Tradeview ストップレベルの確認方法まとめ

この記事ではTradeviewのストップレベルについて解説していきます。

Tradeview公式サイトはこちら

目次

Tradeviewのストップレベルはゼロ(0.0pips)

Tradeviewにはストップレベルは設定されていません。ストップロス・テイクプロフィットを浅めに設定しやすいです。

ストップレベルとは、ストップロス・テイクプロフィットの値幅制限のこと。ストップレベルを下回るストップロス・テイクプロフィットは設定できません。

例えばストップレベルが5.0pipsの場合、ストップロス・テイクプロフィットは4.9pips以下で設定できず、5.0pips以上で設定する必要があります。

ストップレベルが広いほどSL/TPの浅いトレードロジックは使いにくくなります。取引環境の悪いB-bookブローカーほどストップレベルは広く、取引環境に優れたA-bookブローカーだとストップレベルは設定されていない傾向があります。

またExnessのようにストップレベルがゼロのはずなのに、実質的にストップレベルが設定されているケースもあります。

裁量でスキャルピングトレードをしたり、スキャEAを運用したりするなら、Tradeviewのようなストップレベルがゼロのブローカーを使いましょう。

ストップレベルの確認方法

ストップレベルは、FXプラットフォーム(MT4/MT5/cTrader)でログイン後に確認できます。

デスクトップ版MT4/MT5なら「気配値表示」の銘柄を右クリック→メニューの「仕様」からストップレベルを確認できます。

アプリ版MT4/MT5なら銘柄タップメニューの「詳細」からストップレベルを確認できます。

ストップレベルはブローカー・運用口座・銘柄によって異なりますが、大体2.0pipsから5.0pipsであることが多いです。

利幅の広いデイトレードやスイングトレードなら気にしなくてもいいですが、利幅の狭いスキャルピングトレード・スキャEAでSL/TP決済をするならストップレベルは確認しておきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

海外FXの稼ぎ方

海外FXの運用額が100万円以下なら、裁量トレードがおすすめ。トレンド相場ではピラミッディング、レンジ相場ではナンピンと使い分けることで、常に期待値の高いトレードができます。

裁量トレードの始め方はこちら。

運用額が100万円から300万円ほどなら、EA自動売買がおすすめ。エントリー・決済を自動化できるため、FXの収益化が楽になります。

運用EAは無料EA「Grid EA Pro」がおすすめ。MQL5アカウントを持っていれば無料ダウンロードできます。無料グリッドEAの中では収益性・リスクリワードがトップクラスです。

Grid EA Proの使い方はこちら。

運用額が300万円以上なら、スワップアービトラージがおすすめ。カウンターパーティリスクは高くなりますが、為替リスクなしで1日数万円の利益を出し続けることができます。

スワップアービトラージのやり方はこちら。

この記事を書いた人

海外FXの情報を備忘録としてまとめています。
運用は自己責任でお願いします。
Twitterで「海外FXの有益情報bot」も運用してます。

目次