おすすめの海外FX業者はこちら
海外FX初心者は「LAND-FX」がおすすめ!

最大50万円の100%入金ボーナスで大盤振る舞い!
スプレッドもUSD/JPY 0.8pipsと低く、デイトレードに最適
取引ツールはMT4・MT5対応
詳細はこちら↓

LAND-FX口座開設はこちら

XMは1ロット=10万通貨。取引ロット数の目安は?

XM

FXトレードをするなら、ロット(lot)という言葉は知っておきたいです。

ロットとはFXトレードでの通貨量単位のこと。とくにXMを含めた海外FXでは1ロット10万通貨のところが多いです。

この記事ではXMでのロットや資金ごとのロット数の目安を解説していきます。

記事を最後まで読むことで、ロットの理解を深められるでしょう。

口座開設で3,000円ボーナスがもらえる
無料で今すぐ登録できます

 

ロットはFX通貨量の単位

ロット(lot)とは、FXの取引通貨量の単位のこと。

FXでは10万通貨や100万通貨などの大きな資金が動きます。取引するごとに大きな単位を使うのは、ちょっと不便です。

そこで巨額の通貨単位がざっくりと把握できるよう、ロットという単位が生まれました。

国内FXだと1ロットは1万通貨、海外FXだと1ロット10万通貨が主流です。

これを知らずに国内FXと同じ感覚で海外FXを始めると、いきなりハイリスクなトレードに挑むことになります。

海外FXの1ロットは、気軽に手の出せる通貨量ではないのです。

 

XMの1ロット単位は口座タイプで異なる

XMの1ロット通貨量は以下の通り。

  • スタンダード口座・XM Zero口座:1ロット10万通貨
  • マイクロ口座:1ロット1,000通貨

ここからは1ロット単位とそれぞれの口座の特徴を解説します。

 

スタンダード・XM Zero口座:1ロット10万通貨

スタンダード口座とXM Zero口座は、1ロット10万通貨です。

10万通貨はかなり大きな通貨量で、20 pips損するだけで2万円も損をします。資金が10万円程度の少ない人にとって、2万円を大きな痛手でしょう。

5万〜10万の資金で始めるなら、0.1ロット(1万通貨)で取引を始めるべきです。

スタンダード口座はレバレッジ・通貨量が高く、XM Zero口座はスプレッドが極端に狭い口座です。

違いは以下の通り。

スタンダードXM Zero
最大レバレッジ888倍500倍
スプレッド1.8 pips1.1 pips
取引手数料なし10ドル/lot
入金ボーナスありなし
ロイヤリティプログラムありなし
CFD取引ありなし

デイトレードやスイングトレードならスタンダード口座、スキャルピングトレードならXM Zero口座がおすすめ。

 

マイクロ口座:1ロット1,000通貨

マイクロ口座は、取引通貨量が少ない口座です。

1ロット単位は1,000通貨。20 pips損しても損失は200円程度です。

「お金を使った実践的なトレードがしたい!けれどもいきなり大損するのは怖い…」マイクロ口座はそんな人におすすめです。

ただ1ロット1,000通貨は通貨量が少ないため、FXトレードで得られる利益も少なくなります。多分アルバイトで働いた方が稼げます。

マイクロ口座は海外FXの練習台として使いましょう。トレードに慣れてきたら、スタンダード口座に切り替えるといいです。

 

1ロット取引に必要な証拠金は?(アメリカドル円の場合)

FXの世界では、ロットは重要な単位です。

大きな通貨量を数えやすい単位にしてますからね。例えば水1リットルのように。

ただ私たちは日常で「ロット」という単位を使わないので、具体的な数量がいまいちピンとこないでしょう。

ここからは1ロットの注文に必要な証拠金を解説します。

 

スタンダードは1ロット(10万通貨)=12,000円

スタンダード口座では、1ロット注文に1万2,000円ほどの証拠金が必要です。

計算式は以下の通り。

  • XMでは1ロット=10万通貨
  • アメリカドル10万通貨は、日本円で1,100万円相当
  • 1,100万円/888倍=12,000円(厳密には12,387円)

たった1万円で1,100万円の資金を動かせるのはすさまじいですよね。

海外FXはレバレッジが非常に高いため、わずかな資金でも収益性の高いトレードが可能になります。

ただFX初心者がいきなり10万通貨(1ロット)注文するのは危険です。まずは1万通貨(0.1ロット)から始めて、コツコツと収益をあげることに専念しましょう。

 

XM Zero口座は1ロット(10万通貨)=20,000円

XM Zero口座では、1ロットの注文に22,000円の証拠金が必要です。

スタンダード口座よりも必要証拠金が多いのは、Zero口座の最大レバレッジが500倍と低いため。

計算式は以下の通り。

  • 1ロット=10万通貨
  • アメリカドル円10万通貨は、日本円で1,100万円相当
  • 1,100万円/500倍=22,000円

XM Zero口座は、スプレッドが非常に狭く、スキャルピングトレードと相性がいいです。

ただしXM Zero口座には以下のデメリットもあります。

  • 入金ボーナスがもらえない
  • XMポイントがもらえない
  • CFD取引ができない

そのため海外FX初心者にはおすすめできません。

 

マイクロ口座は1ロット(1,000通貨)=120円

マイクロ口座で、1ロット注文するのに必要な証拠金はたったの120円。缶ジュース1本分ですね。

証拠金の計算式は以下の通り。

  • 1ロット=1,000通貨
  • アメリカドル円1,000通貨は、日本円で11万円相当
  • 11万円/888倍=120円

たった120円で海外FXに挑戦できるのはすごいですね。(実際には最低入金額500円が必要)

国内FX業者だと、1,000通貨注文するにも4,000円の証拠金が必要になりますから。

ただマイクロ口座でFXトレードを繰り返しても、まともな利益は得られません(1ロット200円〜1,000円)。小額の資金で実戦経験を積むためと割り切りましょう。

 

おすすめはスタンダード口座!その理由は?

ここまでXMのスタンダード口座、Zero口座、マイクロ口座の3つ口座タイプを紹介してきました。

3つの中でおすすめなのはスタンダード口座です。

理由は4つ。

  • レバレッジが888倍と非常に高い
  • 1ロット10万通貨で利益を出しやすい
  • 入金ボーナスがもらえる(最大50万円)
  • ロイヤリティプログラムでXMポイントがもらえる

それぞれのメリットを解説します。

 

レバレッジが888倍

スタンダード口座の最大レバレッジは888倍。XM Zero口座の500倍よりもさらに高いです。

レバレッジ888倍は、他の海外FX業者と比べても高い方です。(平均は400〜500倍)

レバレッジが高いと、トレードの必要証拠金が少なくなり、少ない資金でも大きな収益を狙えるようになります。

海外FX業者の利益率を上げるときは、なるべくレバレッジの高さにこだわりましょう。

XMのレバレッジ888倍は、10万円の資金を半年で100万円に増やせるポテンシャルがあります。もちろんトレードの腕とリスク管理は必要ですが。

 

1ロット10万通貨

スタンダード口座の1ロット単位は10万通貨。マイクロ口座の1ロット1,000通貨よりもずっと多いです。

通貨量が多いということは、1トレードあたりの収益も大きくなるということ。短期間で大きな収益をあげるなら、マイクロ口座よりもスタンダード口座がおすすめです。

ただし通貨量を増やすことは、損失も大きくなることを意味します。無茶なトレードをすれば、一瞬で資金を失うでしょう。

スタンダード口座でFXを始めるなら、まずは0.1ロット(1万通貨)から挑戦しましょう。

 

入金ボーナスがもらえる

スタンダード口座かマイクロ口座だと2種類の入金ボーナスが付与されます。(XM Zero口座はもらえない)

  • 100%入金ボーナス(5万円まで)
  • 20%入金ボーナス(45万円まで)

入金ボーナスがもらえれば、証拠金にも余裕ができます。通貨量を増やして、強気なトレードに臨めるでしょう。

資金が少ない海外FX初心者は、入金ボーナスがもらえるスタンダード口座で口座開設すべきです。

5万円の入金で、さらに5万円のボーナスがもらえるのは大盤振る舞いです。XMでトレードを始めるなら、入金ボーナスは必ずゲットしましょう!

ボーナスの詳細は、こちらの記事をご覧ください。

 

ロイヤリティプログラムでXMポイントがもらえる

スタンダード口座とマイクロ口座では、ロイヤリティプログラムが適用されます。(XM Zero口座は不可)

ロイヤリティプログラムに参加すると、トレードを繰り返すことに、XMポイントが付与されます。

貯まったXMポイントはボーナスと交換でき、FXトレードの証拠金に利用可能。

取引通貨量の多いスタンダード口座だと、XMポイントの貯まるスピードが早いです。XMポイントを効率よく貯めるなら、スタンダード口座でどんどんトレードしましょう。

ロイヤリティプログラムの詳細は、こちらの記事をご覧ください。

 

スタンダード口座のロット数目安は?

取引口座タイプはスタンダード口座がおすすめだとわかりました。

ただ実際にFXトレードをするには、具体的にどれくらいの資金で、どれくらいのロット数にすればいいのでしょうか?

ここからは資金ごとのロット数目安を解説します。

 

資金が1万円なら0.01〜0.03ロット(1,000〜3,000通貨)

資金が1万円なら、まずは0.01ロット(1,000通貨)から始めてみましょう。

1,000通貨なら20 pips損をしても損失は200円。100 pipsの大損でも損失は1,000円。そこまで懐は痛まないでしょう。

逆に言えば100 pipsの大幅な収益を出しても、利益はたったの1,000円です。FXの世界で100 pipsは大きな戦果ですが、1,000円は割に合わないですね。

お金を溶かす覚悟があるなら、0.1ロット(1万通貨)でトレードしてみましょう。損失の痛みは大きいですが、得られるリターンも大きくなります。

 

資金が10万円なら0.1〜0.3ロット(1万〜3万通貨)

資金が10万円あるなら、ロット数は0.1〜0.3ロットがおすすめ。私の師匠のFXブロガーさんも、資金10万円の時は0.3ロットスタートでした。

取引通貨量が0.1ロット(1万通貨)なら、20 pips稼げば、得られる収益は2,000円。バイトの時給よりちょっと高め。

初心者がトレード1回で稼げるのが20 pipsぐらいなので、FXのモチベーションを維持するのにも十分でしょう。

海外FXで始めるなら、資金は1万円より10万円のほうがいいです。資金に余裕があれば、それだけ収益性の高い強気なトレードができますからね。

XMなら5万円の入金でさらに5万円の入金ボーナスが付与されます。資金が少ない人はぜひ活用してください!

 

XMのスタンダード口座でガンガン利益を出そう!

この記事ではFXの「ロット」について詳しく紹介しました。

XMの1ロットは10万通貨で、初心者が扱うには大きすぎます。

資金10万円で始めるなら、最初のロット数は1ロットでなく、0.1ロットくらいがちょうどいいですね。

マイクロ口座なら、もっと少ない資金でもトレードできますがおすすめできません。少ない通貨量のトレードが当たり前になり、通貨量の多い大胆なトレードができなくなるからです。

もしXMで海外FXを始めるなら、 スタンダード口座を選びましょう。取引通貨量が多く、入金ボーナスがもらえるからです。

口座開設で3,000円ボーナスがもらえる
無料で今すぐ登録できます

 

海外FX初心者はXMがおすすめ!

海外FXが初めての方は、XM(公式)がおすすめ。

理由は、入金ボーナスが豊富だから。入金したお金をすべて失っても、ボーナスで再挑戦でき、FXトレードの経験をたくさん積めます。

新規口座開設なら、10万円入金するだけで、6万3,000円分のボーナスが獲得可能。

さらに入金手数料や出金手数料も無料になりやすく、10万円以下の少額トレードと相性がいいです(銀行側の手数料は発生する)。

メールサポートも優秀で、わからないことがあれば気軽に日本語で質問でき、早ければ1日で返信してくれます。

欠点はスプレッドが若干広いこと、ECN手数料が1ロット10ドルと高いこと。スキャルピングトレードとは相性が悪く、デイトレード向けです。

海外FXのことがよくわからない方は、XMを選ぶのが1番無難です。

詳しくはXM公式サイトをご覧ください。

口座開設で3,000円ボーナスがもらえる
無料で今すぐ登録できます
おすすめ海外FXランキング
LAND-FX(初心者向け)

トレード資金が少ない人には、LAND-FXがおすすめ。
最大50万円の100%入金ボーナスがもらえます。
スプレッドも狭く(USD/JPY 0.8 pips)、デイトレードと好相性。

AXIORY(中級者向け)

少額でスキャルをするなら、AXIORYがおすすめ。
最低入金額が2万円と低く、レバレッジは400倍と高め。
スキャル向け取引ツール「cTrader」に対応。

Tradeview(上級者向け)

取引コストを極限まで抑えたいなら、Tradeviewがおすすめ。
ECN手数料が1ロット往復5ドルと、最安値クラス。
取引ツールはMT4/MT5/cTrader/CURRENEXの4種類。

この記事を書いた人
むれ

海外FXの情報を発信しているトレーダーです。
サイト運営やSEO、サイトデザインも大好きです。

むれをフォローする
XM
むれをフォローする
海外FX大全
タイトルとURLをコピーしました