XM 法人口座は作れない。他のおすすめブローカーは?

この記事ではXMと法人口座の関係性を解説していきます。

XM公式サイトはこちら

目次

XMで法人口座は作れない

XMでは法人口座を開設できません。(XM「ヘルプセンター」で確認可能)

法人口座を開設したいなら、他の海外FX口座を選びましょう。

おすすめはAXIORYTradeviewの2つ。サポートの手厚さ・使いやすさを重視するならAXIORY、取引コストの低さや取引環境を重視するならTradeviewがおすすめです。

XM公式サイトはこちら

海外FXで法人口座を作るときの基礎知識

その1:法人の設立が必要(低コストな合同会社がおすすめ)

海外FXで法人口座を作るには、まず法人を設立する必要があります。

日本で設立できる法人は、主に株式会社と合同会社の2つ。節税目的での設立なら、設立コストの低い合同会社がおすすめです。

株式会社と合同会社の設立コスト比較はこちら。

費用項目株式会社合同会社
定款用収入印紙代4万円(電子定款なら0円)4万円(電子定款なら0円)
定款の認証手数料3〜5万円なし
定款の謄本手数料約2,000円なし
登録免許税15万円
または資本金額×0.7%のどちらか高いほう
6万円
または資本金額×0.7%のどちらか高いほう
合計約20万円以上約6万円以上
引用元

どちらも電子定款にすることで、株式会社なら合計コストは20万円、合同会社なら6万円ほどに抑えられます。 合同会社にすることで設立費用は3分の1ほどに抑えられます。

また株式会社を設立すると、法人口座を開設するときの必要書類も増えてしまいます。事務手続きを減らしたいなら、合同会社を優先しましょう。

XM公式サイトはこちら

その2:節税メリットが多い

FXで法人口座を設立する最大のメリットは、節税効果が高くなること。サラリーマンや個人事業主では使えなかった節税メソッドを利用できるようになります。

節税メソッドの概要はこちら。

  • 税率が低くなる(年間利益695万円から)
  • FXの所得を他の所得と損益通算できる
  • 10年間の繰越控除が使える(個人は3年間)

FXの所得が年間695万円を超えたら、税率的には法人が有利になります。ただ税理士・社労士を雇ったり、他の事務コストが増えることを考えると、年間所得2,000万円から3,000万円を超えてからの方が好ましいです。

損益通算とは、プラスの所得とマイナスの所得を合算させることで、トータルの所得を減らし納税額を減らすこと。 個人事業主だとFXの収益は雑所得になるため損益通算が使えませんが、法人なら損益通算が可能です。

例えば海外FXトレードで1,000万円の利益を得たとして、他の事業等で500万円の損失を出した場合、2つの所得を合算し、合計500万円で納税額を計算します。

繰越控除とは、 過去のマイナス所得と現在のプラス所得を合算させて、トータルの所得を減らし、納税額を減らすこと。個人事業主だと繰越控除の期間は過去3年間ですが、法人は過去10年間まで繰り越せます。

XM公式サイトはこちら

その3:煩雑な手続きなどデメリットも多い

法人口座の主要なデメリットは、煩雑な事務手続きが多くなること。

追加される事務手続きはこちら。

  • 税務処理が複雑になるため、税理士との契約が必須
  • 社会保険の加入も必須になるため、社労士との契約も必要
  • 好きなタイミングで口座出金できない(役員報酬として受け取るため)
  • 入金したお金を自由に使えない(横領になってしまう)
  • 法人を辞めるには解散手続きも必要

法人を設立すると税務処理が煩雑になるため、税理士との契約が必須になります。同時に社会保険の加入も必須になるため、社労士とも契約する必要があります。

また会社のお金は自由に使うことができず、個人の判断で勝手に使ってしまうと横領になってしまいます。さらに法人は好き勝手にたたむことができず、解散手続きも必要となります。

海外FXの法人運用は、節約によって得られるメリットよりも、事務コストの負担の方が多くなりやすいです。煩雑な事務手続きが苦手なら、多めに税金を払うことになっても個人事業主のままでいたほうがいいかもしれません。

XM公式サイトはこちら

法人口座におすすめの海外FXブローカー・口座

AXIORY ナノ口座:裁量/EA/スワップアービ向け

法人口座の運用が初めてなら、まずはAXIORY ナノ口座がおすすめ。スプレッドが狭く、取引手数料も低いため、どんなトレードロジックでも利益を出しやすいです。(超高速売買は除く)

裁量トレードをするならcTrader ナノ口座を、EA自動売買をするならMT4 ナノ口座を使いましょう。MT5を使う場合は、MT5対応のテラ口座を開設する必要があります。

AXIORYは中堅B-bookブローカーでブローカー事業でも十分な利益を出しているため、サポート人員に余裕があります。法人口座開設に関してわからないことがあっても、メールで質問すれば24時間以内には回答してくれる可能性が高いです。

これがマイナーB-bookブローカー、あるいは英語対応のみのA-bookブローカーだと、日本人への対応は遅れやすくなります。

ナノ口座は最大レバレッジが400倍と標準的で、裁量トレード・EA自動売買・スワップアービトラージでも資本効率の高いトレードができます。

取引コストと使いやすさのバランス性を考えたら、まずはAXIORY ナノ口座から使うといいでしょう。

AXIORY公式サイトはこちら

Tradeview cTrader口座:裁量トレード向け

法人口座で裁量トレードをするなら、運用口座はTradeview cTrader口座がおすすめ。高性能FXプラットフォーム「cTrader」に対応しており、裁量トレードが快適になります。

cTraderのおすすめ便利機能はこちら。

  • ドラッグ操作でリミット注文・SL/TPを動かせる
  • 上下ボタンで時間足の切り替えられる(デスクトップ版のみ)
  • Command+左右キーで表示チャートの切り替えられる(デスクトップ版のみ)
  • チャート横に経済指標カレンダーを表示できる(日本時間対応)

ドラッグ操作でリミット注文・ストップ注文を設置あるいは位置調整できるため、スイング軸でのピラミッディング・ナンピントレードで利益を出しやすくなります。

また上下ボタンで時間足を切り替えてマルチタイムフレーム分析もできますし、Command+左右キーでチャートを切り替えればFXチャートの巡回チェックも瞬時に終わります。

さらにTradeviewのcTraderは、cTraderコピーにも対応しています。コピートレードでは他人にトレード委託することで、VPSなしでトレードを自動化できます。(AXIORYのcTraderは非対応)

Tradeview cTrader口座の詳細は、Tradeview公式サイトで公開されていません。レバレッジ400倍、最小0.01ロット、ストップアウト100%であることは抑えておきましょう。

Tradeview公式サイトはこちら

Tradeview MT4 ILC口座:EA自動売買向け

法人口座でEA自動売買するなら、Tradeview MT4 ILC口座がおすすめ。スプレッドが非常に狭く、取引手数料も1ロット往復5ドルと低めなため、どんなトレードロジックでも利益を出しやすくなります。

またTradeview自体もA-bookブローカーなので、VDPによる嫌がらせのリスクも低く、朝スキャ・夜スキャ・秒スキャEAでも利益を出しやすいです。

ILC口座のデメリットは、最大レバレッジが200倍と低めなこと、ストップアウトが100%と高めなこと、最小ロットが0.1ロットと高めなこと。そのため必要証拠金・含み損が大きくなりやすく、0.1ロット未満で始まるマーチンゲールEAとは相性が悪いです。

マーチンゲールEAを運用するなら、AXIORY ナノ口座の方がいいですね。こちらは最大レバレッジ400倍、ストップアウト20%、最小0.01ロットとなっています。(第一候補のXM KIWAMI口座は法人口座で使えない)

Tradeview公式サイトはこちら

Tradeview Xレバレッジ口座:スワップアービトラージ向け

法人口座でスワップアービトラージをするなら、Tradeview Xレバレッジ口座がおすすめ。最大レバレッジが500倍と高めで、100ロット以上の特大ポジションを保有しても、必要証拠金を低めに抑えられます。

Xレバレッジ口座のデメリットは、スプレッドが広めなこと。ただスワップアービトラージは取引回数が1回だけなので、スプレッドが広いデメリットはさほど気にならないです。

Tradeview公式サイトはこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

海外FXの稼ぎ方

海外FXの運用額が100万円以下なら、裁量トレードがおすすめ。トレンド相場ではピラミッディング、レンジ相場ではナンピンと使い分けることで、常に期待値の高いトレードができます。

裁量トレードの始め方はこちら。(XMで始める/AXIORYで始める/Tradeviewで始める

運用額が100万円から300万円ほどなら、EA自動売買がおすすめ。エントリー・決済を自動化できるため、FXの収益化が楽になります。

運用EAは無料EA「Grid EA Pro」がおすすめ。MQL5アカウントを持っていれば無料ダウンロードできます。無料グリッドEAの中では収益性・リスクリワードがトップクラスです。

Grid EA Proの使い方はこちら。(XMで始める/AXIORYで始める/Tradeviewで始める

運用額が300万円以上なら、スワップアービトラージがおすすめ。カウンターパーティリスクは高くなりますが、為替リスクなしで1日数万円の利益を出し続けることができます。

スワップアービトラージのやり方はこちら。(XMで始める/AXIORYで始める/Tradeviewで始める

この記事を書いた人

海外FXの情報を備忘録としてまとめています。
運用は自己責任でお願いします。
Twitterで「海外FXの有益情報bot」も運用してます。

目次