新規口座開設で20,000円。GemForexのキャンペーンをチェック
海外FXはどれがおすすめ?

自分にぴったりな海外FX業者を選ぶと、利益を出しやすくなります。
詳細はこちら↓

おすすめ海外FX業者をチェック!

XMのレバレッジは888倍? レバレッジの確認/変更方法まとめ

XM

XMの最大レバレッジは基本的に888倍。わずかな証拠金でも収益性の高いトレードが可能となります。

ただXMのレバレッジが常に888倍とは限りません。通貨ペアや口座残高によって、レバレッジが制限されるからです。

海外FXで本格的に稼ぐなら、レバレッジ制限の条件は知っておくべきです。

そこでこの記事ではXMのレバレッジ全般の知識を詳しく解説することにしました。

口座開設で3,000円ボーナスがもらえる
無料で今すぐ登録できます

 

XMのレバレッジ一覧(16種類)

XMで設定できるレバレッジは16種類。比較しやすいようレバレッジ25倍で分けています。

  • 1倍、2倍、3倍、5倍、10倍、15倍、20倍、25倍
  • 50倍、66倍、100倍、200倍、300倍、400倍、500倍、888倍

資金に余裕がある方は、レバレッジを低く設定して、リスクの低いトレードをすることもできます。

逆に資金が少ない方は、レバレッジを高く設定しましょう。必要証拠金が少なくなり、わずかな資金でも収益率の高いトレードができるようになります。

 

XMのレバレッジを確認する方法

XMのレバレッジを確認するには、まず「会員ページ」にアクセスします。

同じページの「マイアカウントの概要」内の口座をクリックすることで、現在のレバレッジが確認できます。

会員ページ」にアクセスできるのは、リアル口座開設者だけです。デモ口座開設者はMT4/MT5からレバレッジを確認しましょう。

 

XMのレバレッジの変更する方法

XMのレバレッジ変更も「会員ページ」から行います。

「マイアカウントの概要」からレバレッジ変更したい口座の「オプションを選択する」をクリックし、さらに「レバレッジの変更」をクリックします。

レバレッジ変更画面が表示されるので、最大16書類のレバレッジの中から好きなものを選びましょう。

その後は緑色の「リクエスト送信」ボタンを押すだけです。

XM Zero口座の最大レバレッジは500倍。口座残高の合計が200万円以上だと、最大レバレッジ200倍に制限されます。

 

レバレッジ888倍のメリット

XMでは16種類のレバレッジを設定できますが、おすすめは最高レバレッジの888倍です。

レバレッジが高いとどんなメリットがあるのでしょうか?

 

メリット1、少ない資金でFXトレードができる

レバレッジを高くする最大のメリットは、必要証拠金が少なくなること。10万円程度の少ない資金でも、FXで大きな利益が狙えるようになります。

必要証拠金はどれぐらい少なくなるのでしょうか?

具体例を見てみましょう。

アメリカドル円1万通貨の価値は110万円で、必要証拠金は以下の通りです。

  • レバレッジ1倍:110万円
  • レバレッジ25倍:4万5,000円
  • レバレッジ888倍:1,200円

レバレッジが高くなればなるほど、必要証拠金は少なくなるのです。

必要証拠金が少なくなれば、わずかな資金でも通貨をたくさん保有できるようになり、FXの収益率が大きくアップします。

資金の少ない人ほど、レバレッジは高く設定しましょう。資金が10万円以下なら、最大レバレッジの888倍の方が利益を出しやすいはずです。

 

メリット2、取引数量を増やすことで、FXの収益率がアップする

FXではレバレッジを高く設定することで、必要証拠金が少なくなります。

必要証拠金は、FXでトレードを注文するのに必要なお金のこと。これが少なくなれば、少ない資金でたくさんの通貨を注文できるようになります。

例を見てみましょう。

アメリカドル円1万通貨を注文するのに必要な証拠金は以下の通り。

  • レバレッジ25倍:4万5,000円
  • レバレッジ888倍:1,200円

レバレッジ888倍だと37.5倍もの通貨を保有できるわけです。

たとえば資金が5万円なら、レバレッジ25倍だと1万通貨しか注文できませんが、レバレッジ888倍なら40万通貨も注文できます。

少ない資金でたくさんの通貨を取引するなら、レバレッジの高い海外FXがおすすめ。

 

メリット3、ゼロカットシステムを最大限活用できる

レバレッジが高いと、ゼロカットシステムをフル活用できます。

通貨量を増やしてハイリスクなトレードをしても、FXトレーダーの損失は入金額までに限定されるからです。

たとえばFX口座に5万円入金して、40万通貨(4ロット)注文したとしましょう。通貨量が非常に多いため、20 pips得るだけでも8万円の収益が得られます。

逆に急激な変動で100pipsのマイナスで40万円損したとしても、FXトレーダーが失うのは入金した5万円まで。残りの35万円は請求されません。

このようにゼロカットシステムを活用して、リスクの高いトレードができるのも海外FXの醍醐味です。

 

レバレッジ888倍のデメリット

レバレッジが高いことにも、デメリットはあります。

 

デメリット1、資金を一瞬で失うリスクがある

レバレッジが高いほど、必要証拠金は少なくなり、少ない資金でもたくさんの通貨を注文できるようになります。

ただ取引通貨量(ロット数)を増やしすぎると、わずかな値動きで巨額の損失を被るリスクがあります。

例えばアメリカドル円を1万通貨(0.1ロット)保有するだけなら、20 pipsの損失で2,000円の損失です。

これが10万通貨(1ロット)なら2万円、100万通貨(10ロット)なら20万円の損失となります。

通貨量を増やすほど、損をしたときのダメージも大きくなるのです。取引通貨量を増やすのは、トレードの腕を鍛えてからにしましょう。

 

デメリット2、レバレッジの高い業者は、呑み行為をするリスクがある

レバレッジが高ければ高いほど、業者が「呑み行為」をするリスクも高くなります。

呑み行為とは、トレーダーの利益となる注文を通したように見せかけ、実際には注文しないこと。

STP方式やB-book方式だと、トレーダーの利益はFX業者の損失となり、トレーダーの損失はFX業者の利益となります。

「FXトレーダーの9割は負けている」ので、FX業者としては呑み行為をやったほうが儲かるのです。

XMが呑み行為をやっている証拠はありませんが、レバレッジの高い業者にはそうしたリスクがつきものです。

呑み行為のリスクを最小限に抑えたいなら、Tradeviewなどの信頼できる業者を使いましょう。FXベテラン勢の間で人気のある業者です。

 

レバレッジが制限される条件は?

XMでは常にレバレッジ888倍が適用されるわけではありません。特定の条件でレバレッジが制限されることがあります。

ここからはXMのレバレッジが制限されるケースを見ていきます。

 

XM Zero口座(ECN口座)はレバレッジ500倍

XM Zero口座の最大レバレッジは500倍。最大レバレッジ888倍には変更できません。

XM Zero口座のようなECN口座は、FX業者側の利益が少ないため、レバレッジも低く抑えられる傾向があるのです。

それに加えて、XM Zero口座では入金ボーナス、ロイヤリティプログラム、CFD取引も利用できません。

XMでレバレッジ888倍トレードがしたいなら、スタンダード口座かマイクロ口座で口座開設しましょう。

 

口座残高合計200万円以上で、レバレッジ200倍に規制

XMで口座残高の合計が200万円を超えると、レバレッジが888倍から200倍に規制されます。

200万円は口座残高の合計なので、1つのアカウントが保有しているXMの口座残高すべてを含めます。

規制を解除するには、残高合計が200万円以下になるように出金し、XMの「サポートデスク」に連絡しましょう。

 

一部の通貨ペアはレバレッジが低く設定されている

XMでは一部の通貨ペアはレバレッジが低く設定されています。

  • 50倍:DKK、HKD、CNH、RUBを含む通貨ペア
  • 100倍:TRYを含む通貨ペア
  • 400倍:CHFを含む通貨ペア

マイナー通貨ペアではレバレッジ888倍は適用されません。

値動きの激しいマイナー通貨ペアばかりで、突然の値動きで大きな損失をだすこともあります。XM側としても巨額の損失を抱えるリスクは避けたいのでしょう。

 

CFD銘柄はレバレッジが低く設定されている

XMのCFD銘柄もレバレッジが低く抑えられており、レバレッジ888倍は使えません。 (金/銀は除く)

CFD銘柄ごとのレバレッジは以下の通り。

  • コモディティ(商品):50倍
  • エネルギー:33〜66倍
  • 株価指数:50〜200倍
  • レアメタル:22〜888倍
  • 仮想通貨:5倍(現在は利用できない)

CFD銘柄の詳細は、こちらの記事をご覧ください。

 

相場が大きく動くタイミングでは、レバレッジ規制が入る

政治的に大きなニュースが流れるタイミングでは、相場が大きく動くため、XM側がレバレッジ規制をかけることがあります。(目安は50倍)

例えばアメリカ大統領選挙や、欧州中央銀行の会見などですね。

他にもイギリスでもブレグジット離脱派が選挙で勝利したときに、ポンド円が160円から130円に暴落したことがあります。

いくらFXのテクニックを身につけても、政治的な要因で利益が吹き飛ぶことがあります。注文している通貨ペアの国のニュースは、日ごろからチェックしましょう。

経済指標はXMの「経済指標カレンダー」で確認できます。

 

レバレッジごとの必要証拠金の計算方法

FXではレバレッジが高いほど、必要証拠金が少なくなります。では具体的にどれぐらいの金額が必要になるのでしょうか?

XMの必要証拠金を計算するなら、XMの「計算ツール」を使うと便利です。

通貨ペア、レバレッジ、ロット数などを入力することで、必要証拠金を簡単に計算できます。

特にマイナーな通貨ペアだと、情報が少なく必要証拠金の計算が難しいです。そんなときは計算ツールを使いましょう。

 

レバレッジ888倍でトレードするときに気をつけること

レバレッジ888倍のトレードは非常にリスクが高いです。何も考えずにトレードすると、一瞬で資金を失うリスクもあります。

ここからはレバレッジ888倍でトレードする時に気をつけるべきことを解説します。

 

初めの資金は10万円から

海外FXで最初にトレードするなら、最初の入金額は10万円がベストです。

資金が10万円もあれば、1万通貨運用して20 pips失っても2,000円の損失。あと50回遊べる計算になります。

逆に資金が1万円だとまともな収益が出ませんし、いきなり100万円突っ込むのも危険すぎます。

資金を10万円も入れられないなら、せめて5万円は入れましょう。XMでは最大5万円までは100%入金ボーナスがもらえるからです。

ボーナスが豊富にあれば、証拠金にも余裕ができて、強気なトレードができるようになります。

 

取引ロット数は0.1ロット(1万通貨)から

XMで初めてトレードするなら、取引ロット数は0.1ロットがおすすめ。多くても0.3ロットくらいに抑えましょう。

0.1ロットなら1万通貨で20 pips損しても2,000円の損失です。これが1ロットだと2万円も失うことになります。

取引ロット数が多ければ多いほど、収益も大きくなりますが、同時に損失も大きくなります。

FXトレードに慣れないうちは、取引ロット数は少なめにしましょう。海外FXでは慎重すぎるくらいがちょうどいいのです。

 

逆指値設定をして、損切りを自動化させておこう

FXで注文するときは、損切りする癖をつけましょう。

そうしないと経済指標などでチャートが大きく動いた時に、何百pips何千pipsと損をして、資金を一瞬で失うことがあります。

自動損切りの設定は簡単で、注文するときに20 pipsから40 pipsくらいの逆指値を設定するだけ。これで損失が一定以上になると自動で決済してくれます。

人間は損失を認めることに苦痛を感じる生き物で、損切りをしないとどんどん含み損を抱えることになります。注文するときには損切り設定する癖をつけましょう。

pipsあたりの損失額を調べるなら、XMの「計算ツール」を使うと便利です。

 

ポイントをボーナスに交換するのは、ロスカット・ゼロカットされてから

XMのスタンダード口座とマイクロ口座では、FXトレードするごとにXMポイントが貯まります。貯めたポイントはボーナスクレジットと交換可能。

ただポイントをボーナスクレジットと交換するのは、ロスカット・ゼロカットされてからにしましょう。

ボーナスクレジットは資金の一部なので、大きな損失を抱えたときは、損失分の補てんに使われるからです。

XMポイントの状態であればゼロカットされても損失補填に使われず、あとでボーナスクレジットに交換できます。

XMポイントは資金を失ったときの切り札に残しておきましょう。

 

まとめ:レバレッジ888倍はハイリスク・ハイリターン。うまく使いこなそう!

XMの特徴は最大レバレッジが888倍と非常に高いこと。

レバレッジが高ければ、必要証拠金も少なくなり、ハイリスク・ハイリターンなトレードができるようになります。

その一方で通貨をたくさん保有できるので、膨大な損失を抱え、資金を一瞬で失うリスクもあります。

レバレッジが高い海外FXで利益を出し続けるのは難しく、FXの練習をたくさん積む必要があります。

資金を一瞬で失わないためにも、レバレッジ888倍なら、資金は10万円ロット数は0.1ロットから始めるのがおすすめです。

口座開設で3,000円ボーナスがもらえる
無料で今すぐ登録できます

 

海外FX初心者はXMがおすすめ!

海外FXが初めての方は、XM(公式)がおすすめ。

理由は、入金ボーナスが豊富だから。入金したお金をすべて失っても、ボーナスで再挑戦でき、FXトレードの経験をたくさん積めます。

新規口座開設なら、10万円入金するだけで、6万3,000円分のボーナスが獲得可能。

さらに入金手数料や出金手数料も無料になりやすく、10万円以下の少額トレードと相性がいいです(銀行側の手数料は発生する)。

メールサポートも優秀で、わからないことがあれば気軽に日本語で質問でき、早ければ1日で返信してくれます。

欠点はスプレッドが若干広いこと、ECN手数料が1ロット10ドルと高いこと。スキャルピングトレードとは相性が悪く、デイトレード向けです。

海外FXのことがよくわからない方は、XMを選ぶのが1番無難です。

詳しくはXM公式サイトをご覧ください。

口座開設で3,000円ボーナスがもらえる
無料で今すぐ登録できます
おすすめ海外FXランキング
GemForex(初心者向け)

お金を使わずに海外FXを体験したいなら、GemForexがおすすめ。
口座開設だけで、1〜2万円のボーナスがもらえます。
ボーナスを使い切ったら、XM・LAND-FXに乗り換えるのもアリ。

XM(初心者向け)

FXの資金が10万円以下なら、XMがおすすめ。
口座開設ボーナスで3,000円、100%入金ボーナスで5万円、20%入金ボーナスで45万円もらえます。

LAND-FX(中級者向け)

トレード資金が少ない人には、LAND-FXがおすすめ。
最大50万円の100%入金ボーナスがもらえます。
スプレッドも狭く(USD/JPY 0.8 pips)、デイトレードと好相性。

AXIORY(中級者向け)

少額でスキャルをするなら、AXIORYがおすすめ。
最低入金額が2万円と低く、レバレッジは400倍と高め。
ECN口座の取引手数料が1ロット往復6ドル。
取引ツール「cTrader」はスキャルピングトレードと好相性。

Tradeview(上級者向け)

取引コストを極限まで抑えたいなら、Tradeviewがおすすめ。
ECN手数料が1ロット往復5ドルと、最安値クラス。
取引ツールは「MT5・cTrader」も使えます。
海外FXベテラン勢からも大人気!

この記事を書いた人
むれ

海外FXの情報を発信しているトレーダーです。
サイト運営やSEO、サイトデザインも大好きです。

むれをフォローする
XM
むれをフォローする
海外FX大全
タイトルとURLをコピーしました