Tradeview 取引時間・夏時間/冬時間・日本時間への調整方法

この記事ではTradeviewの取引時間・夏時間/冬時間・日本時間への調整方法を解説していきます。

Tradeview公式サイトはこちら

目次

Tradeviewの取引時間

FX通貨ペアの取引時間

FX通貨ペアの取引時間(日本時間)はこちら。

  • 夏時間:月曜6:05〜土曜5:55
  • 冬時間:月曜7:05〜土曜6:55

夏時間3月から11月までは、取引時間が降る時間夜の時よりも1時間早くなるので注意しましょう。

FX通貨ペアの取引時間は英語版Tradeview「Contract Specifications」でも確認できますが、サーバー時間(GMT+2)で表記されているため、日本時間にするなら7時間(夏時間は6時間)プラスして計算します。

夏時間と冬時間の期間はこちら。

  • 夏時間:3月第2日曜日~11月第1日曜日
  • 冬時間:11月第1日曜日~3月第2日曜日

サマータイムが始まる日は年度によって異なるため、Googleで「米国 サマータイム」と検索してその都度確認しましょう。

特にFX市場の開始直後は大きな窓が開くことがあるので、窓埋めトレードをするならFXの開始時間、夏時間/冬時間は把握しておいた方がいいです。

CFD銘柄の取引時間

ここからはCFD銘柄の取引時間を見ていきます。CFDとはFX通貨ペア以外の銘柄、例えば株式・ETF・貴金属・コモディティ・仮想通貨などを指します。

レアメタル・貴金属CFDの取引時間

レアメタル・貴金属CFDの取引時間(日本時間/冬時間)はこちら。

シンボル開始時間終了時間
XAGUSD月曜8:00土曜6:59
XAUUSD月曜8:00土曜6:59
XAUEUR月曜8:00土曜6:59

夏時間の場合は、開始時間と終了時間がそれぞれ1時間早くなります。

仮想通貨の取引時間

仮想通貨CFDの取引時間(日本時間/冬時間)はこちら。

シンボル開始時間終了時間
BTCUSD月曜7:05土曜6:59
ETHUSD月曜7:05土曜6:59
LTCUSD月曜7:05土曜6:59
XPRUSD月曜7:05土曜6:59
BTCJPY月曜7:05土曜6:59

夏時間の場合は、開始時間と終了時間がそれぞれ1時間早くなります。

なお仮想通貨は土日でも取引できますが、Tradeviewは土日取引に対応していません。土日取引したいなら、別の仮想通貨取引所を使いましょう。

インデックス・株価指数の取引時間

インデックス・株価指数CFDの取引時間(日本時間/冬時間)はこちら。

シンボル開始時間終了時間
WS30月曜8:00土曜6:00
SPXm月曜8:00土曜6:00
K100月曜8:00土曜6:00
NDX月曜8:00土曜6:00
FCHI月曜8:00土曜6:00
STOXX50E月曜8:00土曜6:00
GDAXI月曜8:00土曜6:00
J225月曜8:00土曜6:00
AUS200月曜8:00土曜6:00

夏時間の場合は、開始時間と終了時間がそれぞれ1時間早くなります。

コモディティ(商品)の取引時間

コモディティCFDの取引時間(日本時間/冬時間)はこちら。

シンボル開始時間終了時間
CRUDEOIL月曜8:00土曜6:59
UKOIL月曜8:00土曜6:59
NGAS月曜8:00土曜6:59

夏時間の場合は、開始時間と終了時間がそれぞれ1時間早くなります。

取引できない時間帯・メンテナンス時間

Tradeviewで取引できない時間帯はこちら。

  • 夏時間:土曜5:55〜月曜6:05
  • 冬時間:土曜6:55〜月曜7:05

土日はポジションのエントリー(成り行き注文)はできませんが、予約注文の設置・位置調整は可能です。金曜日の夜にチャートが大きく動いたら、土日にリミット注文の設置・位置調整をしておきましょう。

Tradeviewのメンテナンスは土日に行われるため、月曜から金曜に取引ができなくなることはありません。ただ土日のメンテナンス中はFXプラットフォームにアクセスできなくなることがあります。

Tradeview夏時間・冬時間の計算方法

Tradeviewの取引時間は、MT4/MT5あるいは英語版Tradeview「Contract Specifications」で確認できますが、それらはサーバー時間であって日本時間ではありません。

サーバー時間(GMT+2/+3)から日本時間(GMT+9)への変換方法はこちら。

  • 夏時間(日本時間):サーバー時間+6時間
  • 冬時間(日本時間):サーバー時間+7時間

例えばMT4/MT5の表示時間が深夜0時なら、日本時間では夏時間は早朝6時、冬時間は早朝7時になります。深夜帯に取引する夜スキャEAが、日本では朝スキャEAと呼ばれるのもこういった背景があるからです。

MT4/MT5の表示時間はGMT+2/+3で設定されています。日本の標準時間はGMT+9なので、夏時間なら6時間プラスして、冬時間なら7時間プラスして計算します。

海外FXで窓埋めトレードあるいは夜スキャEA(朝スキャEA)を運用するなら、FX市場の開始時刻は重要となります。夏時間・冬時間のルールは把握しておきましょう。

Tradeviewのおすすめ取引時間

Tradeviewでデイトレード・スキャルピングトレードをするなら、取引時間にこだわりましょう。ボラティリティの高い時間帯に取引することで、利幅を稼ぎやすくなります。

特にニューヨーク市場・ロンドン市場・東京市場が開いている時は取引量が活発になります。

市場影響度時間帯
ニューヨーク市場日本時間22時から翌朝7時(夏時間は21時から翌朝6時)
ロンドン市場日本時間17時から翌朝3時(夏時間は16時から翌朝2時)
東京市場日本時間8時から17時(サマータイムによる変更なし)

おすすめ取引時間は日本時間22時から深夜帯まで。この時間はロンドン時間とニューヨーク時間、重要な経済指標の発表時間が重なるため、チャートが大きく動きやすいです。

デイトレード・スキャルピングトレードなら高ロットトレードを、スイングトレードならリミット注文を設置してエントリーを自動化します。

Tradeviewでおすすめしない取引時間

逆に以下の時間帯での取引はおすすめしません。

市場時間帯
オセアニア時間早朝4時〜8時
FX市場の開始直後月曜の早朝6時〜7時
FX市場の終了直前土曜の早朝6時〜7時

これらの時間帯は取引量が少なく、ボラティリティも控えめで、利幅を稼ぎにくいからです。スプレッドも普段より1.5倍から2倍ほど広がっているため、スキャルピングトレードだと手数料負けしやすくなります。

FX取引はボラティリティの激しい時間にした方が利益を出しやすいです。裁量トレードならエントリーはニューヨーク時間以降(日本時間21時-22時以降)が好ましいです。

Tradeviewで取引時間(チャート表示時間)を日本時間にする方法

MT4/MT5のチャート表示時間はサーバー時間です。日本時間にするには工夫が必要です。

cTraderで取引する(自動で日本時間/UTC+9が適用される)

チャート表示時間を日本時間にするなら、1番手っ取り早いのはcTraderを使うこと。

cTraderではデフォルトでチャート表示時間が日本時間(UTC+9)に設定されています。この機能はデスクトップ版(ソフトウェア版)だけでなく、ウェブブラウザ版・アプリ版にも備わっています。

MT4/MT5もデスクトップ版(ソフトウェア版)なら専用インディケーターで同じことができますが、ウェブブラウザ版・アプリ版には対応していません。

デバイスを問わず日本時間チャートで取引したいなら、cTraderを使いましょう。

専用のインディケーターを使う(デスクトップ版MT4/MT5のみ)

デスクトップ版MT4なら専用インディケーターでチャートの表示時間を日本時間にできます。

代表的なのは「JPN_Time_SubZero」ですね。(使い方・設定方法

MT4とMT5のインディケーターには互換性がありません。MT5でチャート表示時間を日本時間にするには、別のインディケーターが必要です。

デスクトップ版MT5なら「FXmt日本時間」というインディケーターが無料提供されています。

ただレビューでは「うまく起動できない」「起動しても表示時間に若干ズレがある」といった声も多く、インディケーターの精度は高くない印象です。

チャートを日本時間表示にするツールは需要が少ないためか、無料で高品質なものは少ないです。またMT4/MT5アプリには対応しておらず、スマホ・タブレットだと日本時間表示はできません。

FXプラットフォームにこだわらないなら、cTraderに乗り換えるのが1番手っ取り早いです。cTraderならウェブブラウザ版・スマホアプリ版でもチャートを日本時間表示にできます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

海外FXの稼ぎ方

海外FXの運用額が100万円以下なら、裁量トレードがおすすめ。トレンド相場ではピラミッディング、レンジ相場ではナンピンと使い分けることで、常に期待値の高いトレードができます。

裁量トレードの始め方はこちら。

運用額が100万円から300万円ほどなら、EA自動売買がおすすめ。エントリー・決済を自動化できるため、FXの収益化が楽になります。

運用EAは無料EA「Grid EA Pro」がおすすめ。MQL5アカウントを持っていれば無料ダウンロードできます。無料グリッドEAの中では収益性・リスクリワードがトップクラスです。

Grid EA Proの使い方はこちら。

運用額が300万円以上なら、スワップアービトラージがおすすめ。カウンターパーティリスクは高くなりますが、為替リスクなしで1日数万円の利益を出し続けることができます。

スワップアービトラージのやり方はこちら。

この記事を書いた人

海外FXの情報を備忘録としてまとめています。
運用は自己責任でお願いします。
Twitterで「海外FXの有益情報bot」も運用してます。

目次