TradeviewのCURRENEX(カリネックス)・Biking(バイキング)口座まとめ

この記事ではTradeviewのCURRENEX(カリネックス)・Biking(バイキング)口座について解説していきます。

TradeviewのFXプラットフォームは、Tradeview「FXプラットフォーム一覧」で確認できます。

目次

TradeviewのCURRENEX(Biking口座)は現在利用できない

かつてTradeviewではCURRENEX(カリネックス)というFXプラットフォームが利用できました。このプラットフォームを使えるのはBiking口座という口座タイプだけです。

2024年現在、FXプラットフォームのCURRENEXは利用できず、Biking口座も新規開設できなくなっています。

CURRENEXとは?

CURRENEX(カリネックス)は、MT4/MT5/cTraderと同じようなFXプラットフォームの1つです。(CURRENEX公式サイト

かつては国内FXブローカーでも外為ファイネストが提供していましたが、2022年あたりに提供を終了しています。(Currenex API 提供終了のお知らせ

MT4/MT5にはない板注文を採用しておりFX上級者向けのプラットフォームでしたが、利用者が少なすぎて採算が取れないためか、現在提供しているブローカーはほとんどありません。

FXプラットフォームはマイナーなものを使うとサービスを継続できなくなるリスクがあるため、初心者の方はMT4/MT5/cTraderなどメジャーなものを使った方がいいです。

CURRENEX以外のFXプラットフォームは、Tradeview「FXプラットフォーム一覧」で確認できます。

Biking口座の代わりはTradeview cTrader口座がおすすめ

CURRENEX(カリネックス)・Biking(バイキング)口座の代わりとしては、TradeviewのcTrader口座がおすすめ。

cTraderは高性能FXプラットフォームで、MT4/MT5よりも快適な裁量トレードができるようになります。

cTraderのおすすめ便利機能はこちら。

  • ドラッグ操作でリミット注文・ストップ注文を設置できる
  • ドラッグ操作で損切り・利確を設定できる
  • ショートカット(ホットキー)で時間足を切り替えられる(上下キー)
  • ショートカット(ホットキー)で銘柄チャートを切り替えられる(Command+左右キー)
  • MacOSでも動作可能(Webブラウザ版のみ)
  • 日本時間対応の経済指標カレンダーを表示できる
  • 注文前にポジションの必要証拠金を確認できる

中でも便利なのは、ドラッグ操作によるリミット注文・ストップ注文を設置・位置調整。スイング軸のピラミッディング・ナンピントレードがとても快適になります。

Tradeview cTraderの使い方はこちら。

cTraderのダウンロードは、Tradeview「FXプラットフォーム一覧」で行えます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

海外FXの稼ぎ方

海外FXの効率的な稼ぎ方はこちら。

  1. XMの3種ボーナスを獲得する
  2. スイングトレード(ピラミッディング・ナンピン)を習得する
  3. AXIORYTradeviewのcTrader口座に乗り換える

まずはXMの3種ボーナスを獲得しましょう。入金額が10万円なら、それを17万円ほどに増やせます。(XMのボーナス詳細へ

ボーナスの練習台は、裁量のスイングトレードがおすすめ。トレンド相場ではピラミッディング、レンジ相場ではナンピンと使い分けることで常に期待値の高いトレードができます。(裁量トレードの始め方

裁量トレードに慣れてきたら、AXIORYTradeviewのcTrader口座に乗り換えましょう。cTraderではリミット注文をドラッグ操作で置けるため、ピラミッディング・ナンピンが快適になります。(AXIORYのcTraderTradeviewのcTrader

海外FX裁量トレードの始め方はこちら。

この記事を書いた人

海外FXの情報を備忘録としてまとめています。
運用は自己責任でお願いします。
Twitterで「海外FXの有益情報bot」も運用してます。

目次