Tradeview 口座解約方法・解約前にやること・放置するとどうなる?

この記事ではTradeviewの口座解約方法、解約前にやることなどを解説していきます。

口座解約の手続きは、Tradeviewのサポートデスクで行えます。

目次

Tradeviewの口座解約方法

その1:Tradeviewの出金フォームから解約申請する

解約方法で1番シンプルなのは、Tradeview出金フォームから解約申請すること。

2024年現在、Tradeviewの古い出金フォームは使えなくなっています。

出金フォームにTradeview口座を「解約する・しない」という項目があるため、「解約する」にチェックを入れてから出金することで口座解約できることになっています。

ただTradeviewはWebサイトが使いにくく、解約申請もうまく機能しないかもしれません。

A-bookブローカーは事業の収益が控えめで、コンプライアンスの関係で日本人への勧誘も消極的なので、ウェブサイトを使いやすくする動機が薄いからです。

確実性を重視するなら、Tradeviewサポートデスクに解約申請した方が良いでしょう。

サポートデスクの連絡先は、Tradeview「お問い合わせ」で確認できます。

その2:サポートデスクに解約申請する

2つ目の方法はTradeviewサポートデスクに口座解約申請をすること。

Tradeviewのお問い合わせフォームから連絡することもできますが、送信履歴を残すという意味でもサポートデスクのメールアドレスに直接解約申請をした方がいいです。

サポートデスクのメールアドレスはこちら。

  • japanesesupport@tvmarkets.com(古いメールアドレス)
  • nihongohelp@tvmarkets.com(新しいメールアドレス)

解約するときのメール文面の参考例はこちら。

Tradeviewサポートデスク様

以下の口座の解約をお願いします。

口座番号:1234567

事務的な手続きですし、あまりかしこまる必要もないでしょう。

サポートデスクの連絡先は、Tradeview「お問い合わせ」で確認できます。

その3:口座を放置して口座凍結させる

出金フォームでの手続きやサポートデスクとの連絡が面倒なら、取引口座を放置して凍結させる手もあります。

Tradeviewでは取引口座を残高ゼロのまま1年以上放置すると、口座凍結になります。凍結口座は復活できないため、口座アカウント番号やパスワードが漏洩してもログインされる心配はありません。

休眠口座の復活・確認書類の提出は、Tradeviewのサポートデスクで行えます。

Tradeview口座解約前にやるべきこと

取引口座の保有ポジションをすべて決済する

取引口座がポジションを保有しているなら、全てのポジションを決済しましょう。ポジションを持っている間は口座解約できません。

保有ポジションを決済するにはTradeviewのFXプラットフォーム(MT4/MT5/cTrader)にログインする必要があります。

口座番号やログインパスワードを忘れてしまった場合は、メールボックスでTradeviewの口座開設完了メールを掘り返すか、サポートデスクに問い合わせましょう。

取引履歴をダウンロードする

口座解約する前に取引履歴もダウンロードしておきましょう。口座を解約すると取引履歴も確認できなくなり、確定申告の損益計上がしにくくなるからです。

取引履歴をダウンロードできるのは、ソフトウェア版MT4/MT5のみです。アプリ版・ウェブトレーダーの場合は、VPSにログインしてからソフトウェア版でダウンロードする必要があります。

cTraderならウェブブラウザ版でも取引履歴をダウンロードできるので、パソコンがあればVPSは不要です。

取引履歴ダウンロードに必要なソフトウェア版MT4/MT5/cTraderは、Tradeview「FXプラットフォーム一覧」で入手できます。

取引口座の資金を出金・資金移動する

次は取引口座の資金をすべて出金、あるいは他の取引口座に資金移動します。口座に資金が残っていると口座解約ができません。

出金方法のおすすめは、円口座なら国内銀行送金、他の口座ならbitwallet送金となります。どちらも送金手数料が安いです。

口座出金・資金移動は、Tradeview「会員ページ」で行えます。

Tradeviewで口座解約せず放置するとどうなる?

口座維持手数料が発生する(6ヶ月放置で月50ドル)

Tradeviewでは口座に資金を入れたまま6ヶ月以上放置すると、毎月50ドル(日本円口座なら5,000円)の口座維持手数料が発生します。

XM・AXIORYの口座維持手数料(月5ドル)ど比べると高額です。

ただこの口座維持手数料は名目上のものであって入出金・資金移動・FX取引を行えば返還されます。(会員ページにログインしただけでは返還されない)

Tradeviewの入出金・資金移動は、Tradeview「会員ページ」で行えます。

口座休眠・口座凍結になる(口座残高ゼロで6ヶ月/1年放置)

Tradeviewで口座残高ゼロのまま6ヶ月以上放置すると口座休眠になります。

取引口座が休眠状態になると、Tradeview会員ページにログインできなくなります。サポートデスクに住所確認書類(発行3ヶ月以内)を提出して復活させましょう。

またTradeviewで口座残高ゼロのまま1年以上放置すると口座凍結になります。

凍結した口座は復活できません。Tradeview新規口座開設フォームから新しく口座を作り直しましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

海外FXの稼ぎ方

海外FXのおすすめな稼ぎ方はこちら。

運用額が100万円以下なら、裁量スイングトレードがおすすめ。トレンド相場でピラミッディング、レンジ相場でナンピンと使い分けることで、常に期待値の高いトレードができます。

運用額が100万円から300万円なら、EA自動売買(Grid EA Pro運用)がおすすめ。エントリー・決済を自動化でき、FXの収益化が楽になります。

運用口座はレバレッジ1000倍+スワップフリーのXM KIWAMI口座がおすすめです。

運用額が300万円から1,000万円以上なら、スワップアービトラージもおすすめ。カウンターパーティリスクは高くなりますが、為替リスクなしで1日10万円前後の収益を狙えます。

この記事を書いた人

海外FXの情報を備忘録としてまとめています。
運用は自己責任でお願いします。
Twitterで「海外FXの有益情報bot」も運用してます。

目次