XM 計算ツール一覧・使い方まとめ

この記事ではXMの計算ツールの使い方を解説していきます。

XM公式サイトはこちら

目次

XM 計算ツール一覧

オールインワン計算ツール

オールインワン計算ツールでは、スワップ買い・スワップ売り・必要証拠金・1pipsあたりの損益などが計算できます。ただし1pipsあたりの損益はFX通貨ペアによって異なります。

計算するには口座の基本通貨・FX通貨ペア・レバレッジ・口座タイプ・ロット数量を入力する必要があります。

Screenshot

XM公式サイトはこちら

通貨換算ツール

通貨換算ツールでは、任意の通貨価値を他の通貨価値に換算できます。

例えばドルから円の通貨換算を10,000通貨で行った場合、ドル円の為替レートが1ドル=160円となるため、10,000通貨の場合は160万円となるわけです。(端数は省略)

Screenshot

XM公式サイトはこちら

ピップ値計算ツール

ピップ値計算ツールでは、FX通貨ペアの1pipsあたりの損益を計算できます。

例えばFX通貨ペアはUSDJPYで、口座の基本通貨はUSD、口座タイプはスタンダード口座、ロット数量は1ロットと入力したとします。

するとロットあたりUSDの価値は6.22ドル、JPYの価値は1,000円と計算してくれるわけです。

Screenshot

XM公式サイトはこちら

証拠金計算ツール

証拠金計算ツールでは、FX通貨ペアを保有するための必要証拠金を計算できます。

例えばUSDJPY・レバレッジ1000倍で1ロット保有するなら、必要証拠金は100ドルで、日本円なら16,000円相当になります。

Screenshot

スワップアービトラージで高ロットポジションを保有するとき、あるいは裁量トレードで最適ロットを計算するときなどに重宝します。

XM公式サイトはこちら

スワップ計算ツール

スワップ計算ツールでは、FX通貨ペアのスワップ損益を計算できます。

例えばUSDJPYを1ロット保有する場合、 買いスワップは6ドル、売りスワップは-22ドルとなります。日本円に換算すると買いスワップは1,100円、売りスワップは−3,700円となります。

Screenshot

XM公式サイトはこちら

損益計算ツール

損益計算ツールでは、損切り・利確が発生したときの実現損益を計算できます。

ただ損切り・利確はpips単位ではなく、 為替レート(160.21など)で入力する必要があるため使い勝手は良くありません。

Screenshot

損益計算をするなら、前述のpips値計算ツールで1pipsあたりの損益を計算してから、任意のpipsを掛け算した方が簡単です。(1pips=10ドルなら20pips=200ドル)

XM公式サイトはこちら

XM 計算ツールの使い方

XM 計算ツールを使うには、XM公式サイトから「FXを学ぶ→ツール→FX計算ツール」をクリックします。

Screenshot

XMで利用できる計算機一覧が表示されるので、使いたい計算ツールを選択します。

Screenshot

後はFX通貨ペア・口座タイプ・運用ロットなどを入力することで、必要証拠金やスワップ損益などを計算できます。(XM「FXを学ぶ→FX計算ツール」で使ってみる)

XM公式サイトはこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

海外FXの稼ぎ方

海外FXの運用額が100万円以下なら、裁量トレードがおすすめ。トレンド相場ではピラミッディング、レンジ相場ではナンピンと使い分けることで、常に期待値の高いトレードができます。

裁量トレードの始め方はこちら。

運用額が100万円から300万円ほどなら、EA自動売買がおすすめ。エントリー・決済を自動化できるため、FXの収益化が楽になります。

運用EAは無料EA「Grid EA Pro」がおすすめ。MQL5アカウントを持っていれば無料ダウンロードできます。無料グリッドEAの中では収益性・リスクリワードがトップクラスです。

Grid EA Proの使い方はこちら。

運用額が300万円以上なら、スワップアービトラージがおすすめ。カウンターパーティリスクは高くなりますが、為替リスクなしで1日数万円の利益を出し続けることができます。

スワップアービトラージのやり方はこちら。

この記事を書いた人

海外FXの情報を備忘録としてまとめています。
運用は自己責任でお願いします。
Twitterで「海外FXの有益情報bot」も運用してます。

目次