AXIORYの口座解約・退会方法まとめ

「AXIORYが自分に合わないな」と感じた場合、口座解約を検討することもあるでしょう。

ただAXIORYは口座解約の専用フォームはなく、少しわかりにくいところがあります。

さらに不用意に口座を解約してしまうと、二度とそのアカウントでログインできなくなり、思わぬデメリットを被ることもあります。

口座解約するにあたって気をつけるべきことはあるのでしょうか?

この記事では、AXIORYの口座解約についてわかりやすく解説します。

口座解約は、AXIORYの「日本語サポートデスク」から行えます。

目次

AXIORYの口座解約は「サポートデスク」から行う

AXIORYの口座解約は、AXIORYの「日本語サポートデスク」から行えます。

サポートの連絡先・営業時間は以下の通り。

Japanese Support desk 日本語サポート

  • メールでのサポート対応時間:日本時間 月曜から金曜 9:00 ~24:00
  • チャットでのサポート対応時間:日本時間 月曜から金曜 9:30~23:30
  • メールアドレス:jpsupport(at)axiory.com

土日はサポートに連絡がつながらないので注意しましょう。平日に連絡をすれば、1日以内にはメールで返信されます。

私も実際にサポートは使ったことがあります。メールの文面も丁寧でわかりやすく、特に問題なくやりとりできました。

サポートデスクの連絡先は、AXIORYの「日本語サポートデスク」で確認できます。

AXIORYの口座解約の方法

AXIORYの口座解約は、サポートデスクにメールで申請します。

メールの文面には解約したい旨と、以下の情報を追記しておくと、手続きがスムーズになります。

  • トレーダーの氏名
  • 口座アカウント番号
  • 口座解約の理由

むこうもビジネスでやっているので、堅苦しい挨拶などは必要ないでしょう。

ただ口座解約すると、二度とその口座アカウントにはログインできなくなります。解約は慎重に行いましょう。

サポートデスクの連絡先は、AXIORYの「日本語サポートデスク」で確認できます。

口座解約前にやっておくべきこと

ここからはAXIORYで口座解約をする前にやっておくべきことをまとめておきます。

口座から全額出金しておく

口座解約する前には、口座内の資金を全額出金しておきましょう。

出金方法は、国内銀行出金がおすすめ。利益出金できますし、Curfex経由だと国内送金扱いになり、出金手数料も安く抑えられるからです。

口座出金は、AXIORYの「トップページ→MyAxiory」から行います。

保有ポジションをすべて決済しておく

口座解約する前には、保有ポジションを全て決済しておきましょう。

ポジションの決済は、取引ツールの「MT4cTrader」で行います。

取引ツールをもう一度ダウンロードするのが面倒なら、「WebTrader」や「cTrader Web」を使いましょう。

余計なアプリをインストールせずに、ポジションを決済できます。

取引ツールで取引履歴をダウンロードしておく

口座解約する前には、取引履歴のダウンロードもしておきましょう。

口座解約してしまうと、二度とその口座アカウントにはログインできなくなり、取引ツールも閲覧できなくなります。

FXの取引履歴は、確定申告で使います。確定申告するときに、FXトレードの履歴がわからないと、収益や損失の計算ができなくなります。

確定申告をスムーズにするためにも、AXIORYで口座解約する前には、取引履歴をダウンロードをしておきましょう。

MT4の取引履歴のダウンロード方法は、こちらの記事をご覧ください。

cTraderの取引履歴のダウンロード方法は、こちらの記事をご覧ください。

取引履歴をダウンロードするには、デスクトップ版の取引プラットフォームが必要。

デスクトップ版は、AXIORYの「MT4cTrader」でダウンロードできます。

AXIORYの口座を放置しても、デメリットはない

AXIORYの口座を放置しても、特にデメリットはありません。

具体的に言うと、口座休眠、口座凍結、口座維持手数料などは発生しません。

AXIORYには放置による口座休眠・凍結はない(ペナルティは除く)

AXIORYではトレードをせずに口座を放置しても、口座が休眠・凍結になりません。(2023年7月から1年以上使っていない口座は休眠口座に、残高ゼロのまま3ヶ月放置された口座は凍結口座になります。)

追加口座をたくさん開設して、いろいろなトレード戦術を試して、そのまま放置しても、口座が使えなくなるといった心配はありません。

今使っているAXIORYの口座タイプが気に入らないなら、新しい口座を作って、それに乗り換えましょう。

追加口座開設は、AXIORYの「トップページ→MyAxiory」から行えます。

AXIORYでは口座維持手数料は発生しない

AXIORYでは口座維持手数料も発生しません。複数の口座にお金を入れたまま放置していても、残高は減らないわけですね。(2023年7月から1年以上使っていない口座は口座維持手数料が月5ドル取られるようになりました)

追加口座をたくさん開設して、同時運用するスタイルなら、AXIORYは相性が良いです。

追加口座開設は、AXIORYの「トップページ→MyAxiory」から行えます。

AXIORYで口座解約した後におすすめの海外FX業者

海外FX業者はAXIORY以外にもたくさんあります。

もしAXIORYが気に入らず、他の海外FX業者に乗り換えたいなら、以下の海外FX業者はいかがでしょうか?

Tradeview:ECN口座の取引手数料がダントツで低い

AXIORYを使っていた人に1番おすすめしたいのが、Tradeviewです。特徴を一言で言うと、AXIORYの上位版。

TradeviewはECN口座の取引手数料が1ロット往復5ドルと最安値クラス。AXIORYのナノスプレッド口座の6ドルよりも1ドル低いです。

さらにTradeviewは取引ツールとして、MT4・MT5・cTraderに対応しています。AXIORYではMT5は使えませんでしたね。様々な取引ツールを試してみたい方にも、Tradeviewは相性が良いです。

ただTradeviewには以下のデメリットがあります。

  • ECN口座のレバレッジが200倍と低い
  • 最低入金額が10万円と高め
  • 最低取引単位が0.1ロット(10,000通貨)と大きめ
  • ロスカットラインが100%と高め

Tradeviewは確かにAXIORYより性能が上ですが、資金に余力のあるトレーダーでないと使いこなすのが難しいです。

詳しくはTradeview公式サイトをご覧ください。

まとめ:口座解約前は取引履歴のダウンロードを忘れずに

ここまでAXIORYの口座解約について解説しました。

AXIORYには専用の口座解約フォームがなく、AXIORYのサポートデスクから連絡して、口座解約手続きをする必要があります。

口座解約はメールで申請できますが、以下の3つはやっておきましょう。

  1. 口座から全額出金しておく
  2. 口座内の保有ポジションを全て決済しておく
  3. 取引ツールで取引履歴をダウンロードしておく

特に取引履歴のダウンロードは重要で、確定申告の時にトレードの収益データがないと、損益の集計が難しくなります。

AXIORYでは口座凍結や口座維持手数料が発生しないため、口座を放置しても困ることはありません。むしろ解約後のうっかりミスが怖いので、口座解約は慎重に行いましょう。

AXIORYの口座解約は、AXIORYの「日本語サポートデスク」から行えます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

海外FXの稼ぎ方

海外FXのおすすめな稼ぎ方はこちら。

  1. XMの3種ボーナスを獲得する
  2. 高収益トレード手法を体得する
  3. AXIORYTradeviewのcTrader口座に乗り換える

まずはトレード練習用にXMの3種ボーナスを獲得しましょう。10万円の入金額をおよそ17万円に増やせます。

XM自体も最大レバレッジが1000倍と非常に高く、ナンピン段数を増やしすぎても証拠金維持率がそれほど圧迫されず、ロスカットされにくいです。(XMのレビュー記事へ

XMのボーナスの練習台には、スイング軸ピラミッディングトレードがおすすめ。日足10EMA付近にリミット注文を置くだけなので、FX初心者でも実践しやすいです。(裁量トレードのやり方・始め方

裁量トレードに慣れてきたら、AXIORYTradeviewに乗り換えましょう。どちらも高性能FXプラットフォーム「cTrader」に対応しており、裁量トレードが快適になります。(AXIORYのcTraderTradeviewのcTrader

AXIORYは会員ページが使いやすく、入出金・資金移動・追加口座開設・デモ口座をスムーズに行えます。ただしゴールド(XAUUSD)の銘柄レバレッジは100倍と低めです。(AXIORYのレビュー記事へ

Tradeviewは会員ページがやや使いにくいですが、取引コストが非常に低いA-bookブローカーです。ゴールドの銘柄レバレッジは400倍ですし、bitwallet入出金にも対応しています。(Tradeviewのレビュー記事へ

この記事を書いた人

海外FXの情報を備忘録としてまとめています。
運用は自己責任でお願いします。
Twitterで「海外FXの有益情報bot」も運用してます。

目次