XM スタンダード口座の特徴・おすすめ運用方法まとめ

この記事ではXM スタンダード口座の特徴を解説していきます。

XM公式サイトはこちら

目次

XM スタンダード口座の基本スペック

XM スタンダード口座の詳細スペックはこちら。

最大レバレッジ1000倍
取引手数料なし
FXプラットフォームMT4/MT5
最小ロット0.01ロット
最大ロット50ロット(1ポジションあたり)
対応商品FX通貨ペア、仮想通貨CFD、株式CFD、コモディティ(商品)、
株価指数CFD、エネルギーCFD、貴金属CFD
ストップアウト(ロスカットライン)20%
マージンコール50%
未入金ボーナスあり
入金ボーナスあり
ロイヤルティプログラムあり

XM スタンダード口座の最大の強みは、2種類の入金ボーナスに対応していること。中でも500ドル入金ボーナスはボーナス倍率が100%と高く、資金10万円で海外FXを始めるのに適しています。

スタンダード口座はロイヤルティプログラムにも対応しています。高ロットトレードでポイントを稼いで、それを入金ボーナスに交換し、ハイリスクトレードでさらに稼ぐこともできます。

他の特徴としては、最大レバレッジが1000倍と高め、ストップアウトが20%と低め、最小ロットが0.01ロットなどですね。そのためマーチンゲールEAの低リスク運用・高リスク運用のどちらも可能です。

ただスタンダード口座はスプレッドがやや広めです。EA自動売買をするときは、利幅広めのトレードロジックを採用しましょう。(目安は10pips以上)

XM スタンダード口座の特徴

未入金ボーナス・入金ボーナスがどちらも使える

XM スタンダード口座は、未入金ボーナスだけでなく入金ボーナスにも対応しています。そのため資金10万円前後でハイリスクトレードをするのに最適です。

XMボーナスの詳細はこちら。

海外FXのボーナスは証拠金として取引に使ったり、キャッシュバックとして出金したりできます。

XMのボーナスはクッション機能が付いているため、損失をカバーすることができます。例えば現金10万円+ボーナス10万円の場合、損失が12万円になってもロスカットを回避できます。

クッション機能付きボーナスは現金以上の含み損を耐えられるため、マーチンゲールEAのハイリスク運用や単発の高ロットトレードで使われることが多いです。

ロイヤルティプログラムが使える

XM スタンダード口座は、ロイヤルティプログラムにも対応しています。

ロイヤルティプログラムとは、XMの取引量に応じてポイントが得られる仕組みのこと。得られたポイントは取引用のボーナスと交換できます。(ボーナスの仕様は入金ボーナスと同じ)

ボーナスの交換レートはポイントの3分の1で、例えば3000ポイントは1000ドル分のボーナスと交換できます。

またロイヤルティプログラムでは取引期間が長いほど、ステータスが上昇していき、取引で得られるポイントも増えていきます。

ロイヤルティステータスの概要はこちら。

ステータス付与ポイント昇格条件
Executive10XMP/ロット最初から
Gold13XMP/ロット30日間取引
Diamond16XMP/ロット60日間取引
Elite20XMP/ロット100日間取引

ただしロイヤルティプログラムには以下の注意点があります。

  • 一定期間(30-100日)取引していなければ、初期ランク(Executive)にリセットされる
  • 獲得から12ヶ月以内にボーナス交換していなければ、ポイントは全て消失する

XMのロイヤルティプログラムは仕組みが複雑です。しかも細かいルールは英語版PDFで書かれているため、日本人が賢く使うには骨が折れます。

無理にトレードでXMPを稼ぐよりも、利益率の高いトレードロジックを採用した方がトータルの期待値は高くなります。

スプレッドはやや広め

XM スタンダード口座のスプレッドはやや広めです。

スタンダード口座は2種類の入金ボーナスとロイヤルティプログラムに対応しており、その分のコストが取引コストに上乗せされているからだと考えられます。

XM口座タイプごとの取引コスト比較はこちら。

通貨ペアXM Zero口座
(外付け手数料1.0pipsあり)
KIWAMI口座XM スタンダード口座
EURUSD0.2pips(1.2pips)0.8pips1.6pips
USDJPY0.2pips(1.2pips)0.7pips1.6pips
GBPJPY1.2pips(2.2pips)1.4pips3.6pips
XAUUSD1.4pips(2.4pips)1.5pips3.5pips

主要4通貨ペアと比較して、スタンダード口座のスプレッドはZero/KIWAMI口座より広いことがわかります。

USDJPY取引コストの目安は、1.0pips以下なら狭め、1.0pipsから1.5pipsなら標準的、1.5pips以上なら広めと判断する。

スプレッドが広ければ広いほど、FXの取引コストは上がっていくため、トレードの利益率が落ちてしまいます。 そのためスタンダード口座はスキャEAなど利幅の狭いトレードロジックと相性が悪いです。

スタンダード口座を運用するなら、できるだけ利幅の広いトレードロジックを採用しましょう。(スイングトレード・利幅10pips以上のグリッドEAなど)

XM スタンダード口座のおすすめ運用方法

裁量スイングトレード

スタンダード口座を軽く運用するなら、裁量スイングトレードがおすすめ。

XMはレバレッジが1000倍と非常に高く、ストップアウトも20%と低めなため、 スイングトレードで含み損が大きくなったとしてもロスカットを避けられる可能性が高いです。

スイングトレード手法は、トレンド相場ではピラミッディング、レンジ相場ではナンピンを採用します。相場ごとにトレードロジックを切り替えることで、常に期待値の高いトレードができます。

EA自動売買(資金10万円でハイリスク運用)

運用額が10万円前後なら、スタンダード口座をEA運用してもいいでしょう。スタンダード口座はボーナスで有効証拠金を増やせるため、ハイリスクなマーチンゲールEAと相性が良いです。

運用EAはMQL5の無料EA「Grid EA Pro」がおすすめ。MQL5アカウントを持っていれば、無料ダウンロードできます。

トレードロジックは、ロット倍率1.1倍のグリッド・マーチンゲールで、実質的にナンピンです。

決済方法についても、トレーリングストップで含み益を増やし、オーバーラップでストップロスをマイナス方向にずらしていくため、リスクリワードにも優れています。

Grid EA ProはEURUSDで低リスク運用するのが好ましいですが、スタンダード口座でボーナス運用するなら、ボラティリティの高いポンド・ゴールドなどでハイリスク運用してもいいでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

海外FXの稼ぎ方

海外FXの運用額が100万円以下なら、裁量トレードがおすすめ。トレンド相場ではピラミッディング、レンジ相場ではナンピンと使い分けることで、常に期待値の高いトレードができます。

裁量トレードの始め方はこちら。(XMで始める/AXIORYで始める/Tradeviewで始める

運用額が100万円から300万円ほどなら、EA自動売買がおすすめ。エントリー・決済を自動化できるため、FXの収益化が楽になります。

運用EAは無料EA「Grid EA Pro」がおすすめ。MQL5アカウントを持っていれば無料ダウンロードできます。無料グリッドEAの中では収益性・リスクリワードがトップクラスです。

Grid EA Proの使い方はこちら。(XMで始める/AXIORYで始める/Tradeviewで始める

運用額が300万円以上なら、スワップアービトラージがおすすめ。カウンターパーティリスクは高くなりますが、為替リスクなしで1日数万円の利益を出し続けることができます。

スワップアービトラージのやり方はこちら。(XMで始める/AXIORYで始める/Tradeviewで始める

この記事を書いた人

海外FXの情報を備忘録としてまとめています。
運用は自己責任でお願いします。
Twitterで「海外FXの有益情報bot」も運用してます。

目次