Tradeview(トレードビュー)デモ口座の開設方法・手順まとめ。開設後にやることは?

TradeviewでのFXトレードが初めてで、いきなりお金を失うのが怖いなら、まずはデモ口座から始めましょう。

デモ口座ならFXトレードで損をしても、実際にお金を失わないからです。

では実際にTradeviewでデモ口座を使う上で、気をつけることはあるのでしょうか? またおすすめの設定方法などはあるのでしょうか?

この記事ではTradeviewのデモ口座について解説します。

今すぐデモ口座を開設したい方は、Tradeviewの「デモ口座開設ページ」にアクセスしましょう。

 

Tradeviewデモ口座の開設方法

ここからはTradeviewのデモ口座の開設手順を述べていきます。

 

手順1、Tradeviewの公式サイトにアクセスする

まずはTradeviewの公式サイトにアクセスしてください。

 

手順2、「無料デモ口座」をクリックする

次にトップページにある「無料デモ口座」という白いボタンをクリックします。

 

手順3、フォームを入力して、送信ボタンをクリックする

デモ口座開設をクリックすると、入力フォーム画面に移動します。

入力する情報は以下の4つです。

  • お名前(半角ローマ字)
  • メールアドレス(半角英数)
  • レバレッジ(1倍、10倍、50倍、100倍、200倍、400倍)
  • 通貨(USD、JPY、EUR、MXN、ZAR)

レバレッジのおすすめは最大の400倍。レバレッジが高ければ高いほど、必要証拠金が少なくなり、少ない資金でも利益率の高いトレードができるからです。

「通貨」の項目では、FX口座の取引通貨を選べます。日本人なら日本円の「JPY」を選びましょう。身近で使っている通貨の方が、収益や損失を実感しやすいからです。

最後に「Eメール受け取りに同意します」のチェックボックスにチェックを入れて、赤色の「送信」ボタンをクリックするだけです。

 

ここからはデモ口座の設定について補足しておきます。

口座残高は100万円で固定

デモ口座は口座残高は100万円に固定されています。他の金額には変更できません。

デモ口座の残高を細かく調整したいなら、TradeviewではなくAXIORYのデモ口座を使いましょう。MT4だけでなくcTraderのデモ口座も使えます。

AXIORYのデモ口座については、こちらの記事をご覧ください。

 

取引ツールは「MT4・MT5(デスクトップ版)」のみ

デモ口座で利用できる取引ツールは、MT4とデスクトップ版MT5のみ。cTraderやCURRENEXなどは使えません。

そしてMT5はデスクトップ版のみ対応で、ウェブブラウザ版やアプリ版は使えません。詳細はTradeviewの「MT5デモ口座」で確認できます。

デモ口座でMT5アプリを使いたいならXMやLAND-FX、cTraderを使いたいならAXIORYで口座開設をしましょう。

詳細はXMの「デモ口座」、LAND-FXの「デモ口座」、AXIORY公式の「デモ口座」でそれぞれ確認してください。

 

手順4、デモ口座開設完了のメールを確認する

送信ボタンをクリックすると、登録したメールアドレスにデモ口座開設完了のメールが届きます。

メールにはデモ口座の口座アカウント番号とパスワードが記載されているので、なくさないよう保管しましょう。

これらのパスワードはMT4にログインするときに必要となります。

 

Tradeviewデモ口座を開設した後にやること

デモ口座を開設しても、すぐにFXトレードができるわけではありません。

ここからはTradeviewのデモ口座を開設した後にやることをいくつか述べておきます。

 

その1、取引ツール「MT4」をダウンロードする

デモ口座でFXトレードするには、取引ツールが必要です。

Tradeviewの「取引プラットフォーム」でダウンロードしましょう。

TradeviewのMT4に対応しているデバイスは以下の通り。

  • Windows(パソコン)
  • App Store(iPhone/iPad)
  • Google Play(Androidスマホ・タブレット)

残念ながらTradeviewのMT4はMac OSに対応していません。デモ口座でMac OS対応のMT4を使いたいなら、XMAXIORYで口座開設しましょう。

さらにTradeviewのMT4は、ウェブブラウザでの操作にも対応していません。ウェブトレーダー版のMT4を使いたいなら、XMAXIORYを検討してください。

デスクトップ版MT4かスマホ版MT4かで迷ったら、まずはスマホ版がおすすめ。スマホ版は一度ログインすれば、今後は自動で入力してくれるからです。

デスクトップ版のMT4は、使い勝手があまり良くないので、EA自動売買トレードを利用するときだけ検討しましょう。

TradeviewのMT4については、公式サイトの「ダウンロードページ」、もしくはこちらの記事をご覧ください。

 

その2、取引ツール「MT4」にログインする

MT4を利用するには、最低1回はログインをする必要があります。

MT4にログインするには、

  • 口座アカウント番号
  • ログインパスワード

の2つを入力しましょう。

これらのパスワードはTradeviewでデモ口座を開設したときに、メールで送られたはずです。忘れてしまった方は、もう一度メールボックスから掘り返しましょう。

もしうっかりメールを削除してしまったなら、もう一度デモ口座を作り直しましょう。入力項目も少ないので、そのほうが手っ取り早いです。

デモ口座の作り直しも、Tradeviewの「デモ口座開設ページ」から行えます。

 

その3、実際にトレードしてみる

MT4へのログインに成功したら、実際にFXトレードをしてみましょう。自分のお金を使わないため、気軽にトレードできるはずです。

具体的にどうトレードすればいいのかわからないなら、以下の手法がおすすめ。

  • トレードの基本戦術は、トレンド相場での押し目買い・戻り売り
  • 取引ロット数は0.1ロットから
  • デイトレードは損切り20 pips、利食い40 pips
  • スイングトレードは損切り40 pips、利食い80 pips
  • 1日以上ポジションを保有するなら、経済指標にも警戒する(経済指標カレンダーが便利)

FXトレードの上手なやり方は、言語化が難しいです。トレードの腕を鍛えたいなら、まずは実際にトレードをしてみましょう。

Tradeviewのデモ口座の開設は、公式サイトの「デモ口座開設ページ」から行えます。

 

Tradeviewデモ口座の注意点

ここからはTradeviewのデモ口座を使う上での注意点を述べておきます。

 

その1、デモトレードは実際に使う金額を設定しよう

デモ口座の残高は、自分が実際にFXトレードで使う金額に設定しましょう。資金が10万円なのに1,000万円で取引をしても、身の丈にあったトレード感覚が身につきません。

ただ残念なことに、Tradeviewのデモ口座は口座残高の初期設定ができず、100万円に設定されています。

デモ口座の残高を細かく調整したいなら、XMやAXIORYなどでデモ口座を開設しましょう。

XMのデモ口座については、公式サイトの「デモ口座」、もしくはこちらの記事をご覧ください。

AXIORYのデモ口座については、こちらの記事をご覧ください。

 

その2、デモトレードとリアルトレードは全くの別物

デモトレードで運良く大金を稼いだからといって、その手法をリアルトレードに持ち込むのはやめましょう。

デモトレードでは自分のお金を使わないため、リスクに無頓着になりがちです。ロスカットやゼロカットをされても、自分のお金ではないので、他人事のように思えてしまうのです。

ただリアルトレードとなると話は違います。実際に自分のお金を使うため、デモトレードの時ほど冷静な判断はできないでしょう。

たとえデモトレードであっても、今後リアルトレードをするなら、なるべく真剣にやりましょう。デモトレードで手を抜くと、トレードの手法が身に付かず、リアルトレードの成績も悪くなります。

 

その3、本番と同じく経済指標にも警戒しよう

デモトレードはリアルトレードの練習をするためのものです。デモトレードをする時でも、本番と同じように経済指標を確認しましょう。

経済指標の発表があると、チャートが大きく変動して、ポジション・ロット数次第では大損を抱えるリスクもあるからです。

経済指標はみんかぶFXの「経済指標カレンダー」で確認するのが便利です。情報収集を取引ツール内で済ませたいなら、cTraderもおすすめ。

cTraderならパソコン版でもアプリ版でも、ツール内部で経済指標が確認できます。FXトレードと情報収集を同時に済ませられるため、時間の節約にもなります。

cTraderの詳細は、Tradeviewの「取引プラットフォーム」で確認できます。

 

その4、デモ口座は会員ページにログインできない

Tradeviewのデモ口座は、会員ページにログインできません。

会員ページでは、FX口座の入金・出金、資金移動、追加口座開設などが行えます。

Tradeviewの会員ページの使い勝手を試したいなら、リアル口座を開設しましょう。リアル口座の開設は、Tradeviewの「口座開設ページ」で行えます。

Tradeviewの会員ページについては、公式サイトの「会員ページ」、もしくはこちらの記事をご覧ください。

 

Tradeviewデモ口座に関するよくある質問

ここからはTradeviewのデモ口座に関するよくある質問をまとめておきます。

 

Tradeviewデモ口座の有効期限は?

デモ口座の有効期限は3カ月間です。

ただしリアル口座を保有している人に限り、デモ口座の期限を無期限にできます。デモ口座の無期限化は、サポートデスクに連絡して申請しましょう。

リアル口座の開設は、Tradeviewの「リアル口座開設フォーム」から行えます。

リアル口座を作るのがめんどくさいなら、またデモ口座をつくり直すのもアリです。デモ口座開設は、Tradeviewの「デモ口座開設フォーム」から行えます。

 

Tradeviewデモ口座の残高は変更できる?

Tradeviewのデモ口座は、口座残高の変更ができません。

口座残高を細かく調整したいなら、XMやAXIORYのデモ口座を利用しましょう。

詳細はXMの「デモ口座」、AXIORY公式の「デモ口座」でそれぞれ確認してください。

 

Tradeviewデモ口座の追加口座は最大何個作れる?

Tradeviewのデモ口座開設数は、制限がありません。そのためたくさんのデモ口座を開設することもできます。

ただしTradeviewの会員ページはデモ口座を一括管理できないので、デモ口座を作りすぎると、パスワードの管理が大変になります。

デモ口座をたくさん運用したいなら、AXIORYのデモ口座を開設しましょう。AXIORYもデモ口座を無制限に作れますし、会員ページの「MyAxiory」では複数口座を一括管理できるからです。

詳細はAXIORY公式の「デモ口座」をご覧ください。

 

Tradeviewデモ口座の口座タイプは?

Tradeviewデモ口座の口座タイプは、ILC口座です。

ILC口座はTradeviewのECN口座で、取引手数料が1ロット往復5ドルと非常に安いのが大きな特徴。

デモ口座ではXレバレッジ口座やcTrader口座は使えません。ILC以外のの口座タイプを使いたいなら、リアル口座を開設しましょう。

リアル口座の開設は、Tradeviewの「新規口座開設フォーム」から行えます。

Tradeviewの他の口座タイプについては、こちらの記事をご覧ください。

 

Tradeviewデモ口座の取引ツールは?

Tradeviewのデモ口座で利用できる取引ツールは、MT4・デスクトップ版MT5のみ。cTraderやCURRENEXは利用できません。

Tradeviewの他の取引ツールについては、公式サイトの「取引プラットフォーム」、もしくはこちらの記事をご覧ください。

 

まとめ:Tradeviewデモ口座は設定できる項目が少ない

ここまでTradeviewのデモ口座開設について説明してきました。

デモ口座で使える取引ツールは、MT4とデスクトップ版MT5のみ。

さらに口座残高の金額も100万円に固定されています。10万円くらいの手ごろな金額で試せないのは不便ですね。

もっと細かい条件でデモ口座を使いたいなら、AXIORYの方がおすすめ。AXIORYは口座残高が自由に設定できますし、取引ツールはMT4だけでなくcTraderも使えます。

AXIORYのデモ口座については、こちらの記事をご覧ください。

またデモ口座でMT5アプリを使いたいなら、XMもおすすめ。XMのデモ口座なら、MT5アプリも使えますし、口座残高も自由に設定できます。

XMのデモ口座については、公式サイトの「デモ口座」、もしくはこちらの記事をご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました