Tradeview cTrader口座の特徴・おすすめ運用方法まとめ

この記事ではTradeview cTrader口座の特徴・おすすめ運用方法を解説していきます。

Tradeviewの口座タイプは、英語版Tradeview「Accounts」で確認できます。(cTrader口座・マイナー口座は除く)

目次

Tradeview cTrader口座の基本スペック

cTrader口座の基本スペックはこちら。

最大レバレッジ400倍(初期は100倍)
取引手数料1ロット往復5ドル
最小ロット0.01ロット
最小ロット100ロット(デモ口座は5000ロット)
ストップアウト100%

最大レバレッジは400倍と標準的で、取引手数料も1ロット往復5ドルと最安値クラスです。最小ロットもILC口座と違って0.01ロットから利用できます。

ただしストップアウトは100%と高めなので、ハイリスクトレードをするとロスカットされやすくなります。

Tradeviewの口座タイプは、英語版Tradeview「Accounts」で確認できます。(cTrader口座・マイナー口座は除く)

Tradeview cTrader口座の特徴

その1:高性能FXプラットフォーム「cTrader」対応

cTrader口座の最大の特徴は、高性能FXプラットフォーム「cTrader」に対応していること。

cTraderではドラッグ操作でリミット・ストップ注文を設置できるため、スイング軸でのピラミッディング・ナンピントレードが快適になります。

他の便利機能はこちら。

  • 上下ボタンで時間足の切り替え(デスクトップ版のみ)
  • Command+左右キーで表示チャートの切り替え(デスクトップ版のみ)
  • チャート横に経済指標カレンダーを表示できる(日本時間対応)
  • ドラッグ操作でSL/TP設定できる

cTraderはメタトレーダー(MT4/MT5)より後発のプラットフォームで、裁量トレードやチャート分析を快適にする便利機能がたくさん備わっていきます。裁量トレードがメインなら、cTraderに乗り換えてもいいでしょう。

cTraderのダウンロードは、Tradeview「FXプラットフォーム一覧」で行えます。

その2:スプレッドが非常に狭い

cTrader口座の2つ目の特徴は、スプレッドが非常に狭いこと。

目安はEURUSDで0.1pips、USDJPYで0.3pips。これらに取引手数料0.5pips(1ロット往復5ドル)を加えて、実質的な取引コストはEURUSDで0.6pips、USDJPYで0.8pipsとなります。

デイトレード・スキャルピングトレードをするときの取引コストの目安は、USDJPYで合計1.0pips以下なので、その点でcTrader口座は合格点と言えましょう。

デイトレード・スキャルピングトレードは取引回数が多いため、取引コストが低いほどトレードの収益も大きくなります。取引コストを最小限に抑えたいなら、ぜひTradeviewのcTrader口座を使いましょう。

Tradeviewのスプレッドは、Tradeview「トップページ」で確認できます。

その3:最大レバレッジは400倍

cTrader口座の最大レバレッジは400倍です。

口座タイプ最大レバレッジ初期レバレッジ
Xレバレッジ口座500倍100倍
ILC口座200倍100倍
cTrader口座400倍100倍

ただ初期レバレッジは100倍と低めに設定されているため、レバレッジ変更申請ページで最大レバレッジに引き上げる必要があります。

海外FXのレバレッジ400倍は標準的な方で、普通にスイングトレードをする分には問題ないはずです。ハイリスクトレードをするなら、レバレッジ1000倍の口座を使った方が良いでしょう。(XM KIWAMI口座AXIORY マックス口座など)

Tradeviewのレバレッジは、Tradeview「レバレッジ変更申請ページ」で確認できます。

その4:取引手数料は1ロット往復5ドル

Tradeview cTrader口座の取引手数料は、1ロットあたり往復5ドル。これは0.5pipsに相当します。

外付け手数料の相場目安はこちら。

取引手数料(1ロット往復)相場目安
5ドル以下非常に低い
6ドルから9ドル低め
10ドル以上割高

取引手数料が1ロット往復5ドル以下なら非常に低いと判断します。その点でTradeview cTrader口座の取引手数料は1ロット往復5ドルなので、どんなトレードロジックでも利益を出しやすいです。

特にデイトレード・スキャルピングトレードだと取引回数が多くなるため、取引コストは0.1pipsでも低くするべきです。その点でcTrader口座は取引コストの節約に貢献するでしょう。

Tradeviewの取引手数料は、英語版Tradeview「Accounts」で確認できます。

その5:cTraderコピーに対応

TradeviewのcTraderは、cTraderコピーに対応しています。(リンク先の閲覧にはcTraderログインが必要)

cTraderコピーは、cTraderが提供しているコピートレードプラットフォームです。他のトレーダーにトレードを委託することでVPS(仮想専用サーバー)なしでトレードを自動化できます。

そのかわり得られた利益の3割ほどを取引手数料としてストラテジープロバイダーに支払う必要があります。EA自動売買と比べると利益率は劣ります。

コピートレードのデメリットは、ストラテジーのほとんどがハイリスクなナンピン・マーチンゲールであること、取引手数料が高めなこと、運用者が人間だとリベンジトレードに走りがちなことなどです。

リスクとコストが高いことから、個人的にはあまりおすすめしません。コピートレードはFX初心者が安易に手を出しても資金を失うだけで終わってしまいます。FX上級者の戦い方を真似しましょう。

cTraderコピーの詳細は、Tradeview「cTrader copy」で確認できます。(閲覧にはcTraderログインが必要)

その6:最低入金額は10万円(1,000ドル)から

Tradeview cTrader口座の最低入金額は10万円(ドル口座なら1,000ドル)と高めです。

海外FXブローカーが信用できず資金1万円から試してみたいなら、最低入金額が1万円のXレバレッジ口座から使いましょう。

ただXレバレッジ口座はcTraderに対応しておらず、スプレッドもかなり広めなため、高額運用や高ロット運用にはおすすめしません。

Tradeviewの最低入金額は、英語版Tradeview「Accounts」で確認できます。

Tradeview cTrader口座のおすすめ運用方法

Tradeview cTrader口座のおすすめ運用方法は、裁量のスイングトレードです。

cTraderはドラッグ操作でリミット注文・ストップ注文を設置できるため、 ピラミッディング・ナンピントレードが快適になります。

またcTrader口座はスプレッドが非常に狭いため、利幅の狭いデイトレードやスキャルピングトレードでも利益を出しやすいです。

cTraderは「cBots」による自動売買にも対応していますが、プログラムの種類が少ないためあまりおすすめしません。自動売買をするならMT4口座を使った方がいいです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

海外FXの稼ぎ方

海外FXのおすすめな稼ぎ方はこちら。

運用額が100万円以下なら、裁量スイングトレードがおすすめ。トレンド相場でピラミッディング、レンジ相場でナンピンと使い分けることで、常に期待値の高いトレードができます。

運用額が100万円から300万円なら、EA自動売買(Grid EA Pro運用)がおすすめ。エントリー・決済を自動化でき、FXの収益化が楽になります。

運用口座はレバレッジ1000倍+スワップフリーのXM KIWAMI口座がおすすめです。

運用額が300万円から1,000万円以上なら、スワップアービトラージもおすすめ。カウンターパーティリスクは高くなりますが、為替リスクなしで1日10万円前後の収益を狙えます。

この記事を書いた人

海外FXの情報を備忘録としてまとめています。
運用は自己責任でお願いします。
Twitterで「海外FXの有益情報bot」も運用してます。

目次