XM cTraderは非対応。代わりのおすすめブローカーは?

cTraderは高性能FXプラットフォームの名称で、メタトレーダー(MT4/MT5)より後発のサービスです。裁量トレードを快適にする便利機能がたくさん備わっています。

残念ながらXMはcTraderに対応していません。cTraderを使いたいならAXIORYTradeviewで口座開設しましょう。

この記事ではXMとcTraderの関係性を解説していきます。

目次

XMはcTraderに対応していない

XMはcTraderに対応していません。cTraderで裁量トレードや自動売買をしたいなら、他のブローカーで口座開設しましょう。

おすすめはAXIORYTradeviewの2つ。FX初心者は使い勝手のいいAXIORYを、FX上級者は取引コストの低いTradeviewを選びましょう。

AXIORY レビューはこちら。(AXIORY公式サイト

Tradeview レビューはこちら。(Tradeview公式サイト

cTraderの特徴・便利機能

cTraderはメタトレーダー(MT4/MT5)より後発のFXプラットフォームで、裁量トレードを快適にする便利機能がたくさん備わっています。

AXIORY cTraderの使い方はこちら。(AXIORY cTraderダウンロード

Tradeview cTraderの使い方はこちら。(Tradeview cTraderダウンロード

中でもおすすめな機能はこちら。

  • ドラッグ操作でリミット注文・SL/TPを動かせる
  • 上下ボタンで時間足の切り替えられる(デスクトップ版のみ)
  • Command+左右キーで表示チャートの切り替えられる(デスクトップ版のみ)
  • チャート横に経済指標カレンダーを表示できる(日本時間対応)

1つ目はドラッグ操作でリミット注文やストップロス、テイクプロフィットの位置を調整できること。これにより裁量のピラミッディングやナンピントレードが快適になります。

2つ目はパソコンの上下ボタンで時間足を切り替えられること。例えば大まかな相場は日足チャートで把握して、細かい値動きは4時間足で把握するという作業を一瞬でできます。

3つ目はパソコンのCommand+左右キーでチャートを切り替えられること。マイナー銘柄のチャートを10個ほど開いておき、1日1回周回チェックすることでチャンス相場を見つけやすくなります。

4つ目はパソコン版のチャート横に経済指標カレンダーを表示できること。重要な経済指標・要人発言などがあるときは指標トレードで大きく稼ぐチャンスです。なお日本時間にも対応しています。

cTrader(シートレーダー)の使い方はこちら。

cTrader対応のおすすめブローカー・運用口座

AXIORY ナノ口座

cTraderを初めて使うなら、運用口座はAXIORY ナノ口座がおすすめ。

スプレッドと取引手数料が優秀で、レバレッジも400倍と標準的なため、普通の裁量トレードで利益を出しやすいです。(ただしゴールドのレバレッジは100倍)

AXIORYは口座開設が簡単で、会員ページでの資金移動・追加口座開設もしやすく、海外FX初心者にも扱いやすいです。MT4/MT5/cTrader口座をそれぞれ開設して使い比べるのもいいでしょう。

注意点としてAXIORYのcTraderは「cTraderコピー」に対応していません。cTraderコピーを使うならTradeviewのcTraderを採用しましょう。

AXIORY ナノ口座の特徴はこちら。(AXIORY「口座→口座タイプ」で確認可能)

Tradeview cTrader口座

海外FXに慣れているなら、Tradeview cTrader口座がおすすめ。AXIORYよりスプレッドや取引手数料が優秀で、裁量トレードで利益を出しやすくなります。

取引口座のレバレッジも400倍と標準的で、ゴールドでもレバレッジ400倍で取引できます。

ただTradeviewは会員ページが使いにくく、複数の口座を同時に管理しにくいです。いろいろなプラットフォームや口座タイプを触ってみたいならAXIORYの方がおすすめです。

TradeviewのcTraderは、cTraderコピーにも対応しています。ストラテジープロバイダーにトレードを委託することで、VPSなしでトレードを自動化できます。

ただトレードロジックのほとんどはハイリスクなナンピン・マーチンゲールで、破綻してもすぐに新しいストラテジーに転生するため、FX初心者が優秀なトレードロジックを見つけるのは難しいです。

Tradeview cTrader口座の詳細は、Tradeview公式サイトで公開されていません。実際に口座開設するか、サポートデスクに問い合わせるかしましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

海外FXの稼ぎ方

海外FXの運用額が100万円以下なら、裁量トレードがおすすめ。トレンド相場ではピラミッディング、レンジ相場ではナンピンと使い分けることで、常に期待値の高いトレードができます。

裁量トレードの始め方はこちら。

運用額が100万円から300万円ほどなら、EA自動売買がおすすめ。エントリー・決済を自動化できるため、FXの収益化が楽になります。

運用EAは無料EA「Grid EA Pro」がおすすめ。MQL5アカウントを持っていれば無料ダウンロードできます。無料グリッドEAの中では収益性・リスクリワードがトップクラスです。

Grid EA Proの使い方はこちら。

運用額が300万円以上なら、スワップアービトラージがおすすめ。カウンターパーティリスクは高くなりますが、為替リスクなしで1日数万円の利益を出し続けることができます。

スワップアービトラージのやり方はこちら。

この記事を書いた人

海外FXの情報を備忘録としてまとめています。
運用は自己責任でお願いします。
Twitterで「海外FXの有益情報bot」も運用してます。

目次