Tradeview EA自動売買の始め方・やり方・おすすめEA

この記事ではTradeviewでのEA自動売買の始め方・おすすめEAを解説していきます。

Tradeview公式サイトはこちら

目次

Tradeview EA自動売買の始め方

手順1:TradeviewでMT4 ILC口座を開設する

まずはTradeviewの新規口座開設ページから口座開設します。

すでにTradeviewの入金済み口座(1,000ドル/10万円以上)があるなら、Tradeviewの追加口座申請ページで追加口座開設してもOKです。

EAの運用口座はMT4 ILC口座がおすすめ。MT4はEAの選択肢が多く、ILC口座は取引コストが低いです。

手順2:VPSにログインする(まだなら契約する)

TradeviewでMT4 ILC口座を開設したら、次はVPSにログインします。

VPS(仮想専用サーバー)は、オンラインで月額レンタルできるパソコン環境(WindowsOS)のこと。24時間EAを稼働し続けるなら必須のサービスです。またVPSを契約していない方は、これを機に契約しましょう。

VPSのログイン方法はWindowsOSとそれ以外で異なります。

お使いのデバイスがWindowsOSの場合は、そのままWindowsメニューから接続します。

スマホ・タブレット・macOSの場合は、App Store・Google playからリモートデスクトップアプリをダウンロードして、アプリ経由でVPSに接続します。

RDPアプリは「Microsoft Remote Desktop」がおすすめ。マイクロソフト純正なので動作が安定しやすいです。(iOS版ダウンロードAndroid版ダウンロードmacOS版ダウンロード

またVPSにログインするには以下の3つの情報が必要です。

  • ユーザ名
  • IPアドレス
  • ログインパスワード

これらの情報はVPS契約後に送られてくるメール、あるいはVPS業者の会員ページで確認できます。

手順3:VPS内部からMT4口座にログインする

VPSのログインに成功したら、VPS内部からTradeviewのFXプラットフォーム一覧にアクセスし、デスクトップ版MT4をダウンロードします。

MT4口座にログインするには以下の3つの情報が必要です。

  • 口座番号
  • ログインパスワード
  • サーバー情報

これらの情報は口座開設後に送られてくるメールに記載されています。

忘れてしまった場合はメールボックスで再確認しましょう。うっかり削除してしまった場合は、Tradeviewのサポートデスクに問い合わせて対応してもらいます。

手順4:EAをMT4にダウンロード・インストールする

EA自動売買をするには、ソフトウェア版MT4にEAをダウンロード・インストールする必要があります。

EAの種類ごとのインストール方法はこちら。

最初に使うEAは「Grid EA Pro」がおすすめ。MQL5の無料EAなので、MQL5アカウントがあれば誰でも無料ダウンロードできます。

手順5:「ナビゲーター」ウィンドウからEAをチャートに設定する

EAのダウンロード・インストールに成功したら、EAをチャートに設定します。

稼働できるEAはデスクトップ版MT4の「ナビゲーター」ウインドウに表示されているので、任意のEAをダブルクリックあるいはチャートにドラッグします。

EAをチャートに設定した後、 チャート右上に「ニコちゃんマーク」が表示されていればEAは正常に稼働していることになります。

ニコちゃんマークが困った顔をしている場合はEAが正常に稼働していないため、以下の記事でトラブルシューティングしましょう。

Tradeview ILC口座におすすめのEA

Grid EA Pro(無料)

無料で優秀なEAが欲しいならGrid EA Proがおすすめ。MQL5の無料EAなので、MQL5アカウントがあれば誰でも無料ダウンロードできます。

トレードロジックは、グリッドトレード+マーチンゲール(ロット倍率は1.1倍)。オーバーラップやトレーリングストップでの決済も可能で、長期トレンドに逆行してもロスカットされにくいです。

Tradeview ILC口座はレバレッジ200倍でグリッドEAと相性が悪いですが、ロット増加率は1.1倍と控えめなので、20,000ドル/0.1ロットの低リスク運用ならロスカットされにくいです。

THE AUDCAD タイプB(30,000円)

TradeviewのILC口座は最大レバレッジが200倍と低めなので、運用ロットが大きくなりやすいグリッドEAと相性が悪いです。証拠金維持率が圧迫されにくい単一ポジションEAを使いましょう。

収益性の高い単一ポジションEAなら、GogoJungleの有料EA「THE AUDCAD タイプB」がおすすめ。ボラティリティの低いFX通貨ペア「AUDCAD」にてオーバーシュート直後に逆張りエントリーします。

単一ポジションなので証拠金維持率が圧迫されにくく、高ロットで運用しても破綻リスクは低いです。

このEAはGogoJungleというEA販売プラットフォームで購入できます。販売価格が3万円とやや高めなので、数ヶ月で購入費用を回収するためにも資金100万円以上で運用した方がいいです。

Tradeview EA自動売買の注意点

ILC口座はマーチンゲール・グリッドEAに不向き

Tradeview ILC口座はマーチンゲール・グリッドEAと相性が悪いです。

レバレッジが200倍と低く、ストップアウトも100%と高いため、マーチンゲールEAだとロスカットされやすいです。また最小0.1ロットなので、マーチンゲールEAの低リスク運用もできません。

マーチンゲールEAはポジションが6段から10段を超えると、合計ロットが5.0ロット以上になることが多く、レバレッジ200倍の口座だと証拠金維持率が圧迫されてロスカットされやすくなります。

マーチンゲール・グリッドEAを運用するなら、レバレッジ1000倍で0.1ロット未満の取引もできるXM KIWAMI口座を使った方がいいです。

Xレバレッジ口座でのEA運用はおすすめしない

Tradeview Xレバレッジ口座でEA運用するのはおすすめしません。どのFX通貨ペアもスプレッドが広く、利幅の狭いEAだと利益を出しにくくなるからです。

確かにXレバレッジ口座は最大レバレッジが500倍と高く、0.1ロット未満の取引もできるため、ILC口座よりもマーチンゲール・グリッドEAと相性がいいです。

ただそれならレバレッジ1000倍+低スプレッド+スワップフリーなXM KIWAMI口座を使った方が利益を出しやすくなります。

EA運用では単一ポジションEAはTradeview ILC口座で、複数ポジションEAはXM KIWAMI口座で運用したほうがいいです。Xレバレッジ口座は取引回数の少ないスワップアービトラージで活用しましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

海外FXの稼ぎ方

海外FXの運用額が100万円以下なら、裁量トレードがおすすめ。トレンド相場ではピラミッディング、レンジ相場ではナンピンと使い分けることで、常に期待値の高いトレードができます。

裁量トレードの始め方はこちら。

運用額が100万円から300万円ほどなら、EA自動売買がおすすめ。エントリー・決済を自動化できるため、FXの収益化が楽になります。

運用EAは無料EA「Grid EA Pro」がおすすめ。MQL5アカウントを持っていれば無料ダウンロードできます。無料グリッドEAの中では収益性・リスクリワードがトップクラスです。

Grid EA Proの使い方はこちら。

運用額が300万円以上なら、スワップアービトラージがおすすめ。カウンターパーティリスクは高くなりますが、為替リスクなしで1日数万円の利益を出し続けることができます。

スワップアービトラージのやり方はこちら。

この記事を書いた人

海外FXの情報を備忘録としてまとめています。
運用は自己責任でお願いします。
Twitterで「海外FXの有益情報bot」も運用してます。

目次