売買している間は、1日中パソコン稼働することになります。EAを安定して動作させるためにも、VPSが必要なのです。

FX向けの代表的なVPSは以下の通り。

EA自動売買が初めてなら、まずはお名前.comデスクトップクラウドがおすすめ。

運営元が国内最大手企業のGMOであるため、VPSに関してわからないことがあっても、日本語で丁寧なサポートが受けられます。

公式サイトには使い方が丁寧に解説されており、動画も用意されているため、パソコンが苦手な方でもVPSの設定がしやすいです。

逆にVPSの月額料金を安く抑えたいなら、VULTRCONTABOなどの海外VPSを使いましょう。ただしこちらのサポートが英語のみで、使い方の情報も少ないため、自動売買に慣れた中級者以上におすすめしています。

 

手順3、パソコンからVPSに接続する(Windows以外はリモートデスクトップアプリが必要)

VPSの契約が終わったら、手持ちのパソコンからVPSにリモート接続しましょう。これで手元のパソコンからVPS内部のWindowsOSを操作できるようになります。

手持ちのパソコンがWindowsOSなら、特殊なアプリをインストールすることなく、VPSに接続できます。

WindowsでのVPSの接続方法については、こちらの記事をご覧ください。

逆に手持ちのパソコンがMac OSなら、専用のリモートデスクトップアプリをApp Storeからインストールする必要があります。

リモートデスクトップアプリは「Microsoft Remote Desktop」がおすすめ。Microsoft社が開発しているため、信頼性が高いです。

ただMacOSとWindowsOSは水と油のような存在で、OSのバージョンによってはうまく接続できない可能性があります。

その場合は「Parallels Client」というRDPアプリを試しましょう。私の場合はこちらで接続ができました。

MacOSでのVPSの接続方法については、こちらの記事をご覧ください。

 

手順4、VPS内で対応海外FX業者のMT4をダウンロードする

VPSの接続に成功したら、まずは取引プラットフォーム「MT4」をダウンロードしましょう。

MT4をダウンロードする方法は、大きく分けて2つあります。

  1. MetaQuotes社の公式サイトでダウンロードする
  2. 保有口座のMT4対応業者でダウンロードする(XMAXIORYなど)

開発元のMetaQuotes社からダウンロードするのが無難に見えますが、個人的にはおすすめしません。

MetaQuotes社は最近MT4の開発を停止しており、MT5の普及に力を入れています。MT4のダウンロードリンクをクリックしても、なぜかMT5がダウンロードされてしまうのです。

安全かつ確実にMT4をダウンロードしたいなら、MT4対応業者の公式サイトからダウンロードしましょう。たとえば先ほど紹介したAXIORYにであれば、AXIORYのMT4ページでダウンロードできます。

ただFX業者のMT4は、基本的にその業者でしか使えません。例えばAXIORYのMT4は、AXIORYの口座にしか対応しておらず、他のブローカーの口座は使えません。

 

手順5、VPS内のブラウザでEAを入手する

MT4のダウンロードが終わったら、次はEAをダウンロードしましょう。

MT4のEAは特定のサイトで販売されていたり、個人が海外FXの口座開設を条件に無料で配布していたりします。

EA配布サイトの中でも代表的なのは以下の4つ。

おすすめはMQL5のフォーラムサイト。MQL5は無料EAがたくさん用意されており、EA自動売買の練習をするのにぴったりです。

EAの相場は1万円から3万円と高額ですが、安定した収益を上げられる優秀なEAはごくわずかです。

まずは無料EAを試して、どのようなEAが安定して収益を上げられるのかを、見極める目を養いましょう。

今すぐにでも優秀なEAが欲しいなら、こちらのブログを参考にしましょう。

優秀な海外EAが紹介されています。

 

手順6、MT4にEAをインストールする

EAのダウンロードができたら、次はMT4にEAをインストールします。

EAのインストール方法は文章にすると複雑です。こちらの記事なら、画像もたくさん使っておりわかりやすいでしょう。

 

MT4でのEA自動売買に関する基礎知識

ここまでEAのセットアップ方法について解説してきましたが、これだけでは安定した収益があげられません。

ここからはEA自動売買について最低限知っておきたいことをまとめておきます。

 

EA自動売買のメリット

EA自動売買のメリットは以下の通り。

  • チャートを見る時間を節約できる
  • 自分で注文・決済をしなくていいため、FX特有のストレスが軽減される
  • 優秀なEAを使えば、安定した収益を出しやすくなる

EA自動売買の最大のメリットは、チャート分析の時間を節約できること。

FXでは資金をたくさん失うデメリットが強調されがちですが、のめり込みすぎると、膨大な時間を失うことにもなります。

1日中チャートを見ていて利益がゼロだった場合、表面上の収益はゼロですが、実質的な損失は1〜2万円になるはずです。その時間を労働時間に当てていれば、確実な収入が得られますからね。

FXチャートの分析方法は星の数ほどあり、真面目にやっていると時間がいくらあっても足りません。

EA自動売買でトレードを自動化しておけば、チャート分析の時間を節約でき、その時間の労働に回せるわけです。

特に会社員として働いている兼業トレーダーなら、裁量トレードよりもEA自動売買の方が相性がいいでしょう。

 

EA自動売買のデメリット

EA自動売買のデメリットは以下の通り。

  • VPSを設定するには、一定のパソコンの知識が必要
  • EAの相場が1〜3万円と高く、初期費用の元が取れないこともある
  • 収益性の高いEAを見つけるのが難しい
  • EA開発者がバックテストを改ざんしていることがあり、それを見抜くスキルが必要

EA自動売買の最大のデメリットは、初期費用が高くなること。

EAの相場は大体3万円ほどで、手法分散のために3つ買ったとしても、10万円ほどの出費が発生します。

購入したEAが順調に稼いでくれれば良いのですが、損失を出してしまった場合は、初期費用+損失額となり、かなりの赤字となってしまいます。

買ったEAが稼げないからといって、片っ端から稼げそうなEAを買っていくと、出費は数十万円に膨れ上がってしまいます。

そのためEA自動売買は、資金に余力があり、辛抱強く自動売買のテストができる人におすすめです。

 

EA詐欺を避けるために気をつけたいこと

EAの相場は3万円と高く、海外FXアフィリエイトと組み合わせることで、EA開発者は大きな資金を稼ぐことも可能です。

そのため収益性の低いEAを稼げるように喧伝して、高値で売りつけるような人もいます。

収益性の低いEAを買わされないためにも、以下の対策をしておきましょう。

  • 事前にTwitterや検索エンジンでEAの評判を調べておく
  • EAのフォワードテストを確認しておく(バックテストは改ざんできるため)
  • GogoJungleなど信頼のできるサイトで購入する(個人販売はリスキー)

詐欺EAを見抜く方法については、こちらの記事が参考になります。

 

VPSサーバーの場所は、ブローカーのサーバーに近いところを

自動売買をするなら、VPSサーバーとFXブローカーサーバーの距離を意識しましょう。サーバーの距離が近いほど、通信速度が速くなり、自動売買の注文が安定するからです。

例えばXMAXIORYは、サーバーの場所がロンドンにあるため、VPSの設置場所もロンドンの近くにいた方が、サーバー同士の通信速度が速くなります。

初心者におすすめのお名前.comデスクトップクラウドは、サーバーの設置場所が日本にあるため、海外ブローカーのサーバーと距離が遠いです。

それに対しCONTABOはサーバーの設置場所がドイツにあるため、お名前.comデスクトップクラウドのサーバーよりも通信速度が速くなります。

特にスキャルピングトレードなど、取引回数の多いEAを使っている場合は、サーバーの距離が近くなるように工夫しましょう。

 

EAを入手する方法

ここからはEAを入手する方法を紹介します。

 

その1、GoGoJungle・MQL5などのEA販売サイトで購入する

EA入手方法としてポピュラーなのは、専用の販売サイトで購入すること。

EA配布サイトの中でも代表的なのは以下の4つです。

おすすめはMQL5のフォーラムサイト。一部のEAが無料で提供されており、手軽にEA自動売買を体験できます。

日本だとGogoJungleというEA販売サイトがメジャーですね。ただEAが種類が非常に多く、ランキング上位のEAでも安定して稼げるとは限りません。購入前には綿密に下調べしましょう。

私の知っている限りだと、「時間は平等」というEAが優秀でしたね。開発者が実際に運用しており、利用者とのコミニケーションも活発にしており、商品開発に力を入れていることがよくわかります。

 

その2、IB口座開設と引き換えに無料でダウンロードする

一部のEA開発者は、海外FX業者での口座開設と引き換えに、EAを無料で配布しています。

中でも代表的なのは以下のサイト。

なぜ数万円もするEAを無料で配布するのか?

それは海外FX業者の口座開設をさせて、その口座で自動売買をさせることで、EA開発者にアフィリエイト報酬が入るからです。

特にXMアフィリエイトだと1ロットで最大10ドルの手数料が入るため、アクティブトレーダーが10人いれば、毎月数万円ぐらいは簡単に稼げます。

ただ無料配布のEAは、開発者がフォワードテストを公開していないことが多く、安定した収益が出せるとは限りません。

個人的にはGogoJungleなどのフォワードテストを公開しているEA販売サイトで買うことをおすすめしています。

 

その3、個人のサイト・開発会社などで購入する

EA開発者は有料でEAを販売していることもあります。この場合の相場は大体3万円前後で、FX口座による縛りもありません。

ただやはり個人サイトで販売しているEAは、信頼できるフォワードテストを公開していないことが多く、安定した収益が挙げられる保証がありません。

高額のEAを販売することだけが目的で、EAがうまく動作しなくても、サポートをしてくれるとは限りません。

EAの個人販売サイトは、ネットで検索すれば簡単に見つかりますが、情報の質が低いため、あえて非公開とさせていただきます。

 

収益性の高いEAの探し方

EA自動売買で安定した収益を出すには、収益性の高い優秀なEAを探す必要があります。

ここからは収益性の高いEAの探し方を紹介します。

 

その1、EAの選定基準を作る

優秀なEAを探すに当たっては、まず選定基準を作りましょう。

EAは星の数ほどありますが、相場が3万円と高いため、片っ端から試すわけにはいきません。

おすすめの選定基準は以下の通り。

  • フォワードテストを公開している(GogoJungleがおすすめ)
  • 勝率は60%〜80%
  • プロフィットファクターが1.3以上
  • 最大ドローダウンは20%以下
  • 取引回数は1000回以上

初心者はGogoJungleなどの信頼できるデータを提示しているサイトで購入することをおすすめします。逆にデータ改ざんが簡単な個人サイトでの購入は控えた方が良いです。

優秀なEAの選び方としては、こちらの記事も参考になります。

 

その2、TwitterでEAに詳しい人をフォローして、情報収集する

優秀なEAを探すなら、Twitterでの情報収集も必要不可欠です。

ただTwitterでは高額のEAを売りつけたり、海外FXのアフィリエイトに誘導したりする人もいるので、信頼できるTwitterアカウントをフォローしましょう。

私が参考にしているTwitterアカウントの一例を挙げると、

この人たちがフォローしているアカウントをフォローすることで、さらに芋づる式で有益な情報を得られるかもしれません。

 

その3、信頼できるEA紹介サイトを見つけて、情報収集する

自動売買の収益性をさらに高めたいなら、GogoJungleなどの日本産EAではなく、海外産EAを使いましょう。

海外EAは日本EAよりも厳しい競争にさらされており、参加トレーダーの数も多いため、EAの進歩が著しいです。

海外EAを購入するなら、以下のサイトが参考になります。

 

まとめ:EA自動売買は情報戦。頭で汗をかいて、収益性の高いEAを見つけよう

ここまでEAのセットアップ方法や選び方についてわかりやすく解説してきました。

EA自動売買は、VPSの契約が必須となるため、パソコンが苦手な方だと最初のセットアップで苦戦するかもしれません。

また市場に出回っているEAの種類は非常に多く、収益性の高いEAは数が少ないため、EA自動売買でのトレードをたくさん行い、選定眼を養う必要もあります。

ただそうしたデメリットを考慮しても、チャートを見る時間を節約できるというメリットはかなり大きいです。

チャートを見る時間がなくて、チャート分析に時間を割けない兼業トレーダーは、EA自動売買を検討してみましょう。

タイトルとURLをコピーしました