Tradeviewのストップレベル・確認方法まとめ

この記事ではTradeviewのストップレベルについて解説していきます。

Tradeviewのストップレベルは、TradeviewのFXプラットフォーム(MT4/MT5/cTrader)で確認できます。

目次

Tradeviewのストップレベルはゼロ(0.0pips)

Tradeviewにはストップレベルは設定されていません。そのためストップロス・テイクプロフィットを浅めに設定しやすいです。

ストップレベルとは、ストップロス・テイクプロフィットの値幅制限のこと。ストップレベルを下回るストップロス・テイクプロフィットは設定できません。

例えばストップレベルが5.0pipsの場合、ストップロス・テイクプロフィットは4.9pips以下で設定できず、5.0pips以上で設定する必要があります。

ストップレベルが広いほどSL/TPの浅いトレードロジックは使いにくくなります。取引環境の悪いB-bookブローカーほどストップレベルは広く、取引環境に優れたA-bookブローカーだとストップレベルは設定されていない傾向があります。

またExnessのようにストップレベルがゼロのはずなのに、実質的にストップレベルが設定されているケースもあります。

裁量でスキャルピングトレードをしたり、スキャEAを運用したりするなら、Tradeviewのようなストップレベルがゼロのブローカーを使いましょう。

ストップレベルは、TradeviewのFXプラットフォーム(MT4/MT5/cTrader)で確認できます。

ストップレベルの確認方法

ストップレベルはFXプラットフォーム(MT4/MT5/cTrader)で確認できます。

デスクトップ版MT4/MT5なら「気配値表示」の銘柄を右クリック→メニューの「仕様」からストップレベルを確認できます。

アプリ版MT4/MT5なら銘柄タップメニューの「詳細」からストップレベルを確認できます。

ストップレベルはブローカー・運用口座・銘柄によって異なりますが、大体2.0pipsから5.0pipsであることが多いです。

利幅の広いデイトレードやスイングトレードなら気にしなくてもいいですが、利幅の狭いスキャルピングトレード・スキャEAでSL/TP決済をするならストップレベルは確認しておきましょう。

TradeviewのMT4ダウンロード方法はこちら。

TradeviewのMT5ダウンロード方法はこちら。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

海外FXの稼ぎ方

海外FXの効率的な稼ぎ方はこちら。

  1. XMの3種ボーナスを獲得する
  2. スイングトレード(ピラミッディング・ナンピン)を習得する
  3. AXIORYTradeviewのcTrader口座に乗り換える

まずはXMの3種ボーナスを獲得しましょう。入金額が10万円なら、それを17万円ほどに増やせます。(XMのボーナス詳細へ

ボーナスの練習台は、裁量のスイングトレードがおすすめ。トレンド相場ではピラミッディング、レンジ相場ではナンピンと使い分けることで常に期待値の高いトレードができます。(裁量トレードの始め方

裁量トレードに慣れてきたら、AXIORYTradeviewのcTrader口座に乗り換えましょう。cTraderではリミット注文をドラッグ操作で置けるため、ピラミッディング・ナンピンが快適になります。(AXIORYのcTraderTradeviewのcTrader

海外FX裁量トレードの始め方はこちら。

この記事を書いた人

海外FXの情報を備忘録としてまとめています。
運用は自己責任でお願いします。
Twitterで「海外FXの有益情報bot」も運用してます。

目次