Tradeview cTraderの使い方・始め方・ダウンロード・ログイン・取引方法

この記事ではTradeview cTraderの使い方・ダウンロード方法を解説していきます。

Tradeview公式サイトはこちら

目次

Tradeview cTraderの使い方・ダウンロード方法

手順1:TradeviewでcTrader口座を開設する

TradeviewでcTraderを利用するには、デモ・リアルを問わずcTrader口座が必要です。

cTraderリアル口座の開設は、Tradeview新規口座開設ページから行えます。

cTraderデモ口座の開設は、cTrader デモ口座開設ページから行えます。

手順2:TradeviewでcTraderをダウンロード・インストールする

cTrader口座の開設ができたら、TradeviewのcTraderページにアクセスし、お手持ちのデバイスにcTraderをダウンロードします。

ダウンロード方法はお手持ちのデバイス・OSによって異なります。

  • WindowsOS:ソフトウェア版cTraderをダウンロード・インストール
  • macOS:Webブラウザ版cTraderにアクセス(ソフトウェア版は非対応)
  • スマホ・タブレット:App Store・Google PlayでcTraderアプリをダウンロード

cTraderを使う場合、TradeviewのcTrader・純正cTraderのどちらかを使いましょう。他のブローカーのcTraderだと、TradeviewのcTrader口座にログインできないことがあります。

手順3:cTraderで口座ログインする

cTraderのダウンロード・インストールができたら、起動して口座ログインしましょう。

口座ログインには以下の2つの情報が必要です。

  • 口座アカウント番号
  • ログインパスワード

これらの情報はTradeviewの口座開設完了メールに記載されています。忘れてしまった場合はメールボックスから再確認しましょう。

口座開設完了メールが見つからない、あるいは削除してしまった場合は、Tradeviewのサポートデスクに連絡して対応してもらいましょう。

cTraderにログインできない場合は?

cTraderにログインできない場合、以下の原因が考えられます。

  • 口座番号・パスワードの入力ミス(コピペ推奨)
  • 口座が休眠・凍結状態
  • デモ口座の有効期限切れ

Tradeviewでは取引口座を長期間放置していると、口座休眠・口座凍結になることがあります。

入力情報が正しいのにログインできない場合は、Tradeviewのサポートデスクに連絡して原因を調査してもらいましょう。

手順4:cTraderで取引を始める

cTrader口座のログインに成功したら、FX取引を始められるようになります。裁量トレードをしてみましょう。

cTrader口座でトレードをするなら、トレード手法は裁量トレードがおすすめ。

トレンド相場ではピラミッディング、レンジ相場では逆張りナンピンと使い分けることで、FX初心者でもリスクリワードの高いトレードを実現できます。

cTraderでの自動売買はおすすめしません。cTraderの自動売買プログラム「cBots」は種類が少なく、トレードロジックの選択肢が限られるからです。

EA自動売買をするなら、EAの種類が多いMT4口座を使いましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

海外FXの稼ぎ方

海外FXの運用額が100万円以下なら、裁量トレードがおすすめ。トレンド相場ではピラミッディング、レンジ相場ではナンピンと使い分けることで、常に期待値の高いトレードができます。

裁量トレードの始め方はこちら。

運用額が100万円から300万円ほどなら、EA自動売買がおすすめ。エントリー・決済を自動化できるため、FXの収益化が楽になります。

運用EAは無料EA「Grid EA Pro」がおすすめ。MQL5アカウントを持っていれば無料ダウンロードできます。無料グリッドEAの中では収益性・リスクリワードがトップクラスです。

Grid EA Proの使い方はこちら。

運用額が300万円以上なら、スワップアービトラージがおすすめ。カウンターパーティリスクは高くなりますが、為替リスクなしで1日数万円の利益を出し続けることができます。

スワップアービトラージのやり方はこちら。

この記事を書いた人

海外FXの情報を備忘録としてまとめています。
運用は自己責任でお願いします。
Twitterで「海外FXの有益情報bot」も運用してます。

目次