XM 金融ライセンスまとめ

この記事ではXMの金融ライセンスについて解説していきます。

XM公式サイトはこちら

目次

金融ライセンスとは?

金融ライセンスとは、その国で金融業を行うのに必要な許可証のこと。

認可の厳しい国の金融ライセンスを保有するには、多額の預託金や信託保全などが必要になるため、出金拒否のリスクは低いと判断できます。

XM(日本向け法人)の保有している金融ライセンスはセーシェル・モーリシャスの2つ。島国系のライセンスで信頼性が高いわけではありませんが、それでもマイナーな海外FXブローカーよりは信頼できます。

信用度の高い金融ライセンスを持っているブローカーだと、日本向けの営業活動が認められないことがあります。そのため日本向け法人の金融ライセンスは、規制の緩めなライセンスで妥協していることが多いです。

XM公式サイトはこちら

XMの金融ライセンスは2種類

FSA(セーシェル):Tradexfin Limitedが保有

XMの日本向け法人「Tradexfin Limited」は、FSA(セーシェル)の金融ライセンスを保有しています。

Tradexfin Limitedは、FSAから証券ディーラーライセンス(番号SD010)を交付されています。

XM「当社について→規制」

FSAの公式リンクはこちら。

XM公式サイトはこちら

FSC(モーリシャス):Fintrade Limitedが保有

XMの日本向け法人「Fintrade Limited」は、FSC(モーリシャス)の金融ライセンスを保有しています。

Fintrade Limitedは、FSCから証券ディーラー(引受を除くフルサービスディーラー)ライセンス(番号GB20025835)を交付されています。

XM「当社について→規制」

FSCの公式リンクはこちら。

XM公式サイトはこちら

金融ライセンスの信頼性Tier表

海外FXの金融ライセンスの信頼性目安はこちら。

信頼性金融ライセンス
Tier1ASIC(オーストラリア)
FCA(イギリス)
MAS(シンガポール)
Tier2CySEC(キプロス)
FMA(ニュージーランド)
DFSA(ドバイ)
KNF(ポーランド)
CMVM(ポルトガル)
CNMW(スペイン)
Tier3FSC(モーリシャス)
FSA(セーシェル)
FSCA(南アフリカ)
FSC(イギリス領バージン諸島)
Tier4SCB(バハマ)
VFSC(バヌアツ)
IFSC(ベリーズ)
VNU(バヌアツ)
FSA(セントビンセント)
FSRC(セントクリスファー・ネイビス)
CIMA(ケイマン諸島)
引用元

Tier1・Tier2の金融ライセンスを保有しているブローカーで口座開設したいところですが、そうしたブローカーは日本語でウェブサイトを提供していなかったり、日本在住者の口座開設を断るケースが多いです。

日本在住者が海外FXブローカーを利用するなら、Tier3・Tier4の金融ライセンスで妥協しましょう。

XMの保有しているモーリシャス・セーシェルの金融ライセンスはTier3、AXIORYのベリーズとTradeviewのケイマン諸島の金融ライセンスはTier4に該当します。

金融ライセンスにもピンからキリまであり、数万円の費用を出せば簡単に取得できるものもあります。金融ライセンスは出金の安全性を担保するわけではないので、あくまで判断基準の1つにしておきましょう。

XM公式サイトはこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

海外FXの稼ぎ方

海外FXの運用額が100万円以下なら、裁量トレードがおすすめ。トレンド相場ではピラミッディング、レンジ相場ではナンピンと使い分けることで、常に期待値の高いトレードができます。

裁量トレードの始め方はこちら。(XMで始める/AXIORYで始める/Tradeviewで始める

運用額が100万円から300万円ほどなら、EA自動売買がおすすめ。エントリー・決済を自動化できるため、FXの収益化が楽になります。

運用EAは無料EA「Grid EA Pro」がおすすめ。MQL5アカウントを持っていれば無料ダウンロードできます。無料グリッドEAの中では収益性・リスクリワードがトップクラスです。

Grid EA Proの使い方はこちら。(XMで始める/AXIORYで始める/Tradeviewで始める

運用額が300万円以上なら、スワップアービトラージがおすすめ。カウンターパーティリスクは高くなりますが、為替リスクなしで1日数万円の利益を出し続けることができます。

スワップアービトラージのやり方はこちら。(XMで始める/AXIORYで始める/Tradeviewで始める

この記事を書いた人

海外FXの情報を備忘録としてまとめています。
運用は自己責任でお願いします。
Twitterで「海外FXの有益情報bot」も運用してます。

目次