おすすめの海外FX業者はこちら!
海外FXでなかなか勝てない人へ

海外FXでのトレード勝率を上げたいなら、こちらの記事をどうぞ。
海外FXの基本戦術をまとめています。

おすすめトレード手法を見る ▷

AXIORY(アキシオリー)の口座開設方法まとめ。開設後にやること・おすすめの設定内容は?

AXIORYでFXトレードをするには、まずAXIORYで口座開設する必要があります。

ただ海外FXの口座開設は入力項目が意外と多く、口座タイプや取引ツールなどで迷うこともあるでしょう。

そこでこの記事では、口座開設方法とおすすめの設定方法をわかりやすく解説することにしました。

口座開設は、AXIORYの「口座開設ページ」から行えます。

 

AXIORY口座開設前に用意する書類

AXIORYで口座開設する前には、2種類の確認書類をスマホで撮影しておきましょう。

  • 本人確認書類(免許証、パスポートなど)
  • 住所確認書類(健康保険証、住民票の写しなど)

本人確認書類は、登録者が本人であることを証明するもの。運転免許証やマイナンバーカード、パスポートなどが該当します。

住所確認書類は、登録者がその住所に住んでいることを証明するもの。健康保険証や公共料金の支払い明細書、住民票などが該当しますね。

ただし住所確認書類は、6カ月以内に発行していることが条件となります。発行したての住所確認書類が欲しいなら、住民票の写しがおすすめ。

マイナンバーカードを持っていれば、コンビニで簡単に発行できます。マイナンバーカードを持っていなければ、市役所などで発行しましょう。

確認書類は、AXIORYの「取引条件→口座開設必要書類」で確認できます。

 

AXIORYの口座開設手順

ここからは実際にAXIORYで口座開設するまでの手順を述べていきます。

 

手順1、AXIORY公式サイトにアクセスする

まずはAXIORY公式サイトにアクセスしましょう。

 

手順2、「お取引口座の開設」の緑ボタンをクリックする

公式サイトのトップページにある「お取引口座の開設」という緑ボタンをクリックします。

海外FXが全くの初めてで、お金を失うのが怖い方は、デモ口座の開設でもかまいません。その場合は「デモ口座の開設」と黄色ボタンをクリックしましょう。

 

手順3、個人口座開設フォームで情報を入力する

「お取引口座の開設」ボタンを押すと、AXIORYの口座開設フォームに移動します。

入力項目がたくさん表示されるので、少しずつ埋めていきましょう。

 

ステップ1、基本情報

まずは登録者の連絡先から入力します。入力する内容は5つ。

  • 名(ローマ字)
  • 姓(ローマ字)
  • お名前(漢字)
  • メールアドレス
  • お電話番号

1つ目と2つ目の入力項目の姓名は、ローマ字入力なので注意しましょう。

登録したメールアドレスには、口座アカウント番号やパスワードなどが送信されます。捨てアドではなく、メインのメールアドレスを登録しましょう。

電話番号も登録必須項目となっていますが、海外FX業者から電話かかってくることはほとんどありません。サポートのやりとりも基本はメールです。

多額の損失を抱えたり、ロスカットされたりしても、電話で怒られることはないので、安心して登録してください。

入力項目は、AXIORYの「口座開設ページ」で確認できます。

 

ステップ2、詳細情報

ここからは登録者自身の属性を答えていきます。

お客様の属性

「お客様の属性」の項目では、以下の情報を入力します。

  • 性別(男性/女性)
  • 生年月日

性別も生年月日も、入力で迷うことはないはずです。

 

お客様の現住所

「お客様の現住所」の項目では、以下の情報を入力します。

  • 国名
  • 都道府県
  • 市区町村
  • 番地等、建物名、部屋番号
  • 郵便番号
  • 納税義務国:Japan
  • 国籍:Japan
  • 出生地:Japan

住所はローマ字で入力するので、注意しましょう。日本語の住所をローマ字に変換するなら、「JuDress」というサイトが便利です。

郵便番号を入力するだけで、自動でローマ字の住所を出力してくれます。

 

アメリカ居住者かどうかの質問

次は以下の2つの質問に答えます。

  1. アメリカ合衆国に納税義務があるか?
  2. 公的に重要な立場の人(PEP, Politically Exposed Person)であるか?

口座を作りたいなら、どちらの質問にも「いいえ」で答えましょう。

余談ですが、アメリカに居住している人は、海外FX口座を作れません。

アメリカ居住者は「ドット・フランク法」という法律で守られており、アメリカで認可を受けていない金融業者は、アメリカ居住者を顧客にできないからです。

一連の入力項目は、AXIORYの「口座開設ページ」で確認できます。

 

ステップ3、投資に関する質問

ここからは登録者自身の投資経験を答えていきます。投資の経験がなくても、AXIORYで口座開設できますのでご安心ください。

「金融取引の経験」では、以下の情報を入力します。

  • 最終学歴
  • 現在の就業状況
  • 年収
  • おおよその資産額

年収や資産額が低くても、問題なく口座解説できます。正直に答えましょう。

次の項目では以下の質問に答えます。

  • 金融業界(ForexやCFDなど)のサービスや商品、および関連するリスクを理解するための知識や経験はありますか?

選択肢が4つありますが、「未経験」で答えてOKです。

次の投資の目的でも4つの質問に答えていきます。

  • 投資の目的は?
  • どのくらいの期間で投資する?
  • 純資産の内、何パーセントを投資する?
  • 投資の資金源は?

これらの回答によって口座開設が否認される事はありません。正直に答えましょう。

一連の入力項目は、AXIORYの「口座開設ページ」で確認できます。

 

ステップ4、トレードアカウントの作成準備

次は口座アカウントの設定です。

以下の4つの項目の中から好きなものを選び、口座をカスタマイズしましょう。

  • レバレッジ設定(1〜400倍)
  • 取引プラットフォームの選択(MT4/cTrader)
  • アカウントタイプの選択(スタンダード/ナノスプレッド)
  • 通貨の選択(JPY/USD/EUR)

ここは重要な項目なので、それぞれ1つずつ解説します。

 

レバレッジのおすすめは?

AXIORYでは以下の8種類のレバレッジを利用できます。

  • 1倍、10倍、25倍、50倍、100倍、200倍、300倍、400倍

おすすめは最大レバレッジの400倍。レバレッジが高ければ高いほど、必要証拠金が少なくなり、FXトレードができるようになります。

10〜50万円の資金でトレードをするなら、レバレッジは400倍がおすすめ。

レバレッジの変更は、AXIORYの「トップページ→MyAxiory」で行えます。

 

取引プラットフォームのおすすめは?

AXIORYの取引ツールは、MT4とcTraderの2種類。

裁量トレードをするならcTrader、自動売買をするならMT4がおすすめです。

特にcTraderはECN口座でのスキャルピングトレードに特化した取引ツールで、操作性に優れています。MacOSのように直感的に使えるシンプルデザインです。

どちらか迷ったら、まずはcTraderを選びましょう。そのあとで自動売買がしたくなったら、追加口座でMT4アカウントを作ればいいだけです。

詳しくはAXIORYの「MT4cTrader」をご覧ください。

 

アカウントタイプのおすすめは?

AXIORYの口座タイプは、スタンダード口座とナノスプレッド口座の2種類。

特にこだわりがなければ、ナノスプレッド口座がおすすめ。

理由は以下の通りです。

  • スタンダード口座よりスプレッドが狭い
  • ECN口座なのにレバレッジが400倍と高め
  • 最低入金額が2万円と低め

逆にスタンダード口座はSTP口座の割にボーナスが使えず、レバレッジもそれほど高くないので、おすすめ度が低いです。

もしスタンダード口座が使いたくなったなら、追加口座から作り直すことも可能です。まずはナノスプレッド口座で口座開設しましょう。

口座タイプは、AXIORYの「取引条件→口座タイプ」で確認できます。

 

通貨はどれがおすすめ?

AXIORYのFX口座では、日本円・アメリカドル・ユーロの3種類の通貨が使えます。

おすすめは日本円。日本人がFXトレードをするなら、やはり日本円の感覚でトレードした方が、損失・利益の実感が湧きやすいからです。

さらに日本円の口座だと、手数料の安い国内銀行送金が使えます。逆にアメリカドル・ユーロ口座だと、国内銀行送金が使えません。

以上のことから、取引通貨は日本円が1番おすすめ。

 

ステップ5、IDと現住所確認書類の提出

口座アカウントの設定が終わると、次は本人確認書類の提出です。

以下の3種類の画像をアップロードしましょう。

  • 本人確認書類(免許証、パスポート、マイナンバーカードなど)
  • 本人確認書類のセルフィー(自撮り画像)
  • 住所確認書類(住民票の写しなど)

アップロード先は、AXIORYではなく「Jumio」という別の認証サイトです。

本人確認書類の提出はあとでもできます。写真や画像の準備ができていないなら、後回しにしても良いでしょう。

注意点としては、住所確認書類は6ヶ月以内に発行したものであること。発行したての書類が欲しいなら、書類は「住民票の写し」がおすすめ。

マイナンバーカードを持っていれば、コンビニで200円くらいで発行できます。マイナンバーカードを持っていないなら、市役所で発行しましょう。

これでAXIORYの口座開設手続きは以上です。

一連の手続きは、AXIORYの「口座開設ページ」で行えます。

 

手順4、口座開設後に届くメールを確認する

口座開設が完了すると、早ければ24時間以内に口座開設完了のメールが届きます。

メールには口座アカウント番号やパスワード、会員ページ「MyAxiory」のパスワードが記載されているので、なくさないようにしましょう。

特に「MyAxiory」は、AXIORYの口座入金・出金、追加口座の開設などを行う重要なページです。確認のために一度はログインしておきましょう。

会員ログインは、AXIORYの「トップページ→MyAxiory」から行えます。

 

AXIORYの口座開設が終わった後にやること

AXIORYで口座開設しただけでは、まだFXトレードはできません。その後に口座入金したり、取引ツールをダウンロードしたりする必要があります。

ここからはAXIORYで口座開設をした後にやるべきことをまとめておきます。

 

AXIORYの会員ページ「MyAxiory」にログインしてみる

口座開設が終わったら、まずは会員ページ「MyAxiory」にログインしてみましょう。

ログインパスワードは、AXIORYで口座開設した後のメールに記載されています。

「MyAxiory」では、口座残高の確認や、口座の入金・出金、レバレッジの変更、追加口座開設などが行えます。重要なページなので、AXIORYをメインに使うならブックマークしましょう。

会員ログインは、AXIORYの「トップページ→MyAxiory」から行えます。

 

AXIORYで取引ツール「MT4・cTrader」をダウンロードする

AXIORYでFXトレードするには、取引ツールも必要です。

口座開設が終わったら、AXIORYの「MT4cTrader」で取引プラットフォームをダウンロードしましょう。

AXIORYの取引プラットフォームは、MT4・cTraderの2種類。自動売買メインならMT4、裁量トレードメインならcTraderがおすすめです。

詳しくはAXIORYの「MT4cTrader」をご覧ください。

 

取引を始めるために、まずは口座入金をする

AXIORYでリアルマネーを使ったトレードをするには、開設した口座に入金する必要があります。

AXIORYの口座入金は、会員ページの「MyAxiory」から行います。

入金方法は国内銀行入金がおすすめ。利益出金ができますし、Curfex経由だと手数料を安く抑えられるからです。

逆にクレジットカード入金はやめておきましょう。出金経路と出金額が大きく制限され、出金するときに苦労させられます。

入金方法は、AXIORYの「入出金方法」で確認できます。

 

ある程度利益が出たら、口座から出金する

FX口座の資金が十分に増えたら、口座出金もしておきましょう。口座にお金を溜めすぎると、ロスカット・ゼロカットのダメージが大きくなるからです。

出金方法は国内銀行出金がおすすめ。理由は出金手数料を安く抑えられるからです。

Curfex経由だと国内銀行送金扱いになるため、海外銀行送金による送金手数料が発生しません。

海外送金は受け取り側の銀行でも3,000円くらいの手数料が取られるので、それが節約できるのはありがたいですね。

口座出金は、AXIORYの「トップページ→MyAxiory」から行います。

 

他の取引ツール・口座タイプを試したいなら、追加口座も作ってみる

AXIORYの口座タイプ・取引ツールの組み合わせでおすすめなのが、ナノスプレッド口座とcTraderです。

ただトレードの戦術を広げるために他の口座タイプも試してみたいのなら、追加口座を開設できます。

追加口座開設は、AXIORYの「トップページ→MyAxiory」から行えます。

 

AXIORY口座開設に関するよくある質問

ここからはAXIORYの口座開設に関して、質問にお答えします。

 

AXIORYで口座開設するには、どんな書類が必要?

AXIORYで口座開設するには、2種類の本人確認書類と、3種類の画像が必要です。

  • 本人確認書類(免許証、パスポート、マイナンバーカードなど)
  • 本人確認書類のセルフィー(自撮り画像)
  • 住所確認書類(住民票の写しなど)

アップロード先は本体ではなく、「Jumio」という別の認証サイト。

アップロードするタイミングは口座開設時ではなく、口座開設後でもかまいません。

確認書類は、AXIORYの「取引条件→口座開設必要書類」で確認できます。

 

AXIORYで口座開設するなら、口座タイプはどれがおすすめ?

口座タイプは、ナノスプレッド口座がおすすめ。

スプレッドが非常に狭く、ECN口座なのでスプレッドが広がりにくいです。

取引ツール「cTrader」と組み合わせることで、取引コストを低く抑えつつ利益率の高いトレードができるようになります。

逆にスタンダード口座はおすすめしません。STP口座なのに、ボーナスももらえず、レバレッジも低めだからです。

ナノスプレッド口座は、AXIORYの「取引条件→口座タイプ」で確認できます。

 

AXIORYで口座開設するなら、取引ツールはどれがおすすめ?

取引ツールは、cTraderがおすすめ。

スキャルピングトレードに特化しており、約定・決済のスピードも早く、ワンタップ注文にも対応しています。他にも板情報や経済指標の確認ができ、cTraderアプリ単体で最低限の情報収集も済ませられます。

MT4よりも使いやすく、裁量トレードをするならcTraderがおすすめ。逆にEA自動売買をするなら、プログラムの種類が豊富なMT4を選びましょう。

詳しくはAXIORYの「MT4cTrader」をご覧ください。

 

AXIORYで口座開設した後は、どれくらい入金すべき?

海外FXが初めてなら、最初の入金額は10万円がおすすめ。0.1ロット取引をして、20 pips損をしても2,000円の損失。これで最低50回くらいトレードができます。

逆にこれが1万円だと少なすぎて利益が出ませんし、100万円以上も突っ込むのも非常にリスキーです。

海外FXはレバレッジが高いため、リスクの高いトレードとなります。そのため失ってもすぐには生活に影響の出にくい金額の10万円が適正と言えます。

口座入金は、AXIORYの「トップページ→MyAxiory」から行えます。

 

まとめ:AXIORYの口座開設は、ちょっとめんどくさい

ここまでAXIORYの口座開設について解説してきました。

口座開設は、AXIORYの「口座開設ページ」から行えます。

AXIORYの口座開設は入力項目が多く、煩雑です。GemForexのように簡単にはいきません。口座開設するなら、まとまった時間を確保しておきましょう。

AXIORYでの口座開設が初めてなら、口座タイプの組み合わせは「ナノスプレッド口座・cTrader」がおすすめ。

両方組み合わせることで、取引コストを大きく削減でき、デイトレード・スキャルピングトレードの利益率がアップします。

作った口座が気に入らなければ、別の口座タイプ・取引ツールで作り直しましょう。

追加口座開設は、AXIORYの「トップページ→MyAxiory」から行えます。

タイトルとURLをコピーしました