XM EA自動売買の始め方・やり方・おすすめEA

兼業トレーダーがXMで稼ぐなら、EA自動売買がおすすめ。エントリー・決済を自動化させることで、チャートを見る時間を節約でき、本業の仕事に集中しやすくなります。

この記事ではXMでのEA自動売買の始め方を解説していきます。

目次

XM EA自動売買の始め方

手順1:XMでMT4口座を開設する

XMでEA自動売買を始めるには、MT4口座が必要です。まだ持っていないなら、XMの新規口座開設ページでMT4口座を開設しましょう。

XM 新規口座開設のやり方はこちら。

運用口座はXM KIWAMI口座がおすすめ。最大レバレッジが1000倍と非常に高く、スワップフリーを提供しており、グリッド・マーチンゲールEAで利益を出しやすくなります。

XM KIWAMI口座の特徴はこちら。(XM「取引口座タイプ」で確認可能)

EA自動売買はMT5でもできますが、あまりおすすめしません。MT5はMT4のEAと互換性がない上に、EAの選択肢が少ないからです。今回紹介する「Grid EA Pro」もMT5版は無料で使えません。

手順2:VPS(仮想専用サーバー)を契約する

XMでMT4口座開設ができたら、VPSを契約あるいはログインしましょう。

VPS(仮想専用サーバー)は、オンラインでパソコン環境(Windows OS)をレンタルできるサービスです。24時間EAを稼働し続けるなら必須のサービスとなります。

おすすめ月額有料VPSはこちら。

VPSサービス名称月額料金推奨プラン
WebARENA Indigo3,410円(税込)4GB
さくらのVPS4,730円(税込)4GB
CONTABO17.48ドル(2,400円相当)8GB

安定性や信頼性を重視するならWebARENA Indigo、2週間の無料お試しから始めるならさくらのVPS、英語対応ができコストパフォーマンスを重視するならCONTABOがおすすめです。

おすすめのVPS(仮想専用サーバー)はこちら。

手順3:手持ちのデバイスからVPSに接続する(WindowsOS以外はRDPアプリが必要)

VPSを契約したら、お使いのデバイスからVPSにログインします。

VPSのログイン方法は、WindowsOSとそれ以外とで分かれています。

接続デバイスがWindowsOS以外の場合は、リモートデスクトップアプリ(RDPアプリ)を経由する必要があります。アプリストアでダウンロードしましょう。

利用するアプリは「Microsoft Remote Desktop」がおすすめ。マイクロソフト純正なので動作が安定しやすいです。(iOS版ダウンロードAndroid版ダウンロードmacOS版ダウンロード

お使いのデバイスがWindowsOSの場合、RDPアプリは必要ありません。Windowsアクセサリーの「リモートデスクトップ接続」からそのまま接続しましょう。

VPSのログインに必要な情報はこちら。

  • ユーザ名
  • IPアドレス
  • ログインパスワード

これらの情報はVPS契約後に送られてくるメール、あるいはVPS業者の会員ページで確認できます。

手順4:VPS内部でソフトウェア版MT4をダウンロード・インストールする

VPSの接続に成功したら、VPS内部のウェブブラウザからXMのMT4ページにアクセスし、ソフトウェア版MT4をダウンロード・インストールします。

XM MT4の使い方はこちら。(XM MT4ダウンロード

この時ダウンロードするソフトウェア版MT4は、海外FXブローカーの運用口座と同じものにしましょう。XMのMT4口座を使うなら、XMのソフトウェア版MT4をダウンロードします。

運用口座とソフトウェア版MT4のブローカーが異なると、正常にログインできないことがあります。

手順5:EAをダウンロードして、ソフトウェア版MT4に組み込む

次はウェブブラウザでEAをダウンロードして、ソフトウェア版MT4にインストールします。

インストール・展開方法は、EAの種類によって異なります。

  • MQL5 EA(Grid EA Proなど):ソフトウェア版MT4「ターミナル→マーケット」からインストール
  • GogoJungle EA:Webブラウザでダウンロード→MT4で展開(設定方法
  • LET’S REAL EA:Webブラウザでダウンロード→MT4で展開(設定方法
  • ソースコードEA(Grid FreeGotobi Freeなど):MT4メタエディターからコンパイル

MQL5 EAの場合は、MT4でMQL5アカウントにログインした後、「ターミナル」ウインドウの「マーケット」タブからEAをダウンロード・インストールします。

GogoJungle・LET’S REALなど市販EAの場合は、それぞれの会員ページでEAをダウンロードして、MT4で展開します。

EAの展開は手順が複雑なので、初心者はインストールの簡単なMQL5 EAから使ったほうがいいです。

MQL5 EAは「Grid EA Pro」がおすすめ。MQL5アカウントがあれば無料でダウンロードできます。

Grid EA Proの無料ダウンロードリンクはこちら。

Grid EA Proの使い方はこちら。

トレードロジックは倍率1.1倍のグリッド・マーチンゲールEAですが、トレーリングストップやオーバーラップ機能も搭載しており、無料グリッドEAの中ではリスクリワードに優れています。

手順6:EAをチャートに設定する

EAのインストールができたら、MT4の「ナビゲーター」にインストールしたEAが表示されます。

「ナビゲーター」のEAをダブルクリック、あるいは任意のチャートにドラッグすることで、EAを稼働できます。

EAをチャートに設定すると、パラメーターの設定画面が表示されます。運用ロットなどを調整しましょう。

EAを設定した後、画面右上に「ニコちゃんマーク」が表示されていれば、正常に稼働していることになります。

逆に「ニコちゃんマーク」が困った顔している場合は、EAが稼働できていないため、原因を究明してトラブルシューティングしましょう。

XMにおすすめのEA

Grid EA Pro(無料)

XMで運用するEAは、MQL5の無料EA「Grid EA Pro」がおすすめ。MQL5でアカウント登録をすれば、誰でも無料でダウンロードできます。

Grid EA Proの無料ダウンロードリンクはこちら。

トレードロジックは、ロット倍率1.1倍のグリッド・マーチンゲールトレード。マーチンゲールは破綻リスクが高いとされていますが、ロット倍率は低めで実質的にはナンピンです。

決済方法にトレーリングストップやオーバーラップを採用しており、含み益が出ているならストップロスをプラス方向に、含み損が解消されないならマイナス方向に移動させます。グリッドEAの中ではリスクリワードに優れています。

グリッド・マーチンゲールEAは玉石混交で、数万円の有料EAでもあっさり破綻することが多いです。まずは無料EAからお試しで使ってみましょう。

Grid EA Proの使い方はこちら。

XM EA自動売買の注意点

KIWAMI口座のスワップフリーは一部銘柄のみ

XM KIWAMI口座はスワップフリーを提供していますが、適用されるのは一部の銘柄のみです。

極口座スワップフリー対象銘柄一覧

USDJPY#, EURJPY#, GBPJPY#, AUDJPY#, NZDJPY#, CADJPY#, CHFJPY#, EURUSD#, GBPUSD#, AUDUSD#, NZDUSD#, USDCAD#, USDCHF#, EURGBP#, EURAUD#, EURNZD#, EURCHF#, GBPAUD#, GBPNZD#, GBPCAD#, GBPCHF#, AUDNZD#, AUDCAD#, AUDCHF#, CADCHF#, NZDCAD#, NZDCHF#, GOLD#, SILVER#

引用元

Grid EA Proの推奨通貨ペアはEURUSD, GBPJPY, GBPUSD, GOLD (XAUUSD)の4つ。どれもスワップフリーの対象です。

あるいはグリッドEAで人気なオセアニア系通貨ペア3種(AUDCAD, AUDNZD, NZDCAD)もスワップフリー対象になっています。

逆にスワップアービトラージで人気なトルコリラ・南アフリカランド、あるいは穴場のCFD銘柄もスワップフリー対象外です。(ゴールド・シルバーは除く)

海外FX口座のスワップフリーはスワップアービトラージに利用されやすく、稼ぎやすい銘柄はスワップを改悪されたり、スワップフリー取り消しになることがあります。

XM KIWAMI口座では全ての銘柄でスワップフリーになるわけではないので、運用銘柄がスワップフリー対象かどうかは確認しておきましょう。

XM KIWAMI口座の特徴はこちら。(XM「取引口座タイプ」で確認可能)

有効証拠金によるレバレッジ制限あり(合計40,000ドルで500倍に)

XMでは有効証拠金の総額が一定以上になると、最大レバレッジが制限されます。

レバレッジ制限の条件はこちら。

最大レバレッジ有効証拠金総額
1000倍$5~$40,000
500倍$40,001~$80,000
200倍$80,001~$200,000
100倍$200,001以上
参考:XM「取引→証拠金とレバレッジ」

XMの最大レバレッジは1000倍ですが、有効証拠金の総額が40,000ドルを超えると、最大レバレッジは500倍に制限されます。

有効証拠金総額とは、1アカウントで保有しているすべての口座の有効証拠金の合計のことです。1口座で40,000ドルを超えても、8口座の合計で40,000ドルを超えても、同じレバレッジ制限が適用されます。

XM レバレッジ制限はこちら。(XM「取引→証拠金とレバレッジ」で確認可能)

海外FXブローカーでこういったレバレッジ制限をするのは、資金枯渇リスクに備えてですね。例えば資金100万円/100ロットで1億円稼いだとしても、ブローカーに資金がなければ出金できません。

XMのレバレッジ制限はかなり緩い方で、他のブローカーだと資金10万円以下・50万円以下でレバレッジ制限を受けることが多いです。

XMで資本効率を最大化させたいなら、レバレッジ制限がかかる金額の8割ほどで運用しましょう。例えばXMの場合、資金30,000ドルから35,000ドルほどで運用し、40,000ドルに近づいたら3,000ドルほど利益出金します。

XM 出金方法はこちら。(XM「会員ログイン→出金ページ」で確認可能)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

海外FXの稼ぎ方

海外FXの運用額が100万円以下なら、裁量トレードがおすすめ。トレンド相場ではピラミッディング、レンジ相場ではナンピンと使い分けることで、常に期待値の高いトレードができます。

裁量トレードの始め方はこちら。(XMで始める/AXIORYで始める/Tradeviewで始める

運用額が100万円から300万円ほどなら、EA自動売買がおすすめ。エントリー・決済を自動化できるため、FXの収益化が楽になります。

運用EAは無料EA「Grid EA Pro」がおすすめ。MQL5アカウントを持っていれば無料ダウンロードできます。無料グリッドEAの中では収益性・リスクリワードがトップクラスです。

Grid EA Proの使い方はこちら。(XMで始める/AXIORYで始める/Tradeviewで始める

運用額が300万円以上なら、スワップアービトラージがおすすめ。カウンターパーティリスクは高くなりますが、為替リスクなしで1日数万円の利益を出し続けることができます。

スワップアービトラージのやり方はこちら。(XMで始める/AXIORYで始める/Tradeviewで始める

この記事を書いた人

海外FXの情報を備忘録としてまとめています。
運用は自己責任でお願いします。
Twitterで「海外FXの有益情報bot」も運用してます。

目次