無料EA「Dark Venus」の使い方・運用方法

この記事ではDark Venusの使い方・運用方法を紹介していきます。

Dark Venusのダウンロードページはこちら。

EA自動売買が初めての方は、こちらの記事から読んでおきましょう。

EAを運用するには、VPS(仮想専用サーバー)の契約も必要です。まだの方は契約しておきましょう。

目次

Dark Venusの基礎知識

トレードロジックはグリッド+マーチンゲール

Dark Venusのトレードロジックは、グリッドトレード+マーチンゲールです。

Dark Venusの詳細ページはこちら。

グリッドトレードとは、価格が現在ポジションから逆行するごとに一定のpips間隔でポジションを増やしていくトレード手法のこと。

ポジションと同時に運用ロットも増やすものはマーチンゲールEA、運用ロットを増やさないものはナンピンEAとも呼ばれます。

Dark Venusはグリッド間隔5pipsで、前回ポジションに上乗せして運用ロットを増やしていくため、グリッドEAでありマーチンゲールEAでもあります。

マーチンゲールEAは逆張りポジションと運用ロットを同時に増やしていくため、破綻リスクが非常に高いです。リアル口座で運用する前に、デモ口座で試運転をしたり、バックテストで破綻リスクを計測しておきましょう。

MQL5アカウントがあれば無料ダウンロードできる

Dark VenusはMQL5アカウントを持っていれば、誰でも無料ダウンロードできます。

MQL5の公式サイトはこちら。

MQL5アカウントの登録にはメールアドレスがあれば充分で、免許証・マイナンバーカードなどの本人確認書類は必要ありません。

なおMQL5はメタトレーダーの開発会社が運営しているFXの総合プラットフォームで、EAの販売や購入、あるいはコピートレードシグナルの購読なども行えます。

MQL5マーケットでは無料EAをたくさんダウンロードできるため、いろいろなトレードロジックのEAを試してみたいなら、アカウント登録だけでもしておいたほうがいいです。

パラメーターの種類が多く、いろんなトレードロジックを試しやすい

Dark VenusはマーチンゲールEAの中でもパラメーターの種類が非常に多く、いろいろなトレードロジックや条件を試すことができます。

重要度の高い設定パラメーターはこちら。

  • マジックナンバー(デフォルトは8398)
  • 許容スプレッド(デフォルトは50.0pips)
  • 基準ロット(デフォルトは0.01ロット)
  • リスクパーセント(デフォルトは1.0)
  • ボリンジャーバンド(デフォルトは期間20、標準偏差2.0)
  • 取引時間(時間外になったら一括決済も可能)
  • 取引する曜日(月曜日だけ・火曜日だけなど)
  • 取引の方向(買いのみ・売りのみなど)
  • 最大ポジション数(デフォルトは50ポジション)
  • グリッドトレード設定(デフォルトは5.0pips間隔)
  • グリッド間隔の増加率(ポジションが増えるごとにグリッド間隔を広げる)
  • 利確設定(デフォルトは5.0pips)
  • ストップロス設定(デフォルトはfalse、数値は50.0pips)
  • 金額ベースの損切り(デフォルトはfalse、数値は3000通貨)
  • トレーリングストップ設定
  • 新規ポジション停止・金曜日の強制決済など
  • ステータスパネル・取引ボタンの表示・非表示

中でも重要なのは運用ロット・グリント間隔・利確条件の3つ。これらはマーチンゲールEAの収益性やリスクに大きく関わるため、ロスカットを避けたいならうまく調整しましょう。

具体的な調整方法がわからないなら、収益性トップクラスのマーチンゲールEA「Waka Waka EA」のフォワード成績を参考にします。

フォワード成績のリンクはこちら。

他のパラメーターはそこまで重要ではないため、よくわからなければデフォルトのまま運用してもOKです。

Dark Venusの使い方・設定手順

手順1:MQL5でアカウント登録する

Dark Venusを利用するには、MQL5アカウントが必要です。まだ持っていない方は登録しましょう。

MQL5アカウント登録ページはこちら。

登録に必要なものはユーザIDとメールアドレスくらいで、本人確認書類などは必要ありません。

手続きが終わると、登録したメールアドレスに認証メールが届きます。メールから認証手続きをすることで、アカウント登録が完了します。

手順2:VPSにログインし、ソフトウェア版MT4をダウンロード・起動する

MQL5アカウントを登録したら、次のVPSにログインしましょう。

VPS(仮想専用サーバー)は、パソコン環境(Windows OS)をオンラインでレンタルできるサービスです。24時間EAを稼働し続けるなら必須なので、まだの方は契約しておきましょう。

VPSのログインに成功したら、Windows OSでソフトウェア版MT4をダウンロード・インストールします。

ソフトウェア版MT4は、そのブローカーに対応したものをダウンロードしましょう。例えばXMならXMのMT4を、AXIORYならAXIORYのMT4を、TradeviewならTradeviewのMT4をダウンロードします。

手順3:MT4からMQL5アカウントにログインする

ソフトウェア版MT4をダウンロード・インストールしたら、次はMT4口座にログインします。

MT4口座にログインするには以下の3つの情報が必要です。

  • 口座番号
  • ログインパスワード
  • サーバー情報

これらの情報はMT4口座開設後のメールに記載されています。届いていない場合は迷惑メールフォルダを確認するか、あるいは対応ブローカーのサポートデスクに問い合わせましょう。

まだMT4口座を持っていない場合は、運用口座はXM KIWAMI口座がおすすめ。レバレッジ1000倍、スワップフリー、ストップアウト20%など、あらゆる面でマーチンゲールEAと相性が良いです。

手順4:MT4からMQL5アカウントにログインする

MT4口座のログインに成功したら、ソフトウェア版MT4からMQL5アカウントにログインします。

MQL5ログインに必要な情報はこちら。

  • ログインID
  • パスワード

ログインID・パスワードはMQL5アカウント登録で設定したものを使います。VPS内部ではウェブブラウザのパスワード自動入力機能は使えないため、これらの情報はメモ帳に控えておきましょう。

手順5:「マーケット」で「Dark Venus」をダウンロードする

次はいよいよDark Venusのダウンロードです。

まずはMT4の「ターミナル」ウインドウの中にある「マーケット」タブを選択します。

「マーケット」の中にある検索窓に「Dark Venus」と入力します。Dark Venusの項目が表示されるので、青色のダウンロードボタンをクリックしてダウンロードします。

手順6:「Dark Venus」をチャートに設定する

Dark Venusをダウンロードしたら、画面左側の「ナビゲーター」に該当EAが表示されます。

それをダブルクリック、あるいは任意のチャートにドラッグ&ドロップすることで、EAをチャートに設定できます。

チャートに設定すると、パラメーターの設定画面が表示されます。ここで運用ロットなどを調整しましょう。

EAを設定した後、画面右上にニコちゃんマークが表示されていれば、正常に稼働していることになります。

困った顔している場合はEAが正常に稼働していないので、以下の記事でトラブルシューティングしましょう。

Dark Venusのおすすめ設定

Dark Venusのおすすめ設定はこちら。

  • 通貨ペア:EURUSD(ゴールドはNG)
  • 時間足:5分足
  • ロット:資金10,000ドルあたり0.01ロット

運用通貨ペアはユーロドル(EURUSD)がおすすめ。Dark Venusは利確が5pipsと非常に狭いため、スプレッドの最も狭いユーロドルにすると利確しやすくなります。

なおマーチンゲールEAをゴールド(XAUUSD)で運用するのはNGです。ゴールドはボラティリティが非常に激しく、短時間で10,000pips以上動くこともあり、ロスカットのリスクが非常に大きいからです。

時間足は5分足がおすすめ。Dark Venusのような利幅が狭いEAはスキャルピングトレードの要素も強く、短い時間足の方が利益を出しやすいです。

運用ロットは資金10,000ドルあたり0.01ロットがおすすめ。Dark Venusは他のマーチンゲールEAよりもグリッド間隔が狭いため、運用ロットは小さめにしておいた方がロスカットされにくいです。

Dark Venusのおすすめ運用口座

Dark Venusのようなグリッド・マーチンゲールEAを運用するなら、レバレッジの高い口座を使いましょう。理想は1000倍、最低でも400倍以上は欲しいです。

XM KIWAMI口座(MT4)

グリッド・マーチンゲールEAを運用するなら、運用口座はXM KIWAMI口座がおすすめ。取引口座のレバレッジが1000倍と非常に高く、マーチンゲールEAをハイリスク運用してもロスカットされにくいです。

レバレッジ1000倍は合計口座残高が40,000ドルになるまで使えます。海外FXでは運用額が100万円以上になるとレバレッジ制限されやすいのですが、XMなら100万円から300万円以上でもレバレッジ1000倍取引ができます。

XMは一部のFX通貨ペアでスワップフリーを提供しています。マーチンゲールEAはポジション保有期間が3日から1週間以上と長くなりやすいため、スワップフリーならトータルの取引コストも抑えられます。

極口座スワップフリー対象銘柄一覧

USDJPY#, EURJPY#, GBPJPY#, AUDJPY#, NZDJPY#, CADJPY#, CHFJPY#, EURUSD#, GBPUSD#, AUDUSD#, NZDUSD#, USDCAD#, USDCHF#, EURGBP#, EURAUD#, EURNZD#, EURCHF#, GBPAUD#, GBPNZD#, GBPCAD#, GBPCHF#, AUDNZD#, AUDCAD#, AUDCHF#, CADCHF#, NZDCAD#, NZDCHF#, GOLD#, SILVER#

引用元

XMはストップアウトも20%と低めなため、証拠金維持率ギリギリのハイリスクトレードをしてもロスカットされにくいです。(Tradeview・国内FX業者だとストップアウトは100%と高め)

そしてXMは運営歴の長い老舗の海外FXブローカーなので、こまめにアービトラージ利用者を追い出しており、資金枯渇からの出金拒否・利益没収リスクも低めです。

EAは資金100万円から300万円ほどで運用するのが一般的なので、なるべく出金リスクの低いブローカーを優先して使ったほうがいいです。XM KIWAMI口座はマーチンゲールEAと非常に相性が良い口座です。

XM公式サイトはこちら

AXIORY マックス口座(MT4)

グリッド・マーチンゲールEAを運用するなら、第二候補としてAXIORY マックス口座もおすすめ。XMと同じようにレバレッジ1000倍で取引できます。

AXIORY マックス口座の詳細はこちら。

ただマックス口座は有効証拠金が50万円を超えるとレバレッジが1000倍から400倍に引き下げられます。有効証拠金が50万円を超える前に利益出金・資金移動をしておきましょう。

あるいはマックス口座の追加口座を開設して、資金50万円以下で分散運用するのも有効です。

マックス口座はXM KIWAMI口座よりもスプレッドが広めで、利幅の狭いトレードロジックだと利益を出しにくくなります。

AXIORY マックス口座はメイン運用には適していません。XMで稼ぎすぎて追い出されてしまった、あるいはXMとは別でリスク分散したい、などの用途で使うのが望ましいです。

AXIORY公式サイトはこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

海外FXの稼ぎ方

海外FXのおすすめな稼ぎ方はこちら。

運用額が100万円以下なら、裁量スイングトレードがおすすめ。トレンド相場でピラミッディング、レンジ相場でナンピンと使い分けることで、常に期待値の高いトレードができます。

運用額が100万円から300万円なら、EA自動売買(Grid EA Pro運用)がおすすめ。エントリー・決済を自動化でき、FXの収益化が楽になります。

運用口座はレバレッジ1000倍+スワップフリーのXM KIWAMI口座がおすすめです。

運用額が300万円から1,000万円以上なら、スワップアービトラージもおすすめ。カウンターパーティリスクは高くなりますが、為替リスクなしで1日10万円前後の収益を狙えます。

この記事を書いた人

海外FXの情報を備忘録としてまとめています。
運用は自己責任でお願いします。
Twitterで「海外FXの有益情報bot」も運用してます。

目次