XM ストップレベルの確認方法まとめ

この記事ではXMのストップレベルについて解説していきます。

XM公式サイトはこちら

目次

XMのストップレベルはゼロ(0.0pips)

XMではストップレベルは設定されていません。

ストップレベルとは、ストップロス・テイクプロフィットの値幅制限のこと。ストップレベルを下回るストップロス・テイクプロフィットは設定できません。

例えばストップレベルが5.0pipsの場合、ストップロス・テイクプロフィットは4.9pips以下で設定できず、5.0pips以上で設定する必要があります。

ストップレベルが広いほどSL/TPを浅めに設定できず、夜スキャ(朝スキャ)EA・スキャルピングトレードなどで利益を出しにくくなります。

取引環境の悪いB-bookブローカーほどストップレベルは広く、取引環境に優れたA-bookブローカーだとストップレベルは設定されていない傾向があります。

またExnessのようにストップレベルがゼロのはずなのに、実質的にストップレベルが設定されているケースもあります。

裁量でスキャルピングトレード、あるいはスキャEAなどで安定した利益を出したいなら、ストップレベルがゼロのブローカーを使いましょう。

XM公式サイトはこちら

XMでのストップレベルの確認方法

XM公式サイトで確認する

XMの公式サイトではストップレベルを確認できます。他の海外FXブローカーだとストップレベルは掲載しないことが多いため、これは珍しいです。

ストップレベルを確認するには、XM公式サイトにアクセスし、「取引」タブから任意の銘柄カテゴリーを選びます。

Screenshot

銘柄一覧表が表示されるので、右端の「指値および逆指値のレベル(=ストップレベル)」で確認できます。

Screenshot

XMのストップレベルは一律ゼロで、どの銘柄も「指値および逆指値のレベル」は0で設定されています。

XM公式サイトはこちら

MT4/MT5で確認する

ストップレベルの確認は、XMの対応FXプラットフォーム「MT4/MT5」にて口座ログイン後に行えます。

デスクトップ版MT4/MT5なら「気配値表示」の銘柄を右クリック→メニューの「仕様」からストップレベルを確認できます。

アプリ版MT4/MT5なら銘柄タップメニューの「詳細」からストップレベルを確認できます。

ストップレベルはブローカー・運用口座・銘柄によって異なりますが、大体2.0pipsから5.0pipsであることが多いです。

デイトレードやスイングトレードなら利幅が広いため気にしなくていいですが、夜スキャ(朝スキャ)EA・スキャルピングトレードを採用するならブローカーのストップレベルは確認しておいた方がいいです。

XM公式サイトはこちら

ストップレベルゼロのメリット

スキャEAでSL/TPを狭く設定できる

ストップレベルゼロのブローカーだと、スキャEAでストップロス・テイクプロフィットを5.0pips以下と狭めに設定できます。

スキャEAのトレードロジックの多くは、含み益が出たらストップロスをプラス方向に、損失が出たらマイナス方向に動かし、大きく利益が跳ねたらテイクプロフィットで利確するスタイルです。

スキャEAはストップロスを微調整するため、ストップレベルゼロのブローカーを使うことが前提になります。

SL/TPを細かく動かすスキャEAの代用は「Pirate One EA」ですね。

クラック版なら無料でダウンロードできます。

ただ最近のスキャEAは、ストップロスをバーチャルで設定するものも多いです。

具体的にはメタトレーダー上でストップロスを発注するのではなく、EA内部で決済タイミングを計算するため、ストップレベルありの低スプレッドブローカーでも問題なく運用できます。(FXTFなど)

XM公式サイトはこちら

裁量スキャルピングトレードで細かくトレーリングストップできる

裁量スキャルピングトレードでは、ストップロスを徐々に利益方向に動かして、利益を伸ばしていくのが基本です。そうすることでトレードのリスクリワードを高めることができます。

ストップレベルゼロのブローカーだと、現在価格ギリギリの位置にストップロスを置くことができ、ストップロスを微調整しやすくなります。

ただメタトレーダーはストップロスをドラッグ操作で動かしたりする機能はありません。快適に裁量トレードをするなら、トレードツールを使った方がいいでしょう。

裁量トレードツールは、MQL5で購入できます。無料ツールもたくさん公開されており、MQL5アカウントを持っていれば無料ダウンロードできます。

あるいは裁量トレードでストップロスを微調整するなら、cTraderもおすすめ。ドラッグ操作でストップロスを動かすことができます。

ただしXMではcTraderは使えません。cTrader対応のAXIORYTradeviewを使いましょう。どちらのブローカーもストップレベルはゼロです。

XM公式サイトはこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

海外FXの稼ぎ方

海外FXの運用額が100万円以下なら、裁量トレードがおすすめ。トレンド相場ではピラミッディング、レンジ相場ではナンピンと使い分けることで、常に期待値の高いトレードができます。

裁量トレードの始め方はこちら。

運用額が100万円から300万円ほどなら、EA自動売買がおすすめ。エントリー・決済を自動化できるため、FXの収益化が楽になります。

運用EAは無料EA「Grid EA Pro」がおすすめ。MQL5アカウントを持っていれば無料ダウンロードできます。無料グリッドEAの中では収益性・リスクリワードがトップクラスです。

Grid EA Proの使い方はこちら。

運用額が300万円以上なら、スワップアービトラージがおすすめ。カウンターパーティリスクは高くなりますが、為替リスクなしで1日数万円の利益を出し続けることができます。

スワップアービトラージのやり方はこちら。

この記事を書いた人

海外FXの情報を備忘録としてまとめています。
運用は自己責任でお願いします。
Twitterで「海外FXの有益情報bot」も運用してます。

目次