Tradeview Xレバレッジ口座の特徴・おすすめ運用方法まとめ

この記事ではTradeview Xレバレッジ口座の特徴・おすすめ運用方法を解説していきます。

Tradeview公式サイトはこちら

目次

Tradeview Xレバレッジ口座の特徴

その1:最大レバレッジが500倍

Xレバレッジ口座の最大の特徴は、最大レバレッジが500倍と高めなこと。

口座レバレッジが高ければ高いほど、必要証拠金が少なくなり、トレードの資本効率が向上します。つまり少ない資金でも大きなロットで取引できるようになります。

具体的には高ロットの単発トレード、あるいは合計ロットが大きくなりやすいナンピン・マーチンゲール・グリッドトレードと相性が良いです。

ただXレバレッジ口座の初期レバレッジは100倍と低めに設定されています。レバレッジを500倍に引き上げるには、Tradeviewのレバレッジ変更申請ページから手続きする必要があります。

その2:スプレッドが広め

Xレバレッジ口座の最大のデメリットは、スプレッドが広めなこと。例えばドル円/USDJPYのスプレッドは1.8pipsから2.0pipsほどになります。

海外FX口座ではUSDJPYの取引コスト目安は1.0pips前後(取引手数料含む)なので、平均よりも2倍以上高いと判断します。

一方ILC口座だとUSDJPYのスプレッドは0.1pipsから0.3pipsなので、0.5pipsの取引手数料を入れても取引コストは低く抑えられます。(取引手数料の1ロット往復5ドル=0.5pips相当)

Xレバレッジ口座はスプレッドが広いため、利幅の狭いスキャEAとは相性が悪いです。一方レバレッジは500倍と高いため、ナンピン・マーチンゲール・グリッドEAなど必要証拠金が大きくなりやすいトレードロジックでも利益を出しやすいです。

ただグリッドEAを使うなら、レバレッジ1000倍+低スプレッド+スワップフリーなXM KIWAMI口座を使った方がいいです。

その3:最低入金額が100ドルと低め

Xレバレッジ口座の最低入金額は100ドルと低めです。日本円で15,000円ほどなので、リアル口座での少額運用に向いています。

一方ILC口座の最低入金額は1,000ドルとやや高めなので、100ドル前後の少額運用はできなくなります。

海外FXブローカーは出金リスクが高いので、資金100ドル前後から始めてみたいならXレバレッジ口座を選びましょう。

その4:最小ロットは0.01ロット

Xレバレッジ口座の最小ロットは0.01ロットと低めです。

他の海外FX口座だと最小ロット0.01ロットは当たり前なのですが、TradeviewではILC口座の最小ロットが0.1ロットと高めなので、そこに対するアピールポイントですね。

0.01ロットから取引できるため、マーチンゲール・グリッドEAなどを1段目0.01ロットで低リスク運用、あるいは0.05ロットで中リスク運用することもできます。

逆にILC口座は0.1ロット未満の取引ができないため、マーチンゲール・グリッドEAの低リスク・中リスク運用はしにくくなります。

その5:リアルタイムスプレッドを確認しにくい

Xレバレッジ口座のスプレッドはTradeviewトップページで公開されておらず、デモ口座もXレバレッジには対応していません。

Xレバレッジ口座のスプレッド目安は「ILC口座の表記スプレッド+2.0pips前後」でしょうか。

リアルタイムスプレッドを確認したいなら、リアルのXレバレッジ口座を開設するのが手っ取り早いです。

Tradeview Xレバレッジ口座のおすすめ運用方法

Xレバレッジ口座のおすすめ運用方法はこちら。

  • 高ロットのスイングトレード
  • ナンピン・マーチンゲール・グリッドEAでの自動売買

Xレバレッジ口座の運用方法は、高ロットの裁量トレードがおすすめ。スプレッドが広いので、利幅の広いスイングトレードだと利益を出しやすいです。

スイングトレードの手法は、トレンド相場ならピラミッディング、レンジ相場なら逆張りナンピンがおすすめ。どちらの手法も再現性が高く、リスクリワードも優れています。

裁量トレードが面倒なら、EA自動売買もおすすめです。

Xレバレッジ口座は最大レバレッジが500倍と高めなので、含み損や必要証拠金が大きくなりやすいナンピン・マーチンゲール・グリッドEAと相性が良いです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

海外FXの稼ぎ方

海外FXの運用額が100万円以下なら、裁量トレードがおすすめ。トレンド相場ではピラミッディング、レンジ相場ではナンピンと使い分けることで、常に期待値の高いトレードができます。

裁量トレードの始め方はこちら。

運用額が100万円から300万円ほどなら、EA自動売買がおすすめ。エントリー・決済を自動化できるため、FXの収益化が楽になります。

運用EAは無料EA「Grid EA Pro」がおすすめ。MQL5アカウントを持っていれば無料ダウンロードできます。無料グリッドEAの中では収益性・リスクリワードがトップクラスです。

Grid EA Proの使い方はこちら。

運用額が300万円以上なら、スワップアービトラージがおすすめ。カウンターパーティリスクは高くなりますが、為替リスクなしで1日数万円の利益を出し続けることができます。

スワップアービトラージのやり方はこちら。

この記事を書いた人

海外FXの情報を備忘録としてまとめています。
運用は自己責任でお願いします。
Twitterで「海外FXの有益情報bot」も運用してます。

目次