Tradeview 1ロット通貨量・最大ロット・最小ロット・最大ポジション数

この記事ではTradeviewの1ロット・最大ロット・最小ロットについて解説していきます。

Tradeviewのロット仕様は、英語版Tradeview「Accounts」で確認できます。

目次

Tradeviewの1ロット:10万通貨

Tradeviewの1ロットは100,000通貨(10万通貨)です。Tradeviewはマイクロ口座を提供していないため、口座タイプで1ロット通貨量が変わることはないです。

海外FXの1.0ロットは大きな通貨量です。具体的な収益目安も見ておきましょう。

例えばドル円/USDJPYを1.0ロット保有した場合、利幅10pipsなら収益は100ドル、100pipsなら1,000ドルとなります。

あるいはゴールド/XAUUSDを1.0ロット保有した場合、利幅100pipsなら収益100ドル、1000pipsなら1,000ドルとなります。特にcTraderだと大体「ゴールドの1pips=FX通貨ペアの0.1pips」となります。

海外FXの裁量トレードでは1.0ロットは基本単位なので、大まかな収益額は知っておきましょう。

Tradeviewのロット仕様は、英語版Tradeview「Accounts」で確認できます。

Tradeviewでの1ロットの必要証拠金

Tradeviewでの1ロットの必要証拠金も見ておきます。

FX通貨ペアは裁量トレードで人気なゴールド・ドル円をピックアップしています。

口座レバレッジ1.0ロットの必要証拠金(XAUUSD)1.0ロットの必要証拠金(USDJPY)
400倍500ドル250ドル
200倍1,000ドル500ドル

レバレッジ400倍だとゴールド1ロットの必要証拠金は500ドルに抑えられますが、レバレッジ200倍だと2倍の1,000ドルになってしまいます。レバレッジと必要証拠金は反比例しています。

レバレッジが高ければ高いほど、必要証拠金が少なくなり、証拠金維持率も圧迫されにくくなります。結果としてハイリスクな運用をしてもロスカットされにくくなります。

Tradeviewのロット仕様は、英語版Tradeview「Accounts」で確認できます。

Tradeviewの最大ロット:75ロット

Tradeviewの最大ロットは75ロット(750万通貨)です。これは1ポジションあたりの最大ロットで、口座単位なら75ロット*200ポジションで15,000ロット保有できます。

質問18(最大ロットはいくら?)

Due to our liquidity, the highest lot size we offer per ticket is 75 lots (this can be customized depending upon the client and certain criteria).

日本語訳:流動性のため、チケットごとに提供する最大ロットサイズは75ロットです(これはクライアントと特定の基準に応じてカスタマイズできます)。

Tradeview「Frequently Asked Questions」

ただレバレッジの高い海外FXブローカーとはいえ、75ロット取引するには口座に数千万円の資金を入れておく必要があります。1000万円以上で運用するなら、完全信託保全があり出金リスクの低い国内FXブローカーを使ったほうがいいです。

海外FXは10万円から100万円の資金を1,000万円に増やすことを想定しており、それ以降は国内FXや株式投資、投資信託に切り替えるのが一般的です。

運用ロットも1.0ロットから10.0ロットで充分なので、75ロット取引を想定する必要はないでしょう。

Tradeviewのロット仕様は、英語版Tradeview「Accounts」で確認できます。

Tradeviewの最小ロット:0.01ロット(ILC口座は0.1ロット)

Tradeviewの最小ロットは、口座タイプによって異なります。

口座タイプ最小ロット
Xレバレッジ口座・cTrader口座0.01ロット(100通貨)
ILC口座0.1ロット(1,000通貨)

Xレバレッジ口座cTrader口座は最小ロットが0.01ロットです。極小ロットでリアルフォワードのスリッページを計測したり、マーチンゲールEAを低リスク運用(1段目0.01ロット)するのに向いています。

一方ILC口座の最小ロットは0.1ロットと大きめです。ILC口座はスプレッド・取引手数料が優秀ですが、マーチンゲールEAを低リスク運用(1段目0.01ロット)できないデメリットがあります。

もっと小さな通貨量で取引したいならXMマイクロ口座もおすすめ。1ロット=1,000通貨なので、0.01マイクロロット=10通貨で取引できます。

Tradeviewの最小ロットは、英語版Tradeview「Accounts」で確認できます。

Tradeviewの最大ポジション数:200

Tradeviewの最大ポジション数は200です。そして1ポジションあたりの最大ロットは75ロットなので、制度上は15,000ロットまで保有できます。

ただ海外FXは資本効率が高いため、運用ロットは資金10,000ドルあたり3.0ロットから5.0ロットくらいで十分です。口座に億単位のお金を入れていない限り15,000ロットで取引する必要はないです。

ポジション数もピラミッディングトレードなら3個から10個、マーチンゲールEAでも最大15個前後で収まります。よほど特殊な使い方をしない限り、最大ポジション数200を気にする必要はないでしょう。

Tradeviewのロット仕様は、英語版Tradeview「Accounts」で確認できます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

海外FXの稼ぎ方

海外FXのおすすめな稼ぎ方はこちら。

運用額が100万円以下なら、裁量スイングトレードがおすすめ。トレンド相場でピラミッディング、レンジ相場でナンピンと使い分けることで、常に期待値の高いトレードができます。

運用額が100万円から300万円なら、EA自動売買(Grid EA Pro運用)がおすすめ。エントリー・決済を自動化でき、FXの収益化が楽になります。

運用口座はレバレッジ1000倍+スワップフリーのXM KIWAMI口座がおすすめです。

運用額が300万円から1,000万円以上なら、スワップアービトラージもおすすめ。カウンターパーティリスクは高くなりますが、為替リスクなしで1日10万円前後の収益を狙えます。

この記事を書いた人

海外FXの情報を備忘録としてまとめています。
運用は自己責任でお願いします。
Twitterで「海外FXの有益情報bot」も運用してます。

目次