AXIORY 入金方法・入金手数料まとめ

この記事ではAXIORYの入金方法・入金手数料を解説していきます。

AXIORY公式サイトはこちら

目次

AXIORYの入金方法一覧

国内銀行送金

国内銀行送金の詳細はこちら。(AXIORY「入出金方法」で確認可能)

対応通貨JPY
入金手数料無料(2万円未満なら1,000円)
利益出金できる
最低入金額1,100円
入金上限額100万円(1ヶ月あたり。ライトステージは12万円)
入金の反映時間30分
利用対象ライトステージ・フルステージ

AXIORYは国内銀行送金に対応しており、お手持ちの国内口座からAXIORYの収納代行業者の口座を経由して口座入金できます。

国内銀行送金は、海外銀行送金と違って数千円の送金手数料がかかりませんし、bitwalletSTICPAYより手数料が安く、仮想通貨入金のように入金先を間違えても資金を失うこともありません。安全性・取引コストの面で優秀なので、なるべく優先して使いましょう。

国内銀行送金のやり方は、普通の銀行振り込みと同じです。AXIORYの会員ページ(MyAxiory)で入金額を入力すると収納代行業者の口座情報が表示されるので、銀行のアプリ・ウェブサイトなどから口座振り込みをしてください。

注意点として、会員ステージがライトステージだと国内銀行送金の入金額はトータル12万円に限定されます。もっと大きな金額で入金したい場合は、会員ページ(MyAxiory)でフルステージにアップグレードしましょう。

またAXIORYの国内銀行送金は円口座でしか利用できません。ドル口座・ユーロ口座に入金したい場合は、他の入金方法を使いましょう。

国内銀行送金(Curfex)

国内銀行送金(Curfex)の詳細はこちら。(AXIORY「入出金方法」で確認可能)

対応通貨JPY
入金手数料無料(2万円未満なら1,000円)
利益出金できる
最低入金額1,100円
入金上限額なし
入金の反映時間1-24時間
利用対象フルステージ

AXIORYではCurfexを経由して口座入金することもできます。

Curfexはオンライン送金プラットフォームの1つです。海外FXブローカーの中で対応しているのはAXIORYくらいなので、AXIORY専用の送金プラットフォームと考えていいでしょう。

Curfexにはウォレット機能がなく、資金を一時的に保管できません。あくまで送金専用のサービスです。普通に使うと手数料として送金額の1%を取られますが、AXIORY経由だと入金・出金手数料が無料になります。

Curfex経由の国内銀行送金だと入金額に上限がないため、1回で100万円以上の大きな金額を入金するなら、Curfexを経由させた方がいいです。

注意点は、フルステージでないと利用できないこと、円口座にしか対応していないことなどですね。

海外銀行送金:現在は入金不可

海外銀行送金の詳細はこちら。(AXIORY「入出金方法」で確認可能)

対応通貨JPY, USD, EUR
入金手数料無料(2万円未満なら1,500円)
利益出金できる
最低入金額入金不可
入金上限額入金不可
反映時間入金不可
利用対象フルステージ

現在AXIORYでは海外銀行送金による入金できません。

ただ海外銀行送金では送金元口座で送金手数料(3,000円くらい)を取られてしまいます。ドル・ユーロの銀行口座を持っていない限り、海外銀行送金を使うメリットは薄いです。

クレジットカード・Apple Pay

クレジットカード・Apple Pay入金の詳細はこちら。(AXIORY「入出金方法」で確認可能)

対応通貨JPY, USD, EUR
入金手数料無料(2万円未満なら1,000円)
利益出金できない
最低入金額5,000円
入金上限額50万円/回
入金の反映時間即時
利用対象ライトステージ・フルステージ

AXIORYのクレジットカード入金は、VISA・Mastercard・JCBなど代表的な国際ブランドに対応しています。

ただカード会社や国際ブランドによっては「海外FX口座への入金=ギャンブル」とみなされることがあり、入金額・送金回数次第ではカード利用を止められるリスクがあります。普段使っているカードは使わず、予備のカードで入金しましょう。

またAXIORYのドル口座・ユーロ口座にクレジットカード入金した場合、ドル建て・ユーロ建てで決済され、数%の為替手数料をとられてしまうケースもあります。カード入金も円口座が推奨です。

AXIORYのクレジットカード入金はApple Payにも対応していますが、こちらは国際ブランドがVISAしか対応していません。

デビットカード by Curfex

デビットカード入金(Curfex)の詳細はこちら。(AXIORY「入出金方法」で確認可能)

対応通貨JPY
入金手数料無料(2万円未満なら1,000円)
利益出金できない
最低入金額1,100円
入金上限額250万円/日
入金の反映時間1-24時間
利用対象フルステージ

AXIORYではVISA・Mastercardでのデビットカード入金も可能です。

デビットカードとは、決済後すぐに紐付けされた口座から引き落とされるタイプのカードのこと。クレジットカードのような審査がなく、無職・自営業者など属性の弱い人でも発行しやすいのが大きなメリットです。

クレジットカード入金の上限が1日50万円と低めなのに対し、こちらは1日250万円とかなり高額です。

注意点としてCurfex経由のデビットカード入金はライトステージだと使えません。この入金方法を利用する場合は、AXIORYの会員ページ(MyAxiory)でフルステージにアップグレードさせましょう。

STICPAY:現在は利用不可

STICPAY入金の詳細はこちら。(AXIORY「入出金方法」で確認可能)

対応通貨JPY, USD, EUR
入金手数料無料(2万円未満なら1,000円)
利益出金できない
最低入金額利用不可
入金上限額利用不可
入金の反映時間利用不可
利用対象ライトステージ・フルステージ

現在AXIORYではSTICPAYによる入金ができません。他の入金方法を使いましょう。

STICPAYはオンラインウォレットサービスの1つです。海外FX向けのウォレットサービスとしてはbitwalletの次くらいに有名ですが、銀行出金手数料が高い(800円+2%)のが大きな欠点です。

PayRedeem(旧VLoad)

PayRedeem入金の詳細はこちら。(AXIORY「入出金方法」で確認可能)

対応通貨JPY, USD, EUR
入金手数料無料(2万円未満なら1,000円)
利益出金できない
最低入金額5,000円
入金上限額50万円/回
入金の反映時間即時
利用対象フルステージ

PayRedeemはオンライン決済プラットフォームの1つです。サイト上でE-カードを購入しAXIORYへの入金に使うことで、AXIORYに個人情報やカード番号などを知られることなく入金できます。

ただPayRedeemは日本人利用者が少なく日本語の情報が少ないですし、公式サイトでも手数料の記載が少なく、信用性に欠ける印象です。AXIORYでは国内銀行送金が使えるため、このようなマイナー決済サービスを使う必要はないでしょう。

NETELLER:日本在住者は利用不可

NETELLER入金の詳細はこちら。(AXIORY「入出金方法」で確認可能)

対応通貨JPY, USD, EUR
入金手数料無料(2万円未満なら1,000円)
利益出金できない
最低入金額5,000円
入金上限額50万円/回
入金の反映時間即時
利用対象ライトステージ・フルステージ

現在AXIORYのNETELLER入金は、日本在住者だと利用できません。

NETELLERはオンラインウォレットサービスの1つで、かつては海外FXブローカーやオンラインカジノでの送金方法として利用されていました。

ただ現在は日本語に対応しておらず、入出金手数料も高めなので、bitwalletと比べると利用するメリットは少ないです。

Skrill:日本在住者は利用不可

Skrill入金の詳細はこちら。(AXIORY「入出金方法」で確認可能)

対応通貨JPY, USD, EUR
入金手数料無料(2万円未満なら1,000円)
利益出金できない
最低入金額5,000円
入金上限額50万円/回
入金の反映時間即時
利用対象ライトステージ・フルステージ

現在AXIORYではSkrill入金も日本在住者は利用できません。

Skrillはマイナーなオンラインウォレットサービスです。かつては海外FXブローカーやオンラインカジノでの入出金方法として使われていました。

AXIORYの入金ルール

ライトステージだと入金方法・入金額が制限される

AXIORYの会員ステータスにはライトステージ・フルステージの2種類があり、ライトステージだと入金額・入金方法が大きく制限されます。

2つのステージの違いはこちら。(AXIORY「口座→開設方法」で確認可能)

ライトステージフルステージ
入金額トータル12万円まで制限なし
入金方法国内銀行送金(Curfex)、
デビットカード by Curfex、
PayRedeem(旧VLoad)が使えない
全ての入金方法が使える
提出書類本人確認書類のみ本人確認書類、
現住所確認書類、
セルフィー
取引までの所用時間約5分営業日24時間以内

ライトステージだと本人確認書類だけで取引ができるお手軽さはありますが、入金額が合計12万円までに限定され、Curfex経由での入金方法が使えなくなります。

それに対してフルステージ会員だと現住所確認書類等を提出する必要はありますが、Curfex経由での入金方法が解禁され、入金額制限もなくなります。

一部の入金方法は円口座でしか使えない

以下の3つの入金方法は日本円口座でしか使えません。(AXIORY「入出金方法」で確認可能)

  • 国内銀行送金
  • 国内銀行送金 by Curfex
  • デビットカード by Curfex

取引手数料を節約したいなら、国内銀行送金などに対応している円口座を使いましょう。

入金・出金の経路は同じにすること

AXIORYで口座入金・口座出金するときは、入出金経路を揃えておきましょう。(AXIORY「入出金方法」で確認可能)

例えば普通の国内銀行送金で入金した場合、出金方法も国内銀行送金になります。海外銀行送金や他のオンラインウォレットサービスでは出金できません。

そしてクレジットカード入金した場合も、入金額まではクレジットカードで払い戻し出金になり、利益分は国内銀行送金での出金となります。

入金・出金の経路を同じにするのは、マネーロンダリング対策のためです。そうしないと「不正に取得したクレジットカードで入金→マネロン口座に出金」というスキームが成り立って、反社の資金源になる恐れがあるからです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

海外FXの稼ぎ方

海外FXの運用額が100万円以下なら、裁量トレードがおすすめ。トレンド相場ではピラミッディング、レンジ相場ではナンピンと使い分けることで、常に期待値の高いトレードができます。

裁量トレードの始め方はこちら。

運用額が100万円から300万円ほどなら、EA自動売買がおすすめ。エントリー・決済を自動化できるため、FXの収益化が楽になります。

運用EAは無料EA「Grid EA Pro」がおすすめ。MQL5アカウントを持っていれば無料ダウンロードできます。無料グリッドEAの中では収益性・リスクリワードがトップクラスです。

Grid EA Proの使い方はこちら。

運用額が300万円以上なら、スワップアービトラージがおすすめ。カウンターパーティリスクは高くなりますが、為替リスクなしで1日数万円の利益を出し続けることができます。

スワップアービトラージのやり方はこちら。

この記事を書いた人

海外FXの情報を備忘録としてまとめています。
運用は自己責任でお願いします。
Twitterで「海外FXの有益情報bot」も運用してます。

目次