おすすめのナンピン・マーチンゲール・グリッドEAまとめ

この記事ではおすすめナンピン・マーチン・グリッドEAを紹介していきます。

目次

グリッド・マーチンゲールEAの基礎知識

マーチンゲールEAはロスカットされやすいです。基本的な運用方法は知っておきましょう。

長期トレンドに逆行すると、破綻リスクが高くなる

マーチンゲールEAのトレードロジックは、基本的にトレンド相場での押し目買い・戻し売りです。

上昇トレンドなら押し目(一時的な下落)で買いポジションを増やし、下降トレンドなら戻し(一時的な上昇)で売りポジションを増やします。

ただこのトレードロジックにも欠陥があり、急激なトレンド変換だとトレンドと反対方向にマーチンゲールをしてしまうことがあります。

例えば以下の画像は、人気マーチンゲールEA「Waka Waka EA」で70%近くのドローダウンを出したときのものです。

2月までは下降トレンドなので売り方向でマーチンゲールをしていますが、3月からの急激な上昇トレンドのせいでリバウンドで利確できず、大きな含み損を抱えることになります。

マーチンゲールEAは収益性・再現性に優れたトレード手法ですが、長期トレンドに逆行するとドローダウンが非常に大きくなります。

ロスカットを避けたいなら、長期トレンドに逆行する前に損切りするなどの判断をしましょう。

破綻リスクはグリッド間隔・ロット増加率で決まる

マーチンゲールEAの破綻リスクは、グリッド間隔とロット増加率の2つで決まります。

1つ目のグリッド間隔は、ポジションを増やしていくpips間隔のこと。例えばグリット間隔が30pipsなら、現在ポジションから30pips逆行するごとにポジションを増やしていくわけです。

グリッド間隔の目安は20pipsから30pipsとなります。間隔が10pips以下だとポジションが増えすぎてロスカットされやすくなりますし、50pips以上だと含み益を確保できず利確が遅くなるからです。

2つ目のロット増加率は、ポジションが増えるごとにどうやってロットを増やしていくかですね。

例えばロット増加率が前回ポジションの2倍なら、1段目ポジションは0.1ロット、2段目は0.2ロット、3段目は0.4ロット、4段目は0.8ロットと倍々で増えていきます。

現在主流のマーチンゲールEAは、ロット増加率「前回ポジションの1.5倍」を採用しています。

マーチンゲールEAの破綻リスクはグリッド間隔とロット増加率の2つでほぼ決まるため、人気マーチンゲールEAのトレードロジックを真似すれば、EAの期待値を高めることもできます。

レバレッジが高いほどロスカットされにくい(理想は1000倍)

グリッド・マーチンゲールEAはポジション段数が増えるにつれて、運用ロットが指数関数的に増えていきます。

1段目ポジションは0.1ロットと低めでも、9段目以降になると1.0ロットから2.0ロット以上になるため、合計の運用ロットは5.0ロット以上になることもあります。

運用ロットが大きくなるほど、必要証拠金が膨大になり、証拠金維持率が圧迫されて、ロスカットされやすくなります。必要証拠金を抑えるためにも、なるべくレバレッジの高い取引口座を使いましょう。

グリッド・マーチンゲールEAを運用するなら、レバレッジの理想は1000倍、最低でも400倍は欲しいです。

おすすめはXMのKIWAMI口座。資金100万円以上でもレバレッジ1000倍で取引できます。

海外FXブローカーは資金枯渇リスクに備えて、有効証拠金が100万円から300万円以上になると、レバレッジ制限を設定することが多い。

最近新しくできたAXIORYのマックス口座もレバレッジ1000倍で取引できますが、こちらは有効証拠金が50万円を超えると、レバレッジ400倍に引き下げられてしまいます。

資金50万円以上で運用するなら、追加口座で資金を分散させましょう。

おすすめ無料ナンピン・マーチン・グリッドEA

ナンピン・マーチン・グリッドEAはトレードロジックがシンプルなため、無料EAでも再現しやすいです。

紹介するEAの多くはマーチンゲールEAですが、ロット増加率を1.0倍にすればナンピンEAとして運用することもできます。

クラック版 Waka Waka EA:マーチンゲールEA

無料で優秀なマーチンゲールEAが欲しいなら、まずはクラック版 Waka Waka EAがおすすめ。

MQL5で販売されている製品版は2,000ドル以上と非常に高額ですが、クラック版なら古いバージョンを無料で利用できます。

クラック版のダウンロードリンクはこちら。

Waka Waka EAは過去5年以上においてフォワード運用で安定した利益を出し続けています。マーチンゲールEAの中ではトップクラスの性能と言ってもいいでしょう。

フォワード運用成績のリンクはこちら。

Waka Waka EAのトレードロジックは以下の通り。

推奨通貨ペアAUDCAD, AUDNZD, NZDCAD
推奨時間足15分足
グリッド間隔25pipsから35pips
ロット増加率前回ポジションの1.5倍から2倍
利確タイミング加重平均で10.0pips

推奨通貨ペアはオセアニア系通貨ペア3種「AUDCAD, AUDNZD, NZDCAD」です。これらはボラティリティが控えめでスプレッドも低めなため、グリッド・マーチンゲールEAと相性がいいです。

グリット間隔は25pipsから35pipsと標準的です。具体的には1段目から3段目までは25pipsと狭めで、4段目以降は30pips以上と広めに設定されています。

ロット増加率のほうも1段目から5段目までは前回ポジションの2倍と高めですが、6段目以降は前回ポジションの1.5倍になっています。合計ロットが大きくなりすぎてロスカットされないようにするためですね。

利確タイミングは加重平均10pips。1段目・2段目で含み損を抱えていても、3段目や4段目を含めて合計10pipsの含み益が出ていれば、その時点で利確します。

クラックEAはMQL5のEAと違って、Webサイトからファイルをダウンロードして、それをMT4の「データフォルダを開く」から展開する必要があります。

クラックEAの使い方・設定方法はこちら。

Grid Free:マーチンゲールEA

マーチンゲールEAを自分でカスタマイズしてみたいなら、Grid Freeもおすすめ。こちらはソースコードを無料公開しているため、グリッド間隔やロット増加率を好きにカスタマイズできます。

Grid Freeのソースコードはこちら。

Grid Freeのトレードロジックはこちら。

推奨通貨ペアAUDCAD, AUDNZD, NZDCAD
推奨時間足5分足
グリッド間隔30pips
ロット増加率前回ポジションの1.5倍
利確タイミング加重平均で15.0pips

基本的なトレードロジックはWaka Waka EAと似せています。ただ段数が増えるごとにグリッド間隔を広げるような機能は無いため、ポジション段数が9段を超えるとロスカットされやすくなります。

ポジションの取り方はRSIとダブルモメンタムを基準にしており、上昇トレンドなら押し目買い、下降トレンドなら戻し売りの要領でマーチンゲールをするようになっています。

ただ急激なトレンド転換ではリバウンドで利確できず、長期トレンドに逆行するマーチンゲールになりやすいです。その場合は手動で決済してもいいでしょう。

EAはあくまでポジションのエントリー・決済を自動化させるためのツールなので、うまく機能していない時は 手動で対処してもOKです。

Dark Venus:マーチンゲールEA

MQL5で無料のマーチンゲールEAが欲しいなら、Dark Venusがおすすめ。MQL5でアカウント登録すれば、無料で入手できます。

Dark Venusのダウンロードリンクはこちら。

Dark Venusのデフォルトのトレードロジックは以下の通り。

推奨通貨ペアEURUSDなど
推奨時間足5分足
グリッド間隔5pips
ロット増加率初期ロットを加算していく
(1段目が0.02ロットなら、2段目は0.04ロット、3段目は0.06ロット)
利確タイミング加重平均で5.0pips

グリット間隔が5pipsと非常に狭いため、先ほど紹介したEAよりもハイリスク・ハイリターンになりやすいです。

ロット増加率は「前回ポジションのロット+初期ロット」となります。例えば1段目が0.02ロットなら、2段目は0.04ロット、3段目は0.06ロット、4段目は0.08ロットと積み増ししていきます。

利確タイミングは加重平均で5.0pipsとやや狭めです。EAの利幅が狭いと取引回数が増えてしまうため、スプレッドの広い口座タイプだと手数料負けしやすくなります。(AXIORY マックス口座Tradeview Xレバレッジ口座など)

またDark Venusのエントリー方法は「ボリンジャーバンド±2σ(シグマ)を超えたらエントリー」なので、長期トレンドに逆行しやすいです。

一般的なマーチンゲールEAよりロスカットされやすいため、入念なバックテストをした上で、デモ口座から運用することをおすすめします。

Dark Venusの使い方・設定方法はこちら。

ナンピン・マーチン・グリッドEAにおすすめの海外FX口座

グリッド・マーチンゲールEAを運用するなら、なるべくレバレッジの高い口座を使いましょう。理想は1000倍、最低でも400倍以上は欲しいです。

XM KIWAMI口座(MT4)

グリッド・マーチンゲールEAを運用するなら、運用口座はXM KIWAMI口座がおすすめ。取引口座のレバレッジが1000倍と非常に高く、マーチンゲールEAをハイリスク運用してもロスカットされにくいです。

レバレッジ1000倍は合計口座残高が40,000ドルになるまで使えます。海外FXでは運用額が100万円以上になるとレバレッジ制限されやすいのですが、XMなら100万円から300万円以上でもレバレッジ1000倍取引ができます。

XMは一部のFX通貨ペアでスワップフリーを提供しています。マーチンゲールEAはポジション保有期間が3日から1週間以上と長くなりやすいため、スワップフリーならトータルの取引コストも抑えられます。

極口座スワップフリー対象銘柄一覧

USDJPY#, EURJPY#, GBPJPY#, AUDJPY#, NZDJPY#, CADJPY#, CHFJPY#, EURUSD#, GBPUSD#, AUDUSD#, NZDUSD#, USDCAD#, USDCHF#, EURGBP#, EURAUD#, EURNZD#, EURCHF#, GBPAUD#, GBPNZD#, GBPCAD#, GBPCHF#, AUDNZD#, AUDCAD#, AUDCHF#, CADCHF#, NZDCAD#, NZDCHF#, GOLD#, SILVER#

引用元

XMはストップアウトも20%と低めなため、証拠金維持率ギリギリのハイリスクトレードをしてもロスカットされにくいです。(Tradeview・国内FX業者だとストップアウトは100%と高め)

そしてXMは運営歴の長い老舗の海外FXブローカーなので、こまめにアービトラージ利用者を追い出しており、資金枯渇からの出金拒否・利益没収リスクも低めです。

EAは資金100万円から300万円ほどで運用するのが一般的なので、なるべく出金リスクの低いブローカーを優先して使ったほうがいいです。XM KIWAMI口座はマーチンゲールEAと非常に相性が良い口座です。

XM公式サイトはこちら

AXIORY マックス口座(MT4)

グリッド・マーチンゲールEAを運用するなら、第二候補としてAXIORY マックス口座もおすすめ。こちらもXMと同じようにレバレッジ1000倍で取引できます。

ただマックス口座は有効証拠金が50万円を超えるとレバレッジが1000倍から400倍に引き下げられます。有効証拠金が50万円を超える前に利益出金資金移動をしておきましょう。

あるいはマックス口座の追加口座を開設して、資金50万円以下で分散運用するのも有効です。

ただマックス口座はXM KIWAMI口座よりもスプレッドが広めで、利幅の狭いトレードロジックだと利益を出しにくくなります。

AXIORY マックス口座はメイン運用には適していません。XMで稼ぎすぎて追い出されてしまった、あるいはXMとは別でリスク分散したい、などの用途で使うのが望ましいです。

AXIORY マックス口座の特徴はこちら。

AXIORY公式サイトはこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

海外FXの稼ぎ方

海外FXのおすすめな稼ぎ方はこちら。

運用額が100万円以下なら、裁量スイングトレードがおすすめ。トレンド相場でピラミッディング、レンジ相場でナンピンと使い分けることで、常に期待値の高いトレードができます。

運用額が100万円から300万円なら、EA自動売買(Grid EA Pro運用)がおすすめ。エントリー・決済を自動化でき、FXの収益化が楽になります。

運用口座はレバレッジ1000倍+スワップフリーのXM KIWAMI口座がおすすめです。

運用額が300万円から1,000万円以上なら、スワップアービトラージもおすすめ。カウンターパーティリスクは高くなりますが、為替リスクなしで1日10万円前後の収益を狙えます。

この記事を書いた人

海外FXの情報を備忘録としてまとめています。
運用は自己責任でお願いします。
Twitterで「海外FXの有益情報bot」も運用してます。

目次