AXIORY ナノ口座の特徴・おすすめ運用方法まとめ

この記事ではAXIORY ナノ口座の特徴・おすすめ運用方法を解説していきます。

ナノ口座の詳細は、AXIORY「口座→口座の種類→口座タイプ」で確認できます。

目次

AXIORY ナノ口座の基本スペック

ナノ口座の詳細はこちら。

  • 最大レバレッジ:400倍
  • 取引手数料:あり(往復6ドル/ロット)
  • FXプラットフォーム:MT4/cTrader
  • 最小ロット:0.01ロット
  • 最大ロット:1,000ロット(1ポジションあたり)
  • 対応商品:FX、株式CFD、株価指数CFD、エネルギーCFD、貴金属CFD

ナノ口座の最大の特徴は、取引コストが低いこと。

USDJPYスプレッドが0.3pipsで、取引手数料で0.6pipsを加えても1.0pips以下に抑えられます。特に利幅の狭いデイトレード・スキャルピングトレードと相性がいいです。

2つ目の特徴は、高性能FXプラットフォーム「cTrader」に対応していること。リミット注文をドラッグ操作で設置できるため、ナンピン・ピラミッディングが快適になります。

ナノ口座の詳細は、AXIORY「口座→口座の種類→口座タイプ」で確認できます。

AXIORY ナノ口座の特徴

取引コストが低い(取引手数料1ロット往復6ドル)

ナノ口座の最大の特徴は、取引コストが低いこと。取引コストが低ければ低いほど、FXトレードの収益が大きくなります。

例えばUSDJPYスプレッドが0.3pipsとすると、取引手数料が0.6pips(1ロット往復6ドル)を足しても、実質的な取引コストは0.9pipsに抑えられます。

ナノ口座は取引コストが低いため、利幅の狭いデイトレードやスキャルピングトレード、あるいはMT4口座ならEA自動売買とも相性が良いです。

ナノ口座の取引コストは、AXIORY「口座→口座の種類→口座タイプ」で確認できます。

対応FXプラットフォームはMT4/cTrader(MT5は非対応)

ナノ口座の2つ目の特徴は、高性能FXプラットフォーム「cTrader」に対応していること。

cTraderではドラッグ操作でリミット注文を設置できるため、ピラミッディング・ナンピントレードが快適になります。

他にもホットキー(ショートカット)での時間足・表示チャート切り替え、日本時間対応の経済指標カレンダー表示、テクニカル指標のテンプレ表示など、裁量トレード向けの便利機能がたくさん備わっています。

またナノ口座はFXプラットフォーム「MT4」にも対応しています。こちらは老舗のFX取引ツールで、EA自動売買で使われることが多いです。

なおナノ口座はMT5には対応していません。MT5でFX取引をしたいならテラ口座を開設しましょう。

ナノ口座の対応プラットフォームは、AXIORY「口座→口座の種類→口座タイプ」で確認できます。

最大レバレッジは400倍

ナノ口座の最大レバレッジは400倍。これは海外FXブローカーの中では標準的な方です。レバレッジが高ければ高いほど、必要証拠金が少なくなり、ハイリスクトレードをしてもロスカットされにくくなります。

レバレッジ400倍の場合、資金10,000ドル1.0ロットで3段のナンピンやスイングトレードくらいなら可能です。逆に5段以上のナンピン、あるいはマーチンゲールだとロスカットされやすくなります。

ナノ口座のレバレッジ400倍はCFD銘柄だと適用されないことがあります。例えばゴールドの銘柄レバレッジは100倍、原油は20倍と低めなので、FX通貨ペアよりも資本効率は悪くなります。

AXIORYでハイリスクトレードをするならマックス口座の方がおすすめ。こちらはレバレッジ1000倍+ストップアウト0%なため、ハイリスクトレードをしてもロスカットされにくいです。(レバレッジ1000倍は有効証拠金50万円まで)

ナノ口座の最大レバレッジは、AXIORY「口座→口座の種類→口座タイプ」で確認できます。

最小ロットは0.01ロット

ナノ口座の最小ロットは0.01ロットです。そのため1段目ポジションが0.01ロットなどで始まるマーチンゲールEAでも問題なく運用できます。

ほとんどの海外FX口座は最小ロットが0.01ロットに設定されていますが、例えばTradeview ILC口座のように最小ロットが0.1ロットで、マーチンゲールEAを低リスク運用できないことがあります。

EA自動売買でマーチンゲールEAを低リスク・中リスク運用するなら、AXIORY ナノ口座はおすすめです。(低リスク運用の目安は1段目0.01ロット、中リスク運用は1段目0.03-0.05ロット)

ナノ口座のロット仕様は、AXIORY「口座→口座の種類→口座タイプ」で確認できます。

AXIORY ナノ口座のおすすめ運用方法

ナノ口座のおすすめ運用方法はこちら。FXプラットフォームごとに2パターンあります。

  • cTrader口座:裁量トレード(ピラミッディング・ナンピン)
  • MT4口座:EA自動売買(ナンピン・マーチン・グリッドEA)

ナノ口座のFXプラットフォームがcTraderなら、運用方法は裁量トレードがおすすめ。cTraderではドラッグ操作でリミット注文を設置できるため、ピラミッディング・ナンピントレードがしやすくなります。

ナノ口座のFXプラットフォームがMT4なら、運用方法はEA自動売買がおすすめ。

取引コストが低く、最大レバレッジは400倍、最小ロットも0.01ロットなので、単一ポジションEAでもナンピン・マーチンEAでも運用しやすいです。

ナノ口座の詳細は、AXIORY「口座→口座の種類→口座タイプ」で確認できます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

海外FXの稼ぎ方

海外FXのおすすめな稼ぎ方はこちら。

運用額が100万円以下なら、裁量スイングトレードがおすすめ。トレンド相場でピラミッディング、レンジ相場でナンピンと使い分けることで、常に期待値の高いトレードができます。

運用額が100万円から300万円なら、EA自動売買(Grid EA Pro運用)がおすすめ。エントリー・決済を自動化でき、FXの収益化が楽になります。

運用口座はレバレッジ1000倍+スワップフリーのXM KIWAMI口座がおすすめです。

運用額が300万円から1,000万円以上なら、スワップアービトラージもおすすめ。カウンターパーティリスクは高くなりますが、為替リスクなしで1日10万円前後の収益を狙えます。

この記事を書いた人

海外FXの情報を備忘録としてまとめています。
運用は自己責任でお願いします。
Twitterで「海外FXの有益情報bot」も運用してます。

目次