Tradeview ILC口座の特徴・おすすめ運用方法まとめ

この記事ではTradeview ILC口座の特徴・おすすめ運用方法を解説していきます。

ILC口座の詳細は、英語版Tradeview「Accounts」で確認できます。

目次

Tradeview ILC口座の特徴

まずはTradeview ILC口座の特徴から見ていきます。

その1:スプレッドが非常に狭い

ILC口座の最大の特徴は、スプレッドが非常に狭いこと。

特にUSDJPYのスプレッドが0.1pipsから0.3pipsと非常に狭いです。取引手数料が0.5pips(1ロット往復5ドル)発生することを考慮に入れても、海外FX口座の中ではトップクラスの低さです。

スプレッドが狭ければ狭いほど、FXの取引コストを低く抑えられるため、利幅の狭いスキャルピングトレードでも利益を出しやすくなります。

スキャルピングトレード・スキャEA運用をするなら、取引コストの低いILC口座はおすすめです。

ILC口座のスプレッドは、Tradeview「トップページ」で確認できます。

その2:取引手数料が低い(1ロット往復5ドル)

ILC口座の取引手数料は1ロット往復5ドルと低めです。

海外FXのECN口座・低スプレッド口座は、スプレッドとは別の外付け手数料が設定されていることが多いです。手数料が片道の場合は、2倍で往復分にして比較します。

手数料の目安としては、5ドル以下なら非常に低い、6ドルから9ドルなら平均的、10ドル以上ならやや高めと判断します。例えばXM Zero口座は1ロット往復10ドルなので高め、AXIORY ナノ口座は1ロット往復6ドルなので平均的となります。

ILC口座の1ロット往復5ドルは取引手数料の中ではトップクラスに低い方なので、レバレッジ・入出金方法などに支障がなければXMAXIORYより優先して使ったほうがいいです。

ILC口座の取引手数料は、英語版Tradeview「Accounts」で確認できます。

その3:最大レバレッジが200倍と低め

ILC口座の最大のデメリットは、最大レバレッジが200倍と低めなこと。

レバレッジが低ければ低いほど、必要証拠金が大きくなり、資本効率が悪くなります。具体的には単発の高ロットトレード、あるいはナンピン・マーチンゲール・グリッドトレードのハイリスク運用ができなくなります。

Tradeviewでこれらのハイリスクトレードをしたいなら、最大レバレッジが500倍と高めなXレバレッジ口座、あるいは最大レバレッジ400倍のcTrader口座を使いましょう。

ILC口座のレバレッジは、英語版Tradeview「Accounts」あるいはTradeview「レバレッジ変更申請ページ」で確認できます。

その4:0.1ロット未満の取引ができない

ILC口座の2つ目に大きなデメリットは、0.1ロット未満の取引ができないこと。

特にマーチンゲールEAを低リスクで運用する場合、1段目ポジションは0.01ロットから0.05ロットで設定することが多いため、そういった運用方法ができなくなります。

1段目ポジションを0.1ロットにすれば運用できますが、ポジション段数が6段から10段を超えると合計ロットが10.0ロットを超えてしまい、ロスカットされないよう1,000万円以上の資金を入れておく必要もあります。あまり現実的な運用方法ではないです。

ILC口座はアノマリーEA・ブレイクアウトEA・スキャEAなど単一ポジションEAと相性が良いです。特にスキャEAは利幅が5pips前後と狭めなため、スプレッド・取引手数料の低いILC口座とは相性抜群です。

ILC口座の最小ロットは、英語版Tradeview「Accounts」で確認できます。

その5:最低入金額が1,000ドルと高め

ILC口座の最低入金額は1,000ドルとやや高めです。

海外FXブローカーは出金リスクが高いため、慎重な人だと100ドル(10,000円前後)から始めてみるケースも多いのですが、そういった少額運用はできないわけですね。

Tradeviewで資金100ドル前後で始めるならXレバレッジ口座がおすすめ。こちらは最低入金額が100ドルなのでリアル口座での少額運用に適しています。

ただXレバレッジ口座はスプレッドが広いというデメリットがあります。リアル口座での運用に慣れてきたら、取引コストの低いILC口座・cTrader口座に乗り換えたほうがいいです。

ILC口座の最低入金額は、英語版Tradeview「Accounts」で確認できます。

Tradeview ILC口座のおすすめ運用方法

Tradeview ILC口座のおすすめ運用方法はこちら。

ILC口座は最大レバレッジが200倍と低めで、0.1ロット未満の取引もできません。ナンピン・マーチン・グリッドEAとは相性が悪いため、単一ポジションEAで運用することになります。

収益性の高い単一ポジションEAなら「THE AUDCAD タイプB」がおすすめ。ボラティリティの低いAUDCADでオーバーシュート直後に逆張りエントリーします。

ただ販売価格が3万円とやや高めなので、数ヶ月で購入費用を回収するためにも資金100万円以上で運用したいですね。

無料の単一ポジションEAが欲しいなら「Gotobi Free」がおすすめ。ソースコードをメタエディターにコピペしてコンパイルすれば、無料・口座縛りなしで使えます。

Gotobi Freeの使い方・ソースコードはこちら。

トレードロジックはゴトー日のドル円仲値トレード。深夜0時から9時55分(仲値発表)まではドル円をロング、9時55分から13時まではドル円をショートします。

ILC口座でも裁量トレードはできますが、それならレバレッジ400倍のcTrader口座を使ったほうが資本効率は良くなります。MT4の強みはEAの種類が多いことなので、EA自動売買に活用した方がいいです。

Tradeview EA自動売買の始め方はこちら。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

海外FXの稼ぎ方

海外FXの効率的な稼ぎ方はこちら。

  1. XMの3種ボーナスを獲得する
  2. スイングトレード(ピラミッディング・ナンピン)を習得する
  3. AXIORYTradeviewのcTrader口座に乗り換える

まずはXMの3種ボーナスを獲得しましょう。入金額が10万円なら、それを17万円ほどに増やせます。(XMのボーナス詳細へ

ボーナスの練習台は、裁量のスイングトレードがおすすめ。トレンド相場ではピラミッディング、レンジ相場ではナンピンと使い分けることで常に期待値の高いトレードができます。(裁量トレードの始め方

裁量トレードに慣れてきたら、AXIORYTradeviewのcTrader口座に乗り換えましょう。cTraderではリミット注文をドラッグ操作で置けるため、ピラミッディング・ナンピンが快適になります。(AXIORYのcTraderTradeviewのcTrader

海外FX裁量トレードの始め方はこちら。

この記事を書いた人

海外FXの情報を備忘録としてまとめています。
運用は自己責任でお願いします。
Twitterで「海外FXの有益情報bot」も運用してます。

目次