AXIORY 口座タイプの種類・特徴まとめ

この記事ではAXIORYの口座タイプについて解説していきます。

口座タイプの詳細は、AXIORY「口座→口座の種類→口座タイプ」で確認できます。

目次

AXIORYの口座タイプ一覧

マックス口座:レバレッジ1000倍+ストップアウト0%

マックス口座の詳細スペックはこちら。

最大レバレッジ1000倍
取引手数料なし
FXプラットフォームMT4/cTrader
最小ロット0.01ロット
最大ロット1,000ロット(1ポジションあたり)
対応商品FX、株式CFD、株価指数CFD、エネルギーCFD、貴金属CFD
ストップアウト0%(他の口座タイプは20%)
マージンコール30%(他の口座タイプは50%)

マックス口座の1つ目の特徴は、最大レバレッジが1000倍と非常に高いこと。レバレッジが高いほど必要証拠金が少なくなり、ハイリスクトレードをしてもロスカットされにくくなります。

マックス口座は高性能FXプラットフォーム「cTrader」にも対応しています。レバレッジ1000倍でcTraderを運用したいなら、マックス口座は相性がいいです。

2つ目の特徴は、ストップアウトが0%と非常に低いこと。証拠金維持率ギリギリのハイリスクトレードをしてもロスカットされにくいです。(他の口座タイプはストップアウト20%)

ただしマックス口座はスプレッドがかなり広めで、スキャ/デイトレードだと利幅が落ちてしまいます。利幅の広いスイングトレードを採用しましょう。

マックス口座の詳細は、AXIORY「口座→口座の種類→口座タイプ」で確認できます。

スタンダード口座:レバレッジ400倍+スプレッドが普通

スタンダード口座の詳細スペックはこちら。

最大レバレッジ400倍
取引手数料なし
FXプラットフォームMT4/cTrader
最小ロット0.01ロット
最大ロット1,000ロット(1ポジションあたり)
対応商品FX、株式CFD、株価指数CFD、エネルギーCFD、貴金属CFD

スタンダード口座の特徴は特にありません。

ナノ口座と比べると取引コストは高めですし、マックス口座のようにレバレッジ1000倍で取引できません。あまり積極的に使う理由はないです。

取引コストを低くしたいならナノ口座、資金50万円以下でレバレッジ1000倍取引をするならマックス口座を使いましょう。

スタンダード口座の詳細は、AXIORY「口座→口座の種類→口座タイプ」で確認できます。

ナノ口座:低スプレッド+外付け手数料6ドル

ナノ口座の詳細スペックはこちら。

最大レバレッジ400倍
取引手数料あり(往復6ドル/ロット)
FXプラットフォームMT4/cTrader
最小ロット0.01ロット
最大ロット1,000ロット(1ポジションあたり)
対応商品FX、株式CFD、株価指数CFD、エネルギーCFD、貴金属CFD

ナノ口座の特徴は、取引コストが非常に低いこと。

例えばUSDJPYの表記スプレッドは0.3pipsで、取引手数料0.6pips(1ロット往復6ドル)を加えても合計0.9pipsに抑えられます。

取引口座の最大レバレッジも400倍と海外FXブローカーの中では標準的で、普通にスイングトレードをする分には問題ないはずです。

またナノ口座はcTraderMT4の両方に対応しています。裁量トレードをするならリミット注文を置きやすいcTrader口座、EA自動売買をするならEAの種類が多いMT4口座と使い分けましょう。

ナノ口座の詳細は、AXIORY「口座→口座の種類→口座タイプ」で確認できます。

テラ口座:ナノ口座のMT5バージョン

テラ口座の詳細スペックはこちら。

最大レバレッジ400倍
取引手数料あり(往復6ドル/ロット)
FXプラットフォームMT5
最小ロット0.01ロット
最大ロット1,000ロット(1ポジションあたり)
対応商品FX、日本株CFD、株式CFD、株価指数CFD、エネルギーCFD、貴金属CFD

テラ口座の1つ目の特徴は、FXプラットフォーム「MT5」が使えること。MT5はMT4の後発プラットフォームで、MT4より動作が速くなったり、対応時間足が増えたりしています。

ただAXIORYは高性能FXプラットフォーム「cTrader」に対応しているため、特殊な取引ツールやEAを使いたいといったケースでない限りMT5を使う必要はないです。

テラ口座の2つ目の特徴は、日本株CFDに対応していること。レバレッジ5倍で日本株取引ができます。

ただ海外FXではボラティリティの激しいゴールドの方が稼ぎやすいですし、レバレッジ5倍だと資本効率の高いトレードはできません。無理に使う必要はないでしょう。

テラの詳細は、AXIORY「口座→口座の種類→口座タイプ」で確認できます。

アルファ口座:レバレッジ1倍の現物取引向け

アルファ口座の詳細スペックはこちら。

最大レバレッジ1倍
取引手数料あり
FXプラットフォームMT5
最小ロット1ロット
最大ロット100,000ロット(1ポジションあたり)
対応商品現物株式、ETF

アルファ口座の1つ目の特徴は、最大レバレッジが1倍と非常に低いこと。現物取引(レバレッジ1倍)を想定しており、FXやCFDのレバレッジ取引はできません。

2つ目の特徴は、現物株式・ETF銘柄に対応していること。これらの銘柄は他の口座タイプでは取引できません。

ただ最大レバレッジ1倍だと資本効率は非常に悪く、大きな利益を出すには資金1,000万円以上入れておく必要があります。完全信託保全が義務ではない海外FXブローカーにそんな大金を入れるのはリスキーです。

レバレッジ1倍取引なら国内証券会社でもできますし、こちらは完全信託保全があり、税制面でも優遇されています。MT5で現物取引をしたいといったケースでない限り、アルファ口座を使う必要はないでしょう。

アルファ口座の詳細は、AXIORY「口座→口座の種類→口座タイプ」で確認できます。

AXIORYのおすすめ口座タイプ・選び方

1位:マックス口座(cTrader):裁量ナンピンにおすすめ

AXIORYで裁量のハイリスクトレード(ナンピン・マーチンゲール)をするなら、口座タイプはマックス口座(cTrader)がおすすめ。

マックス口座はレバレッジ1000倍に対応しているため必要証拠金が低く、ハイリスクトレードをしてもロスカットされにくいです。

ただしマックス口座でレバレッジ1000倍が使えるのは、有効証拠金50万円以下の時だけです。

50万円以上になるとレバレッジが自動的に400倍に引き下げられてしまうので、50万円を超えないようこまめに利益出金しましょう。資金50万円以上で運用するなら、追加口座で分散させるのも有効です。

マックス口座の最大の強みは、高性能FXプラットフォーム「cTrader」をレバレッジ1000倍で使えることです。資金50万円以下で裁量のハイリスクトレードをするなら、マックス口座がおすすめです。

マックス口座の詳細は、AXIORY「口座→口座の種類→口座タイプ」で確認できます。

2位:マックス口座(MT4):マーチンゲールEAにおすすめ

マーチンゲールEAをハイリスク運用するなら、マックス口座(MT4)がおすすめ。

マックス口座は最大レバレッジが1000倍と高く、ストップアウトも0%と低いため、合計ロットや含み損が大きくなりやすいマーチンゲールEAでもロスカットされにくくなります。(Dark VenusGrid Freeなど)

ただしマックス口座でレバレッジ1000倍が使えるのは、有効証拠金50万円までです。口座残高が50万円を超えると自動的にレバレッジ400倍に引き下げられるので、その前に利益出金資金移動しておきましょう。

資金50万円以上でマーチンゲールEAを運用するなら、XM KIWAMI口座の方がおすすめ。こちらのレバレッジ制限は1名義で合計残高40,000ドルを超えた時なので、1口座で高額運用してもレバレッジ制限されにくいです。

マックス口座は資金50万円を超えるとレバレッジ1000倍が使えなくなるのがネックです。それを避けるためにも資金50万円以下で運用する、あるいは追加口座で50万円以下に分散させて運用しましょう。

マックス口座の詳細は、AXIORY「口座→口座の種類→口座タイプ」で確認できます。

3位:ナノ口座(MT4):単一ポジションEAにおすすめ

EA自動売買で単一ポジションEAを運用するなら、口座タイプはナノ口座MT4)がおすすめ。

ナノ口座は取引コストが低いため、単一ポジションEAを高ロット運用をしても利益を出しやすいです。

またレバレッジも400倍と標準的で、最小ロットも0.01ロットで、ストップアウトも20%と低めなため、資金50万円以上でマーチンゲールEAを運用してもいいでしょう。

もっと取引コストの低い口座としてTradeview ILC口座が挙げられますが、こちらはレバレッジが200倍と低めで、0.1ロット未満の取引ができず、ストップアウトも100%の高め、などのデメリットがあります。

その点でナノ口座はスペックが標準的で、会員ページ(MyAxiory)で複数口座の同時管理もしやすいため、EA初心者におすすめです。

ナノ口座の詳細は、AXIORY「口座→口座の種類→口座タイプ」で確認できます。

AXIORY口座タイプの確認方法

口座タイプを確認するには、まずAXIORY公式サイトにアクセスし、会員ページ(MyAxiory)にログインします。

Screenshot

会員ログインに必要な情報はこちら。

  • アカウント登録時のメールアドレス
  • ログインパスワード
Screenshot

ログインできない、あるいはログインパスワードを忘れてしまった場合は、会員ページ(MyAxiory)でパスワードをリセットできます。

会員ログインに成功したら、下方向に少しスクロールすると取引口座一覧が表示されます。取引口座の右側で口座タイプを確認できます。

Screenshot

AXIORY口座タイプの変更方法

AXIORYの口座タイプは変更できません。

使いたい口座タイプがある場合は、会員ページ(MyAxiory)追加口座を開設しましょう。

Screenshot

すでにリアル口座を10口座保有している場合は、会員ページ(MyAxiory)で既存口座を削除して、追加口座の枠を回復させます。

口座削除(口座解約)前には以下のことをやっておきましょう。

  • 保有ポジションの決済
  • 口座残高の全額出金・資金移動
  • 取引履歴のダウンロード(確定申告での損益計上)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

海外FXの稼ぎ方

海外FXのおすすめな稼ぎ方はこちら。

運用額が100万円以下なら、裁量スイングトレードがおすすめ。トレンド相場でピラミッディング、レンジ相場でナンピンと使い分けることで、常に期待値の高いトレードができます。

運用額が100万円から300万円なら、EA自動売買(Grid EA Pro運用)がおすすめ。エントリー・決済を自動化でき、FXの収益化が楽になります。

運用口座はレバレッジ1000倍+スワップフリーのXM KIWAMI口座がおすすめです。

運用額が300万円から1,000万円以上なら、スワップアービトラージもおすすめ。カウンターパーティリスクは高くなりますが、為替リスクなしで1日10万円前後の収益を狙えます。

この記事を書いた人

海外FXの情報を備忘録としてまとめています。
運用は自己責任でお願いします。
Twitterで「海外FXの有益情報bot」も運用してます。

目次